三角持ち合いとは|見方とトレード戦略

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
12053137 - commodity trading

三角持ち合いは、別名「P波動」や「トライアングル」とも呼ばれ、レンジ相場で見られるチャートパターンです。これは、レンジ相場では最重要です。なぜなら、ヘッドアンドショルダーと同じく、非常に確度の高い予測ができて、かつ、取るべきトレード戦略も決まっているからです。分かりやすく言い換えると「稼ぐチャンス」なのです。

このページでは、三角持ち合いのチャートパターンが現れた時に、私が実際に行なっているトレード戦略をそのままご紹介します。ここで説明させて頂いている通りにやれば、あなたも大きく稼ぐことができるようになります。

ぜひ、そのつもりで真剣にご覧ください。

その他のチャートパターンについて
他のチャートパターンについては、『エリオット波動とは|FXで勝つための土台となる最重要理論』で説明しています。全て、あなたにとってトレードの強力な武器となるものなので、目を通しておきましょう。

1. 三角持ち合いとは

三角持ち合いは、レンジ相場の中で、一本のトレンドラインと一本の水平ライン、または二本のトレンドラインによって形成される三角形状の相場のことです。

⑤

三角持ち合いは、レンジ相場で見られる最も重要なパターンです。ただし、レンジ相場で通常見られるボックス相場と違って、三角持ち合いはラインが斜めなので、毎回角度が違い、意識していないと簡単に見落としてしまいます。

しかし、もし、他のトレーダーが見落としているときでも、あなたが三角持ち合いに気付くことができれば、とても有利です。三角持ち合いは、それぐらい有効なパターンなのです。

あなたが、これを使いこなせるようになるために、まずは三角持ち合いのパターンから説明していきます。繰り返しになりますが、これは非常に重要なパターンなので、頭に叩き込むつもりでお読みください。

2. 三角持ち合いの3つのパターン

三角持ち合いには次の三つのパターンがあります。

三角持ち合いのパターン ブレイクの方向
上昇トレンドライン + レジスタンスライン 高確率で上
下降トレンドライン + サポートライン 高確率で下
上昇トレンドライン + 下降トレンドライン 分からない

三角持ち合いの最大の利点は、パターンによって方向の違いはあるものの、通常時であれば、高確率で相場がどちらにブレイクするのかが分かるということです。このことを抑えていて、しっかりとチャート分析を行えば、非常に勝率の高いトレードができるようになります。

もちろん、これと反対にブレイクすることもありますが、そのときは、トレードを止めて、その理由を探すようにしてください。何か重大な経済指標が出て相場が急激に動いたのかもしれません。

いずれにせよ、基本は高確率で決まった方向にブレイクします。それぞれ、詳しく見ていきましょう。

2.1 上昇トレンドラインとレジスタンスライン

早速、下図をご覧ください。

⑤

下側のラインは、上昇トレンドラインです。上側のラインはレジスタンスラインです。その二つのラインに色付けされた範囲が三角持ち合いです。レンジの幅が徐々に狭待って、ローソク足の行き場がなくなっています。最終的に完全に行き場をなくした時に、ブレイクが起こります。

三角持ち合いがこのような形の時は、上にブレイクすることが多くなります。

2.2. 下降トレンドラインとサポートライン

次は、上とは逆の三角形のパターンです。下図をご覧ください。

③

下降トレンドラインとサポートラインによって、三角持ち合いが形成されています。このパターンは、下にブレイクしやすいと覚えてください。

2.3. 上昇トレンドラインと下降トレンドライン

最後に、上昇トレンドラインと下降トレンドラインによって形成される三角持ち合いです。

⑦

全ての三角持ち合いは、いずれ必ずブレイクします。しかし、このパターンは、上の二つと違い、どちらにブレイクするかが分かりません。そのため、どちらにブレイクするのかを正確に予測するために他に根拠を探したり、根拠がない場合は様子見したりする姿勢が必要です。

