• このエントリーをはてなブックマークに追加

デイトレード入門!デイトレで勝てる人の特徴とは!?

デイトレに最近興味を抱いている人、デイトレをしているがどうも勝てない人。

勝てるデイトレーダーが一体どのような人なのかが気になることと思います。実際、勝てるトレーダーと勝てないトレーダーには決定的な違いがあり、その違いを深く理解しトレードにおいて役立てていかない限り勝つことはできません。

このページにおいては、デイトレードの解説とともに勝てる投資家の特徴を具体的にまとめてあります。

ひと通り読んでもらえれば、勝つための具体的なイメージが持てることでしょう。

 目次

1    勝てるデイトレーダーに共通する3つの特徴とは?

1-1 デイトレードに関して研究熱心な人
1-2 デイトレ-ドで負けた時に感情を抑えられる人
1-3 ここぞという勝負時にまとまった資金を投入できる人

2    内容を今すぐ理解!デイトレードとは

2-1 デイトレーダーの1日
2-2 デイトレードのメリット・デメリット
2-2-1 メリット
2-2-2 デメリット
2-3 デイトレするのに必要な環境

3    デイトレで知っておくべき知識(勝てる投資家の手法は?)

3-1 勝てる投資家は損切りを徹底する
3-2 勝てる投資家はポジションサイジングを大事にする
3-3 勝てる投資家は自分の独自の手法を持っている
3-4 日々取引する銘柄を選び抜く力がある
3-5 勝てる投資家には情報を選別する高い能力がある
3-6 勝てる投資家には欲がない?
3-7 勝てる投資家は必ず反省をする

1 勝てるデイトレーダーに共通する3つの特徴とは?

デイトレに勝てる人とは簡単にいってしまうと、研究熱心で、それほど感情的な取引をせず、ここぞというところで資金をしっかりと投入できる人です。

正直、デイトレードで勝つことは簡単なことではありません。何も知らないままデイトレに挑んでしまうとほとんどの人が負けてしまうことでしょう。

デイトレで勝てる人の特徴を具体的に説明していきますね。

1-1 デイトレードに関して研究熱心な人

デイトレードは毎日の株式市場の雰囲気が変わる中で、取引する銘柄を変えていく必要があります。そのため、毎日しっかりと相場を研究できる人でないとデイトレードでは勝てないのです。

当然毎日研究して相場に挑む人と、研究せずに相場に望む人とでは研究して挑む人の方が勝つことは言うに難くないでしょう。

1-2 デイトレ-ドで負けた時に感情を抑えられる人

当然、トレードをしていると負けることも多々あります。

最初のうちは資産を大きく減らしてしまうことも多いでしょう。そんな時にカッとなって取引をしたり、相場に対してネガティブな感情をもってしまう人は相場でなかなか勝てません。下手をするとヤケを起こして取引するべきでない時に大金を投じて資産を大きく減らしてしまう人も中にはいます。

負けた時こそ冷静になって相場にもう一度挑むことのできる人はいずれ勝てるようになるでしょう。

1-3 ここぞという勝負時にまとまった資金を投入できる人

当たり前なことですが、デイトレードをするならば小さく負けて大きく勝つことが必要になってきます。つまりリスク管理をしっかりと行った上で勝負時に、大きな資金を投じて確実に勝つ。これができるとデイトレードでは成功します。

この資金を投じて大きく勝つためには精神的な強さが必要です。ここぞという時に、「もしかしたら負けるかも知れない」と思ってしまうような人はデイトレードで成功することはありません。

また自分には会社員が向いているな、と思っているような、コツコツ収入を得るのが性にあっている人はデイトレには向いていません。そのような人は大抵リスクを取ることできないからです。

リスク管理をしっかりと行った上でリスクを取る。一見矛盾しているようですがこれができる人がデイトレードでは成功します。

以上の3つがデイトレで勝てる人の特徴です。

こう聞くと自分には無理なんじゃないかと思われるかもしれません。

しかし上記のような特徴は後からでも鍛えることができます。デイトレードをする上で最終的に勝てる投資家になるためには、経験を積み何度もチャレンジしてみることでデイトレで勝てるようになるためのトレード技術とともに精神的な強さが身についていきます。

2 内容を今すぐ理解!デイトレードとは

デイトレードとは一体何をするのか気になる方はいるでしょう?

