トレンドの転換を示すゴールデンクロスの正しい見方と使い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
損切り

ゴールデンクロスとデッドクロスは、移動平均線が示すチャートパターンとしてよく見られます。目にする機会が多いだけに、これが何を意味するのかを正確に理解しておく必要があります。

初心者によくある間違いとして、これらのクロスが出たら相場が反転すると判断してしまうことです。そのような単純な理解の仕方では、トレードで勝つことはできません。

そこで、ここでは、あなたがFXトレードで成功するためのゴールデンクロスとデッドクロスの見方を説明します。

1. ゴールデンクロスとデッドクロス

移動平均線は、相場の転換点を示してくれることがあります。それは、移動平均線が交差するときで、次の2つの状態は強いシグナルになります。

  • 短い移動平均線が長い移動平均線を「下」から「上」に突き抜ける
  • 短い移動平均線が長い移動平均線を「上」から「下」に突き抜ける

前者を「ゴールデンクロス」、後者を「デッドクロス」といい、クロスした方向へ相場が進みだす可能性を示唆しています。

1.1. ゴールデンクロスとは

ゴールデンクロスとは、短い移動平均線が長い移動平均線を下から上に突き抜けることです。これは、強い上昇シグナルとして機能します。下図をご覧ください。

gcdc

Aで黄色い25日移動平均線(EMA)が、青い75EMAを、上に突き抜けています。これがゴールデンクロスです。さらに、このすぐ後に、25EMAと75EMAが、赤の200EMAをゴールデンクロスしたため、さらに強い上昇シグナルとなりました。

チャート全体を見ると、Aから上昇トレンドが始まっており、“パーフェクトオーダー”と呼ばれる三つの移動平均線の方向性が同じになる強いトレンドをになりました。最初のゴールデンクロスが相場の大きな転換点となったことがお分りいただけると思います。

さらにCでも、同様のゴールデンクロスが起きて、価格が上昇しています。

1.2. デッドクロスとは

デッドクロスは、短い移動平均線が長い移動平均線を上から下に突き抜けることです。これは、強い下降シグナルとして機能します。

先ほどの図のBがデットクロスです。まず最初に、黄色の25EMAが青色の75EMAを下抜けています。25EMAは続いて、赤色の200EMAを下抜けて、その後、75EMAも200EMAをした抜けました。

こちらも最初のデッドクロスから、相場が下降トレンドになっていることがわかります。

このようにゴールデンクロスとデッドクロスは、これから相場が転換する可能性を示す有用なシグナルとなります。

ポイント!ゴールデンクロスとデッドクロスは、あくまでもトレンドの始まりを示唆するシグナル
25EMAが75EMAを上抜けたり下抜けたり、75EMAが200EMAを上抜けたり下抜けたりとパターンは様々ですが、ゴールデンクロスとデッドクロスはどちらもトレンドの始まりを示唆しています。つまり、これらが起きたからといって、必ず相場が上昇したり下降したりするということではないということです。これらのシグナルを見つけた時は、相場が、それぞれの方向に動く可能性をキャッチして、そこから本当に、その方向に動くのかどうかを、他の指標もあわせて判断する必要があります。

2.  ゴールデン/デッドクロスのときのトレード実例

それでは、ここから、ゴールデンクロス・デッドクロスを、実際のトレードでどのように活かすのかをお伝えします。

2.1. ゴールデンは順張り・デッドは逆張り

まず、単純に以下のように覚えておきましょう。

  • ゴールデンクロスは順張り(=上昇トレンドで買いから入るトレード)
  • デッドクロスは逆張り(=下降トレンドで売りから入るトレード)

ここでは、ゴールデンクロスを例にお話ししますが、デッドクロスにも応用ができます。

単純にゴールデンクロス時は、上昇トレンドなので、安く買って高く売るというのがトレンドの流れに乗った順張り戦略でトレードします。デッドクロス時は、下降トレンドなので、最初に高く売って安く買い戻すというのがトレンドの流れに乗った逆張り戦略でトレードします。

順張りか逆張りかの違いはありますが、実際のトレードにおいて、ゴールデンクロスでもデッドクロスでも見るべきポイントや注意すべきことは変わりません。大事なのは、トレンドの流れに乗ったトレードを行うことです。

ぜひ、その意識でご覧ください。

2.2. 鉄則はトレンドをいち早く見極めること

ゴールデンクロスは、これから相場が上昇する可能性を示唆するシグナルです。しかし、これは、相場が必ず上昇することを意味するわけではありません。そのため、ゴールデンクロスを確認したら、そこから本当に相場が上がっていくのかを、いち早く見極める必要があります。そして、上昇トレンドをいち早く見極めたら、相場の流れに乗った順張りを行うことで利益を積み重ねることができます。

