• このエントリーをはてなブックマークに追加

IPO投資で収益率26.6%の成功例!絶対知っておくべき2つのノウハウ

secondary_s

IPO投資で得る利益を最大化するために抑えておくべきことはたった2つだけです。

それは、

・公募割れしない銘柄を選ぶ。
・IPOセカンダリー投資で収益機会を増やす。

です。

私は、2015年8月25日現在、前者のIPO投資で248万円、後者のIPOセカンダリー投資で1014万円の利益を得ています。

  • 抽選で得たIPOの損益
銘柄名(コード) 公募価格 株数 売却価格 利益
ファーストロジック(6037) 1770 100 2850 10.8万円
ショーケースティービー(3909) 1800 100 5290 34.9万円
Aiming(3911) 920 500 1280 18万円
リンクバル(6046) 2400 100 3070 6.7万円
デザインワンジャパン(6048) 2750 100 4150 14万円
キーパー技研(6036) 2120 100 3160 10.2万円
ヒューマンウェブ(3224) 1800 100 2010 2万円
日本動物高度医療センター(6039) 1130 100 1630 5万円
レントラックス(6045) 1750 100 2680 9.3万円
ヘルスケア&メディカル(3455) 110000 10 170000 60万円
DIT(3916) 1300 100 4500 32万円
メニコン(7780) 1700 300 2950 37.5万円
サムティ・レジデンシャル投資法人(3459) 102000 18 94000 ▲14万円
パルマ(3461) 1350 200 2490 22.8万円
      合計  248.4万円
  •  IPOセカンダリーの損益
銘柄名(コード) 買付価格 株数 売却価格 利益
U-NEXT 3950 500 7278 166万円
マークラインズ 2518 1100 4379 204万円
エクストリーム 5325 400 9180 154万円
GMOテック 6700 200 7800 22万円
CRIミドルウェア 10120 100 10800 6万円
フルッタフルッタ 3960 300 3680 ▲8万円
アルベルト 5750 400 6925 47万円
シリコンスタジオ 9900 100 14000 41万円
ファーストロジック 2280 1000 2400 12万円
コラボス 8300 300 7820 ▲14万円
エムケイシステム 15120 100 16200 10万円
モバイルファクトリー 2812 500 3020 10万円
シンデンハイテックス 3070 300 3845 23万円
RSテクノロジー 2100 500 2316 10万円
コラボス 5850 300 7050 36万円
日本動物高度医療センター 1570 600 2040 28万円
CRE 3100 300 3300 6万円
サンバイオ 1710 1000 1816 10万円
イード 1793 1000 1891 9万円
sMedio 4020 500 4800 39万円
海帆 1480 1500 1352 ▲19万円
Hamee 3600 500 3600 0円
テラスカイ 7283 300 13000 171万円
リンクバル 2756 1000 3270 51万円
      合計  1014万円

いかがでしょう?

この2つをしっかりと理解してIPO投資に臨むことで誰でも比較的高い確率で、このような利益を得ることができるようになります。今回は、この2つの方法をご紹介しますので、

是非、参考にしてください。

公募割れしない銘柄の選び方

「IPO投資とは投資初心者でも年間数百万円の利益を得られる理由」でもお伝えした通り、IPO投資とは、これから上昇する株を上場前に手に入れることによって、上場後の大きな値上がり益を得る投資方法です。

上場前に投資家が、当該企業の株式を購入する時の値段を「公募価格」といいます。そして、上場後に最初につく当該株式の株価を「初値」といいます。

つまり、IPO投資では、公募価格より高い初値がついた時に利益になり、公募価格より低い初値がついたら(=公募割れ)損失になるということです。

さて、ここで質問です。

日本では毎年、多くの企業が上場します。そのうち、初値が公募価格を上回る銘柄の割合がどれだけあるでしょうか。

下の表をご覧ください。

  公開数 公募価格より高い 公募価格と同じ 公募価格より安い 勝率
2004年 175 165 3 7 94.3
2005年 158 151 4 3 95.6
2006年 188 159 9 20 84.6
2007年 121 89 3 29 73.6
2008年 49 20 3 26 40.8
2009年 19 13 2 4 68.4
2010年 22 10 3 9 45.5
2011年 36 19 3 14 52.8
2012年 46 36 0 10 78.3
2013年 54 52 1 1 96.3
2014年 77 60 1 16 77.9
2015年 49 44 1 4 89.8
        平均 74.8