そんな方のためにデイトレードは一体何をするのかを具体的かつ詳細にご説明します。

デイトレードを3つの側面からご説明させていただきます。

  1. デイトレーダーの1日
  2. デイトレードのメリット・デメリット
  3. デイトレするのに必要な道具と知識

2-1 デイトレーダーの1

デイトレードとは、1日を通して株を買ったり売ったりして利益を得る仕事です。

基本的には1日のうちに売買を完結させてしまうため、次の日へと株を持ち越すことはありません。デイトレードを行う人達の事をデイトレーダーといいます。まずは彼らの1日の動きを知ることでデイトレードを覗いてみることにしましょう。

7:00~8:00 起床(取引に備えて準備する。新聞、ニュースのチェック)

8:00~9:00 パソコンの前で各種情報のチェック(注目銘柄の注文状況・売りが多いのか買いが多いのか)

9:00~11:30 前場の取引(9:00~10:00までが特によく動くためこの時間帯は集中して取引)

11:30~12:00 お昼ご飯

12:00~12:30 各種状況のチェック(注文状況などをチェック)

12:30~15:00 後場の取引(12:30~13:00と14:40~15:00まで特に集中)

15:00~17:00 その日の取引ノートをつける・明日の取引銘柄を探す等

こんな感じですね。夜は時間の空いている時には、ほかのデイトレーダーさんのブログを見たり、株式情報サイトを見たりして情報を仕入れます。体が大事ですので夜ふかしはせずに早めに就寝する人が多いです。

このようにデイトレーダーの仕事内容というものは、会社に勤めていない自由人でありながら意外と規則正しく動いていることがわかりますよね。自分を律することが出来る人でないと、このデイトレーダーという職業は向いていないと言えるでしょう。

2-2 デイトレードのメリット・デメリット

次に超短期で売買をするデイトレードにはさまざまなメリットとデメリットが存在します。それをこれからご紹介していきます。

2-2-1 メリット

メリットは以下の3点となります。

・1日の中で株式の売買を繰り返すため、ループトレードと言って、ある銘柄を売買したあと別の銘柄に乗り換えて取引をすることが多いです。これはデイトレーダーは資金を効率的に使えるということです。通常の株式投資である長期投資だと株を買ってしまうとその株を買った分の資金が拘束されてしまうことに比べ、大きな利点です。

・基本的にその日のうちに株を全部手放すので、夜に自然災害やNY市場の暴落など外部要因の悪化による株価下落のリスクがありません。1日の中で売買が完結すると、値下がりのリスクは日中の取引のみに限定されます。株式を次の日に持ち越すと次に取引開始と同時に大幅安で持っている株式の値段がつく可能性があります。

・専業投資家として成功した場合、1国1城の主になれます。成功しなくてもなれますが、成功して生活するのに困らないお金を手にしてからの方が、より安心ですよね?実際、専業投資家として成功すると、好きな時に海外へ行ける、いつでも好きな時に休めるなど利点がたくさんです。

2-2-2 デメリット

デメリットは以下の3点となります。

・株の売買を繰り返すため、手数料がかさんでしまうことも多くなります。この手数料なんですが、1日5回1回500円の手数料だとして2500円の手数料が取られます。1ヶ月20日間の取引だとすると、50000円も取られることになるのです(びっくりですよね?)

・メリットのところでも説明したが、デイトレードには次の日へ持ち越すリスクがありません。ただし、その分利益を逃してしまうこともあります。というのも株式市場が閉まっている夜間でも、株式市場に影響を与える様々なことが起きているのです。たとえば海外で何かビッグサプライズがあった時なんかは次の日に株価が大幅上昇することがあります。そういう利益を逃してしまうということです。

・おそらくこれが最大のデメリットだと思われます。本格的にデイトレをするなら、仕事をやめて完全にフリーな状態になっている必要があります。1ヶ月、2ヶ月会社を休んで大成するような簡単なものではありません。そのため、ある程度お金をためて100~200万円、しばらくは実家にお世話になるつもりで挑戦していく必要があるでしょう。

等です。

2-3 デイトレするのに必要な環境

デイトレードで勝つためには最初に環境をそろえる必要があります。もうすでに右記画像のようなモニターがたくさん並んだ環境を見たことがあるかもしれませんね。

これだけ立派な環境を最初から揃える必要はありませんが、お金の許す限りいい環境を揃える方がトレード成績は良くなることでしょう。また座る椅子(腰に負担がかからないもの)もある程度いいものを買ったほうがいいです。

パソコンはスペックが良いものを選ぶ、モニターは複数画面にしても見やすいようにフチがあまりないものの方が良いです。

ほかにもトレードをしていると自分なりに必要なものが出てくるはずです。環境をより良いものにするにはお金を惜しまない方が良いでしょう。それも立派な投資です。

3 デイトレで知っておくべき知識(勝てる投資家の手法は?)

それでは最後に勝てるデイトレーダーの投資に対する行動パターン7つをご紹介します。

デイトレをするのに必要な非常に実践的な内容となっています。初心者の方にとっては少し難しい内容かもしれませんが、デイトレードで勝つためには必ず通る道ですので、頑張って読破してくださいね。

3-1 勝てる投資家は損切りを徹底する

損切りとは、株を買って持っている状態でその株に損失が出ている状態(含み損)をバッサリと切り捨てる、つまり損失を確定させることをいいます。

勝てる投資家は損切りを徹底します。

買った位置から少しでも下がると、損を切る投資家もいるくらいです。これはリスク管理につながる話でもありデイトレや投資をするなら必ず必要になってきます。

一方で勝てない投資家は、損切りが苦手です。

損切りが大事だという話をすると、「それでは損切り貧乏(損切りにより損ばかりが貯まる状態)になってしまうよ」という反論が大抵は出てきます。

しかしそれは違います。損切り貧乏になってしまうのは、買うタイミングと損切りの設定方法が下手だからです。

3-2 勝てる投資家はポジションサイジングを大事にする

ポジションサイジングとは、ざっくりいうと株を買う量をどう決めていくか、ということです。

勝てる投資家は、自分の精神的・経済的な度を超えない株の量で勝負をします。

自分の取引出来る限界を熟知しているのです。そのため、取引にする際に精神的な余裕を持つことができます。精神的な余裕はトレードにおける安定した成績を生み出します。

勝てない投資家は、自分が精神的、経済的に耐えられない量の株を保有するので、株価の1時的な揺さぶりに耐えられず大きな損失を強制的に確定してしまいます。

そのため2度と立ち上がれないおおきな損失を被ることもあり、市場からの撤退を余儀なくさせられます。

3-3 勝てる投資家は自分の独自の手法を持っている

どのような投資手法をとるか、どんなテクニカル指標(チャート上で買い場売り場を示すツール)を使うかは投資をする人によって多種多様です。しかしここでも勝てる投資家、負ける投資家には決定的な違いがあります。

勝てる投資家はシンプルな戦略を好みます。

シンプルというのは単一の手法という意味ではなく、自分の中で何種類か見るべき指標を決めたら、その組み合わせでの取引を徹底して極めようとします。そのようにして鍛え上げられたシンプルでありながらも独自の手法を使用できるようになるので、どのような相場でも通用する投資家になることができます。

勝てない投資家はより複雑な戦略を好み、多くの指標を使用します。

そのため浅い知識のまま投資を行うことになるため使用するテクニカル指標も売買タイミングもいつもバラバラです。また手法を独自のものするための自分なりのカスタマイズなども行わないために、相場が変化すると途端に勝てなくなります。

3-4 日々取引する銘柄を選び抜く力がある

銘柄を選ぶ目があるかどうかは重要です。

勝てる投資家は、これからも上昇する、もしくは下げ止まった銘柄を選び抜く力があります。

勝てるトレーダーは勢いが現在も続いている、そしてこれからも続くだろうということを見抜いて取引を続けていきます。そして、取引している銘柄にいわゆる旨みがなくなってきたらすぐさまほかの銘柄へと移っていきます。

勝てない投資家は、残念ながらもうすでに上昇しきったところからデイトレをし始めます。

そして株価が下落し始めると安いところばかりに買いに行きます。しかし、下落の始まりだと気づかずに長いことその銘柄に張り付くことになります。結果的にほかのもっと美味しい株(新たに勢いづく株)の動きを逃してしまうことになります。

3-5 勝てる投資家には情報を選別する高い能力がある

デイトレにおいてできるだけ多くの情報を集めること、自分の取引に合わせて情報を選別していくことは重要です。

勝てる投資家は、あくまで自分で選別して情報を投資に利用します。

選別するための情報収集能力が長けているために不必要な情報は除外します。できるだけ情報をたくさん仕入れるために、パソコン使用時のモニターをできるだけ多く設置します(自分で見切れる限りのモニター台数)

勝てない投資家は、自分に必要な情報を人(勝てない投資家)から聞いた話で埋め合わせようとします。

そのため情報収集能力が鍛えられず、真偽不明な情報にいつも振り回され損ばかりしてしまいます。モニターの数も自分に合わせる(目で追える)というよりは、デイトレだからという単純な理由でモニター台数を増やしたりします。自分で選別できる以上に情報を入れ込んでしまうので取引における焦点が定まらず、その結果無駄な取引が多くなります。

3-6 勝てる投資家には欲がない?

「トレードにこんな事関係あるの?そもそも欲がないとトレードなんてしないんじゃないの?」

と思われたかもしれませんが、実はこの欲こそ安定したトレードの邪魔をする害悪となります。もちろん欲のない人間なんていませんので、儲けたいと思う気持ちはトレードをする人ならみんな同じです。

デイトレードでもその他の投資でも成功している人や儲けている人というのは、あまり欲のない人が多かったりします。

普段は質素な服をきて、時々美味しいご飯を友人と食べに行く。テレビで見るような華美なトレーダーは本当に一部です。そのため私欲のない取引ができるのだと考えられます。だからこそ利益を伸ばせるし、損が出始めたら、その危機管理能力の高さ故に損切りが素早いのだと思います。また、生活リズムをとても大切にしている人が多いです。

勝てない投資家は、利益や損をお金をと結びつけて考えてしまいます。

当然人間であれば誰しも投資の利益や損失で一喜一憂するでしょう。しかし勝てない投資家は損失が出たことをどこまでも引き釣ります。その結果、マイナスの感情を抱えた悪い精神状態のままで取引をすることが多くなります。それではトレードでの勝ちはおぼつかなってしまいます。

3-7 勝てる投資家は必ず反省をする

トレードにおける失敗というのは人間の本能的な面からくる失敗(利食い早い、損切りが遅い、適当にポジションを持つなど)が多いためしっかりと反省をしないと、同じ過ちをなんども繰り返してしまいます。

勝てる投資家は、毎日どんな取引であってもしっかりと収支をつけて、取引に伴う理由、その時の相場環境などをメモしておきます。

時に失敗を繰り返してしまうことがあっても、常に反省点を次のトレードに活かそうと考えているためトータルでは十分にプラスに持っていくことができます。

勝てない投資家は、負けトレードの後に落ち込むだけで反省をせずに次の取引に望みます。

そのため勝った時のことはおぼえていても負けた時のことは忘れていることが多いために同じあやまちを何度も繰り返してしまいます。それではトータルでは損が積み重なってしまいますよね。

まとめ

このページではデイトレードについてご説明させていただきました。デイトレードを始めるにあたって必要な本質的な知識をできる限り詰め込んだつもりです。

何度も言うようにデイトレードは簡単ではありません。しかし準備をしっかりとして、ルールを守れる人なら億トレーダーになることも夢ではありません。

このページを何度も読み直してデイトレードで成功するための素地を整えてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

初心者必見!デイトレ・スイングで勝つための
14サイトの具体的なポイント伝えます!

ebook_スイング


あなたの投資成績を大幅に改善する良質な投資情報を集める方法を知りたくありませんか?!


・デイトレでその日に5%から10%あがる銘柄を知りたい。
・明日狙い目の銘柄を一発で知る情報を知りたい。
・株価に影響をあたえる情報を効率的に集める方法を知りたい。
・こういう情報には要注意!
・経済指標を重要度別に仕入れてトレードに使用したい。


多くの人が、投資情報サイトを選ぶ際に迷ってしまうそうです。初心者なら尚更です。
無料EBOOKでは、初心者が最初に道を間違えないよう、良質なサイトを厳選して、そのサイトの見るべき場所を具体的に提示しています。ぜひダウンロードして、今後のトレードにお役立てください。


無料Ebookを今すぐダウンロードする

投資の教科書の購読はfacebookが便利です。

Twitter・RSSでも購読できます。