• このエントリーをはてなブックマークに追加

全ての投資初心者へ捧ぐ!デイトレードとは

デイトレードとは何かという疑問を持ってこのページにたどり着いたあなたにデイトレに関する基本情報をお伝えします。

またデイトレードで成功を収めるためにどのような知識が必要か、どのように学んでいくべきかをご説明していきます。

デイトレに関する本やウェブサイトは質の悪いものも多く、選ぶのに迷ってしまう方もいるでしょう。また何にでも手を出してしまって結局何をしていいかわからないという方もいることと思います。

しかしデイトレをするのに必要と言える手法、知識は実はそれほど多くありません。そこでこのページではデイトレを体系的に学ぶための知識をご紹介いたします。

まるで職人?デイトレードとは

デイトレードとは、1日の中で株を買ったり売ったりして利益をあげようとする超短期の投資です。そしてそのような超短期で取引する人たちのことをデイトレーダーといいます。

1日の中で、株式市場に上場している銘柄の中から数銘柄を選んで(人によっては数十銘柄)その中から良い動き(自分にあった値動き)をしているものを選んで取引をします。1日で1回しか取引しない人もいますし、数十回取引をする人もいます。株を買ってから売るまでには、数秒から数時間と様々です。

そのように1日の中で取引をして利益をもぎ取ってくる。それがデイトレードです。

これは漁師さんなんかに例えるとよくわかるかもしれません。

荒波の中で、ポイントを選んで網を投げて魚をとる。百戦錬磨の漁師さんでも危ない日は海に出ませんし、今日は捕れるぞ!という日は積極的に魚を取りに行くはずです。

デイトレも基本的にはそれと同じです。荒波が株式市場に、ポイントが株式銘柄に、網が自分の資金に、魚が利益に変わっただけです。市場が危ない日には取引を控えたりもします。逆に今日はチャンスだと思えば積極的に資金を投じたりするのです。

そう考えてみると、意外と身近に感じたりもしませんか?

デイトレのメリットとデメリット

ではデイトレをする上でのメリットとデメリットをお伝えします。

メリット

・買って売ってを繰り返すため、資金を効率的に使える(長期投資だと株を買ってしまうと資金が拘束される)

・次の日へ持ち越すリスクがない(基本的にその日のうちに株を全部手放すので、夜に自然災害やNY市場の暴落など外部要因の悪化が起きても株を保有していなければ関係がない)

・専業投資家として成功した場合、1国1城の主になれる。自由な時間が使える。

等です。

デメリット

・株を買って売ってを繰り返すため、手数料がかさんでしまう(意外と馬鹿に出来ない)

・次の日へ持ち越すリスクなどないが、その分利益を逃してしまうこともある(潜在的に株価は夜も動いている)

・本格的にデイトレをするなら、仕事を辞める、もしくは休む必要が生じる

等です。

メリット・デメリットに関しては他サイトと書いてあることはほとんど同じです。そのためさらっとご紹介して、より重要なことを書いていきたいと思います。

デイトレに向いている人とは?(世の中に伝わっている嘘)

『デイトレードはギャンブルだ!!』

こんな言葉を聞いたことがある人がいるかもしれません。

デイトレはギャンブルだとすると、名うてのギャンブラーでないとデイトレードは儲からないと思われがちです。またいかにも男臭い強そうな人がデイトレでは強いみたいな変な?偏見もあったりします。

確かに勝負師と言われる人達は、ここぞというところで勝負ができるのでデイトレードでは強いです。しかしごく普通の人が、デイトレードで億を稼いだなんて話もいたるところで聞きます。加えて、特に株のデイトレーダーさんは穏やかな人が多いように思えます(FXは知りませんが…)

知的好奇心も強く、皆さんとても勉強熱心です。なにより相場が大好きな方が多いです。

そう考えると、かならずしもギャンブラーが成功するものではないということがわかります。普通の人でも充分勝てるのです。

というよりも、性格的にカッとならない、熱くならない冷静な人が向いていたりもします。トレードで勝ったときには舞い上がらず、負けた時には冷静になれるからです。

デイトレで成功する人は意外にも慎重派で堅実な人が多いのです。

デイトレを効率よく学ぶには?

