• このエントリーをはてなブックマークに追加

株価の動きを瞬時に把握!MACDの基本と4つの使用法

macd_s

株式取引で利益を上げるためには、株価のこれまでの動きから先の動きを予想して売買タイミングをはかる必要があります。

ただ特に投資を始めたばかりの人やまだ取引を始めて間もない人にとって株取引の猛者がたくさんいる世界で絶好のタイミングで株を売買するのは至難の技です。しかし、ある程度売買タイミングを図るための指標を知っておくことでそのような投資の猛者達と互角に渡り合う下地を作ることが可能です。

今回ご紹介するMACD(マックディー)は株取引をする際に、売買タイミングをはかるためのテクニカル指標となります。他にも移動平均やRSI、出来高といったテクニカル分析のための指標と組み合わせることで大きな力を発揮しますのでぜひおさえておきましょう。

MACDとは

MACDとは、Moving Average Convergence and Divergenceの略で「移動平均収束拡散指標」と言われるものです。文字通り、移動平均が使用されるテクニカル指標です。

もともとは株価の流れ(トレンド)を見つけるためには開発されたもので、下げ続けた株価がこれから上昇に転じる、もしくは上げ続けていた株価が下げに転じる、その瞬間を見つけようというトレンド系の指標です。

MACDは2つの指標MACDとシグナルラインにより株価の動きを予測します。下記図は楽天証券のマーケットスピードにおけるMACD(紫)とシグナル(緑)です。このMACDに株価のローソク足チャートを組み合わせて、株価とMACDとの連動性に着目し、一定の法則を導き出すことで株価の動きを予測します。

macd-1

この2つの指標は一般に次のように求めることが可能となります。

  • MACD=短期(12日)の指数移動平均-長期(26日)の指数移動平均
  • シグナル=MACDの一定期間(9日)の指数移動平均

日足ベースでの計算だと上記のようになります。カッコ内の日数は最も多く使用されるMACD作成のための数値です。覚える必要はありませんが、参考までに知っておいてください。

では次にMACDの使い方をご説明します。

MACDの具体的な4つの使用法

実際のトレードにおいて、MACDにはトレンドを判定するための機能とよこばいの相場で利益を上げるための機能として、次のような使用方法が存在します。

  1. 株価の方向を判断する
  2. 株価の天井や底を判断してトレンドの転換を探る
  3. MACDダイバージェンスで株価の反転を捉える
  4. 株価上昇の開始!?ブレイクアウト+MACDゴールデンクロス

1 株価の方向を判断する

ローソク足の動きを見ていると、今現在株価が上がっているのか下がっているのか、雰囲気でなんとなく分かります。

しかし短期的な取引をする上では下落トレンドに入っているのに一時的な上昇を本格的に上げ始めたと勘違いして株を買ってしまうことがあります。

そんなミスをなくすため、MACDを株価の流れの確認をするのに使うことができます。

使い方は簡単で、MACDがシグナルより上へあるならば上げ方向、下にあるなら下方向へと株価の動きがあるのだと判断できるという見方です。あくまでその方向へと株価が動いているという一時的な見方であるため、投資手法としての使い方は順張り的な使い方になります。

macd-2

上記の図で見ると赤い丸枠においては買いの目線。黄色い丸枠内では売りの目線で取引をすることが可能となります。

その場合、MACDだけでは判断が難しく他の指標(移動平均線など)との組み合わせによって、予想をより正確なものとすることが可能です。

2 株価の天井や底を判断してトレンドの転換を探る

株価が上がりすぎ、下がり過ぎの一時的な判定をすることができます。

例えば、株価が大きく下げた後、MACDとシグナルがクロスする場合があります。ちょうど移動平均のゴールデンクロスやデッドクロスのような動きをするのです。一時的には逆張りのサインとなります。(この使い方をしている投資家が大多数です)

下記チャートは4661オリエンタルランドのチャートです。矢印の地点ではいずれもMACDとシグナルがクロスをしています。その後長い株価トレンドが発生していることがわかります。

macd-3

ただし、注意したいのは、騙しと言われる現象が頻繁にあることです。クロスしたと見せかけて結局クロスせずに株価が思惑とは反対方向へと進んで行くというものです。

そのため、投資手法として仕掛けを行う場合には資産を守る対策を同時にする必要があります。(損切り)

