コールオプションとは?~哲学者タレスが大儲けした方法

call_option_s

オプションとは、株式などの現物資産を売ったり買ったりすることができる「権利」です。

オプションには大きく分けて2つの種類があります。

1つはコールオプションで、もう1つはプットオプションです。

今回はこのうちコールオプションについて基本知識から使い方までを解説したいと思います。

「オプションってそもそも何?」という方はオプションとは~取引前に初心者がおさえておくべきこと」をご参照ください。

続きを読む

オプションとは~取引前に初心者がおさえておくべきこと

option_toha_s

近年、金融技術の発展によって、株式、債券、商品などの現物の金融商品から派生した「金融派生商品(デリバティブズ)」の取引が盛んになっています。

金融派生商品には「先物取引」、「スワップ取引」などがあり、「オプション取引」もその中の一つです。

ここでは、オプションとは一体どういったものなのか、そして、どのような特徴があるのかについて解説します。

続きを読む

利食いとは|具体的な9つのタイミング

rigui_s

株式投資をする際に銘柄を選んだり、タイミングよく株を買う技術を上げる人はたくさんいますが、タイミング良く持っている株を売ることまでに気を使って投資をしている人はそれほど多くはありません。

ある程度利益が出てくると、「そろそろいいか…」と考えて株を売ってしまったりします。

持っている株を売って利益を確定することを「利食い」といいますが、利食いのタイミングは大変重要なものです。たとえ良い銘柄を良いタイミングで買い付けていても利食いがしっかりとできてないとそれほど利益を上げられないまま取引が終わってしまいます。

確かに利食いの完璧なタイミングは誰にもわかりませんが、ある時点で株価が下げやすいタイミングがいくつかあることも事実です。

この記事では、その利食いのタイミングをご紹介していきます。

続きを読む

リバランスとは?ファンドの銘柄入れ替えに潜むチャンス

rebalance_s

長期的な運用による株式投資は、様々な資産を組み合わせてリスクとリターンのバランスをとりながら長期的な目線で利益を狙います。

特に長期で金融資産を運用するファンドなどは、大量の資金を株式で運用するために「株価指数」という指標を参考に銘柄を組み合わせて投資をするものがおおいです。

基本的にはそのような株価指数に連動させて銘柄を購入しますが、ある銘柄に株価を下げさせるような大きな悪材料が出てきた場合には、当然ファンドの組み入れ銘柄群の中からそのような銘柄を除外しなければなりません。また新たに指数に組み入れられる銘柄は、ファンドが銘柄群の中に組み入れるためにその株式を購入したりします。

この一連の動きは「ファンドのリバランス」と呼ばれます。

リバランスが起きると、比較的大きな資金の動きが特定の銘柄に発生するためその動きがあることを前もって知っておかないと思わぬ損失を出してしまうことがあります。また買われる銘柄をあらかじめ知っておくことで先回りして銘柄を仕込んでおく収益機会にも恵まれます。

続きを読む

一定の売買ルールを元にトレードを行うシステムトレードとは?

systemtrade_s

「自分で相場をみて投資する銘柄を選び、売買タイミングを探る。」

上記のような投資スタイルは裁量トレードといって現在主流となっていますが、なかなか勝てていない方も多いのではないでしょうか。

確かに裁量トレードはこれから伸びる銘柄を探し出して資金を回転できれば大きく儲けることが可能ですが、必ずしもすべての人が裁量トレードを勝てるわけではありません。

そこで下記のような投資法が現在では提案されています。

「ある条件をコンピュータのソフトに組み込み、その条件に一致したときのみ銘柄と売買サインが出る」「自分ではなくコンピュータに投資をしてもらう」

これはシステムトレードと言われる投資手法です。このページではシステムトレードに関する基礎知識をステップを踏んでお伝えしていきます。

続きを読む

裁量トレードで勝つために必要な5つの条件とは

sairyoutrade_s

自分の投資経験や知識、情報収集能力をフル活用して判断し投資をすることを裁量トレードといいます。ほとんどの投資家はこの裁量トレードから投資の世界に足を踏み入れます。

株式投資を始めたばかりだとどうしても経験不足の状態で、適当に売買をしてしまいがちですが、継続的に利益を出し続けていくためには具体的には下記の5つの条件が必要です。

