• このエントリーをはてなブックマークに追加

資産から利益の割合を推し量るためのROAの基礎知識と使用法

881520_s

企業は基本的には利益を生み出すために活動しますが、その活動の源泉は企業の資産です。

そしてその資産から実際に利益を効率よく生み出せているかどうかをはかる指標があり、その指標のうちの一つにROAがあります。

最近話題のROEによく似た名称ですが、両者はにて非なるものです。

ROEに比べて軽視されがちですが、ROAは会社の資産全体からの収益の大きさの割合を考えるために必要な指標であり、ROEから株式を見るのとはまた異なる視点で企業を見ることができます。

そのため、ROEとセットで覚えておくことで効率よく収益を出している企業を多角的に判定することが可能となります。

ROAとは

ROAは、return on assetsの略で、別名総資産利益率といいます。ROEと名前がよく似ていますが、分母が若干異なります。計算式にすると以下の通りになります。

ROA=純利益÷総資産

ROE=純利益÷自己資本(総資産-負債)

計算式だけ並べるとわかりづらいので、図で説明すると以下の通りになります。

簡単に見ると上記のようになります。ROEの方が、借金なしにどれくらい利益を出しているのかをはかるもののため特に海外投資に利用されるものです。

ROAは銀行からの借り入れや社債など返済しなくてはならない負債を自己資本に加えて、つまり総資産からどれくらいの利益を出せているかをはかるための指標です。

ここで、分子の利益を純利益するか、その他の利益にするかという問題が生じますが、純利益にするのが一般的です。ただし純利益には、特別利益や特別損失なども考慮されるので、異常な利益の増減があった場合にはその点を考慮する必要はあります。

ROEは大体15%あると優秀だと言われ、ROAは10%以上で優秀だと言われます。

ROAの具体的な使用法

ROAはどう使えばいいのか。

ROEと同じように持っている資産からどれくらいの収益を生み出しているかで企業の力をはかることはできます。ちなみにROAとROEの数値基準は以下の通りになります

ROA

  • 優 10以上
  • 良 5以上
  • 普 1~2以上

ROE

  • 優 15以上
  • 良 10以上
  • 普 3以上

となります。ROAの方が、負債を純資産に加える分分母が大きくなるため数値が低くなります。

ちなみにROEであれば、最近は特にJPX400などで注目されていることもあり、一見重要だと思われがちですが、実はROAにも、ほかの金融商品の利率と比較が可能だという重要な使い途があります。

簡単にいうと、ROAがたとえば1%の企業があったとして、そのほかの金融商品、たとえばROAが1%の企業へと投資するより2%以上の利回りの商品があったとしたら、そちらへ投資をしたほうが投資効率が良いと判断できます。

そのため、ROAが高いか低いかを確認した上で長期での投資を検討するというのも一つの手ではあります。

まとめ

手持ちの資産からどれくらい利益が出ているか、その収益性を見る指標というのは海外の投資家も注目する重要指標です。

ただし、くれぐれもROEと知識の混同が起きないように、ROEと合わせて一緒に押さえておくようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

投資の教科書の購読はfacebookが便利です。

Twitter・RSSでも購読できます。