• このエントリーをはてなブックマークに追加

その株上がりますか?投資する前に確認しておきたい時価総額の基礎知識

jikasougaku_s

株は上がったり下がったりしますが、その上昇下落の度合いに時価総額という要素が深く関わっているのをご存知ですか。

仮にある企業の株価にとって良いニュース(材料)が出たとして、その企業の株価がおおきく上がるか小さく上がるかにはそのニュースの効力以外にも、その企業の重さとも言える時価総額が深く関わっているのです。

それを知らないままで、材料が出たことで上がると思い込んで投資をしてしまうと当然の事ながら勝ちもおぼつかなくなってしまいます。

このページでは投資対象を探す際に必須とも言える時価総額についてご説明します。

時価総額とは

時価総額は、ある企業の価値を把握するためのものです。次のような計算式により計算することができます。

時価総額=株価×発行済株式総数

時価総額は一定ではなく、市場が動きその株式が取引されるごとに変化します。また企業によって時価総額の大きさは様々です。例えば日本一有名な企業であるトヨタ自動車の時価総額は約28兆8300億円です。これは非常に大きな時価総額であり世界の企業の時価総額ランキングでも上位に入っています。

東証一部全体の時価総額はここ数年で約500兆円ほどで推移しています。

企業が評価されて株価が上昇すると同時に取引高(出来高)も多くなるとその企業の時価総額は上昇します。時価総額が大きな企業というのは、これまで長い時間をかけて成長してきた、またこれからも成長していく可能性の高い企業だということもできます。

逆に企業が悪い評価をされて株価が大きく売られると、当然時価総額は小さくなり、流動性も乏しくなり過疎化して誰からも相手にされない銘柄になってしまいます。

それではこの時価総額が、投資をする際にどのような意味を持つのかを次の項目から考えていきます。

大型株 中型株 小型株とは

投資対象とする企業を選ぶ際に、通常さまざまな要素を考慮しますが、企業の大きさに着目をして選ぶという方法があります。

そして大きさを考慮して選ぶために必要なのが時価総額になります。

日本の証券取引所に上場している株式の種類として時価総額という規模、そして流動性の高さから次の3つの種類に大別されます。(流動性が高いとは簡単にいうと、自分が買いたい値段で買いたい時に買える、またはその逆の売りたい時に売りたい値段で売れる、その度合いが非常に高い事)

  1. 大型株
  2. 中型株
  3. 小型株

1 大型株

大型株は一般的に時価総額が大きく、流動性も高い銘柄のことをいいます。代表的なところでは、トヨタやソフトバンク、ファーストリテーリングや三菱UFJ銀行などのことを指します。普通に暮らしていてもよく聞く有名な企業が多いです。

特に初心者のうちはこのようなよく知っている有名企業から取引をしがちです。確かに大型株は時価総額も大きく、流動性も高い銘柄が多い為、初心者が最初に手がける銘柄としては正解かもしれませんが、大きい銘柄といっても安心はできません。

会計操作やその他悪材料などにより大きく株価が下落する場合もあります。また時価総額が大きいということはすでにたくさんの人に株を買われているということでもあり、上昇することで値上がり益目的の売却が多くなるということでもあります。そのため、中型株や小型株に比べて上がりにくい、2倍の株価になるにも時間がかかるなどの特徴があります。

また大型株は投資信託などのファンドや海外の投資家が大きな資金を入れやすいという特徴があります。この点も銘柄選びの視点では重要なのでおぼえておきましょう。

ちなみに大型株はTOPIX100にまとめることができます。

2 中型株

中型株は、大型株には入れないけど、小型株というよりはすこし大きい銘柄群のことをいいます。有名度合いも大型株よりは低くなります。そして流動性も大きさも銘柄によって様々です。大型株はそのほとんどが流動性も高く多くの投資家に取引をされていますが、中型株はそれほどではありません。

特に注目されている時と、されていない時で出来高なども大きく異なる場合が多くなります。

中型株は個人投資家に好まれる銘柄でもあります。以下にTOPIX400が中型株にまとめることができますのでおさえておきましょう。

3 小型株

小型株は、大型株や中型株に含まれないすべての銘柄です。

時価総額も小さなものが多く、流動性も低い銘柄が多いです。中には、1日を通して値段がつかない(取引されない)銘柄もあります。このような小型株の中から銘柄を選ぶときには注意が必要になります。よく調べないで買ってしまったりすると売るときに自分が買った位置よりもかなり下の値段でしか売れないというような状況も生じる可能性があります。

