3分で分かるFXの税金の基礎知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
6563700 - world expenses

FXで利益をあげると、給与所得や事業所得などの他の収入と同様、税金を払う必要があります。同じ投資の利益でも、株の場合は特定口座では証券会社が源泉徴収してくれるので、確定申告の必要はありません。

しかし、FXの場合は自分で確定申告する必要があります。 申告せずにいると税務署から連絡があり、場合によっては大きなペナルティを課せられることもあります。

この記事をぜひお読みになって、FXの税金に関する疑問をクリアにして下さい。

The following two tabs change content below.
木原 克明

木原 克明

システム会社経営、外資系コンサルティング会社勤務を経て、現在はエンジュク株式会社のシステム担当として勤務。IPO投資やイベント投資などの日本株投資を実践するほか、米国株オプション投資を実践している。好きな言葉は「感謝」。

1.FXにかかる税金

FXの利益は「先物取引に係る雑所得等」という所得の区分になります。FXの他に、先物取引やオプション、CFDなども同じ所得区分となりますので、これらを合算したものが「先物取引に係る雑所得等」になります。

この「先物取引に係る雑所得等」は申告分離課税となります。申告分離課税の場合、他の所得と合算せずに「先物取引に係る雑所得等」だけ分離して税金を計算します。

ちなみに、税率は所得の金額にかかわらず、一律20.315%(所得税15%、住民税5%、復興特別所得税0.315%)です。

2017-10-12_19h01_38したがって、税額は「先物取引に係る雑所得等」×20.315%となります。例えば、ある年にFXで100万円の利益を出した場合の税金を計算すると、

100万円×20.315%=203,150円

になります。

2.所得の計算方法

まず、「先物取引に係る雑所得等」のカテゴリに含まれる損益を全て合算します。例えば、ある年にFXで100万円の利益、先物で80万円の利益、CFDで30万円の損失があった場合、

100万+80万-30万=150万円

の所得となります。このように同じカテゴリ内で損益を合算することを「損益通算」といいます。

なお、税金における利益や損失は、全て確定した利益と損失になります。

通常は含み益や含み損は計算に入れませんが、FX会社によっては自動的に日々決済されて新しいポジションが建てられるというシステムのところもあります。このようなシステムのFX会社の場合、日々の確定損益を計算する必要があります。

2.1.スワップポイントについて

スワップポイントについては、FX会社によって取り扱いが異なります(スワップについては、「スワップポイントとは」をご覧下さい)。決済するまで課税対象とならない場合と決済しなくても課税対象となる場合があります。

2.2.経費について

次に、上記で算出した金額からFX取引にかかった経費を差し引きます。経費には、次のようなものがあります。

・FX口座への振込み手数料
・FX取引で使うパソコンやモニターの購入費用
・FX取引で使うスマートフォンの購入費用
・情報収集のための雑誌代、新聞代
・FXセミナーの受講料
・プロバイダー費用

上記の費用のうち、FX取引に必要と認められる金額が経費となります。経費は利益から引くことができますので、適正な経費を計上することが税金の節約につながります。

経費については、上記に該当するものでも税務署によって見解が異なる場合がありますので、迷ったら税務署や税理士に相談してください。

3.確定申告が必要かを確認する

確定申告が必要かどうかは、給与所得の有無によって違いがあります。

3.1.給与収入がある場合

FX等の利益が20万円以下の場合は、確定申告をする義務はありません。ただし、給与収入が2,000万円以上ある場合は、確定申告をする必要があります。

3.2.給与収入がない場合

専業主婦や家事手伝いなどの給与収入がない方は、FX等の利益が38万円を超える場合に確定申告が必要となります。

2017-10-16_17h21_14

4.FXの損失を繰り越せる「繰り越し控除」とは

FXで発生しした損失は3年間繰り越すことができます。

例えば、ある年が100万円の損失だった場合、3年間損失を繰り越して利益と相殺することができます。 翌年の利益が30万円だった場合、繰り越した100万円の損失のうち、30万円を使って利益と相殺することができます。

その結果、その年の利益はプラスマイナスゼロになり、税金がかからないことになります。損失は3年間繰り越すことができますので、翌年以降も残りの70万円分の損失を利益と相殺することができます。

2017-10-16_17h40_01ただし、注意していただきたいのが、この損失の繰り越し控除は、損失のあった年に確定申告をしないと使えないということです。確定申告の方法については、今後公開する記事で詳しくご説明いたしますので、ここでは確定申告をすれば将来的に税金の節約が可能であることだけ押さえておいてください。

FXで損失が出た場合も必ず確定申告するようにしましょう。

まとめ

FXの税金は一律20.315%ですので、高いと思われるかもしれません。 しかし、FXはいくら利益が出たとしても、税率が上がることはありません。1,000万円儲けようが1億円稼ごうが、20.315%の納税で済みます。

これは、所得税や法人税などの所得が増えるほど税率が上がる他の所得と違う大きなメリットです。また、必要経費については計上できるものは計上し、損失が出た年は必ず確定申告をして、払わなくても済む税金を払わないでお金を残す努力をすることも必要です。

確定申告書の具体的な書き方については、「FXの確定申告書の書き方」で図入りで解説していますので参照ください。

なお、FXで利益を稼ぐための方法については、こちらにまとめてありますので、ぜひご覧ください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 FX

無料動画:FXで8年間で平均利回り163%を達成して、1億5000万円の資産を築いているトレード手法の全て

busena当サイト『投資の教科書』でFXの記事を執筆しているぶせな氏は、過去8年で1億5,000万円以上の利益を得ています。


もちろん運で勝ってきたのではありません。「勝ち続ける」ということを真剣に追求されてきた結果です。そのことは、過去96ヶ月のうち93ヶ月で黒字を記録していることからも確かな事実です。


その結果、8年間負けなし(年ベース)で平均163%の年間利回りを記録しており、毎月安定して150万円前後の利益を稼いでいます。


そのぶせな氏の具体的な手法、例えば、


・手法のベースとなっているスキャルピングの具体的で実践的な手法
・現在の利益の30%以上を生み出しているデイトレードの新たな手法
・チャートでの移動平均線やエンベロープの具体的な設定方法
・その他FXでの利益を大きく高めるためのテクニカル分析の全て


などをさらに深く知りたい方は、ぜひご確認ください。


特に、株式投資やオプションで成果を上げるために十分な資金がなく、FXに活路を見出したい方や、すでにFXは始めているが勝てるようになるまでの道筋が見えない方は、どこよりも役立つ本物のノウハウや経験を得ることができます。


ぶせな氏の実践方法を見る

利益を最大化するために
ぶせな氏が使っている4つのFX口座

当サイトでFXコンテンツを執筆いただいているぶせな氏のノウハウを実践するなら、ぜひ口座選びにもこだわってください。

ぶせな氏は「口座選びを適当にやっていて勝てるようになったトレーダーは見たことがない」と仰っています。まずは、『FX口座の選び方|完全版』を読んで、その理由をしっかりと理解して頂ければと思います。ぶせな氏が利益を最大化するために実際に使っている口座は、『FX口座のおすすめ|億トレーダーぶせな氏が使っている4つ』で詳しく解説させて頂いております。

投資の教科書の購読はfacebookが便利です。

Twitter・RSSでも購読できます。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>