• このエントリーをはてなブックマークに追加

chartpatarnこれからデイトレードを始めたいという方のほとんどは、デイトレードはお小遣い稼ぎの感覚で手軽にできると思われているのではないでしょうか。

悲しいことに、デイトレードは手軽にできるもののように伝える書籍や雑誌も少なくありません。

そのような感覚でデイトレードに手を出すと、間違いなく痛い目にあってしまいます。デイトレードは、片手間で小遣い稼ぎで取り組めるものではありません。

結果を出しているほとんどのデイトレーダーは、証券市場が開いている時間はずっとモニターに張り付いています。そして、場が閉じた後は、投資戦略の研究をしたり、次の日の銘柄選びの準備をしたりしています。

デイトレードで稼ぐというのは、そういうことです。

逆に言うと、このように投資のことを徹底的に学び、その業界のプロフェッショナルになるぐらいの気持ちでデイトレードに取り組めば、資産を大きく増やして行くことも可能です。

このページには資産を今すぐ何十倍にできるというようなことは一切書いてありません。これからデイトレードを始めたい方が、投資の基礎を学び、土台を作るために絶対に知っておくべき事を全部で19の記事にまとめて徹底的に解説しています。

デイトレードの全体像から始まり、心構え、銘柄選び、チャートの基礎、売買手法、板読みの方法、その他お役立ち情報などデイトレに関する全情報を詰め込んでいます。

まず、これらをしっかりと学んだうえデイトレードで経験を積み、自分でも研究を続けて行けば凄腕トレーダーのような成績を出すことも不可能ではありません。

そのためにも是非、このページを参考にして下さい。

 

 

このページの監修者のデイトレード実績

このページは、250万円の資金からデイトレードを始めて9年間で、資産を64倍にした上総介氏が監修を務めています。以下が上総介氏のデイトレード実績です。まずはご覧下さい。

※スマホの方は表示が少し崩れてしまってます。申し訳ないのですがPCで確認頂けると幸いです。

※実際には2005年の11月からテストトレードを始めて、同年12月から本格的にトレードを開始しています。2013年以降の成績には、デイトレード以外の投資成績も含まれています。2012年以前は全てデイトレードのみの成績です。(スイング・先物・その他の利益は掲載していません)。
2006年 【総合成績】+7.557.528円 【勝敗】12勝0敗
1月 +589.224円 2月 +1.285.764円 3月 +475.953円 4月 +406.035円 5月 +211.066円 6月 +756.980円
7月 +403.849円 8月 +569.078円 9月 +834.762円 10月 +671.591円 11月 +535.736円 12月 +817.490円
2007年 【総合成績】+16.432.713円 【勝敗】11勝1敗
1月 +731.949円 2月 +2.939.004円 3月 +791.395円 4月 -105.791円 5月 +903.478円 6月 +969.916円
7月 +1.162.800円 8月 +2.119.731円 9月 +723.583円 10月 +1.717.390円 11月 +2.603.409円 12月 +1.875.849円
2008年 【総合成績】+21.355.467円 【勝敗】12勝0敗
1月 +1.157.149円 2月 +1.460.569円 3月 +809.851円 4月 +715.404円 5月 +1.241.277円 6月 +1.502.965円
7月 +1.232.552円 8月 +1.277.744円 9月 +1.507.597円 10月 +4.257.955円 11月 +3.428.827円 12月 +2.763.577円
2009年 【総合成績】+11.806.123円 【勝敗】10勝2敗
1月 +1.309.328円 2月 +1.941.666円 3月 +77.627円 4月 +1.149.834円 5月 +466.597円 6月 +3.567.350円
7月 +306.443円 8月 +1.228.985円 9月 -140.099円 10月 +1.709.618円 11月 +657.781円 12月 -469.007円
2010年 【総合成績】+4.074.734円 【勝敗】9勝3敗
1月 +997.045円 2月 +244.674円 3月 +74.845円 4月 +291.842円 5月 +609.021円 6月 +722.309円
7月 +888.515円 8月 -122.846円 9月 +396.870円 10月 +522.959円 11月 -386.689円 12月 -163.811円
2011年 【総合成績】+11.765.923円 【勝敗】11勝1敗
1月 +702.194円 2月 +902.806円 3月 +2.385.000円 4月 +451.679円 5月 +511.016円 6月 +1.209.222円
7月 +710.421円 8月 +2.612.708円 9月 +773.708円 10月 -392.542円 11月 +1.054.283円 12月 +845.428円
2012年 【総合成績】+915.771円 【勝敗】7勝4敗
1月 +562.412円 2月 +212.395円 3月 -904.718円 4月 +524.606円 5月 +192.476円 6月 -422.421円
7月 -90.216円 8月 夏休み 9月 +74.409円 10月 -113.735円 11月 +457.129円 12月 +423.434円
2013年 【総合成績】+65.800.000円 【勝敗】12勝0敗
1月 +4.220.000円 2月 +7.060.000円 3月 +12.800.000円 4月 +7.320.000円 5月 +8.010.000円 6月 +4.590.000円
7月 +6.210.000円 8月 +2.480.000円 9月 +4.560.000円 10月 +2.580.000円 11月 +3.110.000円 12月 +2.860.000円
2014年 【総合成績】+18,160,000円 【勝敗】9勝3敗
1月 -900.000円 2月 +1.100.000円 3月 -520.000円 4月 -230.000円 5月 +980.000円 6月 +3.120.000円
7月 +2.200.000円 8月 +520.000円 9月 +2.590.000円 10月 +4.360.000円 11月 +1,830,000円 12月 +3,110,000円

