ファンダメンタル指標

良い投資先を探す際の条件として、「株主のことを最大限に考えている企業」であることが必要です。

この株主のことを考えてくれているかどうかは、企業の株主還元がどうなのかによって判別することができますが、この判別をする際に重要な考え方として配当性向というものがあります。

利益を株主に還元する方法は実に様々であり、最近では自社株買いや配当性向の引き上げなど株主還元を積極的に考える企業は一定の評価をされ投資家から人気を集めることがあります。

ここでは株主還元を行う企業を見つけるための配当性向という概念についてご説明します。

続きを読む

株価の上げ下げの主要な要因は企業の業績の変動です。

確かに相場全体の動きによっては、一時的に株価の上下に影響を与えたりもしますが、長い目でみると企業業績の動きと株価の動きは連動するのです。

業績の良い企業はたとえ全体相場が低迷しても投資家によって買われ、気づくと株価が数十倍になっていることもあるくらいです。

それくらい株価の業績というのは投資家にとって重要なものです。そこでこのページでは、企業の業績予想をつかって投資に役立てるコツを解説していきます。

続きを読む

株式投資とは企業の研究をして良い銘柄を選びだし、そこに投資をして利益を得るものです。

そういった意味では、個別の企業の研究がまず大事になってきます。ただ、それだけでは不十分で、相場全体の動きも同時に見ることが勝てる投資家になるための条件です。

投資で勝つには、全体相場の動きを見つつ、その中から活きの良い銘柄を選び出すことなのです。今回ご紹介するNT倍率は、一段上の投資家になるための、全体相場を深く読み解くための指標です。

続きを読む

企業は基本的には利益を生み出すために活動しますが、その活動の源泉は企業の資産です。

そしてその資産から実際に利益を効率よく生み出せているかどうかをはかる指標があり、その指標のうちの一つにROAがあります。

最近話題のROEによく似た名称ですが、両者はにて非なるものです。

ROEに比べて軽視されがちですが、ROAは会社の資産全体からの収益の大きさの割合を考えるために必要な指標であり、ROEから株式を見るのとはまた異なる視点で企業を見ることができます。

そのため、ROEとセットで覚えておくことで効率よく収益を出している企業を多角的に判定することが可能となります。

続きを読む

投資先を選ぶ際には、ほとんどの投資家が利益に着目して投資先を選びます。

しかし、利益の大きさは当然業種や企業によって異なります。そのため企業間で利益を比較するためには、1株辺りで算出した数値(EPS)を使用する必要があります。

「EPSが前年に比べて大きく伸びた、もしくは減った」という事実は、その銘柄に大きな影響を与えます。1株辺りの利益は投資を続けていく上では必要な不可欠な指標です。

そこでこのページではEPSに関して、解説をしていきます。

続きを読む

金融商品に投資をする際に、重視すべき事項の一つに利回りというものがあります。

ただ、1つ1つ金融商品の利回りを確認することで、投資をしていこうとするのは若干面倒な気もします。

そこでこのページでは、利回りの差を一発で見抜くことのできるイールドスプレッドという指標をご紹介します。

言葉自体馴染みの薄いものかもしれませんが、一気に投資効率を向上させる効果がありますので、おさえておきましょう。

続きを読む

投資をする配当利回りを考慮にいれることは、今では当たり前のスタンスになっています。

ただし、利回りは高いほうが良いことはわかっていても、ただ高いということに注目してしまい、ほかの大事な要素を考慮に入れることを忘れてしまっている人が多く見受けられます。

このページでは、配当利回りとはなにか、使用するさいに考慮すべきこと、などにフォーカスして失敗しない配当利回り投資を解説していきます。

続きを読む

効率的に業務を行っている企業はどこかを知るために、企業が今持っている資産全てを使ってどれくらいの売り上げを上げたかをはかるために総資産回転という指標があります。

企業はさまざまなかたちで資産を有効活用して売上や利益を上げていますが、この指標を知ることで企業が効率良く売上をあげることができているのかどうかが一発でわかります。

このページでは総資産回転率とはなにかと投資への活用の仕方をご説明していきます。

続きを読む

企業には資産があり、その資産が株数に対してどれくらいあるのかをはかる指標としてBPSという指標があります。

「1株あたり」で資産を割り出すことで、すでに発行している株式の数の多い少ないという違いを気にすることなく、どの企業に資産がどれくらいあるのかをはかることができます。

企業の健全性をはかるために必要な指標ですのでおさえておきましょう。

続きを読む

投資をして株を買うのであれば、その株がこれから上がるかどうかを判断する必要がありますが、その判断をするための方法として、成長株を見つける、もしくは割安株を見つけると言うものがあります。

そのうち割安株を見つける方法が、バリュー投資という呼ばれる手法です。そしてそのバリュー投資を成功させるために必須とも言えるのがPBRを実際に投資に使えるということなのです。

PBRはPERと同時に最低限おさえてほしい基礎知識です。

このページでは、PBRとは何か、具体的な使い方、PBRの観点からみて良い銘柄の探し方に関する基礎知識をお伝えしていきます。

続きを読む