• このエントリーをはてなブックマークに追加

国民年金を運用するGPIFの投資手法を利用して利益をあげる3つの方法

gpif_s

株式市場には、資金を運用している投資家がたくさんいますが、その運用資金の量は千差万別です。そして、そのトップクラスの運用資金の量をほこるのが日本の年金基金(GPIF)です。

その資金量の大きさ、その取引手法ゆえにその動向は多くの投資家に注目されています。あなたがもし短期的な取引をするにしても長期的な取引をするにしても、GPIFの動向を知らずして投資は出来ません。

このページでは、GPIFに関する基礎知識、運用スタイルと取引手法、トレードにどう活かしていくべきかをご説明します。

まずは基本的知識!GPIFとは

GPIFとは、Goverment Pension Investment Fund の略で年金積立金管理運用機構独立行政法人の事をいいます。国民が納めた年金を大きな資金の塊にして、それを国内外の株式や債券などに投資をして、資産運用をしている主体のことです。

投資家の間でよく話として出るのは、相場を支える主体として年金の買いが入るということです。実際、株式市場では年金の買いが入ることで相場が動いたりしますが、それくらい大きな存在だということです。

このGPIFの基礎知識としてまず知っておいて欲しいことは次の2つです。

  1. 資金の規模とアセットアロケーション(資産配分)
  2. 運用スタイル

1 資金の規模とアセットアロケーション

まず資金の規模ですが、世界最大の機関投資家ともいわれるほど大きな資金を扱っています。ちなみに2014年の株式での運用金額は20兆円でした。この金額は、日本1の時価総額を誇るトヨタ自動車を丸ごと買収しても余裕でお釣りが来るほどの大きさです。

それほどの資金が定期的に株式市場に流入してくると下落している相場は買い支えられますし、上げている相場はより上昇に弾みがつきます。2013年のアベノミクスがはじまってから年金基金は積極的に株式を購入しています。買い方が圧倒的に有利だったことは言うまでもありません。

次に、アセットアロケーションに関してですが、大きく分けて株式と債券、それぞれ国内外のもので運用しています。割合にすると国内債券43%、国内株式19.8%、外国債券13%、外国株式19.6%となっています。他にも短期資産というものがありますが、4%ほどです。(下記図 GPIF HPより抜粋)

gpif-1

つまり半分近くを国内の債券で運用していることになります。こうしてみると、日本の株式の割合はそれほど多くないように思えるかもしれませんが、最新の運用状況ハイライトをみると137兆円が運用されていますので、20%であっても27兆円が運用されることになります。この資金量は紛れもなく巨大な資金であり国内外の投資家にとって見逃せないものなのです。

2 運用スタイル

GPIFの運用方針として、次の2つが大きく掲げられています。

  1. 長期的な観点からの運用
  2. 効率的かつ安全な運用

この2つです。

長期的な観点とは、リスクとリターンを長期的な観点から定めていくということです。そもそも年金とは長期で給付をするものです。短期的に資産の多くが吹き飛んでしまうような運用ができないことは容易に想像がつきます。

また効率的かつ安全な投資運用というのは、資産を効率的に分散してリスクを小さくすることを指しています。一つのカゴに卵を盛るなという方針のもと、アセットアロケーションを考慮しています。

以上の2つの方針が重要です。

次に国内株式に関して言えば、次の2点を押さえておきましょう。

  1. 投資する対象はベンチマークであるTOPIXが多い
  2. 基本的に長期運用

GPIFは銘柄を個別に選んで投資をしているのではなく、TOPIX(全体相場を表す指標の一つ)にあわせて株式を購入します。もちろんアクティブに利益を追求することもありますが、ほとんどがTOPIXをベンチマークとしてその動きに合わせた利益が出るように運用します。

また運用スタイルは長期投資です。買ったら暫く売りが出ない、一方通行の買いです。そのため、GPIFが動くときには、相場も大きく動きます。

次に、個人投資家がGPIFを考慮して投資をしていくにはどうしたら良いのかご説明します。

GPIFの動きを利用して利益を上げる3つの方法

GPIFの資金が流入すると株価が上昇する、そしてその資金の大きさゆえに投資家みんなが注目していることはすでにお伝えした通りですが、ではどうやって利益をあげればよいのでしょうか。