相場の動きを見極める際には、ゴールデンクロス以外にも、今後、上昇トレンドになるかどうかを表すシグナルを探す必要があります。その結果、上昇トレンドになる強い根拠が揃えば、そのトレンドの流れに乗った順張りトレードを行います。

2.3. クロスから相場の流れを見極める方法の実例解説

それでは、以下の図をご覧ください。

Bのポイントで、75EMAが200EMAをゴールデンクロスしています。つまり、この時点で、上昇トレンドになる可能性を考慮に入れることができます。ここで重要なことは、本当に上昇トレンドになるかどうかを見極めることです。

それを判断するために、他の指標を見てみましょう。結論からお伝えすると、Bのポイントでは、ゴールデンクロスと同時に二つの指標が出ていました。

  • サポートラインでの反発
  • 75EMA・200EMAでの反発

それぞれ解説しますね。

まず、同じBのポイントで、ローソク足チャートは、白い横線であるサポートラインの水準で反発し上昇しています。つまり、ゴールデンクロスが発生したこのポイントでは、同時にサポートラインも機能しているということです。これで根拠が二つになりました。

なおサポートラインについては、『サポートラインとレジスタンスラインとは|引き方と使い方』でご確認ください。

次に、移動平均線単体に注目してみましょう。Bでは、ローソク足チャートが75EMA・200EMAの二本の移動平均線と接触して反発しています。これで根拠が三つになりました。ローソク足が、移動平均線で反発したり反落したりすることの意味は、『移動平均線とは?見方と役割と億トレーダーの私の使い方』の、「3.3. 短期・中期の移動平均線は支持帯/抵抗帯として機能する」の項でお伝えしていますので、おさらいしておきましょう。

これだけの根拠があれば、Bのポイントから相場が上昇トレンドに移行する可能性が非常に高いことがわかります。つまり、上昇トレンドの流れに乗った順張り戦略で利益を積み重ねるというトレード戦略を取る準備ができるということです。

以降の流れと、トレード戦略については、『パーフェクトオーダーの時にとるべきトレード戦略』の「2.2. トレンドを初期の段階で見極めることが重要」で解説していますので、そちらでご確認ください。

まとめ

ゴールデンクロスとデッドクロスは相場の転換点を示すシグナルとして、非常によく見るパターンです。これらを確認した時は、相場の転換を頭に入れて、他のテクニカル指標も見ながら、今後の相場の流れを予測する癖をつけましょう。

また、ゴールデンクロスとデッドクロスだけを根拠にして、相場の転換を予測するのは、根拠として乏しいです。これら単体で判断してしまうことのないように気をつけて下さい。 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料動画:FXで年間平均利回り163%を達成し、毎月150万円の利益を得ている具体的な手法

busenaこの無料動画では、当サイト、投資の教科書でFXの記事を執筆しているぶせな氏自身が、FXのトレード手法を、動画で直接解説しています。

 

ぶせな氏は、FXを本格的にスタートしてから、8年間負けなし(年ベース)で平均163%の年間利回りを記録しており、毎月安定して150万円前後の利益を稼いでいる超一流のFXトレーダーです。

 

この無料動画を見ていただくと、以下のようなことが分かります。

 

  • ・ぶせな氏が8年負けなしで年間平均利回り163%を記録している具体的なトレード手法 
  • ・ローソク足と移動平均線を使ったシンプルなチャートの見方
  • ・トレンドライン、サポートラインなどで勝率と利益率を上げる具体的な方法
  • ・為替相場の波やチャートパターンで大きな利益を上げる具体的な方法

文字だけではなかなか伝わらない、細かいニュアンスや考え方、実際のトレードなどに触れていただくために無料の動画セミナー形式でご用意させていただきました。この一流トレーダーの本物のトレードノウハウが、あなたのお役に立つことをお約束します。


無料オンライン動画講座を見る

The following two tabs change content below.

ぶせな

専業トレーダー。認定テクニカルアナリスト。 2009年に本格的にFXをスタート。累計利益は、3年目で5000万円、5年目で1億円、2017年2月現在は1億5千万円を超える。 一時的な利益でなく、継続的に利益を上げ続けるために、リスクを抑えることに重点をおき、短期売買を繰り返すスキャルピングと長めに保有するデイトレードを得意とする。

投資の教科書の購読はfacebookが便利です。

Twitter・RSSでも購読できます。