  1. 銘柄選定のための質の高い情報を仕入れることができる
  2. 売買タイミングを見定めることができる
  3. ポジションサイジングがしっかりとできる
  4. 相場全体を見通す力が養われている
  5. 苦渋の決断(損切り)ができる

上記の5つの条件を相場を通して取得すること、それを継続的に磨いて行くことが大事になります。いかに一つずつご説明します。

続きを読む

年初来安値とは|注意点と2つの投資手法

nenshoraiyasune_s

「株価が下がって連日の年初来安値を更新!」

投資をしていると上記のようなニュースを頻繁に聞きます。年初来安値を更新しているというのはある銘柄がその年度の中で一番株価が安い状態になっているということを示しています。

しかし、この年初来安値というのは、株価がお買い得になっているという意味ではありません。

とくに投資を始めたばかりの人に多く見られがちなのは、株価が非常に安くなっていると勘違いして年初来安値の銘柄を保有してしまうというパターンです。

このページでは、年初来安値の銘柄をなぜ買ってはいけないのか、そして年初来安値を利益につなげる方法を2つ、具体的にお伝えしていきます。

続きを読む

ストップ高銘柄とは

stopdaka_s

株価が大きく上昇し、その日これ以上の株価をつけられないというところまで買われることをストップ高といいます。

時々株価が10倍、20倍にもなるような爆上げ銘柄の話が話題になりますが、そのような銘柄には多かれ少なかれストップ高を経験している銘柄が多数あります。

そのため投資でおおきな利益を上げる手段の一つとしてストップ高になりそうな銘柄を探し出してあらかじめ保有するという手法が取られます。

もちろん、すでに保有している株式が運良くなんらかの事情でストップ高になれば非常にラッキーですが、実はもっていなくてもストップ高にすでになっている銘柄、もしくはなりそうな銘柄を探し出してタイミングよく保有することで、利益を上げることも可能です。

使い方を間違えずに成功すれば大きな値幅を取ることができます。まずはストップ高の基本を確認しておきましょう。

ストップ高の基本

株式の取引においては、1日の間で株価の制限を設けて過熱化した買い、もしくは売りをいったん落ち着かせようとします。その日の株価の値幅の上限まで買われることをストップ高といい、下限まで売られることをストップ安といいます。

たとえば、前日100円の終値で終了した銘柄があったならば、次の日の取引時間内におけるストップ高は150円になります。このストップ高になる値幅は現在の株価により異なりますので最初の段階で把握してしまいましょう。

下記はカブドットコム証券の制限値幅表です。

stopdaka-3

とりあえずは10000円未満の株価における制限値幅を把握しておけば問題はないでしょう。

さて、先ほどの例で150円まで株価が上昇して、さらにそれ以上株価が上がりそうだと見込まれれば、150円の買い注文や成り行き注文(いくらでもいいから買いたいという注文)が殺到しその日の取引を終えることがあります。

もちろん150円まで株価が上昇してストップ高をつけた後、そこから下落することもありますが、ストップ高をつける銘柄というのは様々な個人投資家により人気を集める爆上げ銘柄に変貌をとげることがあります。

特に時価総額の小さな銘柄はその傾向が顕著です。時価総額が小さいということはそれほど買われていないということであり多くの資金が集まると株価の上昇もそれだけ大きいものとなります。

一つストップ高状態の板の例を見てみましょう。下記の画面はストップ高が付きストップ高価格に張り付いている状態の注文板です。

stopdaka-1

上記の板は504円がその日の値幅制限である引け後の板です。

504円の右側に52000株の買い注文が集まっています。また、画面の上部分には成り行き注文が1507600株集まっています。取引時間が終わりに近づくにつれてストップ高価格でもよいから買いたいという注文が増えるのです。

このいくらでもよいから買いたいという注文が株価を大きく上昇させることがあります。いわゆる一時的な過熱感を持つということです。もちろん過熱感は一過性で終わる場合もありますが、そのまま終わらずに上昇した地点から下がらずゆっくりと株価を押し上げていくこともあります。

