• このエントリーをはてなブックマークに追加

会社四季報を使った効率的な優良銘柄選びの3つのポイント

投資をしている人であれば、「会社四季報」には目を通したことがありますよね。

しかしなんとなく分厚くてとっつきにくい、そして読むのが面倒だと思ってしまう人も多いことでしょう。

四季報には多くの会社の業績や財務状況に関わる情報が載っています。長期投資をする人も短期投資をする人も目を通す人は多く、東洋経済の独自の予想が出るなど投資家ならば注目する情報が満載です。

じっさいに四季報を見てから投資をする人が多くいるのも事実です。

つまり四季報発売とともに四季報をみて投資をする人たちの需給が発生するので、投資をしているならばどうしても「四季報」の存在を無視できないということが言えます。

このページでは四季報の見方を簡単に解説するとともに四季報投資の効率的な使い方、そして四季報に伴った需給の解説など実践的に解説をしていきます。

まずは会社四季報を分解してみよう

会社四季報とは、東洋経済新報社が年4回四半期ごとに出版している書籍のことで、この書籍を読んでから投資を行う投資家は多く存在しています。

四季報発売に絡んだ投資は短期・中期・長期・超長期と様々ですが、まずは四季報の中身がどのように出来上がっているかを知る必要がありますので、1枚キャプチャー画像を取り出してどこをどう見るべきかを説明していきます。

わかりやすいように色別の枠で囲って説明します。投資における大事な部分だけ説明していきますね。

・オレンジの枠

株価指標の説明。PERやPBRなど株価の割安度を図るための指標が予想されています。実績のPERに比べて予想PERが低くなっているならば、割安度合いが高まっていると多くの一般人たちは考える。(実際は違います)

・緑の枠

企業の財務状況が記載された部分です。資産からどれくらい利益を生み出しているか。利益はどれくらい余っているか、そして借金はどれくらいあるのか、キャッシュフロー健全か?などを確認することが可能です。

・青の枠

業績がどうだったかを文章で記載してあります。また新発売の商品や投資など業績に影響を与える情報が記載されています。

・赤の枠

業績の推移と予想が出ています。もちろん順調に売上・利益・配当が増えていれば好調な会社だと言えますが、問題はこれからも利益の増加が維持できるかどうかです。ここで地盤がしっかりと固まっているかどうかを、財務のところと一緒に判断することが必要です。

・黄色い枠

配当に関する情報が記載されています。配当がどのように増えてきたか、減ってきたかをひと目で見ることができます。特に株価に対して、配当がどれくらいあるかを考える配当利回りは投資家にとっては重要な要素です。

・ピンクの枠

前号の四季報に比べて業績が強気か弱気かを予想しています。これが強気であれば、株価上昇圧力となりますし、弱気ならば逆に下落圧力となります。

簡単にではありますが、四季報の解説です。上記は紙の四季報でしたが、ネット証券の口座を持っていれば情報ツールなどを利用して四季報情報を見ることが可能です。

上記のような部分を読んで総合的に読んで、銘柄選定をした上で投資をする人がたくさんいるのです。

簡単解説!四季報から優良銘柄を選ぶためにおさえておくべき3つのポイント

ここで四季報のここだけみるとより優良銘柄が見つけやすくなるその方法を知りたいと思う方もいるかもしれませんね。

そこでここでは優良銘柄をえらぶため、3つおさえておくべきポイントをご説明します。

  1. 効率よく資産を増やせているのか
  2. 株主還元は正常にできているか
  3. キャッシュフローは健全かどうか

以下順にご説明していきます。

1 効率よく利益を増やせているのか

これはどういうことかというと、企業は資産を効率的に使用して利益を生み出していることが重要です。たとえ利益を多く生み出していても、資産に対して利益が少なかったらそれは効率よく利益を生み出しているとは言えません。

そのためここではROE(アールオーイー)に注目をします。

もちろん利益が順調に伸びていることは大前提ですが、それをどれだけの資産を使ってという観点を加えて見ること、その会社がより優良かどうかをはかることができます。

ROEは海外では投資家に非常に注目されています。その数値が15%を上回っていると一般に良い企業だとみなされています。

見るべき場所は上記四季報だとちょうど緑の枠ですね。

2 株主還元は正常にできているか

株主還元がしっかり出来ているかどうか。これも重要です。

これは配当がどれくらいあるかということです。そのためにまずは配当利回りを見ますよね。ただ、配当利回りが高い、すなわち株価に対して、多く配当が支払われている会社が良い会社なのかどうかというと「ちょっと待った!」と言わざるを得ません。

