IPO株の当選確率を56%に上げた3つの知るべきこと

ipotousen_s

IPO投資を始めたばかりの方が、一番最初に経験する壁がIPO株にどれだけ申し込んでも抽選が当たらないということです。残念ながら、それだけで諦めてしまう方も多くいらっしゃいます。

しかし、下の表をご覧ください。これは私が2015年1月~8月までに応募したIPO株の結果です。

銘柄名 抽選結果
ファーストロジック 当選
キーパー技研 当選
ALBERT 落選
シリコンスタジオ 落選
MKシステム 落選
ジグソー 落選
コラボス 落選
テラスカイ 落選
Aiming 当選
Smedio 落選
リンクバル 当選
Hamee 落選
デザインワンジャパン 当選
ヒューマンウェブ 当選
日本動物高度医療センター 当選
レントラックス 当選
ヘルスケア&メディカル 当選
スマートバリュー 落選
DIT 当選
マーケットエンタープライズ 落選
メニコン 当選
アイリッジ 落選
サムティ・レジデンシャル投資法人 当選
パルマ 当選
イトクロ 当選

 <※2015年に申し込んだIPO株と当選したIPO株、当選しなかったIPO>

このように、基本的なことを意識するだけでIPO株の当選確率を大きくあげることができるのです。そのために知っておくべきことは以下の3つだけです。

続きを読む

株の買い方|発注から板の読み方まで

kabu_kaikata_s

まだ株式投資をしたことのない人にとっては最初の株の購入は文字通り「わからないことだらけ」です。

せっかく銘柄を選べていても、発注をしっかりと行えないと思わぬ高値を掴んでしまったり、出した注文が成約せずに買えずじまいになってしまうこともあります。

株を買うためには、発注画面から銘柄、購入したい値段、購入したい株数、特定口座かNISA口座かなど様々な条件をつけて発注を行う必要があります。株の買い方一つとってみても基本をおさえて投資を行わないとせっかく得られるかもしれない利益を逃してしまうことにもつながります。

そこでこのページでは株の発注方法の実例から、値段ごとの発注の種類、注文時の基本である板の見方、投資法別の発注の方法という順で初心者にお伝えすることにします。

続きを読む

株のスクリーニングとは|儲かる株の見つけ方

kabu_screaning_s

投資をしている人なら誰しもこれから大きく上がる株式を見つけ出して投資をして、資産を大きく膨らませたいと思うものです。確かに株で大きな成果を上げ続けるためにはこれから上がる銘柄を的確に選び抜くことが第一条件です。

しかし、初心者にとって数千もある銘柄の中から厳格な基準に基づいて銘柄を選び抜くことは至難の業です。

これから上がる銘柄を探す際には、一般に企業が発表する業績予想やニュースを掲載した投資サイト、証券会社が提供するチャートなど様々なツールを複合して使用する必要がありますが、これらをイチから確認して銘柄を探すのは本当に大変なことなのです。

しかし「スクリーニング」という機能を使うことで銘柄を的確に余すところなく選び抜くことができます。

このスクリーニングは条件さえ整ってしまえば、あとはその条件に沿って銘柄を絞り出すことで自動的にコンピュータによって銘柄を選別することができるのです。効率的にスクリーニングをすることで、底値から株価が10倍以上にもなるようなお宝株が発掘できることすらあるのです。

そこでこのページではこれから上昇しやすい銘柄を発掘するためのスクリーニングの仕方や銘柄選別した後のチェック事項などをまとめてお伝えします。

続きを読む

株で成果を出す人はやっている株式売買シミュレーションの具体的方法

kabu_simulation_s

株式投資を始めたばかりのことには何の目的も持たずになんとなく上がりそうな銘柄を買ってなんとなく上がるのを待つという投資をしてしまう人が多いです。

しかし、その投資法を続けていくと、市場から撤退せざるを得ない状況となる可能性が高くなります。

投資を始めるにはそれなりの手順というものがあり、もちろん投資本やセミナー、ウェブサイトなどで投資法を学ぶことももちろん大事ですが、なにより大事なのが株式投資のシミュレーションです。

しっかりとシミュレーションを行って、自分がこれから行う投資がどれくらいのリターンや損失を生み出すか、なぜ勝ったり負けたりしたのかを考えておく必要があるのです。

投資で利益を上げるということは、このシミュレーションの繰り返しと言っても過言ではありません。

今回の記事では初心者向けのシミュレーションの仕方を解説していきます。実践的な内容とする為に事例も入れていきますので参考にしてください。

続きを読む

【入門】上がり続ける米国株の基本的知識と魅力的な3つの銘柄

beikokukabu_s

「ニューヨークダウが堅調に推移。日本株にも好影響を与えそうだ!」

日本の株式を取引している人なら何度も上記のような話を聞いたり読んだりしたことがあるでしょう。実際に、株式投資関係者やトレーダー、証券会社に勤めるものまでほぼ全ての株式投資関係者が米国の株式動向を気にして、チェックします。

