• このエントリーをはてなブックマークに追加

株式市場に大きな影響を及ぼすインデックスファンドとは

indexfund_s

インデックスファンドという言葉は聞いたことがあってもイマイチ良く分からないという人はおおいです。

しかし、市場の動きにはインデックスファンドの動きが関わっていることが多く、その役割や動きを理解していると実際の投資をする際にも役立つ点が多々有ります。逆に言えば、知らないことで投資機会を逃している可能性も高くなってしまいます。

そこで、このページにおいてはインデックスファンドについて解説をしていきます。よくわからなかった点も含めてしっかりとおさえておきましょう。

インデックスファンドとは

投資をしたいけど自分たちではどうも投資ができそうもないと考える人たちがいます。

そのような人たちに変わって投資をしてあげようとする投資家をファンドと言います。ファンドは、一般の投資家から資金を集めて各々の運用方法で資金を増やす努力をします。ファンドには、その運用方法という面から2種類あります。

アクティブに利益を追求し、日経平均やTOPIXなどといった市場ベンチマークよりも大きな利益を獲得しようとするアクティブファンドと、市場ベンチマークの動きに追従して、市場ベンチマークと同じくらいの利益を出そうとするインデックスファンドの2種類です。

今回は後者であるインデックスファンドについてお話をします。インデックスファンドには日経平均、TOPIX、JPX400などの指数に連動するように作られたファンドがすでにたくさん作られています。

インデックスに投資をするなら、その指数に組み入れられている銘柄を基本的には買い付けていくことになるのでファンドマネージャーの裁量(相場観)が入る余地はほとんどありません。

そのため市場平均が良い成績になるときにはインデックスファンドは好成績になります。

*ちなみにアクティブファンドはあの手この手で市場に打ち勝とうとして投資を試みているファンドですが、多くのアクティブファンドが市場平均に及ばない成績であることがわかっています。

インデックスファンドによる株式の売買

インデックスファンドは指数(日経平均やTOPIX)組み入れられた銘柄を売買しています。ただし、ここでいう売買とは個人投資家と同じようなタイミングを見ての売買ではありません。あくまでインデックスに沿うように銘柄を組み入れていくというバランス重視の売買の事です。

つまりインデックスファンドは、もし指数に組み入れられている銘柄が入れ替わったりしたならば、その入れ替わった銘柄を当然時期的なタイミングに関係なくファンド内の銘柄も同じように組み替えなければなりません。

その組み替えには大きく分けて次のようなものがあります。

  1. TOPIX買い
  2. 日経平均入れ替えに伴うインデックス買い

以下解説していきます。

1 TOPIX買い

TOPIXとは東証株価指数のことで、東証1部に上場している全ての銘柄を対象に、取引所が1秒ごとに算出している株価指数です。日経平均株価と並んで日本を代表する指数です。

TOPIXに新しく組み入れられる銘柄が決まるとTOPIXをベンチマークしているインデックスファンドはその銘柄を運用に組み入れます。組み入れられるケースとしては次の3つをおさえておきましょう。

  1. 東証1部への直接新規上場銘柄
  2. 東証2部から1部に指定された銘柄
  3. 東証マザーズから1部指定された銘柄

上記3つの場面ではTOPIX買いがあると踏んで先回りして株を仕込んでおくことが出来ます。ちなみに上記3つのケースでTOPIX買いが起こるのは、東証1部指定の翌月末(最終売買日)です。

ただし、TOPIX買いを見越して先回りして株を仕込んだからかならず勝てるわけではありません。

TOPIX買いがまるでないような動きをするときもあり、そういう場合には大抵先回りして仕込んでいた人々の売りだけTOPIX買いのタイミングで出てくるということもあり得ます。なのでここはある程度経験と過去の傾向を見ておくことが必要になる場面でもあります。

