• このエントリーをはてなブックマークに追加

専業主婦がオプションで生活できるようになった たった1つの方法

27868107_s

突然ですが、皆さんは今お金の心配がありますか?

私は専業主婦ですが、女性の社会進出がすすんできている今の日本でも女性が一人で生活していくには、お金の不安がつきまといますよね。 

「仕事以外にも安定した収入があれば、お金の心配をせずに、もっと好きなことにお金を使って人生を楽しめるのに。」

同じように考えている方に私がおすすめしたいのが、オプション投資です。

うそのように思われるかも知れませんが、私はオプション投資を始めてから、そこから得られた収入だけで生活することができています。

あまりにもうまい話に聞こえてしまうかもしれませんが、専業主婦である私がオプション投資を活用して、安定した収入を得ている具体的な方法をお伝えします。

ご紹介する方法は1つだけです。

それは

「継続的にプットオプションを売り続ける」

です。

ぜひ、あなたもこの記事に書いてある通り、実践してみてください。
私もここに書いてあることしか実践していません。

私のオプション投資の実例

私が実際に取り組んでいるのは米国株オプションです。

 その米国株オプションを使ってキャッシュを得て、それを毎月の生活費にあてるということをやっています。

そこで、まずご参考のために 私がこの投資法をはじめてから9ヶ月間で得られた実績をご紹介します。

真ん中の列の「取引」については後ほど、ご説明しますのでここでは、1番右の列の「受け取りキャッシュ」を見てください。

約9ヶ月間の取引で合計23,678ドルのキャッシュを受け取ることができています。

1ドル120円で計算すると、約284万円です。

日付 取引 受取キャッシュ(ドル)
2015/12/4 NQ(20JAN17)7.0P-1@3.45 345
2015/12/4 WETF(20JAN17)15P-1@3.4 340
2015/12/10 SLV(20JAN17)16.0P-2@3.9 780
2015/12/17 SLV(20JAN17)15.0P-1@2.17 217
2015/12/10 UNG(20JAN17)18.0P-1@3.2 320
2015/12/10 USO(20JAN17)23.0P-1@3.1 310
2015/1/12 CNAT(17JUL17)7.5P-1@2.6 260
2015/12/12 FTR(20JAN17)7.0P-1@1.7 170
2015/12/16 AGNC(20JAN17)22P-1@4.5 450
2015/12/16 NLY(20JAN17)10.0P-2@1.46 292
2015/1/6 CHKR(21AUG15)5.0P-1@1.4 140
2015/1/9 SDRL(20JAN17)10.0P-1@3.3 330
2015/1/12 WETF(20JAN17)17P-1@4.4 440
2015/1/13 UNG(20JAN17)14P-1@2.61 260
2015/1/13 CHKR(21AUG15)5.0P-2@1.35 270
2015/1/20 USO(20JAN17)18P-1@3.51 351
2015/1/20 BAC(20JAN17)15P-1@2.34 234
2015/1/28 UCO(20JAN17)7.0P-1@2.6 260
2015/1/29 UCO(20JAN17)5.0P-1@1.55 155
2015/2/3 SHLD(20JAN17)33P-1@13.23 1,323
2015/2/3 NLNK(20JAN17)40P-1@19.49 1,949
2015/2/13 CHKR(21AUG15)7.5P-2@1.4 280
2015/2/19 WPRT(20JAN17)5P-2@1.7    340
2015/2/23 JDST(20JAN17)9P-2@5.7 1,140
2015/2/23 TNA(20JAN17)54.52P-1@11.85 1,185
2015/2/27 DUST(20JAN17)15P-1@7.45 745
2015/2/27 NUGT(20JAN17)15P-1@7.00 745
2015/3/9 BRZU(18SEP15)5.0P-2@1.3 260
2015/3/10 CHKR(21AUG15)7.5P-2@2.03 406
2015/3/13 WPRT(20JAN17)5P-2@2.15 430
2015/3/13 BBEP(20JAN17)7P-2@2.73 546
2015/3/28 TZA(20JAN17)10P-1@3.34 334
2015/3/28 JDST(20JAN17)10P-1@6.3 630
2015/3/28 JNUG(20JAN17)15P-1@8.5 850
2015/4/10 CHKR(20NOV 15)7.5P-1@2.1 210
2015/4/10 CLDN(18SEP15)15P-1@7.0 700
2015/6/16 FTR(20JAN17) 10 P-1 530
2015/6/17 IMMU(15JAN16) 4.5P-1 170
2015/6/18 MNKD(20JAN17) 5.5P-1 268
2015/6/19 NLY(20JAN17) 10P-1 180
2015/6/20 ACHN(20JAN17) 8.0P-1 220
2015/6/21 ARCP(20JAN17)8.0P-1 107
2015/6/22 CSY(18DEC15)9.0P-1 110
2015/7/10 VTL(18DEC15)20P-1@10.6 1,060
2015/7/10 EXXI(20JAN17)2P-2@1.1 224
2015/7/15 XOMA(20JAN17)4P-1@1.62 165
2015/7/15 MNKD(20JAN17)5P-1@2.27 227
2015/7/17 CHKR(19FEB16)7.5P-1@2.35 235
2015/7/17 BEEP(20JAN17)4P-1@1.3 130
2015/7/17 BIOC(18DEC15)5P-1@2.65 265
2015/7/23 FTR(20JAN17)5P-1@1.2 120
2015/7/23 CZR(8MAR16)5P-1@2.15 215
2015/7/23 MNKD(20JAN17)5P-1@2.31 231
2015/8/7 LINE(JAN17)3P-1@2.8 280
2015/8/11 LINE(JAN17)3P-1@1.33 133
2015/8/19 ESI(20JAN17)93.5P-1@1.77 177
2015/9/11 MNKD(20JAN17)3.5P-2@3.3 330
2015/9/18 FTR(20JAN17)5.5P-1@1.53 153
2015/9/9 BTU(20JAN17)2.5P-1@1.51 151
合計  23,678

