• このエントリーをはてなブックマークに追加

株式分割をすると株価が上がりやすくなる3つの理由

kabushikibunkatsu_s

非常に魅力的な企業だが株価が高くて買えない。

もう少し株価が安ければ投資するのに。

上記のようなケースは投資をしているとよく見受けられます。実際に人気の企業は、みるみるうちに株が買われてしまい、個人投資家が手を出せないような価格になってしまうことが多いです。

しかし、そんな魅力的な企業の高い株価がある日急にやすくなる株式市場のイベントをご存知ですか?

それが株式分割です。

このページでは実例などを交えて株式分割について解説していきます。

株式分割とは

株式分割とは、企業が1株をあらかじめ決められた株数に文字通り分割することをいいます。

例えば、ある企業が自社の株を1:5の割合(5分割)で分割することを決定したとします。その後分割が行われたとすると、仮に1株4000円だったその企業の株式が5株800円になります。1株が5つに分割されるので、当然株価も5分割されます。そのため、その企業の株を持っている人の資産は増えもしないし、減りもしません。

1株×4000円で4000

5株×800円で4000

こう見ると、変わってないじゃないか、何のために株式分割なんかするんだと思われるかもしれませんが、実は株式分割をすることでその後その株式に大きな影響が出てくるのです。

それが次の3つの理由です。

株式分割で株価が上がる3つの理由

株式分割が行われても、その株を持っている人の資産は変わりません。

しかし、株式分割をした株価はその後上がりやすくなるのです。それが以下3つの理由です。

  1. 株価が安くなると個人投資家が買いやすくなる
  2. 株価が安くなったことで流動性が高くなる
  3. 株式分割をする姿勢が市場から評価される

上記の理由によって、株価は上がりやすくなるのです。

以下解説していきます。

1 株価が安くなると個人投資家が買いやすくなる

個人投資家というのは数はおおいですが、一人一人は実はそれほど投資資金を持ってはいません。1銘柄に数百万の資金を集中投資できるほどの資金を持っている投資家は一握りです。企業にとってより多くの投資家に投資をしてもらいたいならば、その必要投資金額を少なく変更するしかありません。

そこで株式分割が出てくるのです。

ある銘柄を買うのに必要資金が300万必要だったものが、5分割されて60万で買えるようになったら、個人投資家も買いやすくなり彼らのポートフォリオに組み込まれるようになるのです。

業績悪化ではなく、株式分割によって株価が下がることはいままで買いたくても買えなかった投資家の資金が流入するということでもあり、それによって株価上昇にも弾みがつくことになります。

2 株価が安くなったことで流動性が高くなる

流動性が高くなるとは、ある株式を取引する際に、買いたい時に買いたい値段でいつでも買えて売りたいときに売りたい値段でいつでも売れるようになるということです。

分割により株価が安くなると、取引をする人が増えます。1でも触れたように個人投資家の多くが買いにきますし、取引量が増え出来高が増すので短期投資を手がける人たちも取引をするようになります。

特に最近はアベノミクスの影響もあり買われる株は、とことん買われる傾向にあります。つい最近まで数十万で買えていた株が、気づいたら100万オーバーの資金が必要になっていたなんてことも当たり前のように起きます。

だんだん値段が高くなると個人も短期投資家たちも取引を敬遠するようになり、別のより割安な株へと移っていってしまいます。

それではもったいないと企業は株式分割をすることで対応をするのです。

3 株式分割をする姿勢が市場から評価される

分割をすると個人投資家が買いやすくなるということもあり市場からの評価が高まります。とくに最近は、投資家の立場を尊重した行動をする企業がおおきく買われる傾向が強くなってきています。

市場環境が良い時というのは、業績が改善されている企業が必然的に多くなるため、あまり差がつきません。そのため、株式分割をした企業という視点から銘柄を選ぶことも一つの投資戦略のうちの一つになります。

注意点!株式分割バブルとは

株式分割バブルという言葉をご存知ですか?

