• このエントリーをはてなブックマークに追加

株とは仕事以外の大きな稼ぎをもたらすための一手段

22269547_s

株式投資を始めて資産形成をしたいと考えているけれど、株式投資にはなんとなく難しいイメージや恐いイメージがあったりで第一歩が踏み出せない方って意外といるものです。

しかし、実は株式投資には世の中のほとんどの人が関わっています。というのも、会社員や自営業者として納めている年金のうちのいくらかが強制的に株に投資されているからです。間接的であっても、自分が投資家のうちの一人なのだと考えると、株って一気に身近に感じませんか?

また近年は資産運用の一手段としてNISAが開始されたり、ミニ株のような本当に小額からの投資を行うことができたりと資産運用への窓口も広くなっています。

この記事では、株を全く知らない人が「株とは何か」、株は仕事以外で大きな稼ぎをもたらすものであること、株の本質的な基礎をまとめています。

まずは肩に力を入れずに気軽に読み流すつもりで目を通してみてください。

株の買い主=企業のオーナー

まずは、株を保有(買う)と企業のオーナー(所有者)になる事ができます。これはその企業の1部を所有して、その企業に対して株主(株を持つ人たち)としての権利を主張できるということです。

権利を獲得するとその保有割合に応じて企業に対して発言権が得られたり、ある一定の時期を過ぎると配当や株主優待などといったご褒美をもらえたりします。

原則的には、たくさんの投資家が少しずつお金を出しあって企業をオーナーとして支えます。

企業は、従業員一同で頑張って働き利益をあげることで、株という形でお金を出してくれている株主(オーナー)に対して株価の値上がり利益や配当、そして株主優待といった形で恩返しをしています。

株を買うと、その企業のオーナーになれる。まずはここをおさえておきましょう。

株とはあなたに仕事以外の稼ぎをもたらす一手段

株を買うと企業のオーナーになれることをお伝えしましたが、基本的には株式の取引を始めるということは「株で利益を出す」ことが目的のはずです。

実際に、株式投資を行っている多くの個人投資家は、値上がりの利益や配当、株主優待と言った企業からもらえるご褒美を享受することで自らの本業以外の稼ぎを得ているようです。本業+株式投資で生じる利益により資産形成が加速している個人投資家は少なからずいるものです。

このページを見ている人もきっとそのような個人投資家になって株式投資を行うことで稼ぎを得たいとは思いつつも、何らかの疑問点や不安があって一歩を踏み出せていないのだと思われます。

そこで、次は株を全く知らない初心者のために株の本質的な知識を3つほどご紹介します。

株を知るための3つの基本

株を本質的に知るための基礎をお伝えします。ここでは大きく分けて以下の3つに絞ります。

  1. 株は企業の活動を支える仕組み
  2. 株の値段ってどう決まる?
  3. 株って怖くないのか?

1 株は企業活動を支える原動力だ!

世の中にはたくさんの企業がありますが、その中でも株式会社とよばれる企業は投資家から資金を集めて企業の活動を展開します。多くの投資家が資金を投じてくれるほど、その資金を設備投資や新店舗の増加、新事業への参加など様々な可能性がひろがります。

株をかった投資家はその企業の一部を所有するオーナーになり、その株を買うために投資された資金は企業活動の原動力(エンジン)の役目を果たします。

株は投資家によって買ったり売ったりされます。良い株だと判断されれば買われ、悪い株だと判断されれば売られます。そして、その売り買いによって株価の値段は決まります。

企業の活動を成績表のような形で公表したものを「業績」と言いますが、業績が良い株は株価がどんどん上がっていきますし、業績の悪い株は株価がどんどん下がります。数年で株価を何倍にもあげてしまう企業もあれば、最悪株価がゼロ(つまり倒産)になってしまう企業もあります。

株価が上がれば先にその企業に投資していた投資家の株の価値も上がりますが、株価が下がればその逆になります。投資家は、これから投資する企業が利益をこれまで以上に上げるだろうと判断したり、今は売られ過ぎて業績からみると安くなっているだろうと判断して、株を買うのです。つまり投資先企業の未来を読んで投資をすることになります。

企業が投資家に自社の株を買ってもらうためには、自分たちがしっかりと利益を上げた結果、投資家の資産を増やすことに成功できるのだということを業績や企業活動を通じて示す必要がありますし、その成果をこれからも継続できるのだということを企業計画を通して投資家に知らせる必要あるのです。

2 株の値段ってどう決まる?