いかがでしょうか?

プットオプションを継続して売るだけで誰でもこのような収入を得ることができるんです。 

一般にオプション取引というと、安く買ったオプションを高く売ったり、逆に高く売ったオプションを安く買い戻したりして、利ざやを稼ぐようなものだと思います。

そういった意味では私の取り組んでいる方法は世間一般のオプション投資とは少し違います。

でも、ご自分で商売をしていたり、不動産投資をしている人ならすぐに仕組みが飲みこめると思います。

むしろ、株や先物、オプションなどでバリバリとトレードをしている人よりも、ご自分で会社経営などをやっている方のほうが、ピンと来るかもしれません。

今回はこの方法をご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

そもそもオプションて何? 

オプションを勉強し始めてまずぶつかるのが、「そもそもオプションて何?」ということだと思います。

いろいろな説明の仕方があると思いますが、私はオプションというのは、簡単にいうと「売ったり買ったりする権利」だと理解しています。

例えば、「A株を10ドルで買う権利」はコールオプション、「A株を10ドルで売る権利」プットオプションといった具合です。

株というものは、日々値動きして上がったり、下がったりするものですよね。

でも、このときに「A株を10ドルで売る権利」を持っていたら、安心して株を持っている事ができると思います。

そうした保険みたいな役割をオプションは果たしているんです。

「オプションを売るとお金をもらえる」ということに戻りますが、オプションの売り手は、そういった保険を売ることの見返りとして、お金を受け取ることができるんですね。

なので、私は自分では保険屋さんのような事業をしていると思っています。

株を持っている人の「この価格より下がったら、その損失分を穴埋めしたい」というニーズに応えてプットオプションを売ってあげることで収益をあげているといったふうに考えています。