そのためにタイトルに株主還元が「正常に」できているか、と正常という言葉をつけたのです。

株主還元は正常にできている状態というのは、1株配当に比べて1株利益が大きい状態です。よく考えてみると当たり前ですよね。配当は利益から出すものです。配当のほうが利益より多く支払われているのであれば、剰余金などを削って支払っているとも言えます。

それだとジリ貧になってしまい利益を生み出すに埋めない状態になっていきますよね。そこは1度減配(配当を減らすこと)をして、会社をいったん立て直すべきだと言えます。

配当に絡んだ投資手法に関しては「高配当銘柄を選ぶ際の3つのポイントとそれを利用した投資手法」を参考にしてください。

見るべき場所は上記四季報だと赤枠の右はじと黄色い枠です。

3 キャッシュフローは健全かどうか

次にキャッシュフローは健全化どうかを見る必要があります。

キャッシュフローとは、その会社のお金の流れのことをいいます。表向き利益が出ていても、裏では実はキャッシュが火の車なんてことも現実の社会ではよくあることです。

それをできる限り見抜くためにあるのが、キャッシュフローです。

具体的には、営業キャッシュフローが、プラスであること。財務キャッシュフローや投資キャッシュフローがマイナスであれば、一応は健全だと言えます。

見るべき場所は上記四季報だとちょうど緑の枠の下部分ですね。

財務が健全な会社 財務が不健全な会社
営業キャッシュフロー プラス マイナス
財務キャッシュフロー マイナス プラス
投資キャッシュフロー マイナス プラス

 

危険なのは、業績の項目の利益が出ているのに営業キャッシュフローがマイナスである状況です。貸借対照表と損益計算書上の数値はなかなかごまかせないのですね。ちなみに財務諸表と割安指標に関連した知識を手に入れたい人は「株式投資で長期的に勝ちたい初心者のための財務諸表の分析法」で詳しく解説していますので、参考にしてください。

最低限のチェックポイントですが、この3つは非常に重要ですのでここで覚えちゃいましょう。

実は最高に使い勝手の良い投資ツール 四季報オンライン

会社四季報オンラインというツールをご存知ですか?(右記画像四季報オンラインサイト)

もちろん無料で見れる情報もたくさんありますが、つきの会費を1000円払うだけで投資に役立つ情報を見ることができます。

四季報オンラインではニュースやいま話題の銘柄を提示するだけでなく、独自のサービス(高機能なスクリーニングや業績予想更新など)が充実しているので短期投資派の自分もだいぶお世話になっています。会員になると四季報や過去のバックナンバー3期分を見ることもできます。

特にさきほど四季報をみて投資をする人たちがたくさんいるとご説明させていただきましたね。

ということは、四季報から発信される情報や、四季報が出る前に有望な銘柄を仕込むことができれば、また大きな利益を獲得することも可能ですよね。

その方法などもまた別の機会にご紹介させていただきます。

まとめ

四季報はおそらく日本1投資家に見られている投資情報誌だといっても過言ではありません。

つまりそれだけ多くの資金が四季報発売とともに動くことになります。四季報発売前後の需給など読めるようになるとまた収益機会も増えることでしょう。

短期投資派のあなたも毛嫌いせずにぜひ一度四季報を眺めてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

初心者必見!デイトレ・スイングで勝つための
14サイトの具体的なポイント伝えます!

ebook_スイング


あなたの投資成績を大幅に改善する良質な投資情報を集める方法を知りたくありませんか?!


・デイトレでその日に5%から10%あがる銘柄を知りたい。
・明日狙い目の銘柄を一発で知る情報を知りたい。
・株価に影響をあたえる情報を効率的に集める方法を知りたい。
・こういう情報には要注意!
・経済指標を重要度別に仕入れてトレードに使用したい。


多くの人が、投資情報サイトを選ぶ際に迷ってしまうそうです。初心者なら尚更です。
無料EBOOKでは、初心者が最初に道を間違えないよう、良質なサイトを厳選して、そのサイトの見るべき場所を具体的に提示しています。ぜひダウンロードして、今後のトレードにお役立てください。


無料Ebookを今すぐダウンロードする

投資の教科書の購読はfacebookが便利です。

Twitter・RSSでも購読できます。