 これは、2004年~2015年(2015年は7月末まで)に行われたIPO数に対して、

それぞれ、

  • ・初値が公募価格を上回った企業数
  • ・初値と公募価格が一緒だった企業数
  • ・初値が公募価格を下回った企業数(これを「公募割れ」といいます)

を計測したものです。勝率は公募価格より高い初値がついた企業数を全体のIPO数で割ったものです。

この12年間の傾向を見てみると、初値が公募価格を上回っているケースが全体の74.8%に及びます。また2008年から2012年頃までは日本経済は、冷え込んでおり極端な不景気でしたのでIPO数、勝率とも極端に低い水準になっています。

この極端に勝率が低い不景気の5年間を除くと勝率は87.4%になります。今後、日本は東京オリンピックを控えていることもあり、しばらくは景気は回復傾向になることが予想されています。

つまりIPO投資は、比較的高い確率で利益を手にすることができるのです。また、IPO投資においては、どの銘柄が公募割れするか高い確率で予測することができます。その方法を知っていれば、さらに勝率を高めることができます。

早速、そのテクニックをお伝えします。

1.1公募割れしない銘柄を選ぶ4個のテクニック

公募割れしない銘柄を選ぶテクニックは全部で4個あります。

  • ・公開株数が少ない銘柄を選ぶ
  • ・全て売り出しの銘柄は避ける
  • ・仮条件の上限で公募価格が決まらない銘柄を避ける
  • ・業績が不振な銘柄は避ける

1.1.1公開株数が少ない銘柄を選ぶ

実例をもとに解説させて頂きます。下図をご覧ください。
secondary1

 ※トレイダーズウェブより

これは2015年7月のIPO銘柄です。

この中で、デクセリアルズだけが公募割れをしていて、平山とアイリッジは公募価格を大きく上回る初値がつきました。もし、平山が当選していたとしたら100株で約6万円の利益になりますし、アイリッジに至っては100株でも約51万円の利益になります。

このデクセリアルズと、アイリッジ及び平山の公開株数を確認してみましょう。

アイリッジは379,500株、平山は483,000株ですがデクセリアルズは54,049,000株と2社よりも100倍多い株数です。

IPO投資では、公募に当選した株主が、初値がついた直後にその株式を売却しようとします。つまり公開株数が多ければ多いほど、上場直後の売り圧力が強くなり、公募割れの確率が高くなるということです。

1.1.2全て売り出しの銘柄は避ける

IPOは公募と売り出しがあります。

  • ・公募=新しく発行した株を投資家に提供し資金調達をすること。
  • ・売り出し=創業者など大株主が保有する株の一部を投資家に提供すること

大抵のIPOは公募株が多いですが、中には売り出しの株だけの企業があります。その場合、一部の株主の益出しという印象が強いため良い評価はされません。

この手のIPOは公募割れするケースが多いです。

下図をご覧ください。 直近に新規上場した売り出しのみのIPOです。

銘柄名 売り出し株数 公募価格 初値
デクセリアルズ 49,363,000株 1600円 1550円
テクノプロ・ホールディングス 23,700,000株 1950円 1852円
西武ホールディングス 27,826,000株 1600円 1600円
ジョイフルホンダ 3,814,600株 2700円 2650円
日立マクセル 35,227,700株 2070円 1971円
日本航空 175,000,000株 3790円 3810円
第一生命保険株式会社 7,106,170株 140,000円 160,000円

