IPO 初値予想

 日本モーゲージサービス(7192)は住宅関連企業を対象に、住宅金融、住宅瑕疵保険、システム開発・クラウドプラットフォーム、事業生産性コンサルティング等の住宅事業総合ソリューションサービスの提供 をしています。フラット35などの住宅ローンを専業で展開していますが、フラット35については近年では2012年77,315件、2013年62,355件、2014年53,610件、2015年75,462件(住宅金融支援機構の調査結果より抜粋)と安定した利用舎数となっており、マイナス金利で住宅ローンの借り換えが注目されている現状では今後も注目される可能性があります。業績面では今期の売上高が58億円、経常利益5億7000万円、当期純利益4億1000万円に対して第二四半期時点で売上高が29億円、経常利益4億4000万円、当期純利益が3億円と進捗していることから第三四半期の進捗状況が注目されます。需給面ではVCが60万株保有しているので上場時の大きなリスクになりますが、足元では業績が堅調なことから、上場後の急落場面はIPOセカンダリーで狙いたい案件です。

銘柄情報
銘柄コード  7192 銘柄名 日本モーゲージサービス 市場 JASDAQスタンダード
事業内容 住宅関連企業を対象に、住宅金融、住宅瑕疵保険、
システム開発・クラウドプラットフォーム、事業生産性コンサルティングなどの
住宅事業総合ソリューションサービスの提供

 

初値の期待度 セカンダリー妙味 総合評価
B A B
予想初値
 2700円

続きを読む

リネットジャパングループ(3556)は webサイト「NETOFF」を利用したネットリユース事業と、webサイト「ReNet」を利用したネットリサイクル事業を主に行っている企業です。想定価格は1620円ですが公募売出株数は250,000株なので吸収額は4.6億円、時価総額は28億円になります。業績は売上高、経常利益とも増収増益傾向ですが、前期比より大きく伸びてはいません。リユースビジネス のIPOは初値が低調な傾向なため、上場時は高い評価ではない可能性がありますが、上場後に月次IRや優待などの発表があれば再評価される可能性があります。

銘柄情報
銘柄コード  3556 銘柄名 リネットジャパングループ 市場 マザーズ
事業内容 ウェブサイト「NET OFF」を利用したネットリユース事業と、
ウェブサイト「ReNet」を利用したネットリサイクル事業

 

初値の期待度 セカンダリー妙味 総合評価
 C C  C
予想初値
 2800円

続きを読む

グレイステクノロジー(6541)は産業機械を中心とした各種マニュアルの作成・管理・運用を行う基幹システム「e-manual」の提供、クラウドサービス運営及びマニュアルの企画・制作・翻訳 を主に行っている企業です。想定価格3100円に対して吸収額は8億円、時価総額は31億円とマザーズでは軽量のIPOになります。業績は売上高、経常利益とも増収増益傾向ですが需給面ではSBI系のベンチャーキャピタルが264,000株保有していてロックアップは1.5倍で解除になっています。上場時は公募価格×1.5倍を超えてくる水準では注意が必要です。IPOセカンダリーとしてはVCのロックアップ解除を狙う方法か急落を狙う方法のいずれかに妙味があるでしょう。

銘柄情報
銘柄コード  6541 銘柄名 グレイステクノロジー 市場 マザーズ
事業内容 産業機械を中心とした各種マニュアルの作成・管理・運用を行う基幹システム「e-manual」の提供、
クラウドサービス運営およびマニュアルの企画・制作・翻訳

 

初値の期待度 セカンダリー妙味 総合評価
B  B B
予想初値
 4300円

続きを読む

 イノベーション(3970)は法人向けインターネットマーケティング支援(成果報酬型の比較・資料請求サイトの運営及びマーケティングオートメーションツールの開発・提供) を主に行っています。今回のIPOにおける公募売出数は198,600株となっており、想定価格2,570円では吸収額が5.8億円、時価総額が21.9億円になります。事業内容については主にオンラインメディア事業とセールスクラウド事業に分かれており、オンラインメディア事業では比較・資料請求サイトで見込み客獲得を目指し、セールスクラウド事業では購入意欲の高い見込み客の発見を支援するツールを月額課金で提供しています。事業内容と公募売出数の希少性から12月IPOの中では人気化すると思いますが、上場後のイベントが注目されます。

銘柄情報
銘柄コード  3970 銘柄名 イノベーション 市場 マザーズ
事業内容 法人向けインターネットマーケティング支援
(成果報酬型の比較・資料請求サイトの運営およびマーケティングオートメーションツールの開発・提供)

 

初値の期待度 セカンダリー妙味 総合評価
 A A A
予想初値
 6000円

続きを読む

 フォーライフ(3477)は神奈川県を中心とした分譲住宅事業及び注文住宅事業を行っている会社です。内訳は分譲住宅が92.5%、注文住宅が7.4%を占めており、エリア別の着工件数では横浜が51.4%、川崎が37.8%となっており神奈川での着工件数が89.2%(その他、東京)と圧倒的に神奈川での件数が占めています。同社の強みは大手メーカーの価格より割安な価格設定(2,500万円~4,500万円)となっており、売上、販売件数ともに年々増加傾向です。需給面ではVCとSOのリスクが新規上場時にはありませんので、同社が上場時に事業内容から初値が低調であった場合は業績面、需給の面から再評価される可能性があります。

