株式投資 手法

株式投資の神様といえば「ウォーレン・バフェット」と応える投資家がほとんどだと思われます。

もし株の長期投資で成功したいのであれば、投資家としてもビジネスマンとしても長期投資で超一流の実績を残したバフェットの方法をすこしでも取り入れたうえで投資を行っていきたい投資家がたくさんいるのも事実です。

ただ、日本の株式市場でバフェット流を貫いて儲けられることはほとんどありません。

実は、アメリカの株式市場の動きと日本の株式市場の動きは根本的に異なっているため、バフェットのやり方を真似てみても投資できる確率は低いのです。

このページでは、バフェットの人物像と投資スタイルを解説したのち、なぜその投資法が日本の株式市場で通用しないのかを解説していくことにします。

続きを読む

成長株とは、文字通り業績が持続的に成長している会社の株式のことを言います。グロース株とも言われます。一般的には、売上や利益が少なくとも10%以上毎年成長することが見込まれる株式を言います。

成長株投資とは、このように、将来にわたって持続的に業績が向上していく会社に投資することをいいます。株価は原則として、企業の業績に連動します。利益が上がれば、株価も上昇します。

株価は企業のファンダメンタルを通常6カ月~12か月先を織り込みにいきます。従って、将来大きく業績を伸ばす企業の株式に投資することで、株価上昇の恩恵にあずかれることになります。

私自身テクニカルとファンダメンタルの両面から成長株投資を実践して利益をあげることができています。

この記事では成長株投資の魅力と成長株を見つける方法についてお話しします。

続きを読む

投資家で成功した中の一人にバフェットという有名な投資家がいます。彼の投資スタイルはバリュー投資といわれるものです。

バリュー投資とは、割安に放置されている企業の株を買い、その価値が適正な価格まで戻るのを待つという投資スタイルのことです。

つまりその企業の株価が本来よりも割安かどうかを判断できなければ、この投資で成功することはできないということになります。

このページでは、割安株投資(バリュー投資)についてご説明するとともに、関連する指標や、実際のバリュー投資の仕方をご説明していきます。

続きを読む