 この中で4銘柄が公募割れしています。

IPOを申し込む時に公募と売り出しの割合をチェックして下さい。

1.1.3仮条件の上限で公募価格が決まらない銘柄を避ける

IPOの公募価格が仮条件の条件で決定しないケースがあります。

これはブックビルディング期間中に仮上限の上限での申し込みが少なかったために発生するケースですが、それだけ人気がなかったことが考えられます。

例えば、2014年のIPOを見ると

  • ・仮条件の上限で公募価格が決まったIPOは72社
  • ・仮条件の仲値で公募価格が決まったIPOは1社
  • ・仮条件の下限で公募価格が決まったIPOは4社

人気がないIPOは上昇する際にも買われない傾向があるため、

公募割れしている銘柄が多いです。

下図は2014年に仮条件の下限で公募価格が決まった4社です。

銘柄名 仮条件 公募価格 初値
メタウォーター 2,400-2,550 2,400円 2,256円
すかいらーく 1,200-1,450 1,200円 1,200円
西武ホールディングス 1,600-1,800 1600円 1600円
ジャパンディスプレイ 900-1,100 900円 2650円

公募割れの銘柄が2銘柄で、公募価格と同値が2銘柄です。

仮条件を下回って公募価格が決まった銘柄には注意しましょう。

1.1.4業績が不振な銘柄は避ける

直近の業績が赤字の会社は投資家に好まれませんので赤字が続いているような企業は

避けることをお勧めします。

2.IPOセカンダリー投資をマスターする

ここまでは、上場前に公募価格で株式を取得し、上場後の初値で売却することにより値上がり益を獲得するという最も基本的なIPO投資の勝ち方をご紹介してきました。

これは、非常に強力な方法で、投資初心者でもすぐに実践可能なものです。

しかしIPO投資には一つ大きな弱点があります。それは収益機会が安定しないということです。例えば、IPO数、勝率ともに不景気の時は減少します。また景気が安定または右肩上がりの年でも月によってIPO数は大きく異なります。

下図をご覧ください。

  1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 合計
2009 0 0 6 1 0 2 1 0 4 1 1 3 19
2010 0 0 6 2 0 4 1 0 2 1 0 6 22
2011 0 0 7 0 0 6 2 1 3 6 1 10 36
2012 0 1 6 4 1 4 3 1 3 5 4 14 46
2013 0 4 9 2 0 5 4 2 3 3 5 17 54
2014 0 1 11 6 1 7 4 0 8 7 4 28 77
2015 0 6 15 12 0 10 6           49

※2009年1月~2015年7月までの月ごとのIPO

これは2009年以降のIPO数を月ごとにまとめたものです。1月、5月、8月は極端に少なくなることが分かります。

IPOは証券会社の抽選に申込み、当選した時に得ることができますが、この抽選に毎回当選することは期待できません。また、上記のようにグレーゾーンの月ではIPO自体がありません。

つまり、IPO投資は収益機会が限られるのです。

ここで有効なのが、例え、IPOに当選しなくても収益を得るためのセカンダリー投資です。セカンダリー投資とは、IPO銘柄が上場した後の、大きな値動きを利用して利益を得る方法です。

例を見てみましょう。

以下はクレステックという2015年7月に上場した銘柄です。
secondary2

当銘柄の公募価格は960円でした。初値は公募価格を82%上回る1751円でした。この銘柄は、初値をつけた後、1500円を割り込みましたた。しかしその後、4日間で2,500円まで値上がりしています。

私は、IPOセカンダリー投資の銘柄に特有の、値動きの大きさを活かして、利益を得ています。

このセカンダリー投資は、通常のIPO投資を比べてより多くの知識やスキルを必要とするので、全ての投資初心者におすすめしているわけではありません。しかし、それでも通常のデイトレードなどと比べて、株価の動きを予測しやすいため、是非、投資初心者の方にも知って頂きたいと思っています。

IPO投資で、より多くの収益機会を求めるなら、とても有効です。

そこで、ここではIPOセカンダリー投資で勝つためのテクニックを全てご紹介します。あなたに知っていただきたいのは下記の4個のテクニックです。

  • ・需給を知る
  • ・初値買い
  • ・公募割れ
  • ・超小型IPO

それでは、早速一つ一つ解説していきますね。

2.1 需給を知る

IPOセカンダリーは企業の株主構成に注意する必要があります。そこで、需給に関わる大切な要素として「VC」と「SO」をおさえましょう。

「VC」とはventure capital=ベンチャーキャピタルの略称ですが、ベンチャーキャピタルは、投資家から資金を集めファンドを組成し、未公開の企業に投資をします。企業の育成・経営支援をして株式公開に導きます。

