• このエントリーをはてなブックマークに追加

下げ局面で大きな利益を得る逆張り投資の5つのポイント

「株価は高い時より安い時に買った方が安全だ。」

「株価が売られた!安くなったので買うチャンスだ。」

そう思って取引をして失敗してしまった経験はありませんか?

確かに株式が大きく値を下げればその分安くなっているのだから、さすがにもう売られないだろうと考えてしまうのは人間の性ですが、投資においてはその考え方は間違っている可能性が高いです。

なぜか初心者はまだ取引に慣れていないうちに値が下げている株を買って、値が上がった時に株を売って利益を上げる逆張りをしたがる傾向があります。

しかし、実際には逆張りは非常に難しい手法です。

そもそも株価が下げているということはなんらかの原因によって株価が売られているということです。初心者がその下げ止まりを予想して買って、ちょうどその位置で株価が反転して上げ始めるなんて可能性が低いと思いませんか?

そう言われると尻込みしてしまうかもしれませんが、安心してください。逆張りはタイミングを間違えなければ大きな武器になるのです。

これから逆張りをするときにこのようにすれば利益を上げやすくなるということをご説明いたします。

はじめに

逆張りとは、株価が下げている流れの中で、その下げ止まりを予想して株を買い、株価が上がった後に売って利益に変えようという手法のことです。簡単にいうと安くなったところを買え、というものです。

これは人間の特性に基づいているのだと思われます。普段お買い物でも、同じものを買うならばできるだけ安い値段で買いたいですよね。株式もそれと同じで、どうせ同じ株を買うならすこしでも安くなったら買おうと人間は思うのです。

ただし、勘違いしてしまいがちなのは、安くなった=買いチャンスではないのだということです。逆張りは、流れに逆らって取引を行おうというものです。つまり、その流れが止まって反転する可能性が高いという明確な根拠が必要となります。

これから逆張りをする際に、下げの流れが止まりやすい明確な根拠となりうるケースをいくつかあげたいと思います。便宜上デイトレ(日中取引)とスイングトレードに分けて解説し、その後、逆張りで手がけてはいけない銘柄のご説明をしていきたいと思います。

デイトレで逆張りをするための2つのポイント

デイトレでの逆張り解説です。簡単に説明するために図を使用してみましょう。(下図)

上図をみると株価が右肩下がりになっていますが、途中アゲサゲしながら下げていますよね。この下げも途中変ところを買ってしまうとその後の下げに巻き込まれてしまいます。

ただ安くなったから買う、というスタンスだと大怪我をする可能性が高いのです。この逆張り投資においても、仕掛けるタイミング(上図赤い線)というものが重要になってきます。

では実例を見てみましょう。

ポイント1 キリのいい数字付近(支持線その1)での反発狙い

まず一つ目のポイント。逆張りをするタイミングは、キリのいい数字です。たとえば1000円とか、1050円などといったキリのいい数字では株価がいったん下げ止まることが多いです。そしてその後、反発することもあります。

下記チャートをご覧下さい。

赤い点線が、ちょうど5900円という節目です。6000円代から売られていますが、5900円代という節目でいったん跳ね返っていますね。このような場面では株価が跳ね返ることが多いです。

ただし、向かって右側、翌日の日足チャートでは5900では止まってないことがわかります。

理由としては前日の最後に5900円の節目を割れてそのまま終わっていることが挙げられます。5900円を割って終わったということは、其の位置に節目としての役割が一時的になくなったということです。この1回割ると、割れてない時より支持線としての効力が薄くなることはしっておいてください。

そうなると、株価は次の節目を探して再び下落していきます。

ただ、上記のチャートでは、すぐに株価が反発して上へと向かっています。そしてその反発したポイントは、緑の線、つまり前日の終値です。これは次項目でご説明します。

ポイント2 直近の安値・前日終値付近(支持線その2)での反発狙い

次に株価を反発させる役割を持つ支持線は直帰の安値・終値です。

下記のチャートをご覧下さい。

明らかにある地点から株価が下へ行かなくなるポイントがありますよね。赤い点線では株価が何度も跳ね返っています。

この赤い点線はキリのいい数字でも何でもありません。本来ならばスルーして株価が下がっていってもいいはずです。

しかし、よく見るとこの赤い点線は前日の安値であることがわかります。

つまり前日の安値、もしくは直近の安値は次の日に株価を下支えする支持線の役割をすることがあるのです。

また前日の終値も支持線になったりすることがあります。株価は動くときに何か目標のようなものが必要で、短期的な取引にいてはこのように直近の安値や終値などがよく目標として使用されたりします。

