• このエントリーをはてなブックマークに追加

上げ相場における絶好の押し目買いポイントの見抜き方

「株動きのアゲサゲについていくためにはどうしたらいいんだろう?」

投資をしているけれども、株価の動きに振り回されては損している人というのは意外と多いものです。

大抵株の動きに振り回されてしまう人は、上がったところで株を買い、一時的にさげたところで株を売ってしまうパターンが多く、それは典型的な投資の負けパターンです。

そこでここでは、上昇している株を高値づかみするリスクなく買うための手法である「押し目買い」の解説をすることにしました。押し目買いは、さきほど説明した負けパターンのまさに逆をやる投資手法です。

そもそも、その「逆ができれば苦労はしないよ」というかたもいるでしょうから、このページでしっかりとご説明していきます。

このページでは、押し目買いとはなにか、押し目買いを確認するステップ、そしてもっとも重要な押し目を確認するための3つの要素をご説明いたします。

押し目買いとはなにか?

株価チャートを見ると株価が波を作りながら上昇したり下落します(下図)

押し目とは、上昇途中にある株価の一時的に下げ止まるポイントのことをいいます。押し目買いとはその名のとおり、そのようなポイントで再びの上昇を見越して株を買うことをいいます。昔からある典型的な投資手法ですが、投資初心者から上級者まで幅広く使われている有名な投資手法でもあります。

押し目買いをするために確認したいポイントとして、

  1. 上昇トレンドにあることを確認
  2. 一時的に下げ始めたことを確認
  3. 下げ止まったことを確認して買う(←ここにおいて押し目買い成立)

の3ステップが必要です。

当たり前の事ですが、この3つがしっかりと確認できていなければ押し目買いとして手法は成り立ちませんし、利益も出せません。

それでは1つずつ解説していきます。

上昇トレンドであることを確認

上昇しているかどうか、これはチャートを見ることでわかりますね。

上昇トレンド(流れ)を確認する方法としては、安値を切り上げながら、高値を更新している、もしくは移動平均線の中期線である25日線が上を向いていて、株価も25日線、5日線の上で推移しているチャートです。

また出来るだけ急激な上昇ではなく上げと下げを繰り返しながら、一定のペースを守って上昇を続けていく銘柄を選ぶ必要があります。

下げ始めたことを確認する

下げ始めたことを確認するというのは右肩上がりで上昇していた銘柄が、ある地点で急に上げ止まり(下記星地点)右肩下がりで下げ始めることです。下げ始めたと言っても株価の一時的なブレによる下げではありません。明確に下げ始めたことがわからないといけませんね。

そのために、移動平均線25日線との距離関係を掴んで押し目を計るという方法があります。 

たとえば株価が右肩上がりで上昇した株は25日移動平均線から一時的に大きく乖離する傾向があります。そしてその後株価は25日移動平均へと近づくように下落をするのですが、それは単なる下落ではなく、押しと言われる現象だったりします。

つまり、25日移動平均線から大きく乖離して上げたような銘柄が再び25日移動平均線へと向かって下げていくような銘柄。そのような銘柄が押し目を狙えるような下落中の銘柄だと言えます。

下げ止まったことを確認して株を買う

上昇途中に下げ始めた株価はある位置で下げ止まります。

そしてその後上昇することもありますが、そのタイミングで株を変えれば利益につながります。

図説すると、星の位置で買うわけです。

その位置で株価が下げ止まったことを確認して、再び上昇するだろうと考えて株を買います。ここの確認がしっかりとできたかどうかで押し目買いが成功するかどうかが決まります。

押し目買いに入る根拠

  1. 安値から高値までの3分の1、もしくは2分の1(半値)で押し目を確認
  2. 25日移動平均線付近まで株価が下げてきたところで押し目を確認
  3. 比較をすることで押し目を確認