3. 三角持ち合いブレイクの時の実践的トレード戦略

次に、三角持ち合いのブレイクを利用した、具体的なトレード戦略を説明します。三角持ち合いは、非常に有用なチャートパターンです。ここをしっかりと理解して実践して頂ければ、あなたは確かな手応えを得られるはずです。

さて、三角持ち合いのブレイクを活用したトレード戦略は、トレードスタイルによって違いがあります。下の表で分類しているのでご確認ください。

トレードルール 当てはまるトレードスタイル
きれいな形の三角持ち合いを狙う 全トレードスタイルで共通
ブレイク後のダマシは考慮しない スキャルピング
ブレイク後は押し目/戻し目でポジションを持つ デイ/スイング

それぞれ、詳しく見ていきます。

3.1. きれいなチャートで形成された三角持ち合いを狙う(全スタイル共通)

まず、三つのトレードスタイル全てに共通した鉄則は、きれいなチャートで形成された三角持ち合いを狙うことです。下図の三角持ち合いを見てください。

④

ブレイクするまで、レジスタンスラインと上昇トレンドラインで、何度も反発していることが分かります。そして、ローソク足の上下動が徐々に狭くなっていき、いよいよ行き場を失ってブレイクしています。

このように、きれいな三角持ち合いは、レンジ幅の中で二つのラインを時間をかけて三度四度と反転します。

レンジ幅の中で何度も反発しているということは、それが長く大きく形成された、きれいな形の三角持ち合いであることを意味します。そのような三角持ち合いの局面では、大半のトレーダーが「もしこれをブレイクしたら大きいトレンドができる」と考えています。大半のトレーダーが同じことを考えて行動するとき、チャートは顕著なパターンを示します。

下図をご覧ください。

⑬

レンジ相場には、「レンジ相場(三角持ち合い)の値幅と時間でブレイクの大きさが決まる」という特徴があります。(参照:『レンジ相場とは|FXで勝つための基礎知識』の中の「レンジ相場のブレイクで知っておくべき三つの知識」)

上図の、AやBの小さな三角持ち合いよりも、色付けした大きな三角持ち合いの方が、はるかに多くのトレーダーに意識されます。そして、大きな三角持ち合いの方が、ブレイクの方向性や、ブレイク後のトレンドが大きさの判断は正確になります。そのような正確な判断ができる相場でトレードを行うことがFXで成功するための鉄則です。

一方、一度二度しか反発していない短く小さな三角持ち合いの小さなブレイクは、長く大きな三角持ち合いと比べて、チャートパターンの顕著さが劣ります。そのため、勝率が落ちてメンタルが崩れていきます。

最初からキレイな形の三角持ち合いのときのみ、トレードすると決めておきましょう。

3.2. ダマシは考慮しない(スキャルピング)

スキャルピングとは、ほんの数秒という短期間で、小さな利益を得られる売買を繰り返すトレード手法です。ポジションの保有時間が極端に短く、すぐ利益確定することが前提です。

そのため、三角持ち合いのブレイク後に、その方向へトレンドが発生するのか、ダマシで反転してくるのかは、さほど影響はありません。仮に、ダマシで反転してきたとしても、既にポジションを決済した後なので問題ありません。

三角持ち合いのブレイクを利用したスキャルピングでよく見られる失敗は、まだブレイクしていない段階で、ブレイクを期待してポジションを持つことです。それではいけません。しっかりと機能するラインを引いて、ブレイクのポイントを正確に判断し、そのポイントでポジションを持つことが重要です。スキャルピングの方は、この点を肝に命じてください。

いずれにせよ、ダマシを考慮しなくて良いのは、スキャルピングの大きなメリットです。

3.3.  押し目または戻し目でポジションを持つ(デイ/スイング)

デイトレードやスイングトレードはポジションを長く持ちます。そのため、ダマシを防ぐ必要があります。そこで、次のような判断をしてください。

  • 三角持ち合いをブレイクしてもすぐに飛び乗らない
  • 上にブレイクした場合は押し目を待ってポジションを持つ
  • 下にブレイクした場合は戻り目を待ってポジションを持つ