ただ、小型株はなにか材料が出て人気化することで、株価が大きく上昇することがあります。それこそ株価が10倍に化けるような銘柄はこのような小型株の中から生まれたりします。

また小型株は海外の投資家や機関投資家などが手掛けにくいという傾向があり、決算に伴う売りなどといった彼らの事情による売りを受けないという特徴も持っています。

そして小型株の中でも、主に新興市場の株式などは注文板薄く流動性はそれほど高くはありませんが、値幅取りを狙う個人投資家向けだと言えます。(次項で詳しく説明します)

こちらは完全に個人投資家好みの銘柄群だと言えそうです。

資産倍増!?小型株(新興市場株式)の手掛け方

先ほどもご紹介したように、大型株に比べて、中型株、小型株は何か材料が出たときに上昇の幅も大きく資産をあまり大きく持たない個人投資家が資産を増やす為には必須の株式群であるとも言えます。

ではそのような小型株を手がける方法を具体的に記載いたします。

  1. 話題の小型株を探す(材料が出た時価総額が1000億円以内の銘柄)
  2. 損切り位置を決めた上で実際に売買する

小型株を探すには、その株が大幅に上昇するかどうか前もって検討しておくことが重要です。例えば時価総額の小さな上場したばかりのIPO銘柄と呼ばれる銘柄群は、初めて値段がついた後、その後株価が数倍になるものも存在します(新興株含む)

そのような銘柄は値段がついたばかりでまだ保有している人が少ない事により、株価が上昇していく上で障壁がないことで株価が上がったりします。

もちろんそのようなIPO銘柄が上昇していく上で、ベンチャーキャピタルの保有株が売られるという障壁がありますが、その売りを吸収してしまい株価が2倍、3倍になってしまうこともあるのです。

ここで2つほど小型株が2倍以上の株価になった実例をご紹介します。

新規上場株のケース 日本高度動物医療センター

動物医療センターは直近IPOとして上場した銘柄ですが、初値形成後の売りをこなして、二日目から上昇し初値の2倍である3000円まで株価を吊り上げています。時価総額も数十億円と値動きの軽い銘柄です。

jikasougaku-1

IPO銘柄は上記のように短い間で数倍もあるものもありますが、中には半値以下になってしまうこともありますので、買いで入った位置から15%下げたら損切りするなど資産を減らさないようにする必要があります。

新規上場株のセカンダリーは戦略的に行うことも可能ですので、それはまた別の機会でご紹介します。

小型株のケース レナウン

レナウンは業績の黒字化など好材料、中国企業傘下のもとで経営再建が進捗している伝えられたことで大幅高となり、こちらも数日で株価が倍になっています。

jikasougaku-2

大型株だと上記のようなニュースが出たとしても、翌日は買いが入って大幅高になってもすぐに力不足で下げ始めてしまうケースが多いです。しかしレナウンは材料発表後に株価を押し上げています。これも小型株ならではのうごきと言えるでしょう。

ただ注意しておきたいのは、そのような銘柄を手がける場合には失敗した時の損切りは必須だということです。成功すれば資産を大きく増やすこともできますが、失敗することも当然ありますので、失敗をしっかりと受け入れて損失を確定させて次の取引機会を探りましょう。

まとめ

時価総額の違いによって株価の上昇度合いが変化します。

せっかく株価上昇の初動をとらえたとしても、時価総額が大きく天井をつかんでしまってはもったいないことです。

このページを読んで時価総額の基礎的な考え方を身につけていただければ幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

初心者必見!デイトレ・スイングで勝つための
14サイトの具体的なポイント伝えます!

ebook_スイング


あなたの投資成績を大幅に改善する良質な投資情報を集める方法を知りたくありませんか?!


・デイトレでその日に5%から10%あがる銘柄を知りたい。
・明日狙い目の銘柄を一発で知る情報を知りたい。
・株価に影響をあたえる情報を効率的に集める方法を知りたい。
・こういう情報には要注意!
・経済指標を重要度別に仕入れてトレードに使用したい。


多くの人が、投資情報サイトを選ぶ際に迷ってしまうそうです。初心者なら尚更です。
無料EBOOKでは、初心者が最初に道を間違えないよう、良質なサイトを厳選して、そのサイトの見るべき場所を具体的に提示しています。ぜひダウンロードして、今後のトレードにお役立てください。


無料Ebookを今すぐダウンロードする

投資の教科書の購読はfacebookが便利です。

Twitter・RSSでも購読できます。