イベント投資

株価が上昇する要因には実に様々なものがありますが、そのなかで自社株買いと呼ばれる企業自身が行う利益向上対策があります。

近年、JPX400の誕生とともに新たに株主資本利益率の向上のために自社株買いを始める企業も増えるなど、その動向には注目が集まっています。

実際、自社株買いを発表した企業の株式には投資家の買いが集まり、株価が上昇することがあります。ただそれを完全に鵜呑みに してしまい自社株買いをする企業を手当たり次第買い付けてしまうと思わぬ高値をつかまされたり、その後まったく株価は上昇することなく小動きを繰り返したりすることもあります。

そうならないためにも、まずは基礎知識の確認と実例をいくつか見ることで自社株買いを理解していきましょう。

続きを読む

「株式投資をするのであれば、魅力のある銘柄に投資をしていきたい」

投資をする上でこのように考えるのは至極当然です。魅力のある銘柄は全体相場の暴落時でもそれほど大きくは下がらず、全体相場が上昇を始めた時には頭一つ抜けるような勢いで株価を伸ばしていくことが多いからです。

投資で利益を上げるうえでは、この魅力ある銘柄をいかに見つけられるかどうかが一つの投資成功への分かれ目だと言えるでしょう。

さて、投資対象として魅力のある銘柄を集めたJPX400と呼ばれる株価指数が2014年にスタートしました。最近の株式市場では日経平均株価とTOPIXと共に話題になることが多く投資をしている人ならば名前を聞いたことのある人も多いかもしれません。

ただ詳しい内容や魅力、投資への適切な使用法まで理解をしている人はそれほど多くないかもしれません。このページでは、そんな魅力的な銘柄を集めたJPX400指数についてご説明していきます。

続きを読む

投資家は資産の投資先を決定する際にはできるだけよい企業を選別します。その企業がこれから成長してくれれば投資した金額はより大きな金額となって返ってくるからです。

これとほとんど同じことを個人投資家ではなく企業がすることがあります。それは企業買収であったり子会社化という形をとったりします。そして、それらを成し遂げるための方法として株式公開買い付けがあります。

株式公開買い付けがされると、買い付けされた企業の株価は大きく上昇します。このページでは、株式公開買い付けに関する基礎的な知識の習得を目指していきましょう。

続きを読む

株式投資をしている人ならばTOPIXという名の株価指数があることは知っているかもしれませんが、TOPIXが株式投資において非常に重要で、その内容を知れば知るほど収益機会が増えることまでを知っているひとは実はそれほど多くはありません。日経平均株価や日経平均先物などを注意深く見ていてもTOPIXを見ることまではついおろそかになってしまう投資家は多いものです。

TOPIXは東京証券取引の1部に上場している全銘柄から算出される数値で、日経平均株価よりもはるかに多くの銘柄によって構成されます。

そのため、ファンドと呼ばれる機関投資家がベンチマークとしての投資先にすることが多く、その動きを知っていることで意外な利益を狙うことが可能となるのです。また日経平均との関係性を探ることで相場全体の先行きを占うことも可能となってくるのです。

この記事ではそんな日本の株式市場を代表するもう一つの株価指数であるTOPIXに関する情報をまとめてご紹介します。

続きを読む

長期的な運用による株式投資は、様々な資産を組み合わせてリスクとリターンのバランスをとりながら長期的な目線で利益を狙います。

特に長期で金融資産を運用するファンドなどは、大量の資金を株式で運用するために「株価指数」という指標を参考に銘柄を組み合わせて投資をするものがおおいです。

基本的にはそのような株価指数に連動させて銘柄を購入しますが、ある銘柄に株価を下げさせるような大きな悪材料が出てきた場合には、当然ファンドの組み入れ銘柄群の中からそのような銘柄を除外しなければなりません。また新たに指数に組み入れられる銘柄は、ファンドが銘柄群の中に組み入れるためにその株式を購入したりします。

この一連の動きは「ファンドのリバランス」と呼ばれます。

リバランスが起きると、比較的大きな資金の動きが特定の銘柄に発生するためその動きがあることを前もって知っておかないと思わぬ損失を出してしまうことがあります。また買われる銘柄をあらかじめ知っておくことで先回りして銘柄を仕込んでおく収益機会にも恵まれます。

続きを読む

株式市場には様々なお得な制度がありますが、その中でも投資家が株式を市場で売買されている価格よりも安く仕入れることができるイベントがあります。

それが立会外分売と呼ばれる制度です。

立会外分売が行わると投資家にとってはお得に株式を取得できるチャンスですが、企業にとっても立会外分売をすることで、その後の企業活動がより発展する場合があります。

そんな投資家、企業の双方にとって得をする制度である立会外分売についてお伝えします。

立会外分売とは何か、企業はなぜ分売を行うのか、投資手法として活用できるポイントをステップを踏んでお伝えします。

続きを読む

株価が下がりやすい状況がある程度想定できるとしたら、空売りを利用することで利益を上げやすくなります。もちろん株価があげるか下げるかを前もって予想することは困難ですが、株価が下げやすいイベントがあります。

それが公募増資です。

公募増資をおこなうと本業による利益の減少とは関係なく実質的に利益が減ります。そのため株価は下げる傾向にあるのです。

このページでは公募増資とはなにかを説明した後、公募増資に伴う株価の下げを狙う手法をご説明していきます。

続きを読む

株式市場には複数の市場が存在していて、それぞれの市場には多くの銘柄が上場し取引されています。

しかし、時に市場間での移動が発生し、それにともなって市場が変化した銘柄への買い需要が発生することがあります。

当然買い需要が発生するのであればそのような銘柄を仕込んでおくことは利益につながります・

このページでは、銘柄の市場変更の基礎知識と実際に市場が変更されるとどのような需要が発生するのかをご説明してきます。

続きを読む

日経平均株価は知っているけど、具体的にその日経平均株価がどのようにできているのかまでを知って投資をしている人は実はそれほど多くはありません。

実は日経平均を構成している銘柄で、日経に対する影響の強い銘柄、弱い銘柄という区別があります。

また日経平均株価は不定期で入れ替えというイベントがおこります。そして、日経平均に新たに組み入れられる銘柄や除外される銘柄の株価の動きに大きな影響があります。

これまでその辺りを曖昧なまま投資をしていた方はぜひその点をおさえておきましょう。

続きを読む

株式投資には色々な手法がありますが、本来の株式とは応援する価値があると思える会社の将来を見込んで投資をするものです。

短期間での見返りを望むのではなく、自分が本心から「良い!」と思える会社の株を買う。単純ですがそんな投資は成功する確率が高いです。

そこで今回は、株主優待から投資の世界を知っていただきたいと思い、このページを作成しました。

ある程度の投資の知識・経験が身に付くと株主優待を利用した投資手法などを利用して値上がり益を狙うことも可能になってきます。また上級者向きではありますが、優待をタダで取得できる手法なども使えるようになります。それを踏まえて3つの話をご紹介します。

  1. 株主優待のおすすめ銘柄ランキングベスト20(※財務状態も考慮!)
  2. 優待などを利用した投資初心者むけの3つの手法
  3. 上級者向け優待タダ取り手法とそのリスク(逆日歩)

株主優待は、よくよく探すと本当にお得なものがたくさんあります。しかも、「クロス取引」というテクニックを使えば、そうした優待を実質タダで取得することができます(ただし売買に伴う証券会社の手数料は取られます)

もちろん株式投資にノーリスクの投資というのは存在しません。クロス取引にもリスクがありますので、それもご紹介させて頂きます。

続きを読む