銘柄情報
銘柄コード  3477 銘柄名 フォーライフ 市場 マザーズ
事業内容 分譲住宅事業および注文住宅事業

 

初値の期待度 セカンダリー妙味 総合評価
C B C
予想初値
 2800円

続きを読む

 エイトレッド(3969)は稟議申請から承認に至るまでの業務効率化を図るためのワークフローパッケージ「X-point」等の開発・販売、クラウドサービスの提供を主な事業として取り組んでいます。「X-point」については導入企業が年々増えていて、今年は1800社の企業が導入しています。ストック型のビジネスモデルなので今後も増収増益が期待できます。なお、同社の市場規模は公募価格1,800円で市場吸収額12億円、時価総額39億円になります。VSリスクがないため、ビジネスモデルが評価されれば株価はまだまだ期待できると思います。

銘柄情報
銘柄コード  3969 銘柄名 エイトレッド 市場 マザーズ
事業内容 業務効率化を図るためのワークフローパッケージなどの開発や販売およびクラウドサービスの提供

 

初値の期待度 セカンダリー妙味 総合評価
A A A
予想初値
4000円

続きを読む

 ティビィシィ・スキヤツト(3974)は美容サロン向けICT事業、中小企業向けビジネスサービス事業及び介護サービス事業を主に取り組んでいます。公募売り出し数は220,000株と少なく市場吸収額が3.5億円、時価総額が25億円と新規上場時のボリュームはマザーズでは軽量になります。業績面では売上が頭打ちになってきていますが、需給面ではリスクが小さいことから、新規上場をした際には12月最後のIPOということもあり、セカンダリーとしての妙味が大きい案件です。

銘柄情報
銘柄コード  3974 銘柄名 ティビィシィ・スキヤツト 市場 JASDAQスタンダード
事業内容 美容サロン向けICT事業、中小企業向けビジネスサービス事業および介護サービス事業

 

初値の期待度 セカンダリー妙味 総合評価
A A A
予想初値
3,600円

続きを読む

セグエグループ(3968)は ITシステムにおけるITインフラ及びネットワークセキュリティ製品に係る設計、販売、構築、運用、保守サービスを主に行っています。公募売出数は210,000株、発行株数1,347,000株なので想定価格1,650円では市場吸収額が4億円、時価総額は22.2億円になります。同社は当社及び連結子会社4社(ジェイズ・コミュニケーション、ジェイズ・テレコムシステム、ジェイシーテクノロジー、ジェイズ・ソリューション)により構成されており、ソリューションプロダクト事業では米国、海外メーカーのセキュリティ製品やITインフラ製品を代理店として輸入販売し、自社開発製品として「ソフトウェアSCVX(内部ネットワークと外部ネットワークの分離を実現するソフトウェア)」のライセンス販売をしています。

銘柄情報
銘柄コード  3968 銘柄名 セグエグループ 市場 JASDAQスタンダード
事業内容 ITインフラおよびネットワークセキュリティー製品に係る設計、販売、構築、運用、保守サービス

 

初値の期待度 セカンダリー妙味 総合評価
A  A A
予想初値
 3800円

続きを読む

 イントラスト(7191)は総合保証サービス事業の会社です。近年ではジェイリース(公募価格3,100円、初値4,170円)、あんしん保証(公募価格1,460円、初値5,730円)といった企業がIPOしていますが上場時は一定の評価をされています。イントラスト社については想定価格630円で吸収額16億円、時価総額61億円とマザーズでは小規模~中規模になるため、初値は無難に決まりそうです。ただ、セカンダリーについてはSOが1,099,000株ありますので注意が必要です。

銘柄情報
銘柄コード  7191 銘柄名 イントラスト 市場 マザーズ
事業内容 総合保証サービス業

 

初値の期待度 セカンダリー妙味 総合評価
B  B B
予想初値
900円

続きを読む

 シンシア(7782)はコンタクトレンズメーカーです。コンタクトレンズといえば、ジョンソン&ジョンソン、シード、ボシュロムジャパン、メニコン、ロート製薬などのメーカーが知られていますが、シンシアは、その次になります。公募売り出し数は450,000株になりますので想定価格2,100円では市場吸収額が10億円、時価総額が43億円になります。コンタクトレンズメーカーでは昨年メニコンが新規上場しましたが当時は公募価格1,700円に対して初値は2,950円でした。もっともメニコンは国内の市場シェア上位の企業なので評価されましたが、シンシアの場合は知名度が業界の中では低いため、セカンダリーの妙味はなさそうです。

銘柄情報
銘柄コード  7782 銘柄名 シンシア 市場 マザーズ
事業内容 コンタクトレンズの製造および販売

 

初値の期待度 セカンダリー妙味 総合評価
B C C
予想初値
 2,600円

続きを読む