デイトレードを効率よく学んでいくには、デイトレードに特化した情報を仕入れていくことが必要です。つまり、市販で売っている『株式投資の基本』のような本を読んでも、実はそれほど上達は早くありません。

確かに株式投資の基本を学ぶことは重要で、遅かれ早かれ学んで欲しいと私は思います。

しかしデイトレードの場合は、どちらかというと日々の値動きが重要になってきます。そのためデイトレに関する情報を仕入れることと同じくらい、日々の株式の値動きをパソコンの前に座って眺めることがなにより上達のための第一歩となります。

もちろんその場合でも、デイトレードに関する知識がなければ、ただボンヤリながめているだけの時間の無駄遣いになってしまいます。上質な知識を短期間で取得することが必要になってきます。

市場に触れること。そしてデイトレに関する上質な知識を仕入れること。

勝つためにはこの2点が必要になってきます。

そのため事項ではデイトレで学ぶべきことを8つご紹介します。

デイトレードで成功するために手に入れるべき8つの重要事項

デイトレードをしている人のパソコン周りを見ていると、モニターが何台も並んでいて多くの情報を仕入れようとしていることが分かる。それに比例して当然最初にデイトレに関して学ぶことが多いのだろうと初心者の方は思うことでしょう。

しかし実はデイトレにおいて最初に学ぶべきことはそれほど多くはありません。

むしろシンプルなルールを最初に学んで粘り強くそれを守っていくということがだいじになります。

それは以下の8つに絞られます。

  1. 成功するトレーダーの考え方を学ぶ
  2. 損切りは徹底する
  3. 資金管理(ポジションサイズ)を確実に行う
  4. トレーディング環境を作る
  5. チャートの知識を学ぶ
  6. 銘柄選びの知識を学ぶ
  7. 取引手法を学ぶ
  8. 1から7を自分の手法へと昇華させる

8個もあるのかと思われた方もいるかもしれませんが、長期投資などに比べて知るべき情報の量は圧倒的に少ないです。

それに上記知識は一度学んでしまうとトレードに応用することで何度でも使うことができます。

特に8番目の自分の手法へと昇華させるというところが気になったかたがいるかもしれません。知識を学び、ある程度取引を進めていくと自分なりの取引スタイルが出来上がってきます。それは勝ちと負けを繰り返し、試行錯誤することで自分なりの投資術となっていくということです。また投資においては自分なりの相場観(取引をするための感覚)を養っていくことも楽しくなっていきます。

これらの自分なりの取引スタイルや相場観は取引を行っていくことで自然と研磨されていきます。

ただ、そうはいってもある程度の羅針盤(知識)が必要になってくると思います。そして最初に仕入れる知識や情報は非常に重要です。というのも、デイトレードのような投資の場合、最初に悪い癖をつけてしまうとなかなかそこから離れられなくなってしまいます。

そこで、こちらとしてもデイトレをこれから始める人が迷わないように、できる限りデイトレに関する情報を他ページでお伝えしています。

そちらも参考にして頂ければと思います。

まとめ

このページではデイトレとは何かについてご説明させていただきました。なんとなく想像ができたでしょうか?

簡単にいえば「1日の中で株を買ったり売ったりして利益を上げる仕事」です。しかし、その内容は非常に奥が深く、ワクワクするような場面もたくさんあります。

知識をしっかり身につけて見事デイトレで成功する投資家になってください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

初心者必見!デイトレ・スイングで勝つための
14サイトの具体的なポイント伝えます!

ebook_スイング


あなたの投資成績を大幅に改善する良質な投資情報を集める方法を知りたくありませんか?!


・デイトレでその日に5%から10%あがる銘柄を知りたい。
・明日狙い目の銘柄を一発で知る情報を知りたい。
・株価に影響をあたえる情報を効率的に集める方法を知りたい。
・こういう情報には要注意!
・経済指標を重要度別に仕入れてトレードに使用したい。


多くの人が、投資情報サイトを選ぶ際に迷ってしまうそうです。初心者なら尚更です。
無料EBOOKでは、初心者が最初に道を間違えないよう、良質なサイトを厳選して、そのサイトの見るべき場所を具体的に提示しています。ぜひダウンロードして、今後のトレードにお役立てください。


無料Ebookを今すぐダウンロードする

投資の教科書の購読はfacebookが便利です。

Twitter・RSSでも購読できます。