• このエントリーをはてなブックマークに追加

IPO株の申込み方法

ipomoushikomi_s

IPO投資は老若男女問わず人気です。

IPO投資が人気の理由

  • 公募価格が割安に設定されているため初値が高くなる傾向がある。
  • 買い付け時に手数料がかからないため、低コストである。
  • 宝くじ感覚で参加できるので投資初心者も始められやすい。

上記のような理由からIPOを始める方が年々増えていますが、実際に申し込むにはどうすればいいかわからない方もいらっしゃると思います。

そこで、今回はIPO株の申込み方法を具体的にお伝えしたいと思います。

1. ネット証券でIPOを申し込む(SBI証券編)

それでは、申込みが手軽に行えるネット証券で申し込む場合の手順をお伝えします。

まずは主幹事証券の実績を持っているSBI証券です。

なお、申込みの手順は下記の通り行っていきます。

  • 取引画面にログインする。
  • 「国内株式」のところをクリックして表示する
  • 「新規上場・公募売出」のところクリックしてIPOへ
  • 「新規上場株式ブックビルディング/購入意思表示」をクリックして詳細へ
  • IPO銘柄を選んで「申込」をクリックする
  • いくらで何株買いたいのか入力して、申込みへ

    取引画面にログインする

ipomoushikomi_1

上記の赤枠のところへユーザーネームとパスワードをそれぞれ入力して、SBI証券の取引画面にログインします。パスワードを忘れた場合は確認ができますが忘れないようにしてください。

  • 「国内株式」のところをクリックして表示する

ipomoushikomi_2

いくつかカテゴリーがありますが、IPOは国内の証券取引所(東証、名証、札証、福証)に新規上場しますので、「国内株式」を選択します。

  • 「新規上場・公募売出」のところクリックしてIPOへ

ipomoushikomi_3
国内株式をクリックすると、その下にいくつかのサブカテゴリーが表示されます。
その中から「新規上場・公募売出」をクリックするとIPOの紹介画面に切り替わります。

  • 「新規上場株式ブックビルディング/購入意思表示」をクリックして詳細へ

 ipomoushikomi_4

「新規上場・公募売出」をクリックすると、これから新規上場するIPOの一覧が表示されます。この中にはブックビルディング(IPOの抽選を申し込むこと)の受付している銘柄がありますので、「新規上場株式ブックビルディング/購入意思表示」をクリックして確認します。

  • IPO銘柄を選んで「申込」をクリックする

 ipomoushikomi_5

「新規上場株式ブックビルディング/購入意思表示」をクリックすると申込みできるIPOには「ブックビル申込」の隣に「申込」というボタンが表示されます。上記ではJESCOホールディングスが申込みできますので「申込」ボタンを押します。

  • いくらで何株買いたいのか入力して、申込みへ

 ipomoushikomi_6

「申込」ボタンを押すと、上記のように申込みファームが表示されます。

申込みの株数と買いたい株価をぞれぞれ入力して「取引パスワード」を入力します。

また、SBI証券は「IPOチャレンジポイント」が利用できますので、使用する場合はここで使用するポイントを入力します。

※IPOチャレンジポイントとは新規上場株式(既上場銘柄の公募増資・売出は除く)のブックビルディング後の抽選・配分に外れた回数に応じてIPOチャレンジポイントが加算されます。IPOチャレンジポイントをご使用いただくことによりIPOが当選しやすくなるSBI証券のポイントサービスです。

1.2  大手証券でIPOを申し込む(野村証券編)

続いて、大手証券会社である野村證券で申し込む場合の手順をお伝えします。

野村證券は主幹事実績が多く、未入金でもIPOの抽選に参加できるのが特徴です。

なお、手順は下記のとおりです。

    • 野村ホームトレードにログインする
    • 取引・注文照会をクリックする
    • 国内株式をクリックする
    • IPO(新規公開株式)をクリック

なお、手順は下記のとおりです。

  • 「抽選申込」をクリックする
  • 抽選内容を確認する

    野村ホームトレードにログインする

ipomoushikomi_7

野村證券のネット取引をログインするため、野村ネット&コールか野村ホームトレードのいずれかをログインします。

ログイン後、下記の画面に切り替わります。

  • 取引・注文照会をクリックする

ipomoushikomi_8

ログイン後は上記の画面に切り替わりますので取引・注文照会をクリックします。

  • 国内株式をクリックする

ipomoushikomi_9
取引・注文照会をクリックした後に「国内株式」をクリックします。

  • IPO(新規公開株式)をクリック

ipomoushikomi_10

  • 「抽選申込」をクリックする

 ipomoushikomi_11

IPO(新規公開株式)をクリックすると申込みできるIPOの一覧が表示されるので、その中から申込みできる銘柄を選びます。そして、申込みしたい銘柄が決まったら「抽選申込へ」をクリックします。

