• このエントリーをはてなブックマークに追加

株主優待のおすすめ銘柄ベスト20(ほぼ10万円以下)と優待タダ取りの裏技

優待

株式投資には色々な手法がありますが、本来の株式とは応援する価値があると思える会社の将来を見込んで投資をするものです。

短期間での見返りを望むのではなく、自分が本心から「良い!」と思える会社の株を買う。単純ですがそんな投資は成功する確率が高いです。

そこで今回は、株主優待から投資の世界を知っていただきたいと思い、このページを作成しました。

ある程度の投資の知識・経験が身に付くと株主優待を利用した投資手法などを利用して値上がり益を狙うことも可能になってきます。また上級者向きではありますが、優待をタダで取得できる手法なども使えるようになります。それを踏まえて3つの話をご紹介します。

  1. 株主優待のおすすめ銘柄ランキングベスト20(※財務状態も考慮!)
  2. 優待などを利用した投資初心者むけの3つの手法
  3. 上級者向け優待タダ取り手法とそのリスク(逆日歩)

株主優待は、よくよく探すと本当にお得なものがたくさんあります。しかも、「クロス取引」というテクニックを使えば、そうした優待を実質タダで取得することができます(ただし売買に伴う証券会社の手数料は取られます)

もちろん株式投資にノーリスクの投資というのは存在しません。クロス取引にもリスクがありますので、それもご紹介させて頂きます。

株主優待の超おすすめ銘柄ランキングベスト20

株主優待の内容は、サービス提供・食品・金券・化粧品・施設利用権利・ポイント付与など様々です。そして株主優待がある企業の数も1,100銘柄以上あります。その中から、特にお得な銘柄を厳選してランキングにまとめました。

まずはほぼ10万円以下(3枚柄は除く)で買えるおすすめの株主優待上位5銘柄を画像付きで発表いたします。その後、20銘柄のランキング表をご紹介いたします。

おすすめ優待NO1:もはや鉄板!優待利回り5%近いポイントが付与されるアトム

アトムは全国に系列で存在する居酒屋です。ATOMは非常に人気のある銘柄で100株保有で4000円分のポイントが付与されます。コロワイドの関連会社として非常に人気ですが、コロワイドと違い少額からの投資が可能です。

家族で証券口座を持って人数分100株ずつ持つとさらにお得に優待をゲットすることが可能です。

おすすめ優待No2:高級リゾートホテルライフをタダで!レオパレス21

レジャー系企業の株主優待は、割引金額が高いものが多いのが特徴です。中でもレオパレス21は、リゾートホテルやレオパレスリゾートグアムの無料宿泊券が2枚、そして国内全国8箇所の系列ホテル宿泊半額券が2枚を年に2回もらえます。こういう銘柄で家族サービスができるとお得ですよね。

おすすめ優待NO3:サラリーマンの強い見方!吉野家

言わずと知れた牛丼屋チェーンです。

300円の優待券を10枚、年2回もらえます。また配当も20円出ていますので、年間で2000円の配当をもらえます。

おすすめ優待No4:100株約70000円の金額で3000円の食事券優待券がもらえる!きちり

いわずとしれたOL向けオサレ空間つきダイニング居酒屋です。ここの優待券が3000円分付くお得な株式です!

おすすめ優待NO5:優待利回りの高い銘柄!ダイヤモンドダイニング

3073-DD

首都圏軸に居酒屋中心とするコンセプトレストランを展開。

利回りが高いためランキング上位に入れました。

では次はランキング20の発表です。このランキング自体は「財務も考慮しており、1位から8位までが財務良好、それ以外が普通もしくはちょっぴり不安」という形になっています。