スイングトレードで逆張りをする際に押さえておきたい3つポイント

スイングトレードでも逆張りの技術を身につけておきたいところです。

基本的に筆者自体は、順張りはなので逆張りはしませんが、こういったケースでは逆張りをするというのを何点かご説明します。

  1. 移動平均線からの乖離が大きくなった場合
  2. 節目付近でなかなか株価が下抜けなかった場合
  3. ほかの銘柄や指標と比較をして下げの流れが止まったと判断できた場合

上記3つをまずはおさえておきましょう。

ポイント1 移動平均線からの乖離が大きくなった場合

移動平均線は多くの投資家が使用している信頼性の高いテクニカル指標です。

そのため、5日線や25日線などはスイングトレードでもよく使われます。スイングトレードで逆張りをする場合、この移動平均線からどれくらい離れたかを目安に逆張りをすることになります。

逆張りの種類の中ではもっとも古典的な逆張り手法です。

銘柄によって、そしてその時の相場環境によってどれくらい移動平均線が離れるかは異なります。そのため一概に15%や20%などはいえませんが、多くの銘柄は20%以上離れれば、一時的に落ち着いて跳ね返ります(それぐらい離れるときは、一時的に加熱している)

その跳ね返るタイミングを狙います。下記のページはぜひ参考にしてください。

実例解説!移動平均乖離率

ポイント2 節目付近でなかなか株価がさげなかった場合

これはデイトレのポイント1と基本的には同じ考え方でできる投資法です。

デイトレでもスイングでも、きりのいい数字や高値を抜ける特別な場面では、板が厚くなります。

板が厚い場面では、抜けるとその先へと価格がすごい勢いで伸びていきますが、その分跳ね返るときは逆方向へと株価が伸びていきます。

そのため。なかなかキリのいい数字は抜けませんので、そういったところは反発狙いで逆張りを狙ってみるのもひとつの手です。

ちなみに私が逆張りで一番するのはこのパターンです。

ポイント3 ほかの銘柄や指標と比較をして下げの流れが止まったと判断できた場合

比較です。

たとえば同じセクター(業種)で比較してみて、前場は同じように下げていたのにあるとき急にセクター内の銘柄が下げなくなったとしたら、逆張りのチャンスと見てもよいでしょう。

また日経平均との比較で、連動して下げていたにも関わらず、あるときに急に下値が硬くなった場合なども、逆張りのチャンスになります。

そのような場所では、大抵何か理由があって個別の買いが入っている可能性があるのです。たとえば過去の安値が近くなったので、先回りして大口投資家が買い戻している、などです。

もちろん理由はわかりませんが、下げないのは確かなのです。

日足チャートでチェック!日中逆張りをしていい銘柄と悪い銘柄

デイトレで下げている銘柄ならなんであっても逆張りをしていいのかというと実はそうではありません。実はやっていい銘柄と、やってはいけない銘柄があるのです。そしてその違いは日足チャートをチェックすることで可能になります。

具体的には、デイトレなら、

  • 日足チャートが右肩上がり、つまり上昇の流れにある銘柄 ⇒ 日中株価が下げた場合に逆張りOK
  • 日足チャートが右肩下がり、つまり下落の流れにある銘柄 ⇒ 日中株価が下げた場合に逆張りNG

という法則が成り立ちます。

これはどういうことかというと、上げている銘柄はこれからも上げるだろう。下げている銘柄はこれからも下げるだろうという考え方に基づきます。

つまり日足チャートで上げている銘柄の日中の下げは一時的なものであるから逆張りが成功する確率が高いだろうというものです。

ここで1枚日足チャートを見てみましょう。

ピンクの矢印は上げ基調、青い矢印は下げ基調です。当然のことながら上昇基調の時には陽線(始めりより終値が高い)が多く、下げ基調(始値より終値が低い)の時は陰線が多くなります。