以上の3つの押し目をおすすめします。

ここは非常に重要なところですので項目ずつ解説していきますね。解説では下記チャート(先程と同じもの)を使用します。

1 安値から高値までの上昇幅の3分の1、もしくは2分の1(半値)下げの確認で押し目買い

押し目買いするために、チャート上のもっとも安い値段ともっとも高い値段の間の値幅から3分の1下落、もしくは2分の1下落を確認して押し目買いするという判断方法があります。

最初に提示したチャートでいうと、130円から190円まで株価が上昇してその後下げ始めた場合、上記割合で行くと押し目買いポイントは170円付近、それから160円付近ということになります。最初に提示したチャートでは、偶然にも170円付近で下げ止まっているようにも見えますね。ここから下げるようなら、次の下げ止まり、押し目狙いポイントは160円、もしくは25日移動平均線ということになります。

指標としてはわかりやすいですが、スルーされて機能しないこともありますので、止まらないなと感じたら手を出さないことです。打診で買ってしまった場合、下げ始めたらすぐに損を切って仕切り直すことが重要です。

2 25日移動平均線付近まで株価が下げてきたところで押し目買い

次に最も使用頻度が高くなる移動平均線のご説明です。全ての押し目買いの基本となります。

移動平均線は25日移動平均線を利用します。株価が上昇するときには、基本的には5日移動平均線の上で株価が推移しながら上昇した上で、25日移動平均線から離れたりくっついたりしながら動きます。

チャートの中を通る赤い線が、25日の移動平均線です。

株価は波を描きながら動いていますが、株価が25日線の上で推移している時には、25日線まで株価がさげてくるとその位置で反発して再び上昇しているシーンがおおいです。

直近も株価は下落していますが、だんだんと25日線が近づいているようです。押し目を狙える局面であることは確かです。

3 相場全体と比較をして底堅いことを確認して押し目買い

少し上級者むけの手法となりますが、押し目で株が下げ止まったことを確認するためには次の手法を取ることも可能です。

先程までは価格や指標を頼りに押し目を判断していましたが、それらを頼らずにこのあたりで下げ止まったのではないかということを感じ取ることが可能です。

具体的には、日経平均先物(つまり相場全体が下げているような局面)が下げているのに、ある銘柄だけが下がらない場合などは、その銘柄に下値を支える買いが個別に入っていると考えることができます。そのような銘柄は積極的に押し目買いをしていきます。

相場全体が下げ止まり値を戻し始めると大きく上昇する銘柄がこの手の銘柄です。ある意味で押し目買いで一番成功しやすいのがこの手法だとも言えます。

 若干上級者向けではありますが、この比較の押し目買いを知ることで高値掴みをすることがなくなります。この手法はまた別の機会に詳し解説致します。

まとめ

押し目買いを学ぶことで、高値づかみのリスクがなくなります。

たしかに上昇中の株を買うことは簡単ですが、そのぶん買うタイミングを間違えるとどうしても高い値段で株を買ってしまうこととなります。

押し目買いを学んで上昇途中のベストのタイミングで株を買って頂ければ幸いです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

初心者必見!デイトレ・スイングで勝つための
14サイトの具体的なポイント伝えます!

ebook_スイング


あなたの投資成績を大幅に改善する良質な投資情報を集める方法を知りたくありませんか?!


・デイトレでその日に5%から10%あがる銘柄を知りたい。
・明日狙い目の銘柄を一発で知る情報を知りたい。
・株価に影響をあたえる情報を効率的に集める方法を知りたい。
・こういう情報には要注意!
・経済指標を重要度別に仕入れてトレードに使用したい。


多くの人が、投資情報サイトを選ぶ際に迷ってしまうそうです。初心者なら尚更です。
無料EBOOKでは、初心者が最初に道を間違えないよう、良質なサイトを厳選して、そのサイトの見るべき場所を具体的に提示しています。ぜひダウンロードして、今後のトレードにお役立てください。


無料Ebookを今すぐダウンロードする

投資の教科書の購読はfacebookが便利です。

Twitter・RSSでも購読できます。