それでは、ストップ高の実例をみていきましょう。

ストップ高連発!そのパターンと実例

ストップ高とはその日の取引の上限いっぱいまで買われている人気状態ですが、実際にどのような動きになるのかを実例でみてみることにしましょう。

  1. 取引時間中に値段がつかないまま大引けでストップ高
  2. 取引時間中に右肩上がりで上昇して上限まで買われストップ高、そのまま終わる
  3. 2のパターンでストップ高をつけ、その後売られて上限より下の値段で終わる

おおきく分けて上記3つのパターンが存在します。おなじストップ高でも状況によってその意味合いが変化します。

1 取引時間中に値段がつかないまま大引けでストップ高

このパターンは取引時間中に値段がつかずに買い気配を切り上げてストップ高で終わるケースです。ストップ高として一番強い終わり方で次の日に引き続き上昇する可能性の高いストップ高となります。

チャート上では、ローソク足が一本の横棒のような形となります。非常に強い買い圧力がかかっている状態であり次の日も大きく株価が上昇する可能性があります。直近ストップ高で派手な動きをしたのは、ジーンズ大手のリーバイスです。

stopdaka-2

一時ストップ高6連発という大きな動きを見せました。途中の横棒時点では比例配分での購入以外の方法では買えません。最初から持っていた人はとても運が良い人ですね。

2 取引時間中に右肩上がりで株が上限まで買われストップ高、そのまま終わる

こちらのパターンは取引時間中に値段がつき、株価が右肩上がりに上昇してストップ高まで買われそのままストップ高の価格に買い注文が集まって終わるケースです。ここでも一つ例を見てみることにしましょう。銘柄コード3641パピレスという銘柄の日足チャートです。

stopdaka-4

赤い矢印のついた日が2のパターンにあたる日です。その前日は横棒で終わっているため結局引けまで値がつかない強いストップ高で終わっていますが、次の日も寄り付きから一直線でストップ高になるような動きをしています。

一方チャートの半ばより少し向かって右側、ストップ高を付けた日の翌日に大陰線(大きな下げ)となっているのがわかるでしょうか。その後株価は一時的に低迷していましたが、今回は営業利益が83%以上プラスしたという業績上方修正の発表により株価が大きく買われることになりました。

このパターンも比較的強く、次の日も買いから始まる可能性が高いですが、1ほどの強さはなく場合によっては次の日にそれほど買われずに始まる、もしくは少し売られて始まるということがあります。ただ、値動きはしばらくのあいだは見ておくほうがよいでしょう。

3 2のパターンでストップ高をつけ、その後売られて上限より下の値段で終わる

2のパターンと同じように取引時間中に株価が買われてストップ高価格をつけますが、その後売られて結局ストップ高価格で終わらなかったパターンです。

1や2よりは買いの勢いが弱いですが、一度ストップ高をつけるほど買われていますので、次の日も上値を伸ばすような動きを見せることがあります。ただし、一度ストップ高をつけたあと、前日終値付近まで戻ってくるような強い売りがあった場合には、次の日はおおきく売られることがあります。

なぜならストップ高にいたるまでに多くの投資家がその株式を購入して高値で捕まったまま含み損を抱えた状態に耐え切れずに損切りをしてくることがあるからです。

このあたりは経験的な見極めが必要になるところです。ストップ高銘柄の動きは瞬時の判断が非常に大事でちょっとの遅れが命取りになることがありますので、十分注意して取引を行うようにしましょう。

ストップ高で利益を獲得するための3つの手段

ここまでストップ高に良くある例を提示してきましたが、実際にストップ高を利用して利益を上げるには次の3つの方法があります。

1 比例配分狙いで注文を入れる

もうストップ高になっている銘柄で寄り付きそうもない銘柄に成り行き注文を入れて株を購入する方法です。ストップ高で売る投資家もいますので、その分の株式は抽選により成り行き買い注文を入れている投資家にあてられます。もちろん人気化している状態なので必ず当たるとは限りませんが、注文を入れること自体は無料なので手間を惜しまなければ、運よくストップ高銘柄をゲットすることができます。

ただ気を付けておきたいのは、ストップ高が2発目、3発目での入手は、次の日に売り気配から始まる可能性があります。株式は過熱しすぎると売られるものです。比例配分狙いで買いを入れるならストップ高1発目が一番安全です。

