中長期投資

株価の上下を予測するために重要なのは、その株を欲しいと思っている人がどれくらいいるか、そしていらないと思っている人がどれくらいいるかを推し量る技術を身につけることです。

しかし、株価予測をする際にそれ以外にも重要なことがあります。それはその株式を保有している人がどれくらいいるのかを確認することで、その後の需要と供給を予測するという技術です。

そしてこの技術を身につけるために「信用残高」という知識が大変役に立ちます。

まずは信用残高について学び、それが株式の売買にどう影響を及ぼすのか、そしてこれから上がる株式、下がる株式がどれなのかを見つける方法を見ていきましょう。

続きを読む

「第一中央汽船が経営破綻して上場廃止に。」

2015年9月29日、国内にて第5位の売上高のあった第一中央汽船が民事再生法の適用を申請しました。それはつまり会社が倒産し、株式市場から撤退せざるを得ないということを指します。

それまで第一中央汽船を保有していた株主は、買値にもよりますが大きな損失を被ることになったのです。

これは上場している株式すべてに言えることですが、時には企業活動を停止せざるを得ないような悪材料が出てきてしまうこともあります。

ただ、上場廃止になるほどの悪材料がでる株式はある方法を使うことで予想ができる場合もありますので、しっかりと対策を立てた上でそのような銘柄はなるべく買わないようにするという方針を立てる必要があります。

そこでこのページでは、上場廃止に関する知識やこれまで上場廃止になってしまった企業の例、そして倒産企業を買ってしまい大損失を被らないようにするために知るべき3つの知識の順にまとめています。

続きを読む

投資の世界には「卵は一つのカゴに盛ってはならない」という有名な格言があります。

たった一つのカゴを落としてしまえば中に入っている卵は全て割れてしまう危険性があることから、カゴを分散させるのが良いという意味の格言です。

株式投資の世界でも全く同じことが言え、例えば資産を全て一つの企業に投資していた場合、その企業が潰れてしまった時には投資していた全資産がなくなることもあるのです。

そうならないためにも投資の世界には「分散投資」という考え方が存在します。

このページでは分散投資のメリットとデメリットをご紹介し、分散投資の種類と具体的な方法を記載していきます。

続きを読む

株式投資を成功させるためには、これから継続的に上昇していくと期待できる株式をタイミングよくつかみ取る必要があります。ほとんどの投資家は株式が上がり始めてしばらく経ってからその銘柄に投資をしようとしますが、できることなら上がり始めた直後に仕込んでおきたいものです。

これから継続的に上昇していく銘柄のことを有望株といいますが、有望株を見つけるためには一定の法則があります。

このページでは、有望株を見つけるための方法を5つのステップで解説していきます。手間を惜しまなければ誰でも有望株は見つけられるということがわかるはずです。

続きを読む

最近話題の投資を始めて個人投資家になりたいと考えている人は結構多いのではないでしょうか。ただ投資をする上では細かい分析や多額の資金が必要だし、自分にはちょっと無理だと考えてしまって始めの一歩を踏み出せない方もいるかもしれませんね。

そんなかたには以下の3つの投資の方法をお勧めします。

  1. IPO投資
  2. 株主優待クロス
  3. ETFを利用した積立投資

上記の投資は比較的、安全性の高い投資の方法であり初心者でも馴染みやすいものばかりです。これから投資技術を学んで一儲けしてやろうという方も、またちょっと尻込みしてしまっているという方もほとんどの方が実践可能な方法ばかりです。

続きを読む

株価が大きく上昇する株式の特徴には一定の条件がありますが、その条件の一つに「株価が安いこと」があります。

株価が安い株式の銘柄群は一般的に「低位株」と呼ばれます。そして、時にこの低位株は信じられないほど値を上げることがあります。数十円ほどの株価がいつのまにか300円、500円と株価を上げることがあるのです。

これは簡単にいうと1000円の株式が10倍に化けて10000円になるより、100円の株式が10倍化して1000円になる方がはるかに楽だ、ということです。(もちろん株価が安い株式の方がそれほど多くの人に買われていないため、買われ始めると株価が一気に上がるという側面もあります)

これは安い株式の方がその分投資するための必要資金が少なくて済むので、多くの投資家に投資され資金が集まるからです。

株価が低く、時価総額の小さな銘柄に資金が集まればその分株価は爆発的に上昇することになります。

この記事では値幅取りを成功させるため、何倍にも株価を上昇させる低位株の特徴や一覧表の作り方、低位株を売買するポイントをご紹介していきます。

続きを読む

まだ株式投資をしたことのない人にとっては最初の株の購入は文字通り「わからないことだらけ」です。

せっかく銘柄を選べていても、発注をしっかりと行えないと思わぬ高値を掴んでしまったり、出した注文が成約せずに買えずじまいになってしまうこともあります。

株を買うためには、発注画面から銘柄、購入したい値段、購入したい株数、特定口座かNISA口座かなど様々な条件をつけて発注を行う必要があります。株の買い方一つとってみても基本をおさえて投資を行わないとせっかく得られるかもしれない利益を逃してしまうことにもつながります。

そこでこのページでは株の発注方法の実例から、値段ごとの発注の種類、注文時の基本である板の見方、投資法別の発注の方法という順で初心者にお伝えすることにします。

続きを読む

「ニューヨークダウが堅調に推移。日本株にも好影響を与えそうだ!」

日本の株式を取引している人なら何度も上記のような話を聞いたり読んだりしたことがあるでしょう。実際に、株式投資関係者やトレーダー、証券会社に勤めるものまでほぼ全ての株式投資関係者が米国の株式動向を気にして、チェックします。

米国が失速すれば世界が失速し、日本も失速する。

世界経済の中心的存在としての役割を果たしているのが、米国株なのです。これまで米国株についてなんとなくはしっていたけど、ダウの値段の上げ下げくらいしか興味がなかったという人は米国株のもう少し深いところを知っておきましょう。実は米国の個別銘柄の中には上場以来右肩上がりで上昇を続け数十年増配をし続けている銘柄があることにきっとびっくりするかもしれません。

このページでは、米国株を構成する各銘柄の解説に的を絞って米国株の基礎知識やその魅力を解説していきます。

続きを読む

この記事では「見つけた新高値銘柄を具体的にどのような作業をして、ファンダメンタル面の検討をし、投資対象として絞っていくか?」について書いてみます。

いろいろ投資候補は見つけたものの、20も30も出てきて、どれに投資していいかわからない!

そんな疑問を解消していきます。

※参考記事:新高値を用いて大化けする株を探す具体的な方法

今回は、私が具体的にどのようにファンダメンタル面を検討しているかについて、日本ライフライン(7575)で実際に行った検討を例にして説明したいと思います。ぜひ参考にしてみて下さい。

続きを読む

「株式投資をするためにはきっとまとまった資金がないとだめだろう。」

株式投資になじみのない人のなかには株式投資はお金持ちのするものだという思い込みのある人が実に多いです。

しかし、投資はそれほど初期資金を必要とせずにできるものです。銘柄選定の基本を学んで投資を適切に行っていけば、たとえ数万円から数十万円であってもただ銀行に資金を眠らせておくよりはるかにリターンが大きくなります。

例えば50万円の少額投資でもやり方によっては、100万円以上の利益を獲得することも十分に可能です。

このページでは、少額投資でも行える株式投資をテーマに初心者向きの「優良割安株」を見つけ方と同時に積極的に資産を倍増させるための低位株投資を解説していきます。

続きを読む