イベント投資

非上場企業が株式を世間一般に公開して初めて株式市場で取引されるようになることを新規公開といい、新規公開された株式をIPO(新規公開株)といいます。

IPO銘柄は市場で初めて取引されるということもあり、中には大きく注目される銘柄が存在します。このような銘柄には様々な投資家が資金を集め、株価が一時的に大きく上昇させる傾向があります。

IPOに関する知識を前もって正しく得ておくことでそのような大幅な上昇を利益に変えるビッグチャンスをものにすることができます。このページではIPOの基礎知識と爆発的に上昇する銘柄をつかむための7つの知識をお伝えします。

企業の成長性から株主構成、主幹事はどこか、市場はどこか、売り出される株数はどうかなどを緻密に研究することできっとIPO株で利益を上げれるようになります。

続きを読む

株式市場には様々なお得な制度がありますが、その中でも投資家が株式を市場で売買されている価格よりも安く仕入れることができるイベントがあります。

それが立会外分売と呼ばれる制度です。

立会外分売が行わると投資家にとってはお得に株式を取得できるチャンスですが、企業にとっても立会外分売をすることで、その後の企業活動がより発展する場合があります。

そんな投資家、企業の双方にとって得をする制度である立会外分売についてお伝えします。

立会外分売とは何か、企業はなぜ分売を行うのか、投資手法として活用できるポイントをステップを踏んでお伝えします。

続きを読む

生命保険や信託銀行に預けた人たちのお金は金融資産で運用されています。

それは、その預けたお金の集まりが運用する人たちの投資のうまい下手によって増えたり減ったりするわけです。そして、そのような運用主体がいるということは投資をしているその他大勢の個人投資家の動きもおおきく左右するということです。

自分が持っている株式に大きな売り注文があったと思ったら、じつは機関投資家が売っていたなんてことも起こります。

このページでは機関投資家の基礎知識としてどのような運用主体がいるのか、彼らが売買せざるを得ないポイントを具体例を交えながらお伝えしていきます。

続きを読む

株価が下がりやすい状況がある程度想定できるとしたら、空売りを利用することで利益を上げやすくなります。もちろん株価があげるか下げるかを前もって予想することは困難ですが、株価が下げやすいイベントがあります。

それが公募増資です。

公募増資をおこなうと本業による利益の減少とは関係なく実質的に利益が減ります。そのため株価は下げる傾向にあるのです。

このページでは公募増資とはなにかを説明した後、公募増資に伴う株価の下げを狙う手法をご説明していきます。

続きを読む

株式市場には複数の市場が存在していて、それぞれの市場には多くの銘柄が上場し取引されています。

しかし、時に市場間での移動が発生し、それにともなって市場が変化した銘柄への買い需要が発生することがあります。

当然買い需要が発生するのであればそのような銘柄を仕込んでおくことは利益につながります・

このページでは、銘柄の市場変更の基礎知識と実際に市場が変更されるとどのような需要が発生するのかをご説明してきます。

続きを読む

インデックスファンドという言葉は聞いたことがあってもイマイチ良く分からないという人はおおいです。

しかし、市場の動きにはインデックスファンドの動きが関わっていることが多く、その役割や動きを理解していると実際の投資をする際にも役立つ点が多々有ります。逆に言えば、知らないことで投資機会を逃している可能性も高くなってしまいます。

そこで、このページにおいてはインデックスファンドについて解説をしていきます。よくわからなかった点も含めてしっかりとおさえておきましょう。

続きを読む

日経平均株価は知っているけど、具体的にその日経平均株価がどのようにできているのかまでを知って投資をしている人は実はそれほど多くはありません。

実は日経平均を構成している銘柄で、日経に対する影響の強い銘柄、弱い銘柄という区別があります。

また日経平均株価は不定期で入れ替えというイベントがおこります。そして、日経平均に新たに組み入れられる銘柄や除外される銘柄の株価の動きに大きな影響があります。

これまでその辺りを曖昧なまま投資をしていた方はぜひその点をおさえておきましょう。

続きを読む

最近株を始めたばかりの人はアノマリーという言葉は聞きなれないかもしれません。

しかし、そのアノマリーというものが株式市場にて非常に強い力を持っていて、そのアノマリーに従って株式市場が動く傾向が強いことを認識しておく必要があります。

そうでないとアノマリー通りに行動しているすべての投資家の逆の動きをして負けてしまうことがあるからです。

逆を言えばアノマリーを知っておけば、そのタイミングで買いか売りかを判断しやすいといえます。

このページでは、アノマリーについて解説したのち、市場に溢れるアノマリーについて一通りご説明していきます。

続きを読む

株式投資には色々な手法がありますが、本来の株式とは応援する価値があると思える会社の将来を見込んで投資をするものです。

短期間での見返りを望むのではなく、自分が本心から「良い!」と思える会社の株を買う。単純ですがそんな投資は成功する確率が高いです。

そこで今回は、株主優待から投資の世界を知っていただきたいと思い、このページを作成しました。

ある程度の投資の知識・経験が身に付くと株主優待を利用した投資手法などを利用して値上がり益を狙うことも可能になってきます。また上級者向きではありますが、優待をタダで取得できる手法なども使えるようになります。それを踏まえて3つの話をご紹介します。

  1. 株主優待のおすすめ銘柄ランキングベスト20(※財務状態も考慮!)
  2. 優待などを利用した投資初心者むけの3つの手法
  3. 上級者向け優待タダ取り手法とそのリスク(逆日歩)

株主優待は、よくよく探すと本当にお得なものがたくさんあります。しかも、「クロス取引」というテクニックを使えば、そうした優待を実質タダで取得することができます(ただし売買に伴う証券会社の手数料は取られます)

もちろん株式投資にノーリスクの投資というのは存在しません。クロス取引にもリスクがありますので、それもご紹介させて頂きます。

続きを読む

最近はTVでも雑誌でも株式投資に関する特集では必ずといっていいほど株主優待の特集が組まれています。

確かに株主優待は日本特有のものであり、投資家たちへの企業からの見返りとしては大変魅力的なものです。特に投資初心者のうちは、このような株主優待から投資を始めても良いでしょう。

しかし、魅力的な株主優待を持つ企業の株式銘柄に投資をしてその企業から優待や配当を貰い続ける以外にも、そのような銘柄を利用した投資手法があるのをご存知ですか?

魅力的な優待がある企業の株価はなかなか下がらず、緩やかに上昇していく傾向があります。そしてそのような傾向を利用して、株価の値上がり益をとる手法を「株主優待を利用したイベント投資」といいます。

このページでは、株主優待を利用した投資手法に関して具体的な事例を用いて解説した後、どのように銘柄を探せばいいのか、どのタイミングで仕込んだらいいのか、注意すべき点など、株主優待投資に直結した情報を具体的にお伝えしています。

続きを読む