また銘柄コードをクリックすると、具体的な優待内容を見ることができるページへ移りますので、確認するようにしてみてください。

ランク 銘柄コード 銘柄名称 権利確定月 最低必要金額
1位 7412 アトム 3月 9月 83500円
2位 8848 レオパレス21 3月 9月 75200円
3位 9861 吉野家 2月 8月 134900円
4位 3082 きちり 12月 68900円
5位 3073 ダイヤモンドダイニング 2月 124300円
6位 2597 ユニカフェ 3月 78200円
7位 7520 エコス 2月 8月 95700円
8位 1755 ラックランド 6月 12月 179500円
9位 3598 山喜 3月 9月 18400円
10位 3077 ホリイフード 3月 61000円
11位 7867 タカラトミー 3月 66900円
12位 8207 テンアライド 3月 9月 37300円
13位 7918 ヴィアHD 3月 9月 85200円
14位 7524 マルシェ 3月 9月 88600円
15位 3063 ジェイグループ 2月 8月 71900円
16位 7601 ポプラ 2月 8月 56500円
17位 7571 ヤマノHD 3月 8200円
18位 2762 三光マーケ 6月 12月 90300円
19位 7513 コジマ 8月 29300円
20位 2928 健康コーポ 3月 9月 82200円

(※表は2015年1月20日の終値で作成。)

意外と安く株主優待銘柄を取得することが可能だということがわかります。財務もしっかりと考慮して銘柄を選ぶことで安心して保有できますよね。

ランキングを発表したところで、次は優待などを利用した3つの投資手法をご紹介いたします。どれも初心者むけの手法なので安心して読んでくださいね。

絶大なる人気は継続中!株主優待株の動きを利用した投資法

株主優待とは、出資金を出してくれている見返りとして企業が株主に金券、食べ物、施設優待券などを与える、といったバラエティの豊かなお返しのことでしたね。

企業ごとに権利確定日というものが定まっていて、その日まで株式を保有していると株主優待を3ヶ月後くらいにもらうことが可能となります。そのため優待の権利確定日までの数ヶ月の間に優待を取得しようという個人投資家の買いがランダムに入ります。

最近は、実際に投資を始めたばかりの多くの個人投資家がこの株主優待に注目していて、NISA口座を開いてトヨタや三菱UFJなどといった有名な企業を買うとともに、株主優待のある企業を買います。

株主優待銘柄の値動きを利用するとは、つまりはその需給関係に注目して投資をするということです。買われる株主優待銘柄はとことん買われ、人気の銘柄は株価が倍以上になることもあります。

初心者のかたは難しく感じるかもしれませんね。しかし、こういうところから投資に興味を持つことで優待を取得するだけではなく値上がりによる利益を狙うという考え方もできると思います。

下記3ページはおすすめの株主優待・高配当・四季報(初心者向け)の投資手法ページです。

  1. 株主優待を利用したイベント投資の具体的ステップ
  2. 高配当銘柄を選ぶ際の3つのポイントとそれを利用した投資手法の注意点
  3. 優良銘柄を選びたい!会社四季報を使った効率的な銘柄選びの3つのポイント

どれも投資を始めるために役立つページとなっていますのでぜひぜひ参考にしてください。

それでは次にお得な優待を実質タダで取得できるクロス取引という手法をご紹介します。

「え!そんな方法あるの?」と思われるかもしれませんね。信用取引で扱える銘柄に限られますが、株の仕組みを利用した手法です。また、信用取引の手法なので、初心者の方はいきなり取り組むのではなくて、こういう手法もあるんだという視点で流し読みしてください。

株主優待投資の裏技的手法 ※注意点有り

株主優待のついている株は優待確定日の翌日は値を下げる傾向が強くあります。特に、優待券目当てで購入する人が多い株式ほど大きく値を下げます。優待確定を待っていた人が、株を売りたがるからです。

しかし、「クロス取引」というテクニックを使えば、そうした優待を実質タダで取得することができます(ただし売買に伴う証券会社の手数料は取られます)。

もちろん株式投資にノーリスクの投資というのは存在しません。クロス取引にも信用取引を利用することから生じる「逆日歩と呼ばれる」リスクが発生し、場合によっては優待分以上の金額を取られてしまうこともありますので、それもご紹介させて頂きます。