もちろん、売ったプットオプションの株が下がると含み損になることはありますが、銘柄を選んだり、分散することで全体として資産が減らないようにしながら実践しています。

オプションで理解しておく必要がある3つの基本

次にオプション投資を始めるにあたって、最低限理解したほうが良いことをお話します。

1.2つのオプション

先ほど、オプションは「売ったり買ったりする権利」と説明しましたが、オプションはこの「売る」と「買う」で2つに分けることができます。

「売る」権利 = プットオプション

「買う」権利 = コールオプション

2.オプションの4パターン

オプション取引は先ほどのプットオプションとコールオプションをそれぞれ売り買いすることで次の4つのパターンに分けることができます。

1.コールオプションを買う

2.コールオプションを売る

3.プットオプションを買う

4.プットオプションを売る

これだけみると「??」という感じだと思います。

このうち、私の投資で必要なのは4番ですので、これだけおさえてください。

これについては、後ほど詳しくご説明します。

3.オプション取引の3つの約束事

次にオプション取引を実践するために理解しておく必要がある、約束事をお話します。

1.権利行使価格

オプションは「売る」権利と「買う」権利でしたが、これに加えてオプションでは「いくらで売ったり買ったりするのか」ということを選ぶ必要があります。

例えば、アメリカにコストコという会社の株があります。日本でもコストコのお店がいくつかあるので、利用している方もいるかもしれませんね。

このコストコの株はこの記事を書いている時点で151ドルくらいで取引されています。

homemaker-7

ちなみに、コストコはアメリカでは社名をCostco Wholesale Corporationというふうに言うらしいのですが、Yahooファイナンスで見ると会社名の横のところに(COST)と書いてあります。

これは、ティッカーシンボルといって、日本の証券コードのようなものですので、覚えておいてくださいね。

さて、このコストコ株を持っているとして、その株価が値下がりした場合の保険をかけたいとします。

例えば、150ドル以下になっても損しないようにしたいと考えていた場合、保険として権利行使価格150ドルのプットオプションを買っておくという方法があります。

権利行使価格150ドルのプットオプションを持っていることによって、もしコストコの株価が130ドルに値下がりしたとしても、プットオプション(売る権利)を使うことによって150ドルで売ることができるんです。

つまり、権利行使価格というのは売ったり買ったりするときの価格を一体いくらにするのかというものです。

権利行使価格100ドルなら、その権利を行使したときにコストコ株を必ず100ドルで売ることができます。権利行使価格50ドルなら50ドルで売れるといったぐあいです。

2.権利行使期日

権利行使期日というのは、その権利はいつまで行使できるかというものです。

例えば、権利行使日が2017年1月15日なら、その日までであればそのプットオプションを使うことができます。2017年1月15日を過ぎてしまうと、プットオプションは消滅してしまって使うことができなくなってしまいます。

いってみれば、権利行使期日というのは権利の賞味期限のようなものですね。

3.オプション価格

最後にオプション価格です。

オプションという権利は、それ自体に値段がついていて、市場で取引されています。

例えば先ほどのコストコの例でみてみると、コストコを150ドルで売る権利で権利行使期日が2018年1月19日のものは15ドルで取引されていました。

homemaker-8

この権利を買っておくことで、2018年1月19日までにコストコの株価がどんなに下がっていようとも、必ず150ドルで売れることになります。

以上、オプション取引の3つの約束事ということで、「権利行使価格」「権利行使期日」「オプション価格」といったものをご説明しました。

この3つがあれば、取引しようとしている権利がどんなものかを表すことができるんですね。

また、コストコの例をあげると、「コストコ株を2018年1月19日までに150ドルで売る権利を15ドルで買う」といったように、オプション取引で必要な条件を指定することができます。ちなみに、この例を記号で表すと下記のようになります。

COST(2018/1/19)150P-1@15.00

COSTというのはコストコのティッカーシンボルで、対象とする銘柄がコストコ株であることを表しています。そして、カッコの中の日付は権利行使期日、「150」というのは権利行使価格が150ドルであるということ、そして、「P」というのはプットオプションを表しています。