※なお上総介氏のブログでは、現在でも一日単位のトレード成績を記録しています。ご興味があればご確認下さい。

いかがでしょうか?ほぼ負けなしなのでびっくりされたかたもいるかもしれませんね。

上総介氏の手法は、決してレバレッジいっぱいの危険な取引をして奇跡的に成功し続けて来たというものではありません。あくまで防御の技術を徹底的に高め資産を守りながらその資産を増加させていくという方法です。

またアベノミクス最盛期の2013年には、資産を大きく増加させていることがわかります。これもアベノミクスだから儲かったのではなく、2013年までの基礎作りがしっかりとできているため、このようなビッグチャンスの時に大きな波に乗ることが可能だったのです。

このページの使い方

このページでは、これからデイトレードを始めようとしている方に絶対に読んでおいて頂きたい記事をまとめています。

しかし、冒頭でもお伝えしていますが、これを読んだからといって今すぐに資産を何十倍にできるわけではありません。このページは、これからデイトレードを始める人が投資の基礎を学び、資産を増やすための土台を作るためのページです。

これらの記事をじっくりと読んで投資の基礎を身につけて、デイトレードを実践しながら、何年もの間、毎日、絶え間ない経験と研究を積み重ねた結果、はじめて資産を大きく増やすことができます。

一部難しい内容もあるかもしれませんが、すべての記事を一通り読んで頂けたらデイトレで成功するための基礎的土台が作られているはずです。

1.デイトレードの全体像

2.勝つための心構え

3.銘柄の選び方

4.チャートの技術

5.板読みの技術

6.投資手法

7.有用なテクニカル指標

8.その他

※これらの記事は今後も継続的にブラッシュアップしていきます。今後も、初心者のデイトレーダーに必要だと判断すれば、記事の追加を行っていきます。定期的にチェックするようにして下さい。

情報を公開する理由

残念なことに、投資関連のビジネスで本当に良質なものはごくわずかです。特に書籍やセミナーなどでも、「この内容でよくお金を取るな…」と思うようなものも中にはあります。

デイトレは少ない資金からはじめることができると雑誌等でも紹介されてますが、個人的な見解として生活資金の他に200 ~ 300万円は余裕の資金(なくしても構わないと思える資金)を持っていなければデイトレには手を出してはいけない、と考えています。投資家のブログの中には一部素晴らしいものもありますが、良質なもののほとんどが初心者にとっては難解なものばかりです。

そのため、このページではデイトレの初心者の方にまずは知識的な土台を作って欲しいと考え、無料でデイトレに関する様々な情報を提供することにしています。

これらの中には、世の中に出ている一般的な情報とは異なることも多く書いてあるかもしれません。どんなに世の中で信じられている基礎的な情報でも不要なものは不要とお伝えしたいからです。安心してすべての記事に目を通して頂ければ幸いです。