なおネット証券や大手証券よりも、中小証券を利用してストップ高銘柄に注文を入れると意外と高確率で取得できるというのは隠れた裏技です。これも覚えておくとよいですね。

2 ストップ高張り付きを狙って買いを入れる

ストップ高の実例でご紹介した2のパターンにおいて市場がそろそろ終わりそうになってくるとその銘柄がストップ高で終わるかどうかが雰囲気で感じ取れるようになってきます。

ストップ高を何度もつけているような場合には引け(取引時間終了)に向けて一気にストップ高張り付きとなりそのまま終わることがあります。少し高度な技ですが、ストップ高銘柄の動きに慣れたら試してみるのも良いでしょう。

3 株価上昇を見込んでストップ高の次の日に買ってみる

ストップ高となった銘柄は人気状態の株式です。それこそ15%から20%ほど1日で上昇しているため、テクニカル分析でいえばほとんどの指標が「売り」の指示を出すはずです。

しかし実際にはその後何度も大幅上昇を繰り返すことが株式市場では多々あります。

この3つ目の手法は、ストップ高した後も引き続き大幅上昇をする上記のようなケースを見越して株式を買って利益を上げる手法です。リスク管理をとることは必須ですが、成功すれば大きな利益を獲得することが可能となります。

参考)ストップ高銘柄を取引する際の注意点

最後にストップ高銘柄を取引する際の注意点をご説明します。

ストップ高銘柄とは、ある意味で個人投資家の過熱感が最も高まっている状態の銘柄だといえます。悪材料によりパニック的な売りが集まっているのが、パニック的に買いが集まっているのがストップ高なのです。

つまりそのような投資家の注文には冷静さが欠けているといえます。

冷静さが欠けた注文が長いこと続きストップ高が数日間連発したりすると、一転して大口の売りが降ってくるようなときには途端にこれまでの買いがパニック的な売りに回ることがあります。こうなるとストップ高連発による上昇を消してしまうような値動きをすることもあります。

ストップ高銘柄を扱うときには、そのような危険もあることを十分認識したうえで取引をしていくことにしましょう。

まとめ

ストップ高銘柄で利益を上げる方法を3つご紹介しました。

文章だけ読むと簡単に利益を得られると思ってしまうかもしれませんが、いざやってみると知識の他にも経験と徹底したリスク管理をとる姿勢が必要です。

ただ、辛抱強くストップ高銘柄の値動きを読むことでいずれ利益を得られるようになるはずですので、この記事を参考に相場をはってみてください。

ストキャスティクスで株価の天底を見抜く方法と注意点

stochastics_s

株価の値動きを予測するためのツールとしてテクニカル分析という予測方法が存在します。だれでも株式取引をする際に、今持っている株がそろそろ売りなのか、まだ持っていて大丈夫なのか、気になった経験があることでしょう。

そのような株価の短期的な売買ポイントを見つけるために有効なテクニカル指標の一つにストキャスティクスがあります。

株式投資をするなら必須の知識である移動平均や出来高と組み合わせることでより正確に短期的な値動きを予測しやすくなります。

このページでは、ストキャスティクスの基礎と使用法、ストキャスティクスを間違って使用して損しないための知識を解説していきます。

続きを読む

IPO銘柄とは|株価が上がる企業の特徴と投資手法

ipo_meigara_s

「大きく損することなく株価数倍になる銘柄を見つけたい」

通常投資の世界においてそのような願望は夢物語です。大抵大きく上がる銘柄は大きく下がる可能性も秘めているので、リスクとリターンは基本的には同程度です。

しかし、そんな願望が実現するシーンが一つだけあります。それがIPOです。これまで株式市場で取引されていなかった銘柄があらたに市場に上場することをIPO(新規公開株)といいます。IPOの中には、上場すると同時に株価が数倍になるような銘柄が数多く存在します。また上場してから株価が数倍になるような銘柄も見受けられます。

そこでこのページでは、2015年上半期のIPO銘柄の活きの良かった5つの銘柄をピックアップしてランキング形式にしてお伝えします。大きく上昇した銘柄を並べてみることで、どのような銘柄が暴騰するするのかを知ることができます。

また株価が上がる銘柄の特徴と同時に初値形成後の株価の上昇を利益に変えるセカンダリー投資もご紹介します。

続きを読む