• このエントリーをはてなブックマークに追加

オプションで絶対理解するべき2つの要素 ~時間価値と本質的価値

35664143_s

オプションを始めてまず疑問に思うのが、オプションの価格とは一体何なのかということかもしれません。

そもそも、なぜオプションという少しややこしい金融商品をわざわざ取引するのでしょうか。それは、オプションには現物の株式や商品取引などにはない優位性をもっているからです。

この優位性を利用することで、先行きの読めない金融マーケットの世界でも継続的に利益をあげていくことが可能となるのです。

オプションには優位性の源泉となっている2つの特性があります。

その前にオプションの価格を構成している2つの要素を理解しておいてください。

オプション価格を構成する2つの要素

オプション価格は「本質的価値」と「時間価値」から成り立ちます。

ちなみに、このオプション価格は「プレミアム」とも呼ばれていますので、この呼び方も憶えておきましょう。

この「オプション価格」と「本質的価値」、「時間価値」の関係を式で表すと、 オプション価格=本質的価値+時間価値 となります。

この2つの要素からオプション価格は成り立っています。

それでは、まずは本質的価値からみていきましょう。

要素1 本質的価値

本質的価値とは、そのオプションを権利行使した場合に得られる価値の大きさです。

これだけだと何のことかさっぱりわからないと思いますので、具体例でみていきます。

権利行使価格1000ドルのA株のコールオプションがあるとします。そして、この時の原資産のA株の株価は1000ドルでした。

この場合のコールオプションの本質的価値はいくらでしょうか。

答えは0ドルです。

このオプションを権利行使しても市場価格の1000ドルの株式しか手に入りません。

1000ドル払って1000ドルの株式が手に入るだけなので、権利行使しても何も価値は増えません。ですので、このオプションの本質的価値は0ドルです。

では、この時のA株の株価が1200ドルであったらどうでしょうか。

この場合は、1000ドルで1200ドルの株式を手に入れることができるので、このオプションには200ドルの価値があります。

したがって、このオプションの本質的価値は200ドルです。

option-2elements-1

逆にA株の株価が800であったとすると、このオプションの本質的価値は0ドルです。

したがって、市場価格が1000ドル以下の場合、その権利行使価格1000ドルのコールオプションの本質的価値は0ドルで、もしそのオプションに価格がついているとすれば、それはオプション価格を構成するもう一つの要素である時間価値ということになります。

それでは、次に時間価値をみてみましょう。

要素2 時間価値

時間価値は将来その株価が値上がり、または値下がりする可能性に対して与えられる価値です。これも定義だけでは理解できないと思いますので、具体例で説明します。

ダイエットを決意したAさんは1ヶ月後に体重を現在の70キロから65キロに減らすという目標を立てました。このことを知ったBさんはこれを利用して一儲けしようと企みました。

Bさんは「Aさんが1ヶ月以内に65キロ以下に体重を減らすことができたら1万円を支払う」というチケットを作成して、それを1枚5000円で売り出しました。

そして、「1ヶ月で5キロの減量なら不可能ではない」と考えた10名の人がこのチケットを購入しました。

Aさんはダイエット初日こそ夕食をがまんして痩せようとしましたが、意思が弱かったため翌日からは挫折し、最初の1週間の体重は70キロのままでした。

この時点で、このゲームから降りようと考える人がでてきて、他の人にチケットを
4000円で売ってしまいました。

次の1週間も体重は横ばいで70キロだったため、他の人にチケット売ってゲームから降りようという人が現れましたが、すでに残り2週間であったため、3000円でしか買ってくれる人がいませんでした。

そして、最後の1週間になりましたが、Aさんの体重はまだ70キロのままでした。

ゲームを諦めたチケット購入者は他の人にチケットを売ろうとしますが、さすがに残り1週間では5キロ痩せるのは難しいとかんがえる人が多く、チケットは1000円でしか売れませんでした。

そして、残り6日、5日、4日と日にちが経つにつれて、チケット価格は下落していき、残り3日の段階でチケット価格は50円になってしまいました。

残り3日で5キロ痩せるのはほぼ不可能ですが、Aさんが奇跡的に痩せることができれば、50円が1万円になるので、宝くじ感覚で買ってくれる人がいたのです。

そして、期日である1ヶ月が経過した段階で、条件を満たすことが不可能となったチケットは紙切れになりました。

このチケットは最初5000円で売られていましたが、その時点では1万円をもらうための条件である「Aさんが1ヶ月後に65キロ以下になる」を満たしていないので、価値はないはずです。

それでは、この5000円は何に対する値段なのでしょうか。

これは、Aさんが1ヶ月後に65キロ以下になって1万円がもらえるかもしれないという「可能性」に対する値段です。そして、その可能性はAさんの体重が一定であるかぎり、時間とともに減少していき、期限がきてその条件が達成できないことが確定した時点でゼロになります。

この可能性に対する価値が時間価値なのです。

時間価値がもつ優位性

オプションの優位性の源泉その1は先ほど説明した「時間価値」です。

この時間価値は時間の経過とともに減少していき、最後は必ずゼロになります。

例えば、現在1000ドルのA株を1ヶ月後に900ドルで売ることができるプットオプションの価格が50ドルであるとします。このプットオプションの価格は本質的価値がゼロで、価格の全てが時間価値です。

仮にA株の価格が期日まで1000ドルのまま一定であると仮定すると、このプットオプションの価格は時間の経過とともに下がっていき、最後にはゼロになります。

この時間価値の減少のことをタイムディケイ(Time Decay)と呼びます。

この時間価値が最後にはゼロになるというのは、期日に株価が権利行使価格よりも上昇していても、下落していても同じです。本質的価値は期日時点の株価によって上下しますが、時間価値は必ず最後はゼロになります。

時間価値の減少をグラフで示すと下記のようになります。

option-2elements-2

時間価値は時間の経過とともに徐々に減少していき、期日に近くなると減少速度が速くなり最後にゼロになります。

この時間価値はオプション特有の概念で、オプション投資の利益の源泉となるものです。 

まとめ

オプションの価格を構成する要素として、時間価値と本質的価値があるということをご説明しました。

このうち、本質的価値の部分、すなわち原資産の株価は上昇する場合もありますが、下落する場合もあります。そして、それを予測するのは投資のプロでも難しい部分があります。

これに対して、時間価値については時間の経過とともに必ず減少していくという性質があります。この「時間価値は必ず減少する」という性質を最大限に活かすことが、オプションで成功するための鍵となります。

時間価値の話は抽象的にややわかりにくいかもしれませんが、この記事を何度か読み返してオプションの時間価値という概念をしっかりと理解してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料WEBセミナー:素人のサラリーマンが資金700万から年400万円を生み出した実践方法のすべて

ocfc_report


オプション投資は難しい数式を理解しなければできないイメージがありますが実は足し算や引き算ができるレベルでも十分に利益を出せます。


現に専業主婦の方や普通のサラリーマンの方も実践して利益をだされています。このセミナーに参加することでオプションが全く未経験の方でも、すぐにオプション投資を始めることができるはずです。


「自分にはオプションは無理だ」と思っている方は、ぜひ、このWEBセミナーをご覧になってみてください。そして実践してみてください。


驚くほど、多くのキャッシュを得られるようになるでしょう。


無料WEBセミナーに参加する

投資の教科書の購読はfacebookが便利です。

Twitter・RSSでも購読できます。