日経平均寄与度から判別する日経平均入れ替え時の利益の狙い方

nikkeiheikinkiyodo_s

日経平均株価は知っているけど、具体的にその日経平均株価がどのようにできているのかまでを知って投資をしている人は実はそれほど多くはありません。

実は日経平均を構成している銘柄で、日経に対する影響の強い銘柄、弱い銘柄という区別があります。

また日経平均株価は不定期で入れ替えというイベントがおこります。そして、日経平均に新たに組み入れられる銘柄や除外される銘柄の株価の動きに大きな影響があります。

これまでその辺りを曖昧なまま投資をしていた方はぜひその点をおさえておきましょう。

続きを読む

アノマリーとは|株式市場の相場の動きの癖を知ろう

anomaly_s

最近株を始めたばかりの人はアノマリーという言葉は聞きなれないかもしれません。

しかし、そのアノマリーというものが株式市場にて非常に強い力を持っていて、そのアノマリーに従って株式市場が動く傾向が強いことを認識しておく必要があります。

そうでないとアノマリー通りに行動しているすべての投資家の逆の動きをして負けてしまうことがあるからです。

逆を言えばアノマリーを知っておけば、そのタイミングで買いか売りかを判断しやすいといえます。

このページでは、アノマリーについて解説したのち、市場に溢れるアノマリーについて一通りご説明していきます。

続きを読む

成長株投資とは|企業の成長を見越した投資方法

39281207_s

成長株とは、文字通り業績が持続的に成長している会社の株式のことを言います。グロース株とも言われます。一般的には、売上や利益が少なくとも10%以上毎年成長することが見込まれる株式を言います。

成長株投資とは、このように、将来にわたって持続的に業績が向上していく会社に投資することをいいます。株価は原則として、企業の業績に連動します。利益が上がれば、株価も上昇します。

株価は企業のファンダメンタルを通常6カ月~12か月先を織り込みにいきます。従って、将来大きく業績を伸ばす企業の株式に投資することで、株価上昇の恩恵にあずかれることになります。

私自身テクニカルとファンダメンタルの両面から成長株投資を実践して利益をあげることができています。

この記事では成長株投資の魅力と成長株を見つける方法についてお話しします。

続きを読む

空売りとは|活用の3つの場面と2つの注意点

karauri_s

株価が下げる局面で株を買ってしまうと当然、損が出てしまいます。

そのような株が下げとまるのを待って再び株を買って上昇するのを待つ逆張りをするにも、特に初心者の頃にはそのタイミングを見計らう事が難しいです。

そこで株式市場が一時的な下げの流れになっているときに、その下げの流れに乗る事で利益をあげる手法があります。

それが空売りという方法です。

このページでは、空売りとは何かの具体的な説明をしたのち、どのようなときに空売りをするのが有効なのか、そして空売りする際の注意点などを順を追って説明していきます。

続きを読む

株式分割をすると株価が上がりやすくなる3つの理由

kabushikibunkatsu_s

非常に魅力的な企業だが株価が高くて買えない。

もう少し株価が安ければ投資するのに。

上記のようなケースは投資をしているとよく見受けられます。実際に人気の企業は、みるみるうちに株が買われてしまい、個人投資家が手を出せないような価格になってしまうことが多いです。

しかし、そんな魅力的な企業の高い株価がある日急にやすくなる株式市場のイベントをご存知ですか?

それが株式分割です。

このページでは実例などを交えて株式分割について解説していきます。

続きを読む

ROA(総資産当期順利益率)とは

881520_s

企業は基本的には利益を生み出すために活動しますが、その活動の源泉は企業の資産です。

そしてその資産から実際に利益を効率よく生み出せているかどうかをはかる指標があり、その指標のうちの一つにROAがあります。

最近話題のROEによく似た名称ですが、両者はにて非なるものです。

ROEに比べて軽視されがちですが、ROAは会社の資産全体からの収益の大きさの割合を考えるために必要な指標であり、ROEから株式を見るのとはまた異なる視点で企業を見ることができます。

そのため、ROEとセットで覚えておくことで効率よく収益を出している企業を多角的に判定することが可能となります。

続きを読む

投資初心者のためのキャッシュフロー計算書の見方

26579627_s

企業活動を継続させる上でもっとも重要なものはいったいなんでしょうか?

利益?株主?取引先?

それらももちろん重要ですが、同じくらい重要なものにキャッシュフローがあります。キャッシュフローは企業活動にとって非常に重要で、滞ったり枯渇したりすると利益が黒字であるにも関わらず倒産してしまうこともあります。

このページでは、キャッシュフローが記載されているキャッシュフロー計算書の読み方とキャッシュフローとは何かを解説していきます。

続きを読む

投資初心者のための損益計算書の見方

28242543_s

「成績悪いから親に通知表みせるのいやだなー。」

子供の頃、上記のように思ったことはないですか。じつは、企業にも通信簿と似たようなものがあります。

それが損益計算書です。

この損益計算書は年3回の通知表とは違い年4回株主(親)に成績を見せなければなりません。

そのため、企業もこの成績表をできる限り見栄えの良いものにしようと必死になります。成績表が悪いと企業の親(株主)は人間の親と違い、見放してしまう(株を売る)からです。

このページでは損益計算書の見方をお伝えします。

続きを読む

投資初心者のための貸借対照表の見方

17049258_s

会社の資産とはなんだろうか?お金?それとも不動産?

上記のように会社の資産がどんなものか漠然と考えたことがあってもその資産が具体的にどのようなものかわかっている人はじつはそれほど多くはありません。

このページでは企業の資産とはどんなものなのかを明らかにして、具体的にどう見ていけば良いのかなど、また読み解く際の注意点もしっかりとお伝えしていきます。

続きを読む

EPS(一株当たり利益)の基礎知識

21380959_s

投資先を選ぶ際には、ほとんどの投資家が利益に着目して投資先を選びます。

しかし、利益の大きさは当然業種や企業によって異なります。そのため企業間で利益を比較するためには、1株辺りで算出した数値(EPS)を使用する必要があります。

「EPSが前年に比べて大きく伸びた、もしくは減った」という事実は、その銘柄に大きな影響を与えます。1株辺りの利益は投資を続けていく上では必要な不可欠な指標です。

そこでこのページではEPSに関して、解説をしていきます。

続きを読む