STEP1

権利確定日当日の株式市場の売買取引が始まる前(前日の15:00過ぎから最終日の9:00前)までに、現物買い(購入)と信用取引の新規売り、両方の注文を「同じ株数」「成行価格」で注文を入れる。このように買いと売りを同時に入れる、ということで「クロス取引」と呼ばれています。 ※初心者の方は、信用取引において『一般信用取引』を利用してください。

STEP2

権利確定後、反対売買をする。(現物は売り、信用取引分は買い戻す。)
もしくは、「現渡」という方法で決済をする。

これだけで完了です。仕組みを分かりやすく解説いたします。少しだけ専門用語が出てきますので調べてみて下さいね。

<クロス取引の仕組み> 

例えば、3月25日に優待の権利を得られる企業、A社があったとします。

  1. 3月15日、A社株式100株を500円で購入(現物買い)。
  2. このままだと値下がりが生じる可能性がありますので、A社株式100株を同時に現物購入と同じ値段で信用取引にて新規売りしておきます(新規売りは値段が下がると利益の出る取引です。)
  3. こうするとA社を500円で100株買った状態であると同時に売った状態(両建て)になります。
  4. 両建ての状態では、株価の値段が動いても資産の合計は変わりません。つまり、値下がりリスクなく優待を手に入れられるということです。

これをやれば、いくらでも優待を得ることもできますが、株式投資に完全にノーリスクのものはありません。このクロス取引にも、当然リスクがあります。

クロス取引で売りに使う信用取引には、実は逆日歩と言う追加費用的なものがかかるケースがあります。売りの勢いが強い程、この費用は高くなります。逆日歩は1日ごとに発生するので、日本証券金融のホームページでチェックして、優待内容より逆日歩が高くならないよう目を光らせてください。逆日歩は銘柄によって危険なケースがあります。

もうひとつの逆日歩回避策としては、「一般信用取引」という取引方法があります。取り扱い証券会社(松井証券やカブドットコム証券など)や対象銘柄が限られるのが難点ですが、逆日歩が一切発生しないのが最大のメリットです。 ただ競争率が高いことが難点です。

※株初心者の方でクロス取引をする場合は、制度信用でなく一般信用を利用するようにしてください。

まとめ 株主優待から株式投資に触れてみては?

今回ご紹介した優待ランキングの中に、きっと気になるものが見つかると思います。そして投資に慣れてくることで、株主優待から始める株式投資やそれに類似した投資手法。上級者むけのクロス取引をうまく活用し株主優待を実質無料で得られるようになると、株式投資の仕組みもさらに深く分かってくることでしょう。

ある程度慣れてくると、株主優待で得た分の金額が実際に手元に残ることで、新たに優待取得の株の購入にまわせたりするので、複利効果で資産を増やすことにもつながります。

株主優待を通して、株式投資の世界に少しずつ触れてみてはいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

初心者必見!デイトレ・スイングで勝つための
14サイトの具体的なポイント伝えます!

ebook_スイング


あなたの投資成績を大幅に改善する良質な投資情報を集める方法を知りたくありませんか?!


・デイトレでその日に5%から10%あがる銘柄を知りたい。
・明日狙い目の銘柄を一発で知る情報を知りたい。
・株価に影響をあたえる情報を効率的に集める方法を知りたい。
・こういう情報には要注意!
・経済指標を重要度別に仕入れてトレードに使用したい。


多くの人が、投資情報サイトを選ぶ際に迷ってしまうそうです。初心者なら尚更です。
無料EBOOKでは、初心者が最初に道を間違えないよう、良質なサイトを厳選して、そのサイトの見るべき場所を具体的に提示しています。ぜひダウンロードして、今後のトレードにお役立てください。


無料Ebookを今すぐダウンロードする

投資の教科書の購読はfacebookが便利です。

Twitter・RSSでも購読できます。