通貨ペアとは|FXトレードで勝つための正しい選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
30287210_s

FXで稼ぐために通貨ペアの選択は非常に重要です。

 適切な通貨ペアを選ぶと、一回一回のトレードの勝率や利益が安定するようになります。しかし、通貨ペアの選択を誤ると予想もできなかったようなことで相場が動き、気がついた時には大損をしてしまうことにもなりかねません。

 すべてのトレードは、通貨ペアを選ぶことから始まります。そして、どの通貨ペアを選ぶかで、あなたが勝ち続けられるかどうかが決まると言っても過言ではありません。これは成功しているFXトレーダーにとっては常識です。

それにも関わらず通貨ペアの選択の重要性をきちんと解説している方は全くいません。そこで、ここであなたがFXで稼ぐために、絶対に押さえておいてほしい通貨ペアの選び方のルールを解説させて頂きます。

ぜひ、じっくりご覧ください。

はじめに ~通貨ペアとは~

二種類の通貨の組み合わせのことを通貨ペアと言います。例えば、アメリカドルと日本円の通貨ペアの取引であれば、「米ドル/円」と表します。そして、例えば、1ドル=100円の時に、円でドルを買う(=円をドルに両替する)ことを、「ドル円を買う」と言います。

FX市場には、以下のように様々な種類の通貨ペアがあります。

英語表記 日本語表記 英語表記 日本語表記
USD/JPY 米ドル/円 NZD/USD ニュージーランドドル/米ドル
EUR/JPY ユーロ/円 TRY/JPY トルコリラ/円
EUR/USD ユーロ/米ドル ZAR/JPY 南アフリカランド/円
GBP/JPY 英ポンド/円 HKD/JPY 香港ドル/円
GBP/USD 英ポンド/米ドル SGD/JPY シンガポールドル/円
AUD/JPY 豪ドル/円 NOK/JPY ノルウェークローネ/円
AUD/USD 豪ドル/米ドル USD/CHF 米ドル/スイスフラン
CAD/JPY カナダドル/円 GBP/CHF 英ポンド/スイスフラン
CHF/JPY スイスフラン/円 EUR/GBP ユーロ/英ポンド
NZD/JPY ニュージーランドドル/円 EUR/CHF ユーロ/スイスフラン

これらの中から、どれかの通貨ペアを選びトレードを行うことになります。

なお、左側の通貨を「主軸通貨」、右側の通貨を「決済通貨」といいます。「米ドル/円」で見れば、米ドルが主軸通貨で、円が決済通貨ですね。余談ですが、英国を宗主国としている国の通貨は必ず主軸通貨になります。そのため、円は基本的に常に決済通貨として表示されます。

通貨ペアに関してはお分かり頂けましたね。

それでは、FXで効率よく稼いでいくために、通貨ペアはどのように選べば良いのでしょうか。三つのルールがありますので、しっかりと抑えておきましょう。

  • 取引量の多い通貨ペアを選ぶ。
  • ドルストレートを選ぶ。
  • トレードスタイルに適した通貨ペアを選ぶ。

それぞれ、詳しく解説させて頂きます。

1. 取引量の多い通貨ペアを選ぶ

FXで稼ぐための大前提は「取引量の多い通貨ペアを選ぶこと」です。なぜなら、取引量の多い通貨ペアでは精度の高いテクニカル分析ができるからです。取引量が多いということは、世界中のトレーダーが、その通貨ペアに注目していることを意味します。より多くのトレーダーが、注目しているということは、それだけテクニカル分析が機能しやすくなります。

なぜなら、相場はあくまでも、市場参加者の欲(通貨に対する需給)を反映しているからです。(詳しくは、『FXの仕組み』の「3. テクニカルとは」をご覧ください。)取引量が少ない通貨ペアの場合、突発的な要因で、突然、価格が大きく動いてしまいます。これではテクニカル分析どころではありません。単なるギャンブルになってしまいます。

「ギャンブルでも勝てればいい」という方もいるかもしれません。止めはしませんが、ギャンブラーの行き着く先は破産です。そもそも、FXは運に頼らなくても、誰でも大きな利益を得られる世界です。このページをじっくり読んで勉強している方は必ずできます。ここで書かれているようなことも、一切調べずに始める方が大半なのですから…。