これがコールオプションだと「P」ではなく、「C」となりますので、あわせて覚えておいてくださいね。

そして「-1」というのは、「売り」か「買い」かを表すもので、「+1」だと「買い」、「-1」だと「売り」になります。

最後に「@15.00」というのは、そのオプションの価格がコストコ株1株あたり15ドルということです。

この書き方はオプション取引を表現するのにとても便利なので、ぜひ覚えて置いてください。

 

プットオプションを売るということの意味

ここまで理解していただいたところで、先ほどでてきた「4.プットオプションを売る」ということについてご説明します。

「売る権利」を売るというのは、どういうことかというと、プットオプションを買った人が「権利を行使するので、約束通りコストコの株を150ドルで買い取ってください。」といったときに、約束どおりコストコ株を買い取る義務を負うということです。

つまり、プットオプションを売った人は、その他対価としてプレミアムという権利料をもらえる代わりに、売った相手がプットオプションの権利を行使したときには、約束通りの値段で株を買い取らなくてはならないということです。

言い換えると、権利料を貰う代わりに株の買い取り保証をしているということです。

こうしたことから、冒頭で私の投資方法は「保険屋さんのような事業」と説明したんです。

 

私のオプション投資の具体的な手順

ここからは、実際に私がオプション投資でやっていることをご紹介します。

1.オプション取引のための証券口座の開設 

この投資法では、米国株のオプションを取引するための証券口座が必要です。

現状では、日本の証券会社で米国株オプションを取り扱っているところはなく、海外の証券口座を開設する必要があります。

日本で口座を開くことができる数少ない証券会社のうち、おすすめなのは「インタラクティブ・ブローカーズ証券(IB証券)」です。

IB証券はアメリカの大手のオンライン証券で、日本にも支店を持っています。

口座開設も日本語ですすめることができるので安心です。

私もIB証券で口座を開いて、オプション投資をしています。

2.銘柄選択

次に銘柄選択ですが、アメリカのヤフ-ファイナンスで探しています。

具体的な手順ですが、まずfinance.yahoo.comにアクセスして、画面左のメニューの中に「Market Data」という項目があるので、これをクリックします。

すると、そのすぐ横にメニューが表示されますので、「Stocks」をクリックします。

homemaker-2

すると画面中央にMarket Moversとあって、そのなかにMost Activesという項目があります。ここには取引高の多い銘柄が載っているのですが、このなかから変動率が高いものを探していきます。

homemaker-3

例えば、Most Activeのリストの2番めにWTWという銘柄が出てきています。

変動率を見ると+105.01%と大きく変動している銘柄だと分かります。

実際にオプションの価格をみてみると、2017年1月20日が期限で権利行使価格が13ドルのプットオプションが4.4ドルで取引されていることがわかります。

homemaker-4

こうして、変動率が高い銘柄を1つずつ確認していって、プレミアムをたくさん受け取れる銘柄を選択していきます。

こういった銘柄はネット関連、医薬品やエネルギー関連のセクターに多いので、これらのセクターの銘柄が狙い目です。

3.リザーブ資金の準備

私が実践している投資法では、プットオプションが権利行使された場合には、その株をそのまま購入して保有することを前提としています。

ですので、権利行使された場合に購入できるだけの資金を準備しておく必要があります。

リザーブ資金の計算方法は、次のようになります。

リザーブ資金=対象銘柄の株価✕ 100-受け取りプレミアム

実際の銘柄の例でみてみましょう。

アメリカにNQ mobileという携帯電話関連の銘柄があります。

この銘柄の株価はこの記事を書いている時点で3.75ドルです。

homemaker-5

そして、この銘柄を100株購入するのに必要な資金は3.75✕ 100株=375ドルです。

なぜ、100株としているのかというと、米国株オプションの最低取引単位が100株からだからです。

次にこの銘柄のプットオプションの価格を確認すると、2017年1月20日が期限で権利行使価格3.5ドルのプットオプションが1.07ドルで売られていました。

homemaker-6

そこで、このプットオプションの受け取りプレミアム1.07✕ 100=107ドルを先ほどの購入金額から差し引きます。

先ほど、米国株オプションの最低取引単位は100株と言いましたが、受け取りプレミアムについても、1株あたりの金額に100をかける必要がありますので、注意してください。

すると、350ドル-107ドル=243ドルとなりますので、リザーブ資金として243ドル準備しておけば良いということになります。

4.プットオプションを売る

次に実際にプットオプションを売ります。

この時選ぶのは、現在の株価に一番近い権利行使価格で、期日が最も長いものを売ります。

なぜ、このような選び方をするかというと、期間が長いほどより多くのプレミアムを得ることができるからです。

プットオプションの売り注文を出す際には、指値で注文するようにします。

これは、銘柄によっては売注文と買注文が離れているため、不利な価格で約定してしまう場合があるからです。

例えば、先ほどのNQを例に説明すると、取引ツールで売り注文が1.1ドル、買い注文が1.01ドルで提示されている場合には、その中間の1.05ドルで売り指値注文を出すようにします。

プットオプションを売るとプレミアムを受け取ることができます。

このプレミアムはリザーブ資金の一部としてあてておき、口座内のリザーブ資金は権利行使期日まで使わずにとっておきます。

あとは、権利行使期日がくるまで、何もしません。

5.権利行使期日の対応

権利行使期日に株価が権利行使価格を下回っている場合、その株式を権利行使価格で買い取る必要があります。

買い取った株式はそのまま保有して配当をもらいます。

その後、買い取り価格以上になれば売却しても構いません。

また、株式を保有しながらカバードコールという方法でキャッシュを得ることもできます。

このカバードコールは株式を保有しながらプレミアムを受け取り続ける方法で、ちょうど不動産を保有しながら家賃収入を受け取り続けるのと同じような方法です。

カバードコールについての詳しいことは「カバードコールを使ってオプション取引の中でも最も安全に利益を上げる方法」がわかりやすいので参考にしてみてください。

一般のオプション投資では権利行使されると「負け」といった捉え方をされるようですが、そんなことはありません。

権利行使されることでリザーブ資金という資産が株式という資産に変わっただけですので、その資産を保有しながら配当をもらったり、カバードコールでキャッシュを得ることができるからです。

以上の1から5までの手順を継続的に繰り返していくことで、キャッシュを積み重ねていくのが、この投資法です。

注意したほうが良いこと

この投資法を実践するにあたって気をつけたほうが良いことは、ひとつの銘柄に集中せずに銘柄を幅広く分散することです。

ひとつの銘柄に集中すると、仮にその銘柄が大きく下落した場合や倒産した場合に大きな損失をだしてしまうからです。

ボラティリティが高く魅力的な銘柄だからといって、ひとつの銘柄に資金を集中させずに幅広く分散しましょう。

適切に銘柄分散を行っていれば、仮にひとつの銘柄に何かあっても他の銘柄のプレミアム収入で十分にカバーできるからです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

私の投資法は驚くほどシンプルだということがわかっていただけたと思います。

私はこの投資法に出会うまでは、今後のお金のことが心配でしたが、今では収入の心配が全くなくなりました。

なぜなら、オプションからいつでもお金をつくることができることができるという自信がついたからです。

この投資法を行うのに、特別な才能や技術は必要ありませんので、皆さんもぜひ、チャレンジしてみてください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料WEBセミナー:素人のサラリーマンが資金700万から年400万円を生み出した実践方法のすべて

ocfc_report


オプション投資は難しい数式を理解しなければできないイメージがありますが実は足し算や引き算ができるレベルでも十分に利益を出せます。


現に専業主婦の方や普通のサラリーマンの方も実践して利益をだされています。このセミナーに参加することでオプションが全く未経験の方でも、すぐにオプション投資を始めることができるはずです。


「自分にはオプションは無理だ」と思っている方は、ぜひ、このWEBセミナーをご覧になってみてください。そして実践してみてください。


驚くほど、多くのキャッシュを得られるようになるでしょう。


無料WEBセミナーに参加する

投資の教科書の購読はfacebookが便利です。

Twitter・RSSでも購読できます。