株式分割には前述の通り、株価が上昇する効果があります。ただそれは、株式分割をした結果、株価を買いやすくなり市場の評価が高まるから、株価が上昇するというものでした。

しかし、株式分割を何度も繰り返すことで半ば意図的に株価を大幅に釣り上げることが過去にあったのです。

主にIT系の株式企業に多く見られ、当時のバブルの波に乗り、できるだけ投資家から資金を集めようと何度も分割を繰り返すという仕手に近いような現象が見られていました。

株式分割をした企業に投資をする際には業績と株価がしっかりと連動しているのかどうか確認する姿勢が絶対に必要です。業績と連動しておおきく上昇した銘柄の株式分割はその後もゆっくりと株価を上げていく傾向にあります。間違っても一時的に急上昇した銘柄を買ってしまわないようにしましょう。

最近の実例 オリエンタルランドの株価分割

最近株式分割を行った企業の例としては、4661オリエンタルランドがあります。

オリエンタルランド自体は2011年の震災後に、安値6000円をつけてから、その後順調に業績を伸ばし、株価36000円時に4分割を行いました。そのため、9000円からのスタートとなり、個人投資家がNISAなどでオリエンタルランドの株式を買いやすくなったとして話題になりました。

以下オリエンタルランドの週足チャートです。

kabushikibunkatsu-1

震災直後から2015年4月まで順調に株価を上げ、6.5倍もの株価になっています。分割する前は最低必要投資金額が360万円でしたので、4分割されて最低投資必要金額が90万円と随分買いやすくなりました。ただ、分割前期待で買われ過ぎていたこと、業績鈍化懸念から一時的に調整色が強まっています。時価総額が大きな銘柄であることも分割後に上がりにくい一つの理由となっています。

一方分割後に株価を順調に伸ばした企業としては、3668コロプラが良い例でしょう(下記チャート)

kabushikibunkatsu-2

上場後の本業の伸びによる期待感から株価は大きく上昇、一時200万円以上必要なとても高い株となっていましたが、その後分割を2度発表、個人投資家が買いやすい値段になったと同時に流動性も向上しました。業績の伸び期待も相まって株価は高値を3度も更新する大化け銘柄となったのです。

まとめると、

  1. 業績を伴っておおきく上昇する株式(特に時価総額の小さな中小型株)の分割は狙い目であること
  2. 買われ過ぎの銘柄(時価総額が大きく株価指標が割高)の分割には注意
  3. 「錬金術」とも言えるような分割繰り返しによる株価の上昇には要注意であること。

その辺りを意識して株式分割を取引に活かしていきましょう。

まとめ

株式分割について説明してきましたが、いかがでしたでしょうか。

株式分割をすると確かに最低必要投資金額は低くなります。ただ、企業がどういう意図を持って株式分割をしたのかをしっかりと把握して投資をする姿勢が重要です。

その点しっかりとおさえておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

初心者必見!デイトレ・スイングで勝つための
14サイトの具体的なポイント伝えます!

ebook_スイング


あなたの投資成績を大幅に改善する良質な投資情報を集める方法を知りたくありませんか?!


・デイトレでその日に5%から10%あがる銘柄を知りたい。
・明日狙い目の銘柄を一発で知る情報を知りたい。
・株価に影響をあたえる情報を効率的に集める方法を知りたい。
・こういう情報には要注意!
・経済指標を重要度別に仕入れてトレードに使用したい。


多くの人が、投資情報サイトを選ぶ際に迷ってしまうそうです。初心者なら尚更です。
無料EBOOKでは、初心者が最初に道を間違えないよう、良質なサイトを厳選して、そのサイトの見るべき場所を具体的に提示しています。ぜひダウンロードして、今後のトレードにお役立てください。


無料Ebookを今すぐダウンロードする

投資の教科書の購読はfacebookが便利です。

Twitter・RSSでも購読できます。