FXで勝てない人に先輩トレーダーが贈る5つのアドバイス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
39899660 - growing ideas

FXで勝てなくて辛い思いをしている方、モヤモヤしている方、先が見えずマイナス思考になっている方、たくさんいらっしゃると思います。

私は今では勝てるようになりましたが、最初の4 – 5年の間勝てない時期が続きました。勝てない時期のしんどさやモヤモヤ感は今でも昨日のことのように思い出すことができます。「このままFXをやっていて本当に稼げるようになるのか」「自分にはFXは向いていないのではないだろうか」など様々な不安が沸き起こってきますよね。

そんな方にまずお伝えしたいのは、「あなたは今FXで稼ぐという新しいチャレンジをしているのですから、まず自ら一歩を踏み出していることに誇りを持って欲しい」ということです。そして、ご自身でインターネットで検索されて、このページを見つけて頂いているのですから、あなたは一流の成績を出せる一流のトレーダーになるために必要なステップを踏まれています。

なぜなら、どうやったら勝てるようになるのだろうかという悩みは、常に続くからです。稼げるようになった後もFXには停滞期があります。私も、今でも思うように勝てなくなる時期があります。

そんな時に、自暴自棄にならずに、今までの知識を洗い直したり、より細かい実験と検証を繰り返したりします。そして停滞期を抜けたあとは一気に成績が飛躍します。

結論からいうと、稼ぎ続けるということは常に停滞と飛躍の繰り返しです。

つまり、FXで勝てない時に本当に必要になって来るのは、手法やテクニックではなく、

  • 考え方:壁は誰にでもあり、必ず超えられるということの理解。
  • 向き合い方:思うように結果が出ない時期は自分のために必要な経験として向き合う。

です。

これは上級者だけに通用するものではなく、むしろ初心者の方に一番知っていただきたいことです。

これから、勝てない時期の私自身の経験をもとに、これらのことを、より詳しく5つのアドバイスとしてお伝えします。私自身、初心者の頃の自分に何か教えるとしたら、この5つだけを伝えます。

それぐらい重要なものなので、ぜひ一つ一つじっくりとご覧ください。

1. 一回一回のトレードに根拠を持とう

FXで、長期的に大きく成功するのに運は必要ありません。知識と実践と検証を一つ一つ真剣に行って本物の実力をつけることが唯一の道であり、唯一の近道です。

人間は、どうしても本能的に楽を求めてしまったり欲で判断を曇らせたりしてしまいます(参照:『FXで大損する典型的なパターン(プロスペクト理論)』)。

ただし、このような本能に任せて、運任せの根拠のないトレードをしていると最終的には間違いなく大損して退場することになります。FXを始めたばかりの頃の私が大損失を出してしまった原因もそうでした(参照:『私がFXで成功して1.3億円の資産を気づくまでに経験した全て』)。

FXには、例えば会社を経営するのと同じよう気持ちで臨んでください。

経営者は、従業員や家族を守り取引先に迷惑をかけないために、会社をつぶさずに存続させる義務があります。気分任せで根拠のない経営判断をしていては黒字を続けることはできません。近い将来に必ず倒産することになります。

会社の存続と成長のためには、一つ一つの経営判断で手を抜くことはできません。そのため、会社では、重大な経営判断をする時は、適切な決定を行うために、取締役会を開いて、根拠を説明して納得して貰わなければなりません。筋の通っていない根拠では通ることはありません。

トレードも同じです。

エントリーからイグジットまで、どのように判断して、投資行動を取るべきなのかの全てのおいて明確な根拠が必要です。プレゼンして、同意を得られるようなトレードをしなければ成功はあり得ません。「雑誌で上がると言っていたから」「自分の感覚では今の相場は下がりすぎだから」というような根拠では、プレゼンテーションの質が低すぎます。

根拠が揃っていないときに焦って判断するのもいけません。

初心者でも、中上級者でも、常に根拠のあるトレードを心がけて下さい。「根拠」は、『FXチャートの見方|トレードで勝つための正しい知識』でお伝えしているように、チャートの情報を正確に判断することから得られます。チャートを正しく理解した上で『FXのトレード事例』をご覧ください。根拠のあるトレードがどのようなものなのかを具体的に、ご理解いただけると思います。

一回一回のトレードで、誰にでも説明できて納得して貰えるぐらいの根拠を持てるように訓練して下さい。そうすれば負けようがありません。自然に資産が増えていき、気付いたときには想像もできないぐらい大きな額になります。

2. インプットとアウトプットのサイクルを回そう

FXは、知識をインプットすれば、それだけで勝てるようになるというものではありません。このことを知らないと、学んだ知識を実践してみて思うように勝てないときに、手法のせいにしたり情報のせいにしたりしたくなってしまいます。

もしあなたが、このようなことの繰り返しに陥っているとしたら、それは非常にもったいないことです。

以下の図をご覧ください。

成長曲線

これは、人のスキルの伸び方を表したもので「学習曲線」といいます。

FXをスタートして知識をインプットしている時期をAとします。その知識をもとに何度かトレードを行うと、トレードの楽しさが分かってきたり、感覚が掴めたりすることでしょう。中には、この時点である程度の利益を出せる方もいます。

