FXの口座開設方法と必要書類と審査ポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
FX口座

あなたが、FXで稼ぐことを決意したとしたら、まずやるべきことは口座を開設してトレードできる環境を整えることです。

これは何も、あなたに口座を開設して頂いて、私がアフィリエイト報酬を貰おうと思っているから言っていることではありません。当サイトでお伝えしていることを、単に知識として吸収するだけでなく、実際のチャートを見ながら、まずはデモトレードで体感して欲しいからです。

そうすれば、あなたは本当に自分が勝てるようになることが、少しずつ分かっていきます。少しずつといっても、何ヶ月も何年もかかるわけではありません。本当に集中して、記事を読みながら、実際のチャートを見てデモトレードで実践することを繰り返すと、早い人ではほんの数週間でしょう。

そこで、このページでは、

  • 良いFX業者を選ぶために知っておくべきこと
  • FX口座の開設資格と必要書類
  • 口座開設の具体的な方法と審査基準

についてご紹介します。特に口座選びを誤ったために勝てないままに終わってしまう方もいるので、その部分は、一層参考にして頂けると幸いです。

デモトレードでやるべきこと
口座を開設して、あなたにデモトレードでやって頂きたいことを、『デモトレードでFX初心者が必ずやるべき6つのこと』で解説しています。一緒にご確認頂ければと思います。

1. 良いFX業者を選ぶために知っておくべきこと

いざ、FX口座を開設しようとして、サイトや雑誌で情報収集している時に、まずぶち当たる壁が、結局、「どの口座が良いのか分からない」ということだと思います。私も、最初は、言葉の意味が分からないため、結局、何が違うのか判断できず非常に迷ってしまいました。

そこで、最初にFX口座を開く前に知っておくべき基礎知識をお伝えします。それは、以下の三つです。

  • スプレッド:FXトレードにかかる手数料
  • スリッページ:注文をしてから注文が通るまでのタイムラグ
  • FX業者:両方の条件を満たすFX業者はどこか

色々な情報があるので、「本当にこれだけ知っていればいいの?」と不安に思う方もいるかもしれません。ご安心ください。どこのFX口座が良いのかを判断するために必要なのは、これだけです。

それぞれ解説させて頂きます。

1.1. スプレッドはFXトレードにかかる手数料

スプレッドは、単に、一回の取引ごとにあなたがFX業者に支払わなければいけない手数料です。スプレッドが大きいほど手数料が高く、小さいほど手数料が低くなります。

ご自身で調べられたことがある方は、お分かりだと思いますが、ほとんどのFX業者は、「取引手数料無料」とアピールしています。字面だけを鵜呑みにすると、ユーザー思いのように思いますが、そういうわけではありません。

なぜなら、スプレッドがFX業者の実質的な手数料になるからです。FXは何度もトレードを繰り返して、利益を積み重ねていく投資方法です。そのため、スプレッドが広い(=手数料が高い)FX業者で口座を開くと、あなたの利益はその分だけ低くなります。つまり、スプレッドが狭いFX業者を選ぶべきだということです。

スプレッドは一回一回のトレードごとに支払わなければいけないので、一日の中で、何百回もトレードを繰り返すスキャルピングでは、特に重要です。デイトレードやスイングトレードでは、そこまでの売買は行いませんので、そこまでスプレッドにこだわる必要はありません。しかし、結局、勝てるようになればなるほど、トレードの数は増えます。また、最初は自分のトレードスタイルを確立するために、様々なトレードを実践することになるでしょう。

いずれにせよ、スプレッドの狭い業者を選んでおくと有利なことは間違いありません。

スプレッドに関する詳細
スプレッドとは|あなたがFX業者に支払う実質的な手数料』でさらに詳しく解説していますので、ぜひ目を通しておいてください。

1.2. スリッページ

スリッページとは、あなたが注文した時点の為替レートとは異なるレートで注文が通る(=約定する)ことです。例えば、ドル円が100.010円の時に買い注文を出したのに、実際に約定したレートは100.020円だったのします。この差額の0.010円(1銭)がスリッページです。

FX相場の世界で1銭というのは決して小さな金額ではありません。頻繁にスリッページが発生してしまうような業者を使っていては、間違いなく、その分、利益が減ってしまいます。

また、ほんの数秒といった超短期間で一回のトレードが完結して、小さな利益をなんども積み重ねるようなスキャルピングでは、スリッページがひどい業者では、とてもトレードになりません。スプレッドと同じようにデイトレードやスイングトレードでは、そこまで問題にはなりませんが、注文価格と約定価格に差があるというのは、それだけでも結構なストレスになります。

そのため、スリッページの少ない業者を選ぶべきです。なおスリッページが少ないことを約定力が強いといいます。

スリッページに関する詳細
スリッページとは|FXで勝つために約定力のある業者を選ぶべき理由』でさらに詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてください。

1.3. スプレッドとスリッページの両方の条件を満たす業者が必要

スプレッドが100点でも(= 手数料が低くても)、約定力が50点の業者よりは、両方が80点で高いところでまとまっている業者で口座を開いた方が、トータルの取引コストが下がります。それは、より稼ぎやすい環境であることを意味します。

バルサラの破産確率でトレードの長期的な収益率を判断する方法』でお伝えしている通り、FXは、「長く続ければ勝てることが分かっている期待値の高いトレードルール」を淡々とこなすことで信じられないぐらい稼げるようになる世界です。

トータルの取引コストが下がるほど、期待値の高いトレードルールは作りやすくなりますよね。だからこそ、トレーダーにとって費用となる部分は徹底的に削る必要があるのです。そのためには、スプレッドとスリッページの両方が高い水準でまとまっているFX業者を選ばなければいけません。

なお、スプレッドは、色々なサイトで比較されているので調べやすいです。しかし、問題はスリッページです。スリッページに関しては、本当のところは実際に使ってみなければ判断ができません。スプレッドが狭い業者を一つ一つ調べていくと、とてつもなく時間がかかってしまいます。

私がずっと使い続けている三つのFX口座
FXのおすすめ口座とチャートソフト』で、私がずっと使い続けている三つの口座と、その理由を書かせて頂いているので、ぜひ参考にして下さい。私の口座選びの基準は、「とにかく利益を最大化できるかどうか」です。

2. FX口座の開設資格と必要書類

それでは、必要な書類などをご紹介していきます。とても簡単なので、ご安心ください。

その前に、FXの口座を開設できる人とできない人について説明しておきます。

2.1. FX口座の開設資格

なお、以下に該当する方はFX口座を開設できないのでご注意ください。

  • 20歳未満の人(SBIFX)
  • 75歳以上の人
  • 海外在住の人(ヒロセ通商は除く)

この条件に該当しないのであれば、よほどのことがない限り、無職でも主婦でもフリーターでも学生でも口座を開設することができます。

これ以外に重要なのは、生活費とは、別に投資に回せるだけの貯金を持っているかどうかです。ただし、貯金といっても数万円あれば十分です。数十万円数百万円が必要なわけではないのでご安心ください。

2.2. 口座開設のために必要な書類

口座を開設する時には、本人確認書類とマイナンバー確認書類が必要になります。本人確認書類は日本人の場合、主に以下のうちどれかです。

  • 個人番号カード
  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • 住民票の写し
  • 印鑑登録証明書

次に、マイナンバー確認書類は、以下のうちどれかです。

  • 通知カード
  • 個人番号カード
  • 住民票(マイナンバーが載っているもの)

個人番号カードの場合は、それ一つで足りる業者が多いです。なお、マイナンバー書類はプライパシーに関する非常に大切なものなので、不安に思う方もいるかと思います。

ただし、以前の悪質なFX業者が乱立していた時代と違い、現在では、国内の大手FX業者は金融庁の免許を持っており、国の監督下で事業を行なっています。しかし、海外のFX業者は、金融庁の規制がなく好き勝手にやっている場合があります。そのような業者は最悪の場合、利益を出勤できないだけでなく、預け入れた資金さえ戻ってこなくなってしまうリスクがあります。

無免許の海外業者は、魅力的なキャンペーンを行なっていたり、レバレッジの上限が高かったりと、興味を惹かれてしまう場合もあるかと思いますが、私個人の意見としてはオススメしません。

3. 口座開設方法と審査基準

それでは、実際の口座開設方法と、その際の注意点を見ていきましょう。

3.1. 口座開設の流れ

国内FX業者の口座開設の流れは以下のようになっています。

  1. サイトから口座開設を申し込む。
  2. 本人確認書類を送付する(WEB上での書類添付 or 郵送)。
  3. 審査。
  4. ユーザーIDとPWが送られてくる。
  5. 取引口座へ入金をする。

最短で翌日取引できる場合もありますが、大体は二、三日かかるとみておきましょう。

3.2. 審査基準に関して

FX口座の開設には審査がありますが、各社とも審査基準は公開していません。ただし、決して厳しい基準ではありませんので、ほぼ全ての人が通ります。それでも通るかどうか不安という場合は、特に、

  • 職業
  • 保有金融資産(貯金)
  • 当初投下予定資金
  • 投資目的

の入力欄があるのですが、ここで注意して頂けると良いでしょう。

例えば、職がなくて貯金30万円とします。この30万円を全額投資して、リスクを考えずに運用するとしたら、審査する側の業者も「そんなことさせたら、借金を背負ってとんでもないことになってしまう可能性がある」と通してはいけないような気持ちになりますよね。

無職でも構いませんが、最低限、現在の貯金の中から、いくら投下すべきか、そして、投下資金をどのように運用していくべきかを冷静になって考えてください。口座開設前から、舞い上がって冷静さを失っているような状態では審査にも通らなくなってしまいます。

3.3. 口座開設方法

それでは開設の流れを見ていきましょう。ここではヒロセ通商を例に解説しますが、どこの口座でも手順は同じなので、ご安心ください。

ヒロセ通商のホームページにアクセスして「新規口座開設」をクリックする。

hirose

「LIONFX口座開設はこちら」をクリックする。(LIONFXはヒロセ通商のトレードツールの名前です。)なお法人口座を解説したい方は、上のタブの「法人のお客様」をクリックしてください。

LionFXの口座開設

事前説明書と交付書面の確認と同意

事前説明書・交付書面を確認して「同意します」にチェックを入れる。これは、両書面をWEB上で確認すること(電磁的方法による交付)に同意するかどうかです。

口座開設流れ①

次に事前説明書を確認して、「同意・承諾します」にチェックを入れます。

口座開設流れ②

交付書面を確認して、「同意・承諾します」をクリックします。

口座開設流れ③

 FXの基本的な取引内容を理解したことを確認する事項に一つ一つチェックを入れていきます。FXの基本的な知識は『FXとはにリンク』でも解説しているので、ご確認頂ければと思います。

お取引の内容に関する確認書

事前説明書と交付書面の確認については以上です。

米国への納税義務に関する確認

米国への納税義務がある人とは、米国居住者か米国市民権保有者です。95%以上の人は「いいえ」でしょう。

米国への納税義務

基本情報・勤務先情報・連絡先指定

続いて基本情報等です。

基本情報

ここは迷うことはないと思いますが、現住所と免許証などの住所確認書類が異なると審査に通らなくなってしまうのでご注意ください。

資産状況について

次に現在の資産状況を入力します。

資産状況について

実際の年収でしっかりと申請しましょう。当初投下予定資金ですが、保有金融資産を超えるような額を入力するのは危険ですよね。保有金融資産とのバランスを考えて決めてください。

投資経験の有無

続いて投資経験の有無についてです。ここはとても重要です。

投資経験

これから投資を始める方は、保有金融資産が高くても、当初投下予定資金は低めからスタートした方が安全ですね。投資経験がなく、これから学んでいく場合には、しっかりと目標設定をして、現在の身の丈にあったところからスタートしましょう。

真剣に取り組み続けていれば、FXは誰でも結果を出せるような世界です。

投資目的について

投資目的を選びます。

投資目的について

リスクを一切考慮しないトレーダーは、成功することはありません。現在の資金量と、許容できるリスクのバランスを考えた上で、リターンを狙いましょう。

本人確認書類・マイナンバー確認書類・書類の送付方法

最後に必要書類に関する入力です。本人確認書類は、iPhoneなどで撮影したもので構いません。郵送やFAXでも送付できますが、画像を添付した方が、私の体感では、審査まで早くなります。

本人確認書類

入力内容の確認

以上を入力した後に、ページの一番下にある「入力内容の確認」をクリックすると、確認ページになります。記入に間違いがあると二度手間になってしまうので、しっかりと確認した後に、「申し込み」をクリックしましょう。

審査の後に郵送で書類が届く

審査が終わり次第、郵送で書類が届きます。その中に、ログインIDやパスワードが記入されておりますので、大切に保管しておきましょう。

ログインしたら、すぐにトレードできる状態になっています。

まとめ|最初はデモトレードを行おう

大きな夢や目標を持って、口座を開設して、トレードできるようになった時には、今すぐにでも稼ぎたい気持ちになっていることでしょう。

しかし、最初はグッとこらえてデモトレードで、勝つための感覚をしっかりと身に付けることをオススメします。回り道に思えるかもしれませんが、実は、それが最短で成功するために必要な道です。

詳しくは、『デモトレードでFX初心者が必ずやるべき6つのこと』でご確認ください。しっかりと利益を積み重ねていきましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
ぶせな

ぶせな

FX専業トレーダー。FXに特化した投資歴は10年以上で、累計利益は1億円を超える。 リスクをおさえることに重点をおき、短期売買を繰り返すスキャルピングと長めに保有するデイトレードを得意とする。一時的な利益でなく、継続的に利益を上げ続ける独自の投資スタイル。

投資の教科書の購読はfacebookが便利です。

Twitter・RSSでも購読できます。