• このエントリーをはてなブックマークに追加

専業投資家として長期的に成功するために知っておくべき3つの知識

sengyoutoushika_s

「投資で生計を立てて気兼ねなく自由に生きていくことはできないだろうか」

現在、会社員の身なのであれば上記のように考えたことがある人もきっと多いことでしょう。時々雑誌やテレビなどでも億を超える資産を築き一国一城の主として自宅で悠々と投資生活をする人たちの姿を見て憧れを抱いてしまうことも多いことでしょう。

確かに彼らの生活は自由に見えると同時に華やかな雰囲気を持っているので純粋に憧れるままに彼らのような生活を目指してしまう人も多くいますが、生き残る人は非常に少ないです。

この投資をすることで生計を立てている人のことを専業投資家といいますが、実は専業投資家になるにも専業投資家として生活を維持することも大変な努力をする必要があることはあまり知られていません。

そこでこのページでは、長期的に専業投資家として成功するための具体的な知識をご紹介します。

専業投資家の1日とは

専業投資家は、自分で自分を雇っている状態なので基本的には1日を自由に使うことができます。ただ多くの投資家が動く時間帯というのは決まっています。

株式市場が始まる1時間から1時間半まえほどから専業投資家の多くは1日の仕事に向けてせかせかし始めるのです。典型的な専業投資家の平日のタイムテーブルは次のようになります。

7:30~8:59 朝飯を食べながら朝の市場ニュースのチェック&寄付き前の株式注文状況のチェック
9:00~10:00 株式投資家が一番忙しく注文を出す時間帯
10:00~11:30 市場が落ちつく時間帯、一息つける&ツイッターなどチェック
11:30~12:30 市場も閉まりランチタイム。先物の値段をチェックしながらお昼を食べる
12:30~14:00 後場の動きを確認しながら取引&ツイッターなどチェック
14:00~15:00 後場が閉まるまで動きが激しくなっていく時間帯、ここで新しく株を買ったり売ったりして次の日に持ち越すかどうか決める
15:00~18:00 その日の取引の確認、反省をノートに書く。明日のための戦略を立てる、体がなまってしまうので運動をしたりするのもこの時間帯
18:00~22:00 自由時間(ご飯を食べたり風呂に入ったり、好きなことをして過ごす)

程度の差はあれど上記のようなスケジュールになります。パソコンを前にずっと座っているためリラックスできる環境を整えている専業投資家がほとんどです。(良い椅子を買ったり、アロマを焚いたり)。でいるだけ良い環境を整えることは集中して投資を行うための先行投資として意味があるのです。

また、健康状態が悪かったりスランプ時には相場を休むこともできます(もちろんこの間の収入はありませんが)。あくまで自分の行動で全てが決まるのが専業投資家の厳しい世界なのです。

長期的に専業投資家として成功するために

専業投資家は投資で生計を立てる人のことをいいます。ちなみに会社員兼投資家のことは兼業投資家といいます。専業投資家になるには、最低でも次の3つを備えておく必要が有ります。

  1. 投資で生き残るための技術を身につけておくこと
  2. 生活資金と投資用の余裕資金の用意
  3. 常に心の余裕を持っておくために

1 投資で生き残るための技術を身につけておく

生き残るための投資技術と大きく儲けるための投資技術は似て非なるものです。投資で生き残るにはただ、儲けることができればそれで良いというわけではなく、一発退場になってしまうほどの損失を受けないことが必要だということです。

例えば、最近(2015年10月1日現在)でも資産を大幅に減らしてしまうような市場下落が起こりました。上海ショックから 始まったこの1連の下落で日経平均は20500円から一気に17000円台前半へと株価を落としたわけですが、もしこの時に資産を全て株式に投資していた とすると、資産の20%ほどは一気に吹き飛んでいたことになります(もちろん銘柄にもよりますが)

信用取引を利用していたならその損失の幅はより広がります。専業投資家になったばかりだと、投資資金がすくないために信用取 引を利用して資産を増やそうとする人がいますが、マックスで持ち金の3倍の取引が可能な信用取引には資産を一気に減らしてしまうリスