• このエントリーをはてなブックマークに追加

稼げる投資家になるために知っておきたい「出来高」の意味とは

投資を始めると、ほとんどの人がローソク足の使い方やチャートの見方、銘柄選びの方法などをはじめに学びます。

そしてそれらを学ぶと一通りの知識が身についたように感じて投資の学習を終わらせて実戦に入ってしまう人が多いです。

しかし、実は最初の段階で上記以外にも必ず知っておいて欲しい知識が一つあり、それが「出来高」というものです。出来高を知ると、株価の短期的な上下の予測がしやすいだけでなく、より長いスパンでみて株価が大幅上昇する可能性も探ることができます。

このページでは、出来高分析のための第一歩として、出来高の意味を知っていただくことにします。

出来高とは

出来高とは、株式の取引が行われた際の「取引量」のことです。なぜ取引量を意識する必要があるのかというと、取引された量でどの銘柄が人気化しているかどうかを把握することができるからです。

具体的に説明していきます。

取引単位が100株のA自動車という銘柄があるとして、1日の出来高が100000株だったとします(※取引単位とは最低取引単位のことで、この銘柄は100株からしか買えないということです)

この場合、1日に取引された株式量は、買い100000株に対して、売り100000株が取引されたということになります。この出来高の量が多ければ多いほど、その株式は人気があるということになります。

逆にA自動車と株価がほぼ同じで、取引単位も同じ100株のB自動車は1日の取引量が1000株だったとします。こちらは1000株の買いに対して、1000株の売りしか約定していません。

この時、A自動車に比べて、取引量は少ないため、相対的にみて人気がないということになります。

出来高は、このように銘柄間の人気のあるなしをはかるために使います。

そのため、銘柄間の取引単位や価格の違いを考慮に入れて出来高をかんがえていくことで今後さらに人気化して上昇するかどうかを予測することも可能となるのです。

チャートからみる出来高

通常どのネット証券の日足チャートでも、デフォルトの設定ではローソク足、移動平均線、出来高の組み合わせでチャートが作られています。

上のチャートは典型的な日足チャートです。

向かって上側がローソク足と移動平均線(価格を知るための部分)下側の棒グラフが出来高(人気度を知るための部分)です。こうして出来高を見ると、おおきく株価が上昇する場面では出来高も大きく増加していることがわかります。必ずしもそうなるとは限りませんが、ひとつの指標として捉えることで株取引をする際にも有利に働きます。

出来高を見ると、株価が上昇する際にしっかりと取引をともなった上昇なのか、それとも取引を伴わない上昇なのかがわかります。出来高が多い上昇は、多く出るウリを吸収した力強い上昇であることが判定できるのです。

たくさん出てくる売り注文を買いが凌駕して(ウリをこなすともいいます)上昇すると、その後継続して上昇していく可能性も高くなります。

以上の意味合いで出来高を知ることは必要なのです。

出来高から株価の動向を把握するための3パターン

出来高をみて株価の上昇・下落を当てること出来るか疑心暗鬼な人もいるかもしれませんね。

確かに出来高だけで、株価の上昇・下落を当てることは不可能でないにしろ、難しいです。そのため他の指標とも上手に組み合わせながら見ていく必要があります。

ただ出来高と株価の関係でこれだけは覚えておいておいたほうが3つありますので、それはご紹介致します。

  1. 出来高が細っている状態が長らく続いていた状態で急に出来高が増えて株価も大きく動くと、株価はその動いた方向へと進みやすい
  2. 出来高が増加して株価が上昇した後に、出来高が減少しても株価が下落を見せない場合は、もう一段の上昇が来る可能性が高い
  3. 天井圏(高値付近)で大きな大陰線とともに出来高の増加が見られた場合、大口が売り抜けている可能性があり、その後下落する

以上の3つです。

この3つを覚えておくだけでも取引においてに優位に使用できるのではないかと考えています。重要なことは、出来高は株価に先行して動くのだということです。株価が出来高を伴って直前までと違う動きをすると、その後株価が反転してうごくフラグだったりするわけです

下のチャートは上記3つの出来高と株価の関係のうち3つ目の「天井圏で大きな出来高をともなった大陰線がでたパターン」です。

上記のようなケースは意外と多いです。チャートを見始めたら、出来高が増えているところでどのようなローソク足になっているのか、そしてその後株価がどのような動きをしているかをみる癖をつけておくといいですね。

次の項目では出来高の意味をより深く知っていただくため、出来高と株価の関係を表す理論である「逆ウォッチ曲線」のご紹介です。この理論は出来高の株価に対する先行性をよく示しています。

株価と出来高の関係を表す逆ウォッチ曲線とは?

出来高と株価の関係を探るために有名な理論があります。それが、逆ウォッチ曲線というものです。まずは下の図をご覧下さい。

逆ウォッチ

グラフの横軸が出来高で縦軸が株価です。ご覧のように出来高の株価の関係は8つのサイクルで回って行きます。

  1. 出来高がじょじょに増え、いまだ株価は上昇していない段階
  2. 出来高がさらに増加し株価もじょじょに上がり始める(ここからがチャンス)
  3. 出来高はいったん停滞し、株価は上昇する
  4. 出来高は少し減るが、株価は少し上昇
  5. 出来高減少で、株価は停滞する
  6. 出来高が少し減って株価が少し下落(ここからが注意)
  7. 出来高が変わらず株価は下落する
  8. 出来高が少し増えるも株価は少し下落する

逆ウォッチ曲線のたとえば1番目、2番目の出来高が増えた時点から取引を開始することができればタイミングの問題は別として短期でも中期でも利益を出しやすくなるでしょう。

これはあくまで理論です。そのため、実際の相場における株価と出来高は、必ずしも逆ウォッチ曲線のように動くというわけではありませんが、基本的な考え方なので抑えておくと良いでしょう。

それ以上に重要なのは、出来高の増減が、株価の上下に与えるメカニズムを理解しておくことです。

まとめ

このページでは出来高の意味を大きく3つに分けてまとめてきました。

  1. 出来高で人気化する銘柄を知ることができる
  2. 出来高も株価も大きく動いた時は株価の先行きを知るチャンス
  3. 出来高は株価に先行してうごく傾向がある

など、どれも出来高と株式の価格を考える際に重要な知識です。まずは出来高の基礎を頭に入れて、実際の相場を見ながら出来高を見る癖をつけてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

初心者必見!デイトレ・スイングで勝つための
14サイトの具体的なポイント伝えます!

ebook_スイング


あなたの投資成績を大幅に改善する良質な投資情報を集める方法を知りたくありませんか?!


・デイトレでその日に5%から10%あがる銘柄を知りたい。
・明日狙い目の銘柄を一発で知る情報を知りたい。
・株価に影響をあたえる情報を効率的に集める方法を知りたい。
・こういう情報には要注意!
・経済指標を重要度別に仕入れてトレードに使用したい。


多くの人が、投資情報サイトを選ぶ際に迷ってしまうそうです。初心者なら尚更です。
無料EBOOKでは、初心者が最初に道を間違えないよう、良質なサイトを厳選して、そのサイトの見るべき場所を具体的に提示しています。ぜひダウンロードして、今後のトレードにお役立てください。


無料Ebookを今すぐダウンロードする

投資の教科書の購読はfacebookが便利です。

Twitter・RSSでも購読できます。