FX初心者がいくらから始めるかを決めるためのアドバイス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20170717

FXはいくらからスタートするべきか?

これは、全ての方に一度は考えて欲しい問題です。多くの方は理由もなく何となくで、5万円、10万円と決めてしまいがちです。

最初からキツい言い方になってしまいますが、出だしの運用資金を適当に決めてしまうのは本気度が欠けていると言わざるをえません。それでは、勝てずに退場してしまう普通のトレーダーになってしまいます。

あなたは、相場の上位5%の勝ち続けるトレーダーになる必要があります。そこを目指すなら、運用資金も基準を持ってしっかり決めなければいけません。

これだけ強く言わせて頂いているのは、私自身が、初心者の頃に運用資金を誤ったために、人生が終わったと思うぐらいの大損失を経験してしまったからです。そのお陰で、運用資金額の違いによるトレードへの影響を痛感しました。

今回は、その経験をもとに、初心者がどのような基準で運用資金を決めるべきかお伝えしたいと思います。

これからのFXトレーダーの皆様のためにお役に立てば嬉しく思います。

1. 現在の私の運用資金

最初に私の運用資金をお伝えしたいと思います。

私は、9年前も現在も、FXで運用している資金(= FX口座に預けている資金)は1,000万円です。これを元手に日々トレードをしており、利益が出て、FX口座の資金が、例えば1,300万円になったら、300万円を銀行口座に移しています。つまり、FXで運用する資金は、常に1,000万円に設定しているということです。

ただし、9年前の私は、リーマンショックで資金管理を誤って、その1,000万円を失ってしまいました。しかし、その後50万円で再起して、今は、また1,000万円の元手で運用し、毎年1,500万円から2,000万円の利益を得ています。

今と昔で運用資金が同じなのは偶然です。

ただし、同じ元手資金でも、昔は大損している一方、今は利益を毎年積み重ねています。結果は天と地ほどの差がありますね。結局、元手資金がいくらであっても、スキルがなければ失ってしまいますし、スキルがあれば増やすことができるのです。

なぜ、同じ運用資金でも、昔の私は失敗して、今の私は稼げているのでしょうか?

その理由を次からお伝えします。

2. トレードには自分に見合った運用金額がある

結局のところ、トレードには自分に見合った運用金額があり、それを見誤ると良い結果にはなりません。自分の分を守り、成長するにしたがって、運用する金額も増えていきます。

2.1. 自分の分をわきまえない金額では大損してしまう

トレード初心者の方は、「資金があればあるほど損する確率も低いだろう」と考えがちです。しかし現実は逆です。最初は、資金があればあるほど損する確率は上がります。

少なくとも、私の場合はそうでした。FXで初心者が陥りがちな典型的な大損パターンの行動を取ってしまったからです。その「典型的なパターン」とは以下の二つです。

  • 損切りできずにナンピンで大損
  • 損失を経験せずに勝てるようになるという思い込み

詳しく解説させて頂きます。

2.1.1. 多すぎる資金で始めた時にありがちな失敗 – ナンピンで大損 – 

ナンピンは、「下手なナンピンスカンピン」という相場格言があるぐらい、初心者が行なってはいけない行為です。

これは、簡潔に言うと、損切りを後回しにする行為です。「まだこんなに余力があるんだから、今の価格の下落は問題ない。価格はいずれ上がるはずだから、今、損失を確定するのではなく、逆に買い足して、上がるまで待っていよう」と、現実逃避をしてしまうのです。

確かな分析をもとにした根拠のあるナンピンなら良いのですが、初心者は、損切りをすることによって、損失が確定してしまうことが嫌で、そこから逃げるためにナンピンをしてしまうのです(詳しくは『投資で成功するために必ず知っておくべき損切りルールの作り方』をご覧ください)。

今から10年以上前、必死に貯めた資金1,000万円を元手にFXを始めた私は、『FXで失敗して1,000万円以上の大損をした事例と重要な教訓』でお伝えしている通り、損切りから逃げるためにナンピンをして、1,000万円を丸々失ってしまいました。

2.1.2. 損失を経験せずして勝ち続けられるようにはならない

この話を聞いても、「自分が全額失うなんてありえない」と思う方もいらっしゃるでしょう。しかし、それは現実に起こるのです。実際に、私以外にも、軽い気持ちでFXに手を出して、全財産を失った人、またはそれに近い大金を失った人は大勢います。

また、何年、何十年と本当の意味で勝ち続けられるようになったトレーダーで、損失を経験していない人はいません。

皆が、程度の大小はあるとしても、失敗を犯して、初めてFXの怖さを知り、その経験を乗り越えて、勝ち続けるトレーダーになっていきます。

FXを始めて、すぐに勝てるようになるなどと思わないでください。何事も上達するまでには、数多くの失敗を経験して乗り越える必要があります。勉強もスポーツも仕事もそうですよね。最初は、リスク管理も知らないし、勝ち方も分からないし、ロット調整のイメージも分からないなど、全てにおいて経験値が足りません。

つまり、資金を一度も失わずに成功することなどあり得ないのです。

それにも関わらず、最初から1,000万円で運用していたらどうなるでしょうか?きっと、その資金の大半を失ってしまうでしょう。しかし、10万円で運用していたら、失うとしても10万円で済みます。もちろん、少しは精神にこたえますが、それを重要な教訓として受け取って、まだまだいくらでも再起できます。

これが1,000万円だと、なかなか再起できません。本当にこの世の終わりだと思いました。私が再起できたのは、本当に奇跡だと今は思っています。

2.2. 少なすぎる資金では真剣になれない

それでは、資金量を最低限に落とすべきでしょうか?