続いて「SO」です。SOはstock option=ストックオプションの略称ですが、このストックオプションとは会社が取締役や従業員に対して、あらかじめ定められた価額(権利行使価額)で会社の株式を取得することのできる権利を付与し、取締役や従業員は将来、株価が上昇した時点で権利行使を行い、会社の株式を取得し、売却することにより、株価上昇分の報酬が得られるという一種の報酬制度をいいます。

「VC」も「SO」もIPOの公開株数には含まれず、上場後にすぐに売却しても良いケースがありますので、「VC」と「SO」が多い銘柄は注意が必要です。

それでは、2015年6月に上場したファンデリー(3137)のVCとSOを例にとってお話します。

VCの例

secondary3

この銘柄は公開株数が1,006,000株ですがVCだけで588,000株ありますので、ベンチャーキャピタルが公開株数の半数以上も保有していることになります。

続いてストックオプションに注目します。

  • ストックオプション

総会決議           対象株数(株)             行使価格(円)             行使期間

2014-03-12         170,100              134       (自)2016-04-01~(至)2024-02-29

総会決議とはストックオプションが付与された日、対象株数は付与された株数です。

この場合、行使期間は2,016年4月1日以降なので、上場時は2015年6月ですから、ストック・オプションの権利を持つものは行使できませんので、上場時のリスクはありません。

このようにIPOのセカンダリーは上場後に売りに出てくる株数がどれくらいあるのか、その潜在する株数を知っていれば有利に投資を行うことができます。

2.2 初値買い

IPOセカンダリーで効率よく利益を狙う方法として「初値買い」があります。

IPOは公募価格を起点にして特別買い気配、特別売り気配のいずれかでスタートします。

そして、買い株数と売り株数の注文数が一致した時に初値がつきます。

※下図は上場日の特別買い気配 
secondary4

「初値買い」は文字通りIPOを初値で買うことですので、IPOが初値をつけてから値上がりする銘柄なのか見極めなくてはなりませんが、この見極めのポイントには騰落率を使います。

(騰落率とは、ある期間の始めと終わりとで価格がどれだけ変化したかを表すものです。例えば、価格が100円の運用商品が110円になれば10%の上昇、90円になれば10%の下落となります。)

こちらをご覧ください。

<A>

銘柄名 初値形成日 始値 高値 安値 終値 高値騰落率
アキュセラ 2014年2月13日 2,300 2,450 2,254 2,255 6.5%
みんなのウェディング 2014年3月25日 3,560 3,675 3,105 3,215 3.2%
ホットマン 2014年3月20日 871 999 739 767 14.7%
白鳩 2014年4月23日 760 770 682 682 1.3%
東武住販 2014年5月22日 1,400 1,423 1,275 1,275 1.6%
ニュートンFC 2014年6月16日 3,065 3,450 3,065 3,180 12.6%
ムゲンエステート 2014年6月18日 1,320 1,360 1,210 1,211 3.0%
VOYAGE GROUP 2014年7月2日 3,360 3,500 3,230 3,285 4.2%

<B>

銘柄名 初値形成日 始値 高値 安値 終値 高値騰落率
サイバーリンクス 2014年3月7日 6,550 6,790 5,550 5,550 3.7%
エンバイオHD 2014年3月13日 1,311 1,611 1,311 1,611 22.9%
DLE 2014年3月26日 2,412 2,462.01 1,911.99 1,911.99 2.1%
サイバーダイン 2014年3月26日 8,510 10,010 7,950 9,600 17.6%
エスクローAJ 2014年3月31日 8,090 9,590 6,660 9,590 18.5%
フィックスターズ 2014年4月24日 9,040 10,540 8,960 10,540 16.6%
フリークアウト 2014年6月25日 7,000 7,640 6,500 7,030 9.1%
メドピア 2014年6月27日 9,250 10,000 8,880 9,400 8.1%
レアジョブ 2014年6月30日 3,155 3,855 2,900 3,855 22.2%
鳥貴族 2014年7月10日 6,180 7,180 6,100 7,180 16.2%
イグニス 2014年7月16日 8,400 8,720 7,050 7,900 3.8%

