スイングトレード

「大きく上がる株はどうやったら見つけることができるんだろう?」

大幅上昇する銘柄を見つけだす指標として出来高急増という非常に有効な判断材料があります。

出来高急増とは簡単に言うと、株価が大きく上昇(または下落)する時に、大きな出来高を伴っている場合をいいます。株価は大抵大きく上昇するまえに、出来高の爆発的な増加を伴うことが多いです。

出来高急増のメカニズムを知っておくことで、大幅上昇する銘柄を見つけることができるとともに、投資におけるパフォーマンスも格段にUPしますので早いうちに抑えておくべきです。

このページでは、出来高急増とそのメカニズム、そしてどのように出来高急増銘柄を調べればいいのかをステップを踏んでご紹介します。

続きを読む

株を売買するタイミングを計る上で、ローソク足チャートの知識は必要不可欠です。

チャートにはこれまで行われた株の取引の形跡があられもなく残っていますが、そこからこれからの値動きを読み取ることができます。

チャートをよく分析してみると、「このような場合にはこうなる。」というパターンが出来上がります。そのようなパターンを知ることは取引をする上で必要なのです。ただ、その段階までたどり着くには、まずは土台となるローソク足チャートの基礎(種類と使い方)を知る必要があります。

このページでは、チャートで取引をする土台となる知識であるローソク足チャートについて解説していきます。

続きを読む

「株動きのアゲサゲについていくためにはどうしたらいいんだろう?」

投資をしているけれども、株価の動きに振り回されては損している人というのは意外と多いものです。

大抵株の動きに振り回されてしまう人は、上がったところで株を買い、一時的にさげたところで株を売ってしまうパターンが多く、それは典型的な投資の負けパターンです。

そこでここでは、上昇している株を高値づかみするリスクなく買うための手法である「押し目買い」の解説をすることにしました。押し目買いは、さきほど説明した負けパターンのまさに逆をやる投資手法です。

そもそも、その「逆ができれば苦労はしないよ」というかたもいるでしょうから、このページでしっかりとご説明していきます。

このページでは、押し目買いとはなにか、押し目買いを確認するステップ、そしてもっとも重要な押し目を確認するための3つの要素をご説明いたします。

続きを読む

投資をはじめるうえで、株式の売買するタイミングをはかるためには、チャートを読み解く力が必要です。そして、チャートを読み解く力をつけるためには、「ローソク足」の基本知識が必要になります。

ローソク足の基本をしっかりと学んで使用している投資家とローソク足を適当に雰囲気だけ感じ取って使用している投資家では、その投資成績に大きな違いが生じてきます。

たとえば英語をマスターするためには、単語の理解を深いところまでしている人と表面的なところだけを理解している人とでは英語能力の向上の度合いも全く異なりますよね。

チャートにおけるローソク足の正しい理解も英語における英単語と同じようなもので全てのチャートを理解するための土台となるものです。

このページではローソク足の基本のきである、ローソク足の見方を解説していきます。

続きを読む

投資をする上でローソク足を学ぶ人は多いですが、ただなんとなくの知識を蓄えるだけで終わってしまう人は意外と多いものです。

何事においても基礎が大事なのと同じように、チャート分析においてもまずはローソク足の基礎的な分析能力が備わっているかどうかでトレードの成績もおおきく異なってきます。

このページではローソク足の種類を解説、その後、一歩踏み込んで連続する2本のローソク足から株価の動きを予測する方法とその基礎的な考え方をご紹介します。

トレードにおいても応用できる知識ですのでおさえておくようにしてください。

続きを読む

株の売買タイミングをはかるために必ず知るべき指標として、「移動平均線」という指標があります。

株価の値動きを知るための指標のことを「テクニカル指標」といいますが、その中では移動平均線はおそらく一番使用されている指標です。

多くの人に意識されている指標であるほど指標として機能します。

株取引をするのであれば、その移動平均線の知識と使用法を正しくマスターしておく必要があります。

このページでは、移動平均線とはなにか、移動平均線の種類とその役割、移動平均線の実践における5つの手法をご紹介していきます。

続きを読む

投資を始めると、ほとんどの人がローソク足の使い方やチャートの見方、銘柄選びの方法などをはじめに学びます。

そしてそれらを学ぶと一通りの知識が身についたように感じて投資の学習を終わらせて実戦に入ってしまう人が多いです。

しかし、実は最初の段階で上記以外にも必ず知っておいて欲しい知識が一つあり、それが「出来高」というものです。出来高を知ると、株価の短期的な上下の予測がしやすいだけでなく、より長いスパンでみて株価が大幅上昇する可能性も探ることができます。

このページでは、出来高分析のための第一歩として、出来高の意味を知っていただくことにします。

続きを読む

投資をしている人であれば、「会社四季報」には目を通したことがありますよね。

しかしなんとなく分厚くてとっつきにくい、そして読むのが面倒だと思ってしまう人も多いことでしょう。

四季報には多くの会社の業績や財務状況に関わる情報が載っています。長期投資をする人も短期投資をする人も目を通す人は多く、東洋経済の独自の予想が出るなど投資家ならば注目する情報が満載です。

じっさいに四季報を見てから投資をする人が多くいるのも事実です。

つまり四季報発売とともに四季報をみて投資をする人たちの需給が発生するので、投資をしているならばどうしても「四季報」の存在を無視できないということが言えます。

このページでは四季報の見方を簡単に解説するとともに四季報投資の効率的な使い方、そして四季報に伴った需給の解説など実践的に解説をしていきます。

続きを読む

企業は株を保有してくれている株主に対する見返りとして配当や優待などを配ります。

配当の金額や優待内容はその企業によって様々ですし、また企業によっては配当や優待がない場合もあります。

株価に対して、高い配当を出している企業はやはりそれなりに評価されますし、資金も集まりやすくなります。特にアメリカなどでは配当を出さないような企業は株主還元がしっかりなっていない企業として、ダメな企業の烙印を押されます。

配当というものはそれぐらい株主が注目しているものなのです。そのため、配当確定までの一定期間のあいだに配当欲しさに株を買いたいという特殊需要が発生することがあります。

このページでは、配当に関する基本事項、高配当銘柄の株価の動きの特性を利用した投資手法、銘柄の選び方から実際にその投資手法を実践する際の注意点などをお伝えしていきます。

続きを読む

投資をするなら、それが短期であれ長期であれ、相場全体の流れを読めるようになることが必要です。

そしてそのためには過去のデータや経験則が役に立つことはみなさんも異論がないでしょう。

そこでこのページでは、相場全体の流れの行方を占う代表的な指標である信用評価損益率の具体的な使い方をご説明していきます。

この指標を知っていると、相場の上げ下げの行方を予想するのに大いに役立ちます。

特に最近のアベノミクスのようなバブル期においてこのような指標が役に立つ傾向があります。もちろん短期投資だけに限らず全ての投資で応用の利く指標ですのでぜひ覚えてください。

続きを読む