この三つを徹底できれば、高確率高利益率のトレードができます。一つずつ説明します。

3.3.1. 三角持ち合いをブレイクしてもすぐにポジションを持ってはいけない

下図をご覧ください。

⑱

大きな三角持ち合いに注目してください。もし、大きな矢印の箇所でブレイクした時に、飛び乗って買いポジションを持つと、あなたは、どうなるでしょうか。

相場は、その後、上昇しましたが、もう一度ブレイクした価格帯(右側の小さな矢印)まで下がってきています。この時、含み益だったポジションは含み損に変わります。こうなると、あなたは、これがダマシであった可能性を考え、ポジションを決済したくなります。

しかし、決済後に、確かな上昇トレンドが出てしまい、それに乗ることができずに終わってしまいます。

このように、ブレイク後に、すぐに飛び乗るようなポジションの持ち方をしていると、その後はダマシの可能性に怯えながら、様子見することになります。それでは、トレーダーにとって最も重要なメンタルである平常心を失ってしまいます。そんな状態では勝ち続けることができません。

これよりも、もっと確実で、利益を大きく伸ばせる方法は、上昇トレンドでは押し目、下降トレンドでは戻り目を待って、ポジションを持つことです。

3.3.2. ブレイク後、上昇トレンドでは押し目/下降トレンドでは戻り目でポジションを持つ

これは言い換えると、三角持ち合いのブレイク後にトレンドのスイッチが入るポイントまで待つということです。そのポイントとは、上昇トレンドなら押し目、下降トレンドなら戻り目のことです。(参照:『トレンドとは|FXで勝つための相場の基本』の「2. トレンド相場の二つのルール」)

上昇トレンドの場合を仮定して説明します。もう一度、先ほどの図を見ながらお読みください。

三角持ち合いをブレイクして、本当に上昇トレンドが発生するとしたら、価格が、ブレイクしたラインより下にくることはありません。言い換えるなら、上昇トレンドなら、押し目で確実に反転するということです。そして、そこが、三角持ち合いのブレイク後の上昇トレンドの本当のスタート地点になります。

このような押し目は、非常に頻繁に出現しますので、そこでポジションを持ちましょう。この見方ができるようになれば、上昇トレンドになったとき、上図のように、非常に大きな利益を得ることができます。このようなトレードこそが、FXの鉄則である損小利大のトレードです。

ちなみに、もし、押し目にならずにラインを突き抜けてしまったら、すぐに損切りも、絶対に徹底してください。相場に何か突発的な出来事があった場合などは、三角持ち合いと言えど、下図のように基本と別の動きをすることがあります。

⑯

見えにくいですが、この図はAの箇所で一瞬ブレイクしています。その後、下落して水平ラインを下抜けた後、急激に下落しました。損切りの重要性はお分かりですね。

損切りについて
損切りは、すべてのトレーダーが一番最初に構築すべきトレードルールです。『損切りとは|資産を守るために最も優先すべきトレードルール』をご確認ください。

まとめ

これまでお伝えしてきました、レンジ/三角持ち合い/ブレイクは、相場の中枢を担う働きをしています。安定したトレード戦略を立てるには、この3つを極めることが一番の近道です。そのうえで、あなたのスタイルに合わせたやり方を実践すれば、高い確率でトレードでは勝つことができます。

今まで理解があいまいだった方は、この機会にしっかり理解してくださいね。そのために、何度でも読みかえしてください。説明させていただいたことは、全て相場の仕組みであり、日々同じような相場が繰り返されます。何度も経験していただくことで、心底から実感していただけると思います。

トレードでは、勝つための努力を惜しまなければ、何かをきっかけに勝てるようになります。是非、レンジ/三角持ち合い/ブレイクを意識しながらチャートを見てください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
ぶせな

ぶせな

FX専業トレーダー。FXに特化した投資歴は10年以上で、累計利益は1億円を超える。 リスクをおさえることに重点をおき、短期売買を繰り返すスキャルピングと長めに保有するデイトレードを得意とする。一時的な利益でなく、継続的に利益を上げ続ける独自の投資スタイル。

投資の教科書の購読はfacebookが便利です。

Twitter・RSSでも購読できます。