ただし、その後のBでは誰もが伸び悩みます。

知識をインプットして、トレードでアウトプットしているのに思うように結果が出ない時期です。ほとんどの初心者は、この停滞期でトレードを止めてしまいます。実際、結果が出ない時期は誰にとっても辛いものです。スランプとは言わないまでも何をやっても結果が出ないのですから。

しかし、このような時期にどのような行動をするかで、トレーダーの力量が決まります。

仮に今、学習曲線の停滞期にあることが分からず結果が出ないと、「自分は向いていない」と自暴自棄になって諦めてしまいます。しかし、スキルアップには停滞期がつきものだということを知っていると、「今は停滞期かもしれないからもう少し頑張ろう。」と考えられるようになります。

力のあるトレーダーほど、停滞期は結果が出ないことを認識していて、このような時期にひたすらトレードを繰り返して検証と実践を行おうとします。そして、ほんのちょっとしたきっかけで急に壁を超えて、Cの地点で飛躍的に結果が出ます。

差が出るのも、あなたに耐えて頂きたい時期もBです。飛躍の時期は必ず訪れますので、この間にとにかく多くのトレード経験を積みましょう。

また、例え年間100万円とか年間1000万円とか勝てるようになったとしても、このサイクルは常に続きます。最初の頃にBの時期の過ごし方、耐え方をしっかりと身につけておけば、それが、あなたにとって一生もの財産となります。

3. 正しい知識を身につけて自信を作っていこう

これは上の図のB(停滞期)の時期で起きることなのですが、トレードで勝てない時期が続くと、自信を失い、「自分には成功は無理かな」とネガティブに考え始め、自暴自棄になったり、気づかないうちに精神に大きなストレスがかかってしまいます。

未来が見えず、私生活でも些細なことでマイナス思考になったりします。

このような時は、トレードをしたい気持ちでいっぱいにも関わらず、何をすべきか分からず、行動できなくなってしまうという方は少なくないと思います。私自身がそうでした。

そのような時に、何か行動を起こしたいのであれば、自信をつけることを最優先にしてください。具体的には、ほんの少しでも良いので一つずつ正しい知識を吸収していきましょう。不思議なもので知識がつくと、それだけで少しずつ自信が回復していきます。

以前と同じことを勉強したとしても、今まで見えてなかったものが見えるようになり、試したいことのアイデアがどんどん湧いて来るようになります。

自暴自棄になっていたり、焦っていたり、大きな精神的ストレスがかかっていたりする時に、トレードで勝てと言われても非常に難しいです。しかし、知識のインプットは、誰にでもできます。

書籍を読んだり、インターネットで情報収集したり、トレードよりも遥かに気軽に行えますね。

当サイトでは、

の3つのページからご覧頂くのが良いと思います。

もちろんすでに何年も勉強してきて沢山の知識があるという方もいることでしょう。そのような時は現実に対して謙虚になりましょう。「今勝てていないのは、何かしらの知識が抜けているからだ」と考えて、新しい知識を身につけるチャンスにしましょう。

「自分はたくさん勉強してきて何でも知っている」と知識に対して傲慢になると、いずれ負けてしまいます。「もっと知らないことや理解できていないことがいくらでもある」と知識に対して謙虚な人が勝ち続けます。

初心に戻って、一つ一つじっくりと、なに一つ飛ばさずに、丁寧に身につけてください。

4. 短期的に勝とうとしない

FXを始めた頃の私は、「一日でも早く稼ぎたい」ととにかく焦っていました。頭の中が焦りでいっぱいなので、勉強しても頭に入って来ませんし、気持ちが空回りしてしまいます。トレードを実践して、結果と原因を検証するとしても、精神がふわふわしていて良い検証ができていませんでした。

安全な水準でのリスク管理(『バルサラの破産確率表』で破産確率0%を目指す水準)、で年間利回り100%以上も可能とはいえFXは長期戦です。

明日、来月、1年後に人生を変えようとするのではなく、3年、5年、10年という長い単位で目標を設定して、ゆったりと構えてください。

誰もが経験したことがあると思いますが、過度に緊張していたり、焦っている状態だと、普段はありえないようなミスをしたり、仕事やスポーツでもパフォーマンスが大きく下がってしまいますよね。

周りも見えなくなります。

そして、勝てないと焦りがさらに大きくなっていきますね。一番大切なことは、そこから解放されることです。焦らないための秘訣は、たったの数ヶ月や数年といった短期的スパンで儲けようと思わず長期的に考えることです。

これからずっとFXをやっていくのですから、10年後にトレードで大きく勝っていると想像すれば、焦らずに、一日一日少しずつ上達すれば良いと思えるようになります。ほんの数ヶ月や1年などの短期で勝とうとするから、FXの基礎をおろそかにして、小手先のテクニックに頼って、結局大損をしてしまいます。