1.1. 世界の通貨ペアと日本の通貨ペア取引量の割合

それでは、次に、どの通貨ペアの取引量が多いかを統計的に確認しておきましょう。

世界の通貨ペア取引量ランキング

  月間取引量(10億ドル) シェア
ユーロ/米ドル 1.173 23.05%
米ドル/円 902 17.72%
英ポンド/米ドル 470 9.24%
豪ドル/米ドル 266 5.24%
米ドル/カナダドル 218 4.29%

出展:国際決済銀行

グローバルな視点で見ると、「ユーロ/米ドル」と「米ドル/円」が突出していますね。世界における円の強さも分かります。日本人のトレーダーなら、「米ドル/円」がメインの通貨ペアでしょうから、「米ドル/円」の取引量が大きいのはプラス材料といえます。

日本の通貨ペア取引量ランキング

次に、日本における割合を見てみましょう。

   月間取引量(単位10億ドル) 国内シェア  世界シェア
米ドル/円 902 70.70% 17.72%
豪ドル/円 31 9.16% 0.62%
英ポンド/円  3以下 8.84% 0.06%以下
ユーロ/米ドル  1173 4.55% 23.05%
ユーロ/円  79 3.54% 1.56%

出展:国際決済銀行

「米ドル/円」のシェアが圧倒的に高いですね。また、「ユーロ/米ドル」を除くと全て円を含む通貨ペアです。日本での取引量ランキングトップ5のうち、「豪ドル/円」「英ポンド/円」「ユーロ/円」の取引量は、世界で人気のある通貨ペアの数十分の一に過ぎません。このことから、日本では、取引量が少ないにも関わらず、慣れ親しんだ円絡みの通貨ペアを選ぶ傾向にあることが分かります。

1.2. 初心者トレーダーの大半がダメな通貨ペアを選んでいる

繰り返しになりますが、通貨ペアを選ぶ上で、まず重要なのが絶対的な取引量の多さです。しかし、日本人トレーダーの多くは、このルールを破り、取引量が非常に少ない通貨ペアを選択してます。

これは、日本人は、ギャンブルのような気持ちで、トレードしている人が多いということを表しています。特に、FX初心者は、本人も知らないあいだに投機的な取引を行っている場合が非常に多いです。それでは、最終的に行き着く先は大損です。(参照:『FXで失敗して1000万円の大損をした私の話』)

FXはギャンブルではありません。確かなトレードルールに基づいて、トレードをする方は、確実に勝てるようになり、サラリーマンの時には考えられなかった利益を得られるようになるという世界です。一年、二年と経つと、驚くほど資金が増えています。三年、五年経つと、自分の生活が全く変わっています。

そのような夢を手に入れるためにも、通貨ペアの絶対的取引量は考慮しなければなりません。 

2. ドルストレートを選ぶ

通貨ペアには、「ドルストレート」と「クロス円」と言うものがあります。この二つは、特性も違いますし、動きの傾向も違います。結論から言うと、FXで稼ぐためには、ドルストレートを選ぶ必要があります。

2.1. ドルストレートは自然な値動きで分析がしやすい

FX市場では、米ドルが世界の基軸通貨として君臨しています。そのため、「米ドル/円」や「ユーロ/米ドル」など米ドルを含む通貨ペアはすべて「ドルストレート」と言います。結論から言うと、ドルストレートは、クロス円と比べて自然な値動きをして、投機的な動きをすることは少ないです。

2.2. クロス円は値動きが激しく突然暴騰暴落する

クロス円は、「米ドル/円」以外の円絡みの通貨ペアのことです。FX市場で世界の基軸通貨は米ドルで、円は非常にマイナーな通貨です。そのため、クロス円の通貨の売買の時には、必ず円をドルに変えて取引がされます。例えば、あなたが「ユーロ/円」の買いポジションを持ったとします。この時、実は、最初にマイナー通貨である円を、基軸通貨であるドルに交換(クロス)してから、ドルとユーロを交換するという手間が発生しています。

つまり、クロス円の為替レートは、以下のように二つの通貨ペアを掛け算して算出されているということです。

  • 「ユーロ/円」(134.20) = 「米ドル/円」(120.15) × 「ユーロ/米ドル」(1.1169)
  • 「ポンド/円」(182.55) = 「米ドル/円」(120.15) × 「ポンド/米ドル」(1.5193)

これは、クロス円は、二つの通貨ペアの値動きに影響されることを意味します。例えば、「米ドル/円」と「ユーロ/米ドル」がどちらも急上昇したとしたら、その二つの通貨の掛け算で求められる「ユーロ/円」はさらに上回る勢いで上昇します。一方、「米ドル/円」と「ユーロ/米ドル」のどちらもが急落したとしたら「ユーロ/円」はさらにすごい勢いで急落します。このように、クロス円は必然的に値動きが激しくなります。