米国が失速すれば世界が失速し、日本も失速する。

世界経済の中心的存在としての役割を果たしているのが、米国株なのです。これまで米国株についてなんとなくはしっていたけど、ダウの値段の上げ下げくらいしか興味がなかったという人は米国株のもう少し深いところを知っておきましょう。実は米国の個別銘柄の中には上場以来右肩上がりで上昇を続け数十年増配をし続けている銘柄があることにきっとびっくりするかもしれません。

このページでは、米国株を構成する各銘柄の解説に的を絞って米国株の基礎知識やその魅力を解説していきます。

続きを読む

新高値銘柄とは?メリットと見つけ方

shintakanemeigara_s

この記事では「見つけた新高値銘柄を具体的にどのような作業をして、ファンダメンタル面の検討をし、投資対象として絞っていくか?」について書いてみます。

いろいろ投資候補は見つけたものの、20も30も出てきて、どれに投資していいかわからない!

そんな疑問を解消していきます。

※参考記事:新高値を用いて大化けする株を探す具体的な方法

ここでは、私が具体的にどのようにファンダメンタル面を検討しているかについて、日本ライフライン(7575)で実際に行った検討を例にして説明したいと思います。ぜひ参考にしてみて下さい。

続きを読む

オプション初心者がLEAPSで簡単に利益をあげるための4つの手順

leaps

「オプションの初心者でも簡単に利益をあげることができる方法を教えてください」と言われたときに、まず思い浮かぶのはLEAPS戦略です。

LEAPS戦略は、LEAPSと呼ばれる期間の長いプットオプション売るというシンプルなものですが、とても効果的な戦略です。特に、オプションを始めたばかりの方が、てっとり早くオプションで利益をだせるようになるのに、お勧めの方法です。

この記事を読めばオプション初心者でも4つの手順で簡単に利益をあげることができるようになりますので、ぜひマスターしてください。

続きを読む

IPO投資で会社員が9ヶ月で250万円稼いだ具体的な2つの方法

kaishain_s

私達会社員にとってこの不景気な世の中、あまり給料は増えないですよね。

それでもより多くのお金があれば、もっとやりたい生活ができるのに悔しく思われているはずです。

私個人としてぜひともお勧めしたいのがIPO投資です。

うそのように思われるかもしれませんが私はIPO投資を実践して、2015年の9ヶ月間で250万円の利益をあげています。また、厳密にはIPO投資とはいえないかもしれませんがIPOのセカンダリー投資をして、同じ9ヶ月で1014万円の利益をあげています。

私の給料は雀の涙程度ですので、IPO投資の収益のほうが大きいです。

あまりにもうまい話に聞こえてしまうかもしれませんが、この記事では一般的な勤め人である私がIPO投資を活用して、これだけ稼いでいる具体的な方法をお伝えします。

ご紹介する方法は2つだけです。

それは

  • 公募割れしない銘柄を選ぶ。
  • IPOセカンダリー投資で収益機会を増やす。

です。

是非、あなたもこの記事に書いてある通り、実践してみてください。
私もここに書いてある記事で書いてあることしか実践していません。

続きを読む

長期投資とは|バフェット流の投資方法で儲けられるか?

choukitoushi_s

株式投資の神様といえば「ウォーレン・バフェット」と応える投資家がほとんどだと思われます。

もし株の長期投資で成功したいのであれば、投資家としてもビジネスマンとしても長期投資で超一流の実績を残したバフェットの方法をすこしでも取り入れたうえで投資を行っていきたい投資家がたくさんいるのも事実です。

ただ、日本の株式市場でバフェット流を貫いて儲けられることはほとんどありません。

実は、アメリカの株式市場の動きと日本の株式市場の動きは根本的に異なっているため、バフェットのやり方を真似てみても投資できる確率は低いのです。

このページでは、バフェットの人物像と投資スタイルを解説したのち、なぜその投資法が日本の株式市場で通用しないのかを解説していくことにします。

続きを読む

個人投資家でも利益をあげやすい「株式オプション」とは

kabu-option

ひとことにオプションといっても、実は様々な種類があります。

このサイトで紹介している手法で主に使うのは「証券オプション」に分類される「株式オプション」と「ETFオプション」ですが、他にも「通貨先物オプション」や「金利先物オプション」といったものも存在しています。

なぜ、このサイトで紹介している手法では「株式オプション」と「ETFオプション」を使うかというと、これらのオプションは他の種類のオプションとくらべて個人投資家が利益をあげやすい仕組みだからです。

ただ、その他のオプションの種類についても基本的な知識を知っておくことは今後のオプションの学習に役立つはずです。  

そこで、今回は様々な種類のオプションを網羅的にご紹介します。

続きを読む