つまり、上げの時は、日中に株価が下げたとしても再び上げ基調に戻る可能性が高く、下げの時には、日中下げたとして引き続き下げ続ける可能性が高いことになります。これは当たり前のことをいってるのですが、意外と忘れがちなので注意して見ておきたいところです。

この点を把握してデイトレの逆張りをしてくださいね。

ちなみにスイングの場合は、上昇トレンドにある銘柄の、逆張りは押し目買い、下落トレンドにある銘柄の逆張りは、上記の3つのポイントを注意して仕掛けるということになります。

スイングトレードの押し目買いに関しては「上げ相場における絶好の押し目買いポイントの見抜き方」を参考にしてください。

逆張り投資にこそ心がけておきたい損切り設定

逆張り投資をする際にもやはり損切りは重要です。

支持線での逆張りを試みて、もし支持線を割って株価が下方向へと進んだならすぐに損切りを実行する必要が生じます。

とくに支持線付近での逆張りは成功する可能性が高いですが、支持線が割ると価格は急落していきます。なぜならみんなその辺で逆張りを仕掛けようとして株を買うからです。

そのため逆張りにおける損切りはタイトに行う必要があります。

損切り設定の仕方は「デイトレにおいて絶対抑えておくべき損切りの設定方法」というページの中で詳細に書いています。

上記はページはデイトレ用の記事ですが、スイングトレードもも基本的な考え方は変わりません。あなたの資産を守るために必ず身につけるようにしてください。

大きな資金を投入する逆張り投資に必要なポジションサイジングの基本

逆張りにおいてもポジションサイズは考慮に入れたいところです。

逆張りは下げている銘柄の途中を買うのですから、よほど良いタイミングで買わなければ基本的には損失につながってしまうのが逆張りの大きな特徴です。

そういった意味でも資金をどのくらい使用するべきかが重要な問題になってきます。普通の人なら、逆張りは難しいのだから小さな資金で、と考えるところですが実は逆張りにおいては通常よりも大きな資金を使用するべきなのです。

というのも逆張りの場合は、基本的にはそれほど長く株をもつことはありません。それに順張りの時よりも値幅が取れないことが多いため、1回に投入する資金を多めにする必要が生じます。そのため一時的に出る損失が順張りより大きくなることがあります。もちろんそれでも先ほどご説明した損切りをしっかりと行うことができれば問題はありません。

逆張り投資において使用する金額は順張りより多めで行うことを覚えておいてください。もちろん自分の度を超えない量の金額である必要があります。

その点をより詳しく知りたい方は「最も効率よく資産を増やすポジションサイジングの基本」を読んでみてください。

まとめ

これまで逆張りを適当にしてきた方は、逆張りに立派な戦略があることを知って驚かれたかもしれません。また逆張りのための各種テクニカル指標などをあまり使用してないことにびっくりした方もいるでしょう。実際にデイトレやスイングトレードで複雑なテクニカル指標を使うことは実はほとんどありません。

というのも短期取引においては現在の価格と資金がどのように移動しているかがもっとも重要だからです。

そこを知らずに、売られ過ぎ指標などで逆張りをしようとするから負けるのです。このページを読んで少しでもデイトレやスイングにおける逆張り投資を知っていただければ幸いです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

初心者必見!デイトレ・スイングで勝つための
14サイトの具体的なポイント伝えます!

ebook_スイング


あなたの投資成績を大幅に改善する良質な投資情報を集める方法を知りたくありませんか?!


・デイトレでその日に5%から10%あがる銘柄を知りたい。
・明日狙い目の銘柄を一発で知る情報を知りたい。
・株価に影響をあたえる情報を効率的に集める方法を知りたい。
・こういう情報には要注意!
・経済指標を重要度別に仕入れてトレードに使用したい。


多くの人が、投資情報サイトを選ぶ際に迷ってしまうそうです。初心者なら尚更です。
無料EBOOKでは、初心者が最初に道を間違えないよう、良質なサイトを厳選して、そのサイトの見るべき場所を具体的に提示しています。ぜひダウンロードして、今後のトレードにお役立てください。


無料Ebookを今すぐダウンロードする

投資の教科書の購読はfacebookが便利です。

Twitter・RSSでも購読できます。