• このエントリーをはてなブックマークに追加

投資をするなら確実におさえておきたい配当利回りの基礎知識

投資をする配当利回りを考慮にいれることは、今では当たり前のスタンスになっています。

ただし、利回りは高いほうが良いことはわかっていても、ただ高いということに注目してしまい、ほかの大事な要素を考慮に入れることを忘れてしまっている人が多く見受けられます。

このページでは、配当利回りとはなにか、使用するさいに考慮すべきこと、などにフォーカスして失敗しない配当利回り投資を解説していきます。

はじめに 配当利回りとは

配当利回りに関して簡単に解説すると、企業は投資をしてくれた株主に対するお返しとして、毎年稼いだ利益のなかから企業ごとにあらかじめ決められた分の配当を支払います。そして、その配当と株主がその配当をもらうために出資した金額を考慮した計算したものが配当利回りです。

配当利回り=配当÷株価×100

となります。

一株配当100円の企業の株価が1株2000円だったなら上記計算式に当てはめると5%ということになります。なぜ利回りで計算する必要があるかというと、配当金額だけでは、株式の異なる値段を考慮に入れていないためどちらが投資効率がよいかを判断できないからです。

たとえば、ある企業の配当が100円、べつの企業が150円だったとします。

後の企業の方が50円多くもらえるため、そちらの方に投資すべきかというとそれは違いますよね。

前者の株価が1000円、後者の株価が3000円だったとしたら、配当利回りの計算式で当てはめると前者が10%、後者が5%ということになります。そのため、配当の利回りだけで見た場合の、投資効率は前者の方が良いと判断できます。

高配当利回りに関しては別のページにて解説をします。

注意!高利回りで買は大きな間違い!?

高い利回り、つまり投資した金額に対してより多くの配当がもらえるということが良いと考える投資家は多いです。

たしかに投資してくれた株主に対して配当という形で還元を積極的にしている企業はそれなりに評価できます。また市販の投資本や投資情報誌などを読んでも「高配当銘柄ランキング特集」「高配当は良い!」で終わってしまっているものが多くほとんどの解説が説明不足です。

単純に高利回りであればそれで良いというのは大きな勘違いです。その理由は3つあります。

  1. 単に株価が下がっているために結果、高利回りになっている
  2. 余裕がないのに無理して配当を出している
  3. 成長性という観点から考えるとちょっと待てよとなる場合あり

順に解説していきます。

1 単に株価が下がっているために結果、高利回りになってしまっている

一番注意する必要のあるパターンです。

業績不振により株価も売り込まれ右肩下がりのチャートになっている、株価が大きく下がっているにも関わらず、配当のみ変えていないパターンです。当然配当に対して株価が半分の価格になれば配当利回りは2倍になります。この点、その企業の業績が安定してのびているかしっかりとチェックする姿勢が必要です。

2 余裕がないのに無理して配当を出している

1と似たパターンですが、1株利益より1株配当の方が多い場合があります。

利益よりも配当の方が多いのにどこからそのお金をだすのでしょうか。もちろん企業には利益剰余金があります。不動産など現金化すれば株主に還元できるような資産もあります。しかしそれはあくまで一時的なことです。

やはり本業で利益を出し、特別利益を上乗せしない状態で余裕を持って配当を支払えている企業の株価が伸びていきます。

3 成長性という観点から考えるとちょっと待てよとなる場合あり

若干論点がずれるかもしれませんが、企業が成長して株価が伸びてほしいならば、利益が順調に伸びている配当の少ない、もしくは無配当の企業へと投資をしていく姿勢も必要です。

配当を出さずに、利益を次の設備投資へとまわすことも形を変えた立派な株主還元です。ただし、しっかりと事業を伸ばすために余った利益を使用しているかどうかを確認する必要があります。

上記3つの注意点をしっかりと守って利回りを考慮した銘柄探しをするようにしてください

まとめ

配当を重視して投資をすることは非常に重要です。

実際に配当利回りのたかい銘柄への投資をしていくことで、分かってくることも多いと思いますが、少なくても上記3つの注意点は把握した上で配当利回り投資を行っていくようにしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

初心者必見!デイトレ・スイングで勝つための
14サイトの具体的なポイント伝えます!

ebook_スイング


あなたの投資成績を大幅に改善する良質な投資情報を集める方法を知りたくありませんか?!


・デイトレでその日に5%から10%あがる銘柄を知りたい。
・明日狙い目の銘柄を一発で知る情報を知りたい。
・株価に影響をあたえる情報を効率的に集める方法を知りたい。
・こういう情報には要注意!
・経済指標を重要度別に仕入れてトレードに使用したい。


多くの人が、投資情報サイトを選ぶ際に迷ってしまうそうです。初心者なら尚更です。
無料EBOOKでは、初心者が最初に道を間違えないよう、良質なサイトを厳選して、そのサイトの見るべき場所を具体的に提示しています。ぜひダウンロードして、今後のトレードにお役立てください。


無料Ebookを今すぐダウンロードする

投資の教科書の購読はfacebookが便利です。

Twitter・RSSでも購読できます。