それぞれ上場日当日の始値(初値)、高値、安値、終値を記載しています。高値騰落率というのは初値からいくら値上がりしたのかを表しています。

Aの銘柄は公募価格に対して初値の騰落率が100%未満の銘柄です。

そして、Bの銘柄は公募価格に対して初値の騰落率が100%以上の銘柄です。

(公募価格とは証券取引所に新規に公開する株式を投資家が購入する際の価格。)

IPOの初値は人気投票のような要素をもちますので人気のある銘柄は公募価格に対して初値が100%以上の水準で決まり、さらに初値から大きく値上がりする傾向があります。一方、100%以未満の銘柄は公募価格に対して大きな値上がりもなく初値がついていますので、そこまで人気化しなかった可能性があります。

この点に注目して初値が公募価格比100%を超える銘柄は買いで入ります。

ここで過去の実例をお話しします。
secondary5

この銘柄はシリコンスタジオといいます。主にオンラインソリューション等を提供する開発推進・支援事業、コンシューマーゲーム、スマートフォンゲームの開発・販売を行うコンテンツ事業、クリエイティブ業界に特化した人材事業などを行っている会社ですが、公募価格4,900円に対して初値は100%を超える9,900円でした。

そこで、初値の9,900円100株買い付け、翌日14,000円で売却しました。

このようにある程度人気化したIPOは初値で買い行くことで利益を狙うことができますが、利益を確定する目安と損切りをする目安は予め決めておくことをお勧めします。

2.3 公募割れ

公募割れとは公募価格より安い値段で初値がつくことです。

IPOは公募価格が割安に設定されていますが、公募売出数の多い銘柄や人気化しない銘柄は買いが入らないため、公募価格を下回って初値がつくケースがあります。

この公募割れのポイントは初値が公募価格を下回っていることで、IPOを抽選でもらっている人がみんな損をしているということです。そのため、公募割れする銘柄は我先に売却して損切りをするために予想外に公募価格を下回るケースがあります。

実は結構な収益機会になります。いくつか事例を取り上げてご紹介します。

  • RSテクノロジー
    secondary6

 RSテクノロジーは公募価格2,750円に対して初値は2,100円でした。公募価格を23.6%も下回っています。初値の2,100円で500株買い付けして、その後のリバウンドの2,316円で売却しました。

  • サンバイオ
    secondary7

 サンバイオは公募価格2,000円に対して初値が1,710円でした。公募価格に対して14.5%も下げていることになります。初値の1,710円で1,000株買い、1,816円で売却しました。

2.4 超小型IPO

IPOで企業が資金調達する金額は市場によって違います。東証1部の大型株であれば数百億円~数千億円の規模になりますが東証マザーズの企業であれば数億円~数十億円の規模です。

東証1部と東証マザーズでは時価総額の基準が大きく違いますのでIPO時の資金調達額が違いますが中にはもっと小さな資金調達額のIPOがあります。

1億円~3億円という規模です。

この手の企業は東証マザーズではなく、札幌証券取引所の新興市場アンビシャスや名古屋証券取引所の新興市場セントレックス、福岡証券取引所の新興市場Qボードなどに上場するケースがほとんどです。

なぜなら、上記の3市場の上場審査基準は東証マザーズよりも緩和されているからです。

  • ・札証アンビシャス:時価総額 基準なし、株主100人以上
  • ・東証2部:時価総額3億円以上、株主200人以上
  • ・福証Qボード:時価総額3億円以上、株主200人以上

下記は地方市場に上場した銘柄です。
secondary8

エコノスや日本PCサービスの資金調達額は1億円台ですがグランディーズに至っては、

1億円にも満たしません。実はこのような企業がIPOのセカンダリーには1つの収益機会になるのです。

なぜなら、1億円~3億円程度の小型株なわけですから値動きはとても軽いので、短期売買に向いているからです。事例をご紹介します。

◎日本PCサービスの事例

同社は東海東京証券が主幹事の案件でした。公募の株数は250,000株で公開価格は480円なので公開価格時点での資金調達額は1.38億円です。そこで同社が上場時にセカンダリーの売買を考えました。以下がその時の結果です。

※日本PCサービス 上場直後のチャート
secondary9

 初値8053000株買い付け → その後、925円で売却

2~3日で1,300円まで値上がりしました。

地方の証券取引所に上昇する銘柄を売買する場合、2点注意して頂く点がございます。

1点は証券会社によっては取引できない会社があるという点です。例えばネット証券でもSBI証券なら取引が行えますが楽天証券では取引ができません。

(他にカブドットコム証券、マネックス証券も取引できます)

2点目は出来高です。地方市場ということもあり出来高が上場したての頃から減少していきますので注意しましょう。

まとめ

IPO投資で利益をあげることは抽選に当選することだけではありません。今回、お伝えしたセカンダリー投資でも十分利益を得ることができるのです。そのヒントに需給に注目することをお伝えしましたが、IPO投資には欠かせないキーワードです。

なお、投資する銘柄についてはいくつか気になるIPO銘柄をピックアップして頂き、その上で今回の内容を参考にして頂き、IPO投資に役立ててみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 IPO

無料動画セミナー:会社員の私がIPO投資で年間数百万以上の利益を得ている方法の全て

20150928dvd_package


IPO投資は「やるだけ無駄だ」とか「当選しない」という声をよく聞きますが全くそんなことはありません。


私がIPO投資を始めたのは8年前からですが、毎年大きな利益を得ており、
昨年は公募を獲得して得た利益が555万円、IPOが上場してから売買するセカンダリーでは1700万円の利益でした。
IPO投資に特化しただけで2000万円以上の利益をあげています。


このWEBセミナーでは、IPO投資で勝つために必要な具体的なテクニックを余すところなく説明致します。


私のIPO投資は非常に再現性が高い方法だと思います。


なぜなら、実際にこれまで私のIPO投資法を実践した方々から成果をあげた報告を沢山頂いているからです。


下記は、その報告の一部です。
----------------------------------------
柳橋様


毎回結果に直結できるような情報をありがとうございます。
柳橋塾に入る前は投資対象・売買タイミングが全く分からずかなり損失を出していましたが、
入塾後は先生のおかげで損失も埋めて利益を出すことができています。
セカンダリ含めたIPO戦略は本当に素晴らしいですね!本当にありがとうございます。


特にPXBではシークレットセミナーからお世話になり、
先日の高騰時の売却益含め35万の利益を出すことができました。
(まだ100株保有してますが)
----------------------------------------
柳橋様


いつも有用な情報をありがとうございます。
ブランジスタで160万の利益が出せました。
昨年上場日に400株購入、半分は早々に売ってしまいしたが、
残りはずっと持ち続け、マザーズバブルで月曜日には30倍ほどに膨らみました。
月曜のストップ高からストップ安するのを見て、半年ホールドしていた残りを8500円程度で利益確定。
15倍の利益になりました。
----------------------------------------


良い話過ぎて信じられないかもしれませんが、
ぜひ、私のWEBセミナーをご覧になってみて下さい。そして実践してみて下さい。


驚くほど多くの利益を得られるようになることをお約束します。


無料WEBセミナーに参加する

The following two tabs change content below.
柳橋義昭

柳橋義昭

IPO投資を中心にイベント投資なども実践する兼業トレーダー。 IPO投資については証券会社にてIPOの業務に携わっていた経験や証券ディーラーだった経験を活かして独自の攻略法を構築し抽選や裁量配分の収益よりもセカンダリーの収益の方が大きい。

投資の教科書の購読はfacebookが便利です。

Twitter・RSSでも購読できます。