  • 抽選内容を確認する

 ipomoushikomi_12

抽選申込をクリックすると申込内容の確認画面が表示されますので、「確認する」をクリックして最終手続きを行います。

野村證券の申込みは以上になります。

3.他の証券会社の申し込み方法

今回はSBI証券と野村證券の2社の申し込み方法をご紹介しました。

IPOは他の証券会社も申込みできます。

そこで、他の証券会社のIPO投資に関するウェブサイトを下記にご紹介しますので、ご覧ください。(各証券会社のIPO案内ページが表示されます)

大和証券のIPO申込みについて
SMBC日興証券のIPOについて
みずほ証券のIPOについて
岡三証券のIPOについて
東海東京証券のIPOについて
マネックス証券のIPOについて

2.1 店頭での申込みについて

今までお伝えした2通りの方法はインターネットでの申込みですが、IPOは証券会社の営業マン、窓口を通じて申込みをすることができます。通常は窓口に電話すれば???

この申込は店頭にいかなくても電話で行うことができますので、店頭で証券口座を開設した場合は担当者に確認するようにしましょう。

詳しくは当選確率を上げる記事をご覧ください

まとめ

IPOの申込みは難しいことをするわけではありません。誰でも気軽に抽選へ参加できます。

一番大事なことは公募割れ(初値が公募価格を下回ること)の銘柄を獲得してしまうことです。でも、銘柄を分析することができれば回避できることなので、1銘柄1銘柄注意して見て行きましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 IPO

無料動画セミナー:会社員の私がIPO投資で年間数百万以上の利益を得ている方法の全て

20150928dvd_package


IPO投資は「やるだけ無駄だ」とか「当選しない」という声をよく聞きますが全くそんなことはありません。


私がIPO投資を始めたのは8年前からですが、毎年大きな利益を得ており、
昨年は公募を獲得して得た利益が555万円、IPOが上場してから売買するセカンダリーでは1700万円の利益でした。
IPO投資に特化しただけで2000万円以上の利益をあげています。


このWEBセミナーでは、IPO投資で勝つために必要な具体的なテクニックを余すところなく説明致します。


私のIPO投資は非常に再現性が高い方法だと思います。


なぜなら、実際にこれまで私のIPO投資法を実践した方々から成果をあげた報告を沢山頂いているからです。


下記は、その報告の一部です。
----------------------------------------
柳橋様


毎回結果に直結できるような情報をありがとうございます。
柳橋塾に入る前は投資対象・売買タイミングが全く分からずかなり損失を出していましたが、
入塾後は先生のおかげで損失も埋めて利益を出すことができています。
セカンダリ含めたIPO戦略は本当に素晴らしいですね!本当にありがとうございます。


特にPXBではシークレットセミナーからお世話になり、
先日の高騰時の売却益含め35万の利益を出すことができました。
(まだ100株保有してますが)
----------------------------------------
柳橋様


いつも有用な情報をありがとうございます。
ブランジスタで160万の利益が出せました。
昨年上場日に400株購入、半分は早々に売ってしまいしたが、
残りはずっと持ち続け、マザーズバブルで月曜日には30倍ほどに膨らみました。
月曜のストップ高からストップ安するのを見て、半年ホールドしていた残りを8500円程度で利益確定。
15倍の利益になりました。
----------------------------------------


良い話過ぎて信じられないかもしれませんが、
ぜひ、私のWEBセミナーをご覧になってみて下さい。そして実践してみて下さい。


驚くほど多くの利益を得られるようになることをお約束します。


無料WEBセミナーに参加する

The following two tabs change content below.
柳橋義昭

柳橋義昭

IPO投資を中心にイベント投資なども実践する兼業トレーダー。 IPO投資については証券会社にてIPOの業務に携わっていた経験や証券ディーラーだった経験を活かして独自の攻略法を構築し抽選や裁量配分の収益よりもセカンダリーの収益の方が大きい。

投資の教科書の購読はfacebookが便利です。

Twitter・RSSでも購読できます。