先ほども少し触れましたが、株の値段(株価)は投資家の売買によって決まります。

企業の株を買う投資家が多ければ、企業全体の価値が上がり、それにつれて株価も上がります。企業を売る投資家が多ければ、企業全体の価値が下がり、それにつれて株価も下がります。

さて、投資家が企業に投資をする基準は大きく分けて2つあります。

  1. 外部要因
  2. 内部要因

1外部要因

外部要因とは、企業と直接関係ない要因のこと。

たとえば典型的な例で言えば、為替や金利。これは世界の経済の流れとして政府の政策によって動くことが多い事由です。そのため企業単体ではどうしようもない要因だと言えます。また、テロや政変、震災などの自然現象も時に株価に大きな影響を与えます。これも企業努力ではどうしようもない外部要因だといえるでしょう。イメージ画像にすると以下のようになります。

外的な要因

2内部要因

内部要因とは、企業と直接関係のある要因のこと。

たとえば典型的な例で言えば、業績。これはその企業の活動の結果なのですから、内部要因だと言えます。また企業の合併や買収などといったイベントなども内部要因の中では株価に大きな影響を与えるものです。他には、企業の信頼を大きく失うような事象(粉飾決算など)も内部要因に挙げられます。

イメージ画像にすると以下のようになります。

内的な要因

株の値段の決まり方 まとめ

株の値段は、投資家が決めるものです。しかし、投資家は、先ほど紹介した外部要因、そして内部要因を総合的に判断して投資先を決めているのです。特に外部要因は政府の判断や世の中のお金の流れが絡んでいるので投資家は常に目を凝らしておく必要が有ります。業績が良い企業ですら、外部要因の悪化で株式が売られることがあるからです。

その点、内部要因は外部要因に比べて株式投資の成果に与える影響は微々たるものです。

結局のところどんなに業績の良い企業でも外部環境が大きく悪化すれば、株は売られてしまうものです。つまり、投資家先を決める時には、企業だけを見るのではなく、経済の流れをみることが大切なことなのです。

3 株って怖くないのか?

株を全く知らない人の間では、「株って怖い」とか「株はギャンブル」という噂が流れています。でも、それは株をやったことない人が世の中に存在する株の悪い噂をそのまま信じてしまったために生まれた幻想であることがほとんどです。

実際には本来の株式投資は、「企業の成長を見込み資金を預けて長期的にその成長を見守ること」のはずです。単に、株価が上がるか下がるかを当てるだけのゲームではありません。

その点、投資先の企業にたいして調査をしっかりと行ってする投資はギャンブルにはなり得ないのです。逆に言えば、知識や下調べなしでの勘頼りをもとにした売買はギャンブルになりうるということです。どうやら世の中には、後者の「勘頼りの売買における失敗例」ばかりが出回っているようです。

あらかじめしっかりと必要な知識を身につけた上で、安心して第一歩を踏み出してみましょう。

まとめ

ここまで株についていくつか基本的なことをご説明しました。

株を買うということは企業のオーナーになって本業以外の稼ぎを享受するのだということ。株は企業が事業活動をすることために必要な不可欠で、株には値段がついていて、様々な要因で株価がうごくのだということ、株は決してギャンブルでなく、企業の成長の恩恵を受けるための一つの手段であること。ぜひ、明確な目標をもって、株式投資の第一歩を踏み出していただければと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

投資の教科書の購読はfacebookが便利です。

Twitter・RSSでも購読できます。