2 日経平均銘柄入れ替えに伴うインデックスファンドの買い

日経平均株価は日本を代表する225銘柄から構成される株価指数で、TOPIXと並んでインデックスファンドのベンチマークとされるものです。

年1回見直され、日経平均の中の銘柄が入れ替わる時があります。

そしてその入れ替えでも、特別な買いの需要、そして売りの需要が発生します。

例えば、直近の例で言えば2014年は銘柄の入れ替えはありませんでしたが2013年には2銘柄の入れ替えがありました。そしてその時には、入れ替え銘柄に特別な需要が発生したことが一目でわかるような株価の動きを見せています。

この225の入れ替えに関しては、日経平均に対する構成率や寄与度といったものが深く関係していますので詳細に知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

「日経平均寄与度から判別する日経平均入れ替え時の利益の狙い方」

日経入れ替えは年1回しかありませんが、大きなイベントですので押さえておきましょう。

最近では2014年から開始されたJPX400指数の銘柄の入れ替えも注目されています。

JPXは株主還元を重要視する最近の株式市場の流れにマッチした指数だと言われていて、ベンチマークにするファンドもたくさん作られています。特に自分で銘柄を選んで投資をするのが面倒な人や何より最近の年金マネーが、インデックスには入り込むので、株式市場における影響は大きくその動向には最大限の注意を払う必要があります。

インデックスファンドの売買を先回りする手法と注意点

先ほどインデックスファンドの買いを2種類(JPX400を入れると3種類)説明させていただきましたが、あらかじめ買いが入ることがわかっているのであれば、その買いに先回りして銘柄を仕込み利益を得ようという発想が出てくるはずです。

それは日経平均の銘柄入れ替えやTOPIXへの組み入れなどイベントが生じたときには、機関投資家の小回りがきかない売買(買い付け時期がある程度決められている)を逆手にとって個人投資家が利益を上げることができることを意味します。

特に銘柄入れ替えやTOPIXの買いは翌月末という傾向が強いので、銘柄入れ替えや指定替えなどが発表されて実際に組み入れらるまでの間に株価は上昇する傾向が強いです。

その旨下記ページで解説していますので参考にしてください。

ただし注意点があります。

インデックスへの組み入れが決定したとしても、ほとんど株価が動かない(上昇しない)ケースもあるという事、それと特にGPIF(年金マネー)の買いが月末でなく月初にはいったりする都いうことです。

イベントに合わせた投資はあくまでそのイベントが発生して実際にイベントが完了するまでの需給を読んで投資をするものです。ただし、ある程度の裁量(これは明らかに買いが入っていないと思われる)で思惑が外れた場合にポジションを外すことも重要です。

まとめ

自分で銘柄を選んで資産を増やす場合にはインデックスファンドへの投資は原則行うことはありません。しかし最近ではETFや年金マネーの動きなど相場に大きな影響を与えます、そのような意味でもインデックスファンドの基本、そして少なからずその動きを利用して利益を上げることができることを覚えておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

初心者必見!デイトレ・スイングで勝つための
14サイトの具体的なポイント伝えます!

ebook_スイング


あなたの投資成績を大幅に改善する良質な投資情報を集める方法を知りたくありませんか?!


・デイトレでその日に5%から10%あがる銘柄を知りたい。
・明日狙い目の銘柄を一発で知る情報を知りたい。
・株価に影響をあたえる情報を効率的に集める方法を知りたい。
・こういう情報には要注意!
・経済指標を重要度別に仕入れてトレードに使用したい。


多くの人が、投資情報サイトを選ぶ際に迷ってしまうそうです。初心者なら尚更です。
無料EBOOKでは、初心者が最初に道を間違えないよう、良質なサイトを厳選して、そのサイトの見るべき場所を具体的に提示しています。ぜひダウンロードして、今後のトレードにお役立てください。


無料Ebookを今すぐダウンロードする

投資の教科書の購読はfacebookが便利です。

Twitter・RSSでも購読できます。