スイングトレード

「株式投資を真剣に学びたいんだが、何かよい方法ないだろうか。」

バブル相場による株価上昇と将来の生活資金の蓄えへの不安から上記のように投資の学習を始めようという人が後を絶ちません。しかし、ほとんどの人は投資を学ぶ最初の段階でおおきな間違いをおかしてしまいます。

投資を始めたばかりの人は、投資の書籍や周りの投資家、ネットに溢れる情報や会場セミナーまでをフルに活用して色々と情報を集めたがりますが、その内容を精査していない人があまりにも多いのです。

投資の情報は「質」が命です。

良質な情報を、段階を踏んで学ばない限り投資の技術はほとんど向上することはありません。そこでここでは良質な情報を集める手段として、良質なセミナーの選び方とおすすめのセミナーをご紹介します。

続きを読む

非上場企業が株式を世間一般に公開して初めて株式市場で取引されるようになることを新規公開といい、新規公開された株式をIPO(新規公開株)といいます。

IPO銘柄は市場で初めて取引されるということもあり、中には大きく注目される銘柄が存在します。このような銘柄には様々な投資家が資金を集め、株価が一時的に大きく上昇させる傾向があります。

IPOに関する知識を前もって正しく得ておくことでそのような大幅な上昇を利益に変えるビッグチャンスをものにすることができます。このページではIPOの基礎知識と爆発的に上昇する銘柄をつかむための7つの知識をお伝えします。

企業の成長性から株主構成、主幹事はどこか、市場はどこか、売り出される株数はどうかなどを緻密に研究することできっとIPO株で利益を上げれるようになります。

続きを読む

「大きく損することなく株価数倍になる銘柄を見つけたい」

通常投資の世界においてそのような願望は夢物語です。大抵大きく上がる銘柄は大きく下がる可能性も秘めているので、リスクとリターンは基本的には同程度です。

しかし、そんな願望が実現するシーンが一つだけあります。それがIPOです。これまで株式市場で取引されていなかった銘柄があらたに市場に上場することをIPO(新規公開株)といいます。IPOの中には、上場すると同時に株価が数倍になるような銘柄が数多く存在します。また上場してから株価が数倍になるような銘柄も見受けられます。

そこでこのページでは、2015年上半期のIPO銘柄の活きの良かった5つの銘柄をピックアップしてランキング形式にしてお伝えします。大きく上昇した銘柄を並べてみることで、どのような銘柄が暴騰するするのかを知ることができます。

また株価が上がる銘柄の特徴と同時に初値形成後の株価の上昇を利益に変えるセカンダリー投資もご紹介します。

続きを読む

株式投資とは企業の研究をして良い銘柄を選びだし、そこに投資をして利益を得るものです。

そういった意味では、個別の企業の研究がまず大事になってきます。ただ、それだけでは不十分で、相場全体の動きも同時に見ることが勝てる投資家になるための条件です。

投資で勝つには、全体相場の動きを見つつ、その中から活きの良い銘柄を選び出すことなのです。今回ご紹介するNT倍率は、一段上の投資家になるための、全体相場を深く読み解くための指標です。

続きを読む

株式取引で利益を上げるためには、株価のこれまでの動きから先の動きを予想して売買タイミングをはかる必要があります。

ただ特に投資を始めたばかりの人やまだ取引を始めて間もない人にとって株取引の猛者がたくさんいる世界で絶好のタイミングで株を売買するのは至難の技です。しかし、ある程度売買タイミングを図るための指標を知っておくことでそのような投資の猛者達と互角に渡り合う下地を作ることが可能です。

今回ご紹介するMACD(マックディー)は株取引をする際に、売買タイミングをはかるためのテクニカル指標となります。他にも移動平均やRSI、出来高といったテクニカル分析のための指標と組み合わせることで大きな力を発揮しますのでぜひおさえておきましょう。

続きを読む

「株価が上がっていたから株を買ったら、突然急激に下がり始めた!」

このような状況になってしまうと誰でもパニックに陥ってしまいます。

上昇が加熱してくると相場はいったん下がりますが、そんな時に一役買っているのがヘッジファンドと呼ばれる投資集団です。

彼らの投資手法を知らずに投資の世界に身を置いてしまうと、思わぬところで損失を被ってしまいます。ヘッジファンドはまず投資技術の低い個人投資家をはめ込んで利益を出そうとするからです。

このページでヘッジファンドの手法を知り、彼らの罠に陥らないための基礎知識を身につけていきましょう。

続きを読む

株を買ったら下がる、売ったら上がる。その繰り返しを経験したことはありませんか。株をやっていれば誰でもそのような経験はしたことがあるものです。

しかし、RSIというテクニカル指標を知っておくだけで、そのような相場に振らされて損をする確率が大きく減ることをご存知でしょうか。

RSIは、相場が方向感のない、よこよこ(横ばい)の動きをしている際に、特に力を発揮します。

このページでは、RSIとはなにか、その具体的な使用法や特殊な状況などを具体的な事例を交えてお伝えします。

続きを読む

株価チャートは、株価の方向性を見るトレンド系と、株価の過熱感を見るオシレーター系の2つに分けられ、その使い方や取引の際に参考にしたい判断基準は異なります。

この記事では、トレンド系のMACD(マックディーと言います)を活用して、より精度の高い投資判断を行うための方法を、4つのステップを踏んでご紹介します。

  1. MACDの基本的な考え方
  2. MACDではどのように投資を判断するのか
  3. 実例でわかるMACDの使い方
  4. MACDに適した銘柄とは

続きを読む

日本の株式市場をひっぱる株式指数には日経平均株価がありますが、その日経平均株価を先導して動かしている重要な指標があります。

その指標は「日経平均先物」と呼ばれすべての投資家に注目されています。

この日経平均先物の動きは日経平均株価に大きな影響を与えるため、必然的に日経平均を構成する225銘柄や日本の株式市場に上場しているその他多くの銘柄に影響を与えるのです。

つまり個別の株式を取引する際には日経平均先物に関する知識をどれだけ知っているかによって、その投資成果が変わってきます。

このページでは、日経平均先物に関する下記の情報をまとめました。

  1. 日経平均先物とは
  2. 日経平均先物の取引を始めるための4つの知識
  3. 日経平均先物の3つの種類
  4. 日経平均先物を使用した2つの投資手法

続きを読む

生命保険や信託銀行に預けた人たちのお金は金融資産で運用されています。

それは、その預けたお金の集まりが運用する人たちの投資のうまい下手によって増えたり減ったりするわけです。そして、そのような運用主体がいるということは投資をしているその他大勢の個人投資家の動きもおおきく左右するということです。

自分が持っている株式に大きな売り注文があったと思ったら、じつは機関投資家が売っていたなんてことも起こります。

このページでは機関投資家の基礎知識としてどのような運用主体がいるのか、彼らが売買せざるを得ないポイントを具体例を交えながらお伝えしていきます。

続きを読む