「FXは短期で儲かるもの」と考えているなら、どうか考え直してください。

私はFXを始めて10年以上になります。勝てるようになってから8年です。一つの目標としていた利益1億円は勝てるようになって5年で突破しましたが、これは自分が思っていたよりも早かったです。一方で、FXを始めたばかりの最初の4年ほどは気持ちばかり焦っていました。すぐに何千万円という利益を得ることを求めていました。結果、全財産を失いました。

逆説的ですが、FXは長期的にじっくり勝とうとすればするほど、うまくいくようになります。そして、思っていたよりも遥かに早く目標額に到達します。短期的に勝とうと思えば思うほど負けますし成功も遅くなります。

それだけメンタルが大きく結果を左右するということですね。

5. あらためてFXで何を実現したいのか見つめ直そう

FXに長期的に臨むには、FXをやる理由が明確である必要があります。

あなたがFXを始めようと思った理由は何ですか?

目的、目標、夢を今一度問いかけてみましょう。「お金持ちになりたい」というのは誰もが同じだと思います。私も、お金が一番でした。

そこからもう一歩踏み込んでイメージしてみてください。

FXで成功したら、どのような生活をしていますか?一日の理想的な過ごし方を何パターンもイメージしてみてください。ここで、自然と心がワクワクするようなイメージが出てきたら、それがあなたの夢であり目標になります。

その目標は決して手が届かないものではありません。

FXは本当に凄い世界です。真剣に向き合って、ひとたび勝てるようになると、あとはロット数次第で収益は無限大です。一人の人間・一つのチームしかナンバーワンに慣れないスポーツの世界や、ポストが限られているビジネスの世界では、成功するためには運も必要でしょう。しかしFXはそうではありません。

徹底的に努力して本物のスキルを身につければ、誰もが成功できる世界です。

本物のスキルを身につけるには継続した努力が必要です。心からワクワクする未来の夢や目標があれば努力を継続することができます。そして、FXは、その夢を実現することができる手段です。

「今日はさぼってもいいかな」と気を緩めそうになった時は、あなたの夢を思い出してください。その夢が心からワクワクするような本当の夢であれば、それに近づくための努力は苦ではなくなるはずです。

まとめ

FXで勝てないときは、手法を探すのではなく、まず適切な考え方、向き合い方ができているかを確認しましょう。

トレードは、メンタルの影響が大きいものだと認識し、モチベーションがアップするまで一度立ち止まってください。冷静になるまで見つめ直し、夢を確認し、それに向かってコツコツと進んでいきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

FXで8年間の平均利回り163%を達成し1億5,000万円の資産を築いているトレード手法の全て

busena当サイト『投資の教科書』でFXの記事を執筆しているぶせな氏は、過去8年で1億5,000万円以上の利益を得ています。

 

もちろん運で勝ってきたのではありません。「勝ち続ける」ということを真剣に追求されてきた結果です。そのことは、過去96ヶ月のうち93ヶ月で黒字を記録していることからも確かな事実です。 

 

その結果、8年間負けなし(年ベース)で平均163%の年間利回りを記録しており、毎月安定して150万円前後の利益を稼いでいます。

 

そのぶせな氏の具体的な手法、例えば、

 

  • ・手法のベースとなっているスキャルピングの具体的で実践的な手法
  • ・現在の利益の30%以上を生み出しているデイトレードの新たな手法
  • ・チャートでの移動平均線やエンベロープの具体的な設定方法
  • ・その他FXでの利益を大きく高めるためのテクニカル分析の全て

などをさらに深く知りたい方は、ぜひご確認ください。

 

特に、株式投資やオプションで成果を上げるために十分な資金がなく、FXに活路を見出したい方や、すでにFXは始めているが勝てるようになるまでの道筋が見えない方は、どこよりも役立つ本物のノウハウや経験を得ることができます。


ぶせな氏の実践方法を今すぐ見る

ぶせな氏のメディア掲載歴

利益を最大化するために
ぶせな氏が使っている4つのFX口座

当サイトでFXコンテンツを執筆いただいているぶせな氏のノウハウを実践するなら、ぜひ口座選びにもこだわってください。

ぶせな氏は「口座選びを適当にやっていて勝てるようになったトレーダーは見たことがない」と仰っています。まずは、『FX初心者が知っておくべき口座の選び方』を読んで、その理由をしっかりと理解して頂ければと思います。ぶせな氏が利益を最大化するために実際に使っている口座は、『FX歴12年の私が実際に使っているおすすめ口座4選』で詳しく解説させて頂いております。

 

The following two tabs change content below.
ぶせな

ぶせな

専業トレーダー。認定テクニカルアナリスト。 2009年に本格的にFXをスタート。累計利益は、3年目で5000万円、5年目で1億円、2017年2月現在は1億5千万円を超える。 一時的な利益でなく、継続的に利益を上げ続けるために、リスクを抑えることに重点をおき、短期売買を繰り返すスキャルピングと長めに保有するデイトレードを得意とする。

投資の教科書の購読はfacebookが便利です。

Twitter・RSSでも購読できます。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>