また、クロス円は二つの通貨ペアを経由することからスプレッド(=手数料:『スプレッドとは』参照)も広くなります。

2.3. 通貨ペアはドルストレートを基本に選ぶ

日本のFXトレーダーは、「ユーロ/円」や「ポンド/円」を好む傾向があります。しかし、これらはクロス円なので、取引量も限られており、さらに、値動きが激しすぎるのです。そして、予期せぬ出来事で暴騰・暴落もしやすいです。

「何となく円が絡んでいるから安心感がある」と言う曖昧な理由で、クロス円の通貨ペアに手を出してしまうと、痛い目にあいますので、初心者のうちは絶対に選ばないでください。以下をご覧ください。これは一分足チャートですが、三つの通貨ペアの全てが下落していますね。下落幅をみると、クロス円である「ポンド/円」が一番大きいことがわかります。

fx02

このような時にクロス円の「ポンド/円」を取り引きする場合、私は、他の二つの通貨を必ず一緒に見ています。そして、全ての通貨でテクニカル分析を行い、全てにおいて明確な根拠が一致している場合に、トレードを行います。

ただし、クロス円は突然思わぬ動きをすることがあり、その値動きに対応できなくなることがあります。すぐに損切りできればいいのですが、それでも短期間で損失が拡大してしまいます。この恐怖はとてもメンタルに響くので、私も基本はドルストレートの通貨ペアを扱っています。

3. 通貨ペアの特徴を押さえておく

なお、それぞれの通貨ペアには値動きの特徴があります。

通貨ペアの値動きの特徴に関しては、最初にデモトレードを行うことで、押さえておくことが重要です。『デモトレードでFX初心者が経験すべき6つのこと』を改めて確認しておきましょう。ファンダメンタルズについては、統計については発表の時期が決まっています。(ファンダメンタルズについては『FXの仕組み』で解説しておりますので、ご覧ください。)

例えば、アメリカは、6週間ごとの火曜日の3時15分(日本時間)に政策金利に関する発表がありますし、毎月第一金曜日の21時30分(日本時間)には雇用統計の発表があります。このようなファンダメンタルズに影響を与える経済発表がいつ発表されるかをメモしておいて、そのような時に、相場にどのような動きが現れるのかも観察しておきましょう。

各国の経済指標の発表の時期については、SBIFXの『はじめてのFX』のページでまとめられておりますので、目を通してメモをしておきましょう。

通貨ペア特徴

実際に自分の目で見て、どの通貨ペアを自分の監視通貨ペアにするかを決めることが重要です。

4. トレードスタイルに合わせる

次にトレードスタイルごとの通貨ペアについて見てみましょう。

4.1. スキャルピングはスプレッドが狭い通貨ペアを選ぶ

スプレッドとは、簡潔に言うと、「業者が受け取る手数料」です。これは一回一回のトレードで支払わなければいけません。スキャルピングは、一日の中で、数十回から時には百回を超える取引を行い、利益を細かく積み重ねていくトレードスタイルです。何百回もトレードを重ねるため、スプレッドもバカにはならない金額になっていきます。

そして、スプレッドは通貨ペアによって違います。そのため、スキャルピングでは、狭い通貨ペアを優先的に選ぶことが必要なのです。

「米ドル/円」は、スプレッドが0.3程度と狭い FX業者が多いので、スキャルピングには最適と言えます。一方で、スプレッドが1.0を超えるような通貨ペアでは、スキャルピングは不利です。ただし、例えスプレッドが広い通貨ペアだとしても、一回当たりの期待値が高いトレードを行えるなら利益になります。スプレッドと期待値のバランスを見て、通貨ペアを選べるようになったなら立派な中上級者と言えるでしょう。

4.2. デイトレード・スイングトレードはトレンドにある通貨ペアを選ぶ

デイトレードやスイングトレードは、スキャルピングと違い、取引回数が少なく、ポジションの保有時間も長いです。一回当たりのトレードの平均利益も大きいため、スプレッドの比率は低いです。そのため、スプレッドは気にする必要はありません。

これらのトレードで、私が通貨ペアの選択基準にしているのは、「その通貨ペアでトレンドが発生しているかどうか」FXは、基本的にトレンドが出ている時にトレードを行うことで、多くの利益を得られる取引です(参考:『トレンドとは』)。レンジ相場では、そこまで利幅を出すことができません(参考:『レンジ相場とは』)。少なくとも、私はレンジ相場ではトレードを行いません。

どの通貨ペアも、トレンド相場とレンジ相場を繰り返します。しかし、その時期はそれぞれです。「ユーロ/米ドル」に注目が集まっていてトレンドが発生している時、ポンド絡みの通貨ペアはレンジ相場かもしれません。この場合は、トレンドが発生している「ユーロ/米ドル」を選択します。

まとめ

今回は、適切な通貨ペアを選ぶため必要なルールを紹介しました。私は、常に、以下の9つの通貨ペアを監視しています。

  1. 米ドル/円
  2. ユーロ/米ドル
  3. ポンド/米ドル
  4. 豪ドル/米ドル
  5. ユーロ/円
  6. ポンド/円
  7. 豪ドル/円
  8. ポンド/豪ドル
  9. ユーロ/豪ドル

私はプロトレーダーですので、プロとして毎日稼がなければいけません。毎日稼ぐためには、トレンドが発生しているかどうか、大きな値幅が狙えるかが大事です。そのために、どうしても監視通貨が多くなります。ただし、初心者の方が、同じ9通貨を監視する必要はありません。

最初は、ドルストレートである「米ドル/円」と「ユーロ/米ドル」から始めると良いでしょう。この二つの通貨ペアからでも十分な利益を得ることは可能です。そして、これらのトレードに慣れてきたら他の通貨ペアを試してみることです。

ただし、クロス円に手を出す場合は十分に気をつけてください。

「米ドル/円」と「ユーロ/米ドル」から始めて、しばらく経験を積めば、各通貨ペアの特徴が次第に分かってきますので、どの通貨ペアが自分に向いているか、ベストな通貨ペアを自然に選択できるようになるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

FXで8年間の平均利回り163%を達成し1億5,000万円の資産を築いているトレード手法の全て

busena当サイト『投資の教科書』でFXの記事を執筆しているぶせな氏は、過去8年で1億5,000万円以上の利益を得ています。

 

もちろん運で勝ってきたのではありません。「勝ち続ける」ということを真剣に追求されてきた結果です。そのことは、過去96ヶ月のうち93ヶ月で黒字を記録していることからも確かな事実です。 

 

その結果、8年間負けなし(年ベース)で平均163%の年間利回りを記録しており、毎月安定して150万円前後の利益を稼いでいます。

 

そのぶせな氏の具体的な手法、例えば、

 

  • ・手法のベースとなっているスキャルピングの具体的で実践的な手法
  • ・現在の利益の30%以上を生み出しているデイトレードの新たな手法
  • ・チャートでの移動平均線やエンベロープの具体的な設定方法
  • ・その他FXでの利益を大きく高めるためのテクニカル分析の全て

などをさらに深く知りたい方は、ぜひご確認ください。

 

特に、株式投資やオプションで成果を上げるために十分な資金がなく、FXに活路を見出したい方や、すでにFXは始めているが勝てるようになるまでの道筋が見えない方は、どこよりも役立つ本物のノウハウや経験を得ることができます。


ぶせな氏の実践方法を今すぐ見る

ぶせな氏のメディア掲載歴

利益を最大化するために
ぶせな氏が使っている4つのFX口座

当サイトでFXコンテンツを執筆いただいているぶせな氏のノウハウを実践するなら、ぜひ口座選びにもこだわってください。

ぶせな氏は「口座選びを適当にやっていて勝てるようになったトレーダーは見たことがない」と仰っています。まずは、『FX初心者が知っておくべき口座の選び方』を読んで、その理由をしっかりと理解して頂ければと思います。ぶせな氏が利益を最大化するために実際に使っている口座は、『FX歴12年の私が実際に使っているおすすめ口座4選』で詳しく解説させて頂いております。

 

The following two tabs change content below.
ぶせな

ぶせな

専業トレーダー。認定テクニカルアナリスト。 2009年に本格的にFXをスタート。累計利益は、3年目で5000万円、5年目で1億円、2017年2月現在は1億5千万円を超える。 一時的な利益でなく、継続的に利益を上げ続けるために、リスクを抑えることに重点をおき、短期売買を繰り返すスキャルピングと長めに保有するデイトレードを得意とする。

投資の教科書の購読はfacebookが便利です。

Twitter・RSSでも購読できます。