3 MACDダイバージェンスで株価の反転を捉える

MACDにはダイバージェンスと呼ばれる現象が起こります。

MACDは基本的には株価と同じ方向に動きます。株価が上がればMACDは上がり、その逆もまた然りです。しかし、MACDダイバージェンスと呼ばれる現象はそれとは逆に、株価が上がったのにMACDが下げている、もしくはその逆の現象が発生するのです。

このような現象が生じると、例えば株価が上がっているのにMACDが下げているようなダイバージェンスが起きると株価はそろそろ下落するとされています。

下記のチャートでは株価が下落しないのにMACDだけが下がっていくという現象が見られます。これもダイバージェンスの一種です。株価は近いうちに下落する兆しだと考えられています。

macd-4

そういった意味では、すでにお伝えしたMACDの2番目の逆張り的な使い方とは多少似ている使い方になりますが、2よりも発生する回数が相対的に少ないため、3のダイバージェンス発生時には強力な売買シグナルとなることが多いです。

4 株価上昇の開始!?ブレイクアウト+MACDゴールデンクロス

株価が横横の動きを抜けて、大きく高値を更新して上昇し始めることをブレイクアウトと言いますが、MACDゴールデンクロスを利用してこのブレイクアウトの精度を高めることができます。図解してみると以下の通りとなります。

macd-5

株価は高値圏で推移し、MACDが下落していくためダイバージェンスが疑われるところですが、株価が全く下落せずにMACDが下げとまりシグナルとゴールデンクロスをする場合には、株価は大きく上昇するいわゆるブレイクアウトが発生する可能性が高いです。

macd-6

トレンドについて行く手法(トレンドフォロー戦略)として非常に効果の高い手法です。覚えておきましょう。

盲信注意!テクニカル指標の罠

MACDでも他にテクニカル指標でも言えることですが、明確な売買シグナルが発生してもそれが必ずしも当たると限らないのが投資の世界です。

そのため、こちらのページで紹介したMACDの売買ポイントも当たる時もあれば、当然外れる時もあります。そのため、当たった時は利益をできる限り伸ばす、外れた時は損失をできる限り早く切るというテクニカル分析以外の要素も利益を上げることのできる投資家になるための要素です。

テクニカル以外の勝つために必要な要素である損切りやポジションサイズ、投資家心理については下記のページで詳しく解説しています。

参考記事)

・損切りで投資の利益を最大化させるための具体的手法(リンク)

・最も効率よく資産を増やすポジションサイジングの基本(リンク)

・5つの投資家心理(リンク)

まとめ

MACDを使用することができれば、トレンドの流れの変化や新たなトレンドを発見することが可能となります。

注意したいのはテクニカル指標は単独で使うと間違ったシグナルが発生することもあります。そのためMACDだけではなく、移動平均線や出来高と組み合わせて使用することで売買ポイントをさらに研ぎ澄ますことができるはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

初心者必見!デイトレ・スイングで勝つための
14サイトの具体的なポイント伝えます!

ebook_スイング


あなたの投資成績を大幅に改善する良質な投資情報を集める方法を知りたくありませんか?!


・デイトレでその日に5%から10%あがる銘柄を知りたい。
・明日狙い目の銘柄を一発で知る情報を知りたい。
・株価に影響をあたえる情報を効率的に集める方法を知りたい。
・こういう情報には要注意!
・経済指標を重要度別に仕入れてトレードに使用したい。


多くの人が、投資情報サイトを選ぶ際に迷ってしまうそうです。初心者なら尚更です。
無料EBOOKでは、初心者が最初に道を間違えないよう、良質なサイトを厳選して、そのサイトの見るべき場所を具体的に提示しています。ぜひダウンロードして、今後のトレードにお役立てください。


無料Ebookを今すぐダウンロードする

投資の教科書の購読はfacebookが便利です。

Twitter・RSSでも購読できます。