大きく分けて次の2つの方法があります。

  1. TOPIX買い
  2. 相場の一時的な下げに対する押し目買い要因
  3. ベンチマークとしているTOPIXをまるごと買う

1 TOPIX買い

TOPIX買いとは、ある銘柄が新規にTOPIXに採用された場合に、TOPIXをベンチマークにして運用している主体がその銘柄を買い付けることをいいます。そして、その買いタイミングがあらかじめ判断しやすいことから、トレードにおける1つの手法として存在しています。詳しくは下記の記事を参考にしてください。

「株式市場に大きな影響を及ぼすインデックスファンドとは」(リンク)

GPIFもTOPIXをベンチマークとしている以上、その資金がTOPIX採用銘柄に流れ込むことが想像できます。このような投資手法はイベント投資といわれるもので、TOPIX採用以外にも日経平均の組み換えなどでも同じような手法を使用することが可能です。

2 相場の一時的な下げに対する押し目買い要因

アベノミクスが始まり株式市場は大きく上昇していますが、一本調子ではなく上げ下げを繰り返して上昇してきました。その途中の一時的な下げ局面では、GPIFの買いが市場を支えた場面がなんどもありました。バブル的な動きになっている時には、いわゆる押し目買いのような感覚で年金基金が株式市場に流入することがあります。実際に、下記チャート(日経225月足)では緑の矢印部分の上昇局面で何度も年金の押し目買いが確認されています。

gpif-2

また、リーマンショック直後の日経平均が8000円を割れたところでは年金が逆張り的に株式を買っていたことは有名です。実際に、年金が買いを入れたといわれる7000円代は非常に硬く、個別株を逆張りする絶好の好機となっていました。(上記チャート赤い矢印)

上記の例は一例ですが、相場に合わせて買いをいれてくるGPIFの動きをフォローしておくことで個別の株式のトレードをする際にも役に立つことがあります。

3 ベンチマークとしているTOPIXをまるごと買う

GPIFはこれまでお伝えしたようにTOPIXをベンチマークにしています。つまり、その運用成果はTOPIXの動きに連動するのです。そのため、TOPIXがガンガン高値を更新していくようなバブルの時には、TOPIXに連動するETF(株価指数連動型上場投資信託)に投資をしていくという手法もあります。いわばTOPIXを丸ごと買い付けているわけです。

この方法で利益を上げている投資家は一般には、アクティブ投資運用では投資家は勝つことができないという方針のもとでパッシブ運用を行っている投資家が多いです。一定の成果が出せているようですので、手法の1種として投資初心者にはオススメです。ただし、高値圏からの参入には十分注意したいところです。

まとめ

GPIFについて少しでもご理解いただけましたか。

年金とは私たち国民が義務として支払っている資産です。その資産が株式市場を支える、上昇させることを考えると、たとえ投資をしていなくても間接的に国民はみな投資家だということがわかります。この記事を読んでGPIFに興味を持った方はより深く勉強してみてください。

《参考文献》 GPIF 世界最大の機関投資家 小幡績

《参考サイト》 年金積立金管理運用独立行政法人

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

初心者必見!デイトレ・スイングで勝つための
14サイトの具体的なポイント伝えます!

ebook_スイング


あなたの投資成績を大幅に改善する良質な投資情報を集める方法を知りたくありませんか?!


・デイトレでその日に5%から10%あがる銘柄を知りたい。
・明日狙い目の銘柄を一発で知る情報を知りたい。
・株価に影響をあたえる情報を効率的に集める方法を知りたい。
・こういう情報には要注意!
・経済指標を重要度別に仕入れてトレードに使用したい。


多くの人が、投資情報サイトを選ぶ際に迷ってしまうそうです。初心者なら尚更です。
無料EBOOKでは、初心者が最初に道を間違えないよう、良質なサイトを厳選して、そのサイトの見るべき場所を具体的に提示しています。ぜひダウンロードして、今後のトレードにお役立てください。


無料Ebookを今すぐダウンロードする

投資の教科書の購読はfacebookが便利です。

Twitter・RSSでも購読できます。