その場合は、また別の問題が出てきます。FXは、中には数千円からトレードを始められる業者もありますし、一万円あれば、大体の業者でトレードを始められます。

しかし、ここまで少ない資金だと、失ったとしても、ほとんど落ち込まないと思います。「負けてもまた入金すれば良い」と妥協してしまい、一回一回のトレードの集中力や真剣さを保つことができなくなってしまいます。

集中力と本気の維持は、FXで成長する上で、絶対に欠かせません。

FXは「なぜ、ここで利益が出たのか」「なぜ、ここでは損失になったのか」などを徹底的に深掘りして、一つ一つ改善して、期待値の高いルールを作り上げていくという作業です。そして、一度、期待値の高いルールを築いたら、それを毎日淡々と繰り返します。これが、トレーダーとして目指す姿です。

しかし、運用額が少なすぎると、 このように期待値の高いルールを作るという視点が抜けて、「まあ、いいか!大丈夫だろう!」と、相場観で上か下かを当てようとする博打的な判断をするようになってしまいます。

それでは、いつまでたっても上達しません。

2.3. FXはいくらから始めるのがベスト?

以上のことから、FXをいくらから始めるかでお悩みの方に対する私の答えは、

  • 本気になれる金額
  • 失っても再起できる金額

です。

個人的なオススメは30万円です。

もちろん、人それぞれ環境が違いますので、適切な資金量は異なります。30万円じゃなければダメというわけではありません。30万円というお金を失ったら、とても再起できない、怖すぎるというなら、これより少なくて良いでしょう。

ただし、30万円を上回る金額から始めようとしている方は、一度立ち止まって考えてみて頂ければと思います。既に、「淡々と繰り返せば、トータルでプラスになることが分かっている期待値の高い手法」は構築できていますか?まだ、勉強も経験も欠けていて、確かな手法がないうちに大金を注ぎ込むと、そのお金は高確率で、全て失うことになります。

その時でも「この損失は成長するための重要な経験」と思えますか?それとも、大切なお金を失ったと自暴自棄になってしまいそうですか?

最初から、焦って大金をつぎ込むことだけは止めてくださいね。緊張感と集中力を適度に維持できて、かつ、最悪のケースを想定しても再起できる額がベストです。

焦らずとも、勝ち続けるトレーダーになるために必要な経験を一つ乗り越えるごとに、あなたの口座の資金は、間違いなく増えていきます。「今はこの額から始めて、必ず増やすんだ。」「そして、2年後、3年後は大きなロットで大きく稼ぐんだ!」というイメージをしっかりお持ちください。

本気で、FXに取り組めば、それは必ず実現します。

3. 運用額よりもはるかに重要なこと

ここまで、FXをいくらからスタートするのが良いのかについてお伝えしてきました。しかし、ここで終わっては、本当に重要なことを誤解させたままになってしまいます。

実は、当記事で本当に伝えたいことは、それではないのです。

私があなたに本当に伝えたいことは、「運用額がいくらかにこだわるより、確かなトレードルールを構築することの方がはるかに重要だ」ということです。

詳しくお伝えさせて頂きます。

3.1. 1にルール、2にルール、3.4がなくて、5にルール

例え、豊富な運用資金を持っていても、確かなトレードルールがなければ、最終的には全て失います。1,000万円なら1,000万円失います。しかし、たとえ30万円、いえ10万円からのスタートだったとしても、確かなトレードルールがあれば、その資金を確実に増やすことができるのです。

例えば、私の2009年から2016年の述べ8年の間の、FXトレードのみの年間利回りは167%です。元手30万円を年間利回り167%で8年間、複利で運用すると、8年後には、元手は7億円を超えます。

現実には、税金もかかりますし、元手資金にずっと手をつけずに複利で回し続けることは、現実的ではないですが、確固としたトレードルールがあれば運用額などどうにでもなるということはイメージして頂けると思います。

このように、FXトレーダーとして重要なのはいくら運用しているかではありません。どのようなトレードルールを構築しているかなのです。それさえあれば何があっても、どっしりと構えていられます。

3.2. 短期間のシンデレラストーリーは起きない

今でも、FXは、10万円を1年で1億円にできるというように夢見ている方もいらっしゃるかもしれません。ただし、もう、そのようなことは不可能ですし、不可能である方が遥かに良いです。昔は、FXにはレバレッジ規制がありませんでした。そのため理論的には、どれだけ少ない元手からでも、信じられないような利益を得ることも可能だったのですね。

しかし、超ハイリターンの裏側は超ハイリスクです。

人間は目も眩むような超ハイリターンを目の前にすると平常心を失って、目が眩んでしまいます。その裏には、遥かに多くの破産者がいます。FXで人生を台無しにする人があまりにも多いので、金融庁は2010年にレバレッジ上限を50倍に、2011年にはレバレッジ上限を25倍に制限しました。

このおかげで、今は、以前よりも真剣にFXに向き合い、本当の意味で成功する人も増えたと思います。また以前のように、レバレッジ無制限のままなら、FXはいつまでたっても、パチンコや競馬と変わらないギャンブルと見られて、投資とは見られなかったと思います。

レバレッジ25倍が小さいと感じる方もいるかもしれません。

決してそんなことはありません。真剣にやれば、5年で1億円稼げてしまうのですから、サラリーマンと比べたら、そのスピードは早すぎるレベルです(参照:『スキャルピングで5年で1億稼いだ私の手法』)。シンデレラストーリーなど期待する必要がありません。

3.3. 負けた姿こそイメージするべき

多くの人は、「成功者」と聞くと、常に成功イメージを持って邁進し、敗北など考えず、先頭を突っ走るイメージを持つのではないでしょうか?

トレーダーとしての成功者像は、それとは異なります。

トレーダーに欠かせないスキルが一つあります。それは、例え、最悪の失敗をしても、確実に再起の道を残しておくというスキルです。全財産を失ってしまうと、それこそ破産してしまいます。しかし最悪のケースでも元手資金さえ残していれば、実力があれば再起できます。

トレード自体、リターンとリスクの等価交換です。

リターンだけ見て突っ走るという行動では、取り返しのつかないことになります。

勝った姿と負けた姿をイメージしてみましょう。本気になれる、かつ失っても再起できる金額は、このような姿をイメージすることで、決まるかもしれません。あなた自身で、しっかり考えてください。

4. まとめ

FXは、最初が一番大変です。

手痛い損失を負って退場してしまうのも、ほとんどが最初の時期です。まだルールもなく、資金管理も適当で、安易にトレードを行うと退場は必然です。

FX、すぐに勝てるような甘いものではありません。

そのように考えたままだと、少しの負けでメンタルが崩れます。初心者がメンタルを崩した時の典型的な行動が、ナンピンしまくった挙句の一発退場です。

まずは最初を乗り切ってください。

私の経験を振り返ってみると、30万を100万にするのが一番難しかったです。ただし、それが出来るようになったということは、期待値の高いトレードルールを構築できたということになります。そこからは、同じように淡々とトレードしていけば、100万を500万にできますし、500万を3,000万にすることができます。

ぜひ、FXに真剣に向き合って、大きな利益を実現していきましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料動画:FXで年間平均利回り163%を達成し、毎月150万円の利益を得ている具体的な手法

busenaこの無料動画では、当サイト、投資の教科書でFXの記事を執筆しているぶせな氏自身が、FXのトレード手法を、動画で直接解説しています。

 

ぶせな氏は、FXを本格的にスタートしてから、8年間負けなし(年ベース)で平均163%の年間利回りを記録しており、毎月安定して150万円前後の利益を稼いでいる超一流のFXトレーダーです。

 

この無料動画を見ていただくと、以下のようなことが分かります。

 

  • ・ぶせな氏が8年負けなしで年間平均利回り163%を記録している具体的なトレード手法 
  • ・ローソク足と移動平均線を使ったシンプルなチャートの見方
  • ・トレンドライン、サポートラインなどで勝率と利益率を上げる具体的な方法
  • ・為替相場の波やチャートパターンで大きな利益を上げる具体的な方法

文字だけではなかなか伝わらない、細かいニュアンスや考え方、実際のトレードなどに触れていただくために無料の動画セミナー形式でご用意させていただきました。この一流トレーダーの本物のトレードノウハウが、あなたのお役に立つことをお約束します。


無料オンライン動画講座を見る

ぶせな氏のメディア掲載歴

利益を最大化するために
ぶせな氏が使っている4つのFX口座

当サイトでFXコンテンツを執筆いただいているぶせな氏のノウハウを実践するなら、ぜひ口座選びにもこだわってください。

ぶせな氏は「口座選びを適当にやっていて勝てるようになったトレーダーは見たことがない」と仰っています。まずは、『FX初心者が知っておくべき口座の選び方』を読んで、その理由をしっかりと理解して頂ければと思います。ぶせな氏が利益を最大化するために実際に使っている口座は、『FX歴12年の私が実際に使っているおすすめ口座4選』で詳しく解説させて頂いております。

 

The following two tabs change content below.
ぶせな

ぶせな

専業トレーダー。認定テクニカルアナリスト。 2009年に本格的にFXをスタート。累計利益は、3年目で5000万円、5年目で1億円、2017年2月現在は1億5千万円を超える。 一時的な利益でなく、継続的に利益を上げ続けるために、リスクを抑えることに重点をおき、短期売買を繰り返すスキャルピングと長めに保有するデイトレードを得意とする。

投資の教科書の購読はfacebookが便利です。

Twitter・RSSでも購読できます。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>