恐怖指数(VIX)とは?利益をあげるための3つの基本戦略

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
19114005 - financial graph chart

 VIXという指標があります。これは、アメリカのシカゴオプション(CBOE)取引所が算出している指数で、別名「恐怖指数」として非常に有名です。

この指数は、一見とてつもなく複雑に見えますが、非常に特徴的で、ある程度決まった動きをします。それが分かれば、私自身に関して言えば、何よりも計算が立って、資金管理が容易な上に、株式やFXとは別の広い可能性がある世界です。

簡潔に言えば、理解を深めて、研究さえすれば、別の投資方法では考えられないぐらいの利益を出すことが可能です。また同様に、適当な気持ちで取り組めば、とてつもない損失になります。

ここでは、VIX指数の基本的な知識と関連金融商品、そしてVIX指数を利用して利益をあげていくためのノウハウをご紹介します。入門編として、少しでも興味をお持ちいただければ嬉しく思います。

1. 恐怖指数(VIX)とは?

恐怖指数(VIX)を理解するには、先に以下の2つを知っておく必要があります。

  • ボラティリティ
  • S&P500

聞いたことない方は、難しいと思われるかもしれません。実際に、細部まで深く理解しようとすると難しいですが、投資を実践する上ではシンプルな理解で問題ありません。

あまり深く考えずに、以下の説明のように単純に捉えてください。

1.1. ボラティリティとは

ボラティリティとは価格の変動の大きさを示す指標です。株価が大きく動けば動くほど、ボラティリティも大きくなり、株価の動きが小さくなればボラティリティも小さくなります。

iv-01-1024x691

iv-02-1024x718

ボラティリティは、何らかの材料で、相場が不安定になると大きくなる傾向にあります。そして、9.11事件やリーマンショックのような大事件があると、急激に大きくなります。シンプルに以下のように覚えてください。

  • 相場が不安定だとボラティリティが高い
  • 相場が安定しているとボラティリティが低い

なお、さらに詳しいことは『オプションで利益を上げるために知っておくべきボラティリティの2つの法則』で解説していますので、ぜひご確認ください。

1.2. S&P500とは

続いて、S&P500について解説します。

S&P500は、アメリカの代表的な500の大企業から算出されているETFで、アメリカの株式市場全体の状況を示す指標として、向こうのニュースや新聞で重宝されています。日本でいう、日経平均株価やTOPIX(東証株価指数)と同じですね。

ちなみに、S&P500は、過去から現在まで下図のように推移しています。

SP500-1024x576

S&P500について覚えておくべきことは以下の2つだけです。

  • S&P500はアメリカの株式市場全体の状況を表す
  • 何らかのネガティブな事件が起こると急落する

理屈は考えずに、このようにシンプルに理解しておいた方が、実践上は有効です。

1.3. 恐怖指数(VIX)はS&P500のボラティリティ

簡単にいうと、恐怖指数(VIX)とは、アメリカの株式市場を代表する指数であるS&P500のボラティリティ指数です。

アメリカの株式市場が平穏な時は、恐怖指数の動きも穏やかで、10ポイント – 20ポイントの間をうろうろしています。しかし、何らかの出来事が発生して、S&P500が急落すると跳ね上がります。

下図をご覧ください。これが恐怖指数(VIX)です。

恐怖指数(VIX)

図の左側の2008年後半あたりを見てください。数値が80を超えていますね。これはちょうどリーマンショックが起きた当たりです。同時期に、先ほどのS&P500の図では、価格が急落しています。

つまり、恐怖指数(VIX)が20ポイントを超えて跳ね上がっているところは、株式市場で急落があったタイミングなのです。ちなみに、リーマンショックの際には、最大で89.52ポイントまで上昇しました。

このように、何らかの出来事が起きて、市場参加者が不安に包まれると、その動揺に応じて数値が跳ね上がるので、「恐怖指数」と言われているのです。

これも、「恐怖指数は、市場参加者の恐怖の度合いを表し、大きな恐怖に包まれるほど、市場全体が急落する」とシンプルに理解して頂くことが重要です。

2. 恐怖指数(VIX)の特徴

恐怖指数(VIX)を覚えておくと、様々な投資法に応用できます。そのために、絶対に抑えておくべき特徴が2つあります。

2.1. 一年の大半は平穏な状態にある

恐怖指数(VIX)は、基本的には1年を通じて平穏な状態にあります。下図をご覧ください。

簡潔にお伝えすると、コンタンゴは平穏な状態、バックワーデーションは恐怖が高まっている状態です。2009年1月29日から2015年9月30日までの統計を見てみると、平穏な状態が全期間の86.2%で、恐怖が高まっている状態は13.3%だけです。

これは日数にすると、年間314.6日は平穏(株式市場が成長)で、恐怖が高まっている時期(株式市場が減退している時期)は48.5日だけだということです。

コンタンゴとバックワーデーション

出典:『コンタンゴとバックワーデーション|5110』

2.2. 恐怖はずっとは続かない

次に、恐怖はずっと続かないので、VIXは比較的短期間で、「必ず」元の水準に戻ります。

株式市場というものは、人間の感情や思惑が反映されたものです。そして、人間という生き物は、ずっと恐怖に包まれていると、精神が破綻してしまいます。「喉元過ぎれば暑さ忘れる」という言葉があるように、恐怖に慣れてしまい、必ず、平穏に戻るのです。

これを覚えておくことは、恐怖指数(VIX)を活用した投資を行う上で必要不可欠なので、覚えておいてください。

3. 恐怖指数(VIX)に関連した商品と投資方法

それでは、この恐怖指数(VIX)をどのように活用すれば良いのでしょうか。恐怖指数(VIX)は単なる指数で金融商品ではありません。そのため、恐怖指数(VIX)そのものを取引することはできません。

しかし、恐怖指数(VIX)を元に作られた金融商品が複数あります。

  • VIX先物
  • VIXオプション
  • VIX連動型ETF・ETN

ここでは、シンプルにお伝えします。シンプルですが、原理は本当にこれだけで、手法としては確立しています。あとは、ご自身で、それぞれのVIX関連銘柄の過去の動きを調べて、どのような戦略で投資をすれば、大きな利益となるかを検証することが大切です。

なぜなら、これらは株式投資などと比べて、怖がる方が多く(少なくとも私にとっては、本質がわかれば株式投資より安全)、そのメンタルは自分自身で克服する必要があるからです。

そのためには、投資法を知った上で、自分自身で過去のデータを研究して、自分自身で良い戦略を編み出していただく必要があります。

そこを妥協しなければ、恐怖指数(VIX)からお金を作るということの本当の意味が分かり、株式投資と違った可能性を手に入れることができます。

3.1. 恐怖指数が高い時にVIX先物を空売りして戻ったら買い戻す

VIXは先物を取引することができます。

方法は単純です。VIXが急上昇した時に、空売りして、戻ってきた時に買い戻すという方法で短期的に利益を得ることができます。ただし、VIX先物の裁定取引単位は1,000単位からです。そのため、11ドルを空売りするとしたら、11,000ドルの金額が必要になります。

この問題さえクリアできていれば、恐怖指数が高い時限定の取引戦略として非常に優秀です。

3.2. VIXオプションは少ない資金からVIX先物と同じ取引ができる

VIXオプションは100単位から取引できるので、VIX先物の「取引するには資金が必要」というデメリットを解消できる投資方法です。そして、原理としては本質的に、VIX先物取引と全く同じです。

具体的には、恐怖指数が高い時に、VIX先物を売る代わりに、VIXのコールオプションを売ります。そして恐怖指数が元の水準に戻ってきた時に、同コールオプションを買い戻します。

コールオプションは理論的に損失無限大なので、怖がる方もいることでしょう。プットオプションの買いから入れば、損失は限定されていますので、そちらに流れてしまう方もいるかもしれません。しかし、この方法で、大きな利益を得られるのはコールオプションの売りです。

過去のデータなどを検証して、自分自身で調べてみてください。

恐怖を乗り越えて理論的に数学的に考えると、全く違う世界が見えてきます。VIX系の金融商品は、恐怖指数に包まれた世界だからこそ、その恐怖に立ち向かう行動が利益を生みます。なぜなら多くの方が恐怖に直面すると思考停止に陥ってしまい、大きな損失を出すからです。

その裏側には、その損失を利益に変えている人々がいます。

10人いたとしたら、恐怖に平常心を失う方が9人はいるでしょう。平常心でいられる1人は、その9人分の利益を得ることになります。

3.3. VIX連動型ETF・ETNを空売りして保有し続ける

次に、VIXに連動しているETF・ETNです。VIX連動型ETF、ETNは多数開発されており、例えば、

  • iPath S&P 500 VIX ST Futures ETN (VXX)
  • iPath S&P 500 VIX MT Futures ETN (VXZ)
  • ProShares Ultra VIX Short-Term Futures (UVXY)

などがあります。

これらは、市場が平穏な時(=恐怖指数が10 – 20ポイントの間で収まっている時)は、面白いぐらいに決まった動きをします。具体的には下がり続けます。

「百聞は一見にしかず」なので実際にみてみましょう。

まずVXXです。

vxx1 

次にVXZです。

vxz

最後にUVXYです。

uvxy

2つのチャートを見ると、いずれも時折上昇している箇所はありますが、基本的に下がり続けていることがわかると思います。にわかには信じがたいかもしれませんが、これらはVIXが平穏な状態にある時は、下がり続けるように、デザインされているETNなのです。

逆にいうと、恐怖指数が高まって、VIXが20ポイントを超えるような状況の時に上昇します。上述の通り、市場の大半は平穏な状況なので、長期間で考えると、必ず下がるということですね。つまり、長期的に空売りポジションを保有し続けるには最適の銘柄なのです。

3つの違いは下落の速度が違うということです。VXZはVXXよりもゆっくり下落します。UVXYはVXZよりもゆっくり下落します。

当然、下落速度が早い方が、より早く利益を得ることができます。

ただし、下落速度が早いものほど、恐怖指数が高まった時に、上昇する度合いも高くなります。仮にリーマンショック級の大惨事が起きると、価格は5倍にも6倍にもなります。常にキャッシュや含み益を計算しながら、それぐらいのショックが起きても、大丈夫なようにポジションを管理することが必要です。

これも、過去のデータを徹底的に観察して、どれぐらいのポジションの持ち方をすれば、理想的かを研究してみましょう。それができれば、何よりも魅力的な投資方法になります。また、下落速度の違う複数の銘柄を組み合わせることで、恐怖指数が高まった時のリスクをヘッジしたりなど、色々な戦略があります。

私が年間36%の利回りをあげている米国ETF・ETN投資法』でも、詳しく解説していますので、ぜひ合わせてご確認ください。

4. まとめ

恐怖指数(VIX)は株やFXなどと比べると非常に特徴的な動きをします。普段は底をはっていて、時折思い出したように急上昇してしばらくすると元に戻るという動きです。これが基本です。これをしっかり理解して初めて、利益をあげることが可能になります。

具体的な方法として、3つの金融商品をご紹介しましたが、まずは3つ目のVIX指数に連動するETF、ETNを利用する方法から挑戦してみてください。また、注意していただきたいのが、3つの方法とも「空売り」という手法を使うということです。

空売りを無知で勉強不足な状態で行えば、とてつもない損失を被ることになります。そのため、ここでの方法を知ったからといって、いきなり無勉強に無鉄砲に試すことは決してオススメしません。

必ず過去の動きを観察して、手法を研究してください。必要な手法は、ヘッジの手法も含みます。それぐらいの熱意がある方のみ、この世界では莫大な利益を掴むことができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1日1回たった1分の価格チェックで年間38%の利回りを得ているノウハウ

20150928dvd_package


こちらのグラフはある方法で1万ドルを運用したときの年間の資産推移です。


この方法を始めたことで安定して年間38%という平均をはるかに上回る利回りを得ることができています。しかも、やることも1日1回1分だけ価格をチェックするだけです。取引操作をする日でも5分もかかりません。


もちろん無謀なリスクを背負っている訳ではなく、何があっても資産を守れるようにリスクヘッジした上での成果です。


とても信じられないと感じられるのは分かりますが事実です。


FXや株式投資は多くの知識と経験が必要です。さらに、どちらもチャート分析や銘柄分析などに多くの時間がかかります。しかし、この方法は、本当に1日1分もかかりません。


この方法を開発したのがオプション投資の第一人者の増田丞美さんです。


FXや株式投資で挫折してしまった経験のある方や、忙しすぎて時間は取れないけど資産運用をしたいという方は、下記のボタンより増田さんの投資手法をご確認ください。



この手法の実践方法を今すぐ見る

The following two tabs change content below.
木原 克明

木原 克明

システム会社経営、外資系コンサルティング会社勤務を経て、現在はエンジュク株式会社のシステム担当として勤務。IPO投資やイベント投資などの日本株投資を実践するほか、米国株オプション投資を実践している。好きな言葉は「感謝」。

投資の教科書の購読はfacebookが便利です。

Twitter・RSSでも購読できます。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>