その他

「デイトレするならボラが大きい銘柄を中心に手がけています」

デイトレやスイングなどをしている投資家からは上記のような言葉をよく聞きます。しかし、ボラティリティが大事だとはよく言いますが、ボラティリティとは何かについてはっきりと認識している人はそれほど多くはありません。

そこで、この記事では、ボラティリティと値幅の違いを明らかにして、投資にどうボラティリティを活用していくのかを確認していきましょう。

続きを読む

株価が大きく上昇する前には一定のパターンが存在しますが、そのパターンをあらかじめ把握しておくことで実際に株価が動き出した最初の動きを捉えて仕込むことが可能となります。

今回は株価が動きだすパターンのうち「ポイントアンドフィギュア」を使用したものをお伝えします。

ポイントアンドフィギュアは株価の値動きに着目した重要なテクニカル指標です。

このページでは、ポイントアンドフィギュアの基礎知識とポイントアンドフィギュアのパターンと使い方を実例に沿ってお伝えしていきます。

続きを読む

「株価が下がって連日の年初来安値を更新!」

投資をしていると上記のようなニュースを頻繁に聞きます。年初来安値を更新しているというのはある銘柄がその年度の中で一番株価が安い状態になっているということを示しています。

しかし、この年初来安値というのは、株価がお買い得になっているという意味ではありません。

とくに投資を始めたばかりの人に多く見られがちなのは、株価が非常に安くなっていると勘違いして年初来安値の銘柄を保有してしまうというパターンです。

このページでは、年初来安値の銘柄をなぜ買ってはいけないのか、そして年初来安値を利益につなげる方法を2つ、具体的にお伝えしていきます。

続きを読む

株価の値動きを予測するためのツールとしてテクニカル分析という予測方法が存在します。だれでも株式取引をする際に、今持っている株がそろそろ売りなのか、まだ持っていて大丈夫なのか、気になった経験があることでしょう。

そのような株価の短期的な売買ポイントを見つけるために有効なテクニカル指標の一つにストキャスティクスがあります。

株式投資をするなら必須の知識である移動平均や出来高と組み合わせることでより正確に短期的な値動きを予測しやすくなります。

このページでは、ストキャスティクスの基礎と使用法、ストキャスティクスを間違って使用して損しないための知識を解説していきます。

続きを読む

株式取引で利益を上げるためには、株価のこれまでの動きから先の動きを予想して売買タイミングをはかる必要があります。

ただ特に投資を始めたばかりの人やまだ取引を始めて間もない人にとって株取引の猛者がたくさんいる世界で絶好のタイミングで株を売買するのは至難の技です。しかし、ある程度売買タイミングを図るための指標を知っておくことでそのような投資の猛者達と互角に渡り合う下地を作ることが可能です。

今回ご紹介するMACD(マックディー)は株取引をする際に、売買タイミングをはかるためのテクニカル指標となります。他にも移動平均やRSI、出来高といったテクニカル分析のための指標と組み合わせることで大きな力を発揮しますのでぜひおさえておきましょう。

続きを読む

株を買ったら下がる、売ったら上がる。その繰り返しを経験したことはありませんか。株をやっていれば誰でもそのような経験はしたことがあるものです。

しかし、RSIというテクニカル指標を知っておくだけで、そのような相場に振らされて損をする確率が大きく減ることをご存知でしょうか。

RSIは、相場が方向感のない、よこよこ(横ばい)の動きをしている際に、特に力を発揮します。

このページでは、RSIとはなにか、その具体的な使用法や特殊な状況などを具体的な事例を交えてお伝えします。

続きを読む

「いつも株価の上げ終わりを買ってしまって。」

個人投資家で上記のような悩みを持つ方は実に多いです。

このようなパターンで損をする時は深く考えずに好みのテクニカル指標が買いを示したからという単純な理由だったりします。

実際投資で勝つためにはそれだけでは不十分で、株価の流れの中にある質を見極める必要が有ります。このページでは、上記のような悩みを解決するための方法として、テクニカル分析の代表的な理論であるダウ理論を解説していきます。 続きを読む

最近株を始めたばかりの人はアノマリーという言葉は聞きなれないかもしれません。

しかし、そのアノマリーというものが株式市場にて非常に強い力を持っていて、そのアノマリーに従って株式市場が動く傾向が強いことを認識しておく必要があります。

そうでないとアノマリー通りに行動しているすべての投資家の逆の動きをして負けてしまうことがあるからです。

逆を言えばアノマリーを知っておけば、そのタイミングで買いか売りかを判断しやすいといえます。

このページでは、アノマリーについて解説したのち、市場に溢れるアノマリーについて一通りご説明していきます。

続きを読む

株式市場で株を買い付けるために機関投資家などの大きな資金が入ってくることがあります。そのような資金がはいってくるタイミングがあらかじめ想定できたらあなたならどうしますか?

当然、そのタイミングに合わせて株を買いに行きますよね。

じつはVWAPという指標を使用することでそのタイミングを見計らうことがある程度できるようになります。

市場に大きな資金が投入するときにどうしてもVWAPという指標を使わなければいけない投資家がいるからです。

このページでは、そのようなVWAPについて解説していきます。

続きを読む

「株価の動きの予想はチャートにおける株価の上下ではかるものだ。」

そう思い込んでいませんか?

じつは株価の値動きは、株価の値段の上下だけでなく、時間からはかることもできます。そして、時間で株価の値動きを予測するためのチャートに「一目均衡表」があります。

一目均衡表を覚えれば、通常のチャートとはまた別の視点から株価の動きを見ることが可能となるため、その分売買チャンスも増えることになります。

このページでは、一目均衡表の基礎知識と実際の使い方を一通り紹介していますので参考にしてください。

続きを読む