主婦の私が7ヶ月で米国株で600万円の利益を得ている方法の全て

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
37679421 - young attractive blonde woman laughing. springtime happy portrait.

私は、株式オプションを活用して2015年は約300万円、2016年は約500万円ほどの利益を得ている50代の主婦です。年々利益は増えていき、2017年の今年は7月28日までで約600万円の利益を得ることができています。

なお、過去2年実践していた方法と、今年の方法は異なります。

過去2年は、米国株オプションの「LEAPSプット売り」という方法で運用していました。この方法については、2年ほど前に書いた『専業主婦がオプションで生活できるようになったたった1つの方法』で解説しています。最近、この『投資の教科書』運営者の一人、木原氏が書いた『LEAPSプット売りで18.6%の年間利回りを記録している手法』と同じ方法です。

今年は、米国ETNを活用した投資法に取り組むようになり、より少ない手間で、より精神的に安定して稼ぐことができるようになりました。投資経験が全くなかった50代の主婦が、この成績というと驚かれるかもしれませんし、信じられないかもしれません。

本日は、私がどうやって、これだけの利益を得ているのかを包み隠さず全てお伝えしたいと思います。

1. 取引実績と証拠

テキストだけでは信じられないと思いますので、最初に、2017年の私の米国株等の取引履歴や実績の証拠を公開させて頂きます。

1.1. 2017年7月28日までで598万2,578円の利益

早速、下の図をご覧ください。

これは、私が米国株やETF・ETN取引で使っているインタラクティブ・ブローカーズのという証券会社のアクティビティ・ステートメント(損益報告書)というものです。

※画像をクリックすると拡大表示できます。

米国株の取引実績②

右端の「合計」の欄が実現利益で、単位は米ドルです。

私は2017年1月2日から7月28日までの間に合計で5万4018ドル76セント(米ドル)の利益を得ています(約1,500ドルの手数料除く)。当記事執筆時点のドル円レートが110.75円ですので、日本円に換算すると、598万2,578円(5,4018.76ドル×110.75円/ドル)の利益になります。

1.2. 利益の大きな銘柄と取引履歴

最も大きな収益源は以下の通りです。

  • VXX:34,874.93ドル(386万2,398円)
  • VIXY:15,006.19ドル(166万1,935円)
  • UVXY:11,842.06ドル(131万1,508円)
  • VIIX:3,363.89ドル(37万2,551円)

これらの4つの銘柄と、9,084.32ドルの損失になっているXIVという銘柄がETNで、今年、私がメインとしている投資対象です。なお、これら以外の銘柄は、普通の米国株やETFです。またXIVというETNでは9,084.32ドルの損失になっています。理論については後述しますが、これは、もともとリスクヘッジのために保有している銘柄です。

それでは、それぞれの銘柄の取引履歴を全てご紹介したいと思います。分量が非常に多いですが、一つ一つ見て頂くことで、詳細にイメージできると思います。

補足:ETNとは?
ETNは、”Exchange-Traded Note”の略で、日本語では「指標連動証券」と呼ばれています。私は、ある指標(日経平均株価やSYP500など)に連動して価格が決まる仮想マネーと理解しています。初めて聞く方には難しく聞こえるかもしれませんが、ETNとは何かを厳密に理解しておかなければいけないことはありません。実践上は「何らかの指標に連動して価格が動く銘柄」というシンプルな理解で十分です。

1.2.1. VXXで386万2,398円の利益

※画像をクリックすると拡大表示できます。

VXX1

VXX2

VXX3

VXX4

VXX5

VXX6

1.2.2. VIXYで166万1,935円の利益

※画像をクリックすると拡大表示できます。

vixy1

vixy2

1.2.3. UVXYで131万1,508円の利益

※画像をクリックすると拡大表示できます。

UVXY①

UVXY②

1.2.4. VIIXで37万2,551円の利益

※画像をクリックすると拡大表示できます。

VIIX

VIIX2

いかがでしょうか?

次から、この投資手法のロジックを具体的に解説していきます。

2. 私が行なっている米国ETN投資の実践方法

それでは、ここから、この投資方法の手法を具体的に解説します。

2.1. 基本は売りから入り安くなったところで買い戻す

ここまでの取引履歴をご覧頂いた通り、私がやっていることは非常にシンプルで「下がり続けることが決まっている銘柄を売って、下がったところで買い戻す」だけです。「下がり続けることが決まっている」銘柄があるというと信じられないかもしれません。しかし、米国ETNには、そのような銘柄がたくさんあります。

2.1.1. VXXは10年間で19,660.32ドルから12.79ドルに

例えば、これは、VXXが開発された2009年6月22日から2017年6月までの10年間の価格の推移です。

VXX

2009年6月22日には、19,660.32ドルだった株価は現在では、たったの12.79ドルになっています。

2.1.2. UVXYは6年で48,540,000ドルから29.65ドルに

次にUVXYです。UVXYは2011年10月4日に開発された米国ETNです。何と公開時の48,540,000ドルから、今では29.65ドルまで下がっています。

UVXY推移

補足:米国ETNの詳細な価格データの調べ方

なお、これらの銘柄の実際のデータは米国の”YAHOO!FINANCE“で検索して見ることができます。サイトにアクセスしたら、検索窓に、”VXX”や”UVXY”と入力して下さい。そして”Historical Data”をクリックして下さい。

ヒストリカルデータ1

その後、”Time Period”から期間”MAX”を選択し、右側の”Apply”という青いボタンをクリックします。

ヒストリカルデータ2

ぜひ、実際に、これらの銘柄の過去から現在までの実際の値動きを数字で見てみて下さい。そして、Excelに数値をコピー&ペーストして、グラフ化してみて下さい。調整された価格ではなく、生の価格で推移を確認できますので、動きを正確に把握することができます。

このように下がり続けることが決まっているETN銘柄は、まだまだ多数あります。

2.2. 価格が下がるメカニズム

これらのETNは、株のように「この時期にたまたま相場状況が悪くて値下がりが続いた」というものではありません。もともと0に向かうように設計されています。先ほど、ETNは「何らかの指標に連動して価格が動く銘柄」だと説明しました。そして、VXXやUVXYは、VIXという指数に連動します。

2.2.1. VIX連動型銘柄とは

VIXは、別名「恐怖指数」と呼ばれ、市場が平穏な時は大体10pt-20ptの辺りをうろうろしています。そして、戦争や金融ショックなどで市場が恐怖に包まれると急上昇します。下図がVIXです。

恐怖指数(VIX)

定期的に急上昇していますが、ほとんどの期間で10pt – 20ptの間に平穏に収まっていることがお分かり頂けると思います。このようにVIXが平穏な間(=「コンタンゴ」といいます。)は、VXXやUVXYなどのVIX連動型ETNは下がり続けるように設計されています。逆にVIXが急上昇して、恐怖に包まれている不穏な状態(=「バックワーデーション」といいます。)ではVXXやUVXYも急騰します。

2.2.2. VIX連動型銘柄は下がり続けるように設計されている

VIXには絶対の法則があります。

それは「恐怖が長引くことはない」ということです。人間に置き換えて考えてみましょう。人間は恐怖が長引くようにはできていません。いずれ、その恐怖に慣れてしまいます。例えば、遊園地のお化け屋敷に行くとします。一回目は怖いかもしれませんが、二回、三回と何度も同じお化け屋敷に行くと、刺激に慣れてしまって恐怖を感じなくなります。以前は恐怖だったものが恐怖ではなくなるのです。

これがVIXは、ほとんどの場合、平穏な状態にあることの理由です。実際に統計を見てみましょう。2009年1月29日から2015年9月30日までの統計を見てみると、平穏な状態が全期間の86.2%で、恐怖が高まっている状態は13.3%だけです。

これは日数にすると、年間314.6日は平穏(株式市場が成長)で、恐怖が高まっている時期(株式市場が減退している時期)は48.5日だけだということです。

コンタンゴとバックワーデーション

出典:『コンタンゴとバックワーデーション|5110』

つまり、VXXやUVXYなどのVIX連動型ETNの価格が下がり続ける理由です。

さらに詳しいメカニズムを知りたい方へ
さらに詳しいメカニズムは、『米国ETF・ETNによる資産運用で年間36%の利回りを安全に得る方法の全て』の「2. 下がり続けるETF・ETN銘柄の価格算出原理」で解説されていますのでご覧ください。

2.3. 価格の動きの法則を利用する

いかがでしょうか。

このように、私がやっているのは、下がり続ける銘柄を売って、下がったところで買い戻しをして利益を確定するということだけです。実際に取引履歴を見ていただくと、嘘ではないことがお分り頂けると思います。

売買回数を重ねるたびに慣れてきて、今では余計な感情を入れることなく、まるでいつも家事でやっているお皿洗いのように取引して利益を増やしていくことができています。

3. 当投資法のリスクとリスクマネジメント

ここまででお伝えしたように、米国のVIX連動型ETNの特徴を理解して活用することで、非常に高い成績を、手間をかけずに安定して得ることができます。ただし、どのような投資方法にもリスクがあります。そして、リスクを知らずに取引してしまうと最悪の事態になりかねません。

それでは、VIX連動型ETNのリスクにはどのようなものがあるのでしょうか?

3.1. 想定されるリスク

上でもお話したように、市場に急落があるとVIX指数は急激に跳ね上がり、それに合わせて、これらの銘柄も跳ね上がります。これらの銘柄が急騰したときに証拠金不足となって強制決済されるリスクがあります。

通常の急落であれば、十分に準備金を用意しておけば強制決済されることはないと思います。ただ、リーマンショックのような暴落が起きた場合に準備金が不足してしまう可能性があります。

実際、リーマンショック級の大恐慌が起きたら、下図のように、VXXの価格は4倍以上に跳ね上がるようです。

a8d5304b40ed31a25236a63a92b8165c

(出典:『VIXを通して振り返る歴史的暴落ーリーマンショックの1年前にVXXを買っていたら』)

リーマンショック級の大恐慌は数十年に一度のレベルですが、それでもVXXの場合は4倍以上の証拠金を用意しておくと、まずは安心しても良いかと思います。ただし、リーマンショックを上回る大恐慌が起こる可能性もゼロではありません。そこで、しっかりとリスクマネジメントをしておく必要がありあます。

3.2. リスクマネジメントの3つの方法

市場では、いつの時でもこのような事態が起きる可能性は消せません。

そのため、VXXが現在の価格の4倍5倍になっても、耐えられる範囲で、資金を十分に準備してポジション管理を行い、ヘッジを活用していざという時に備えておくことが重要です。特に順調に含み益が増えてくると、ついポジションを多くしてしまいがちですので、常にVXXが急騰するリスクを忘れないようにしてください。

ヘッジの仕方はいくつかあります。

  • 資金管理
  • コールオプションの買い
  • ポジションのポートフォリオの組み合わせ

詳しくは、『米国ETF・ETN投資の3つのリスクヘッジ方法』をご覧ください。

4.まとめ

いかがでしたでしょうか。

私も最初は右も左もわからない状態で、おっかなびっくり取引していたのですが、今では空気を吸うように自然に取引を繰り返してお金を増やしていくことができています。また、息子夫婦にもアメリカのETFやオプションの素晴らしさを伝えたところ、今では私よりも熱心に取り組んでいます。

しかし、ここまでご覧になられても、信じられなかったり、手法を非難する方もいらっしゃるでしょう。人それぞれ判断は異なります。ただし、どのような投資方法でも、しっかりと原理を理解せずに、儲かりそうだと安易に判断して飛びついてはいけないということは間違いありません。その点では、事前に検証せずに、中身も理解せずに飛びついてしまうより、はるかにマシな対応だと思います。

その上で、私自身は実践を重ねてくる中で、綿密に計算をして、リスクマネジメントをしています。

このように、投資をするようになった今、以前よりもはるかに大きく深い視点で、金融市場に向き合うようになりました。その経験から、実践前に知っていた知識と、実践を通して身につけた知識は、全く意味が違うと感じるようになりました。

そうした観点からも、この記事が少しでも、誰かの投資の成功のきっかけとなればと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1日1回たった1分の価格チェックで私が年間38%の利回りを得ている資産運用方法

私は、米国のETFやETNを活用した資産運用で、安定して年間38%という平均をはるかに上回る利回りを得ています。しかも、やることも1日1回1分だけ価格をチェックするだけです。取引操作をする日でも5分もかかりません。

もちろん無謀なリスクを背負っている訳ではなく、何があっても資産を守れるようにリスクヘッジした上での成果です。

とても信じられないと感じられるのは分かりますが事実です。

FXや株式投資は多くの知識と経験が必要です。さらに、どちらもチャート分析や銘柄分析などに多くの時間がかかります。しかし、私がやっている方法は、本当に1日1分もかかりません。

特に、FXや株式投資で挫折してしまった経験のある方や、忙しすぎて時間は取れないけど資産運用をしたいという方は、ぜひ、具体的な方法をご確認ください。


この手法の実践方法を今すぐ見る

投資の教科書の購読はfacebookが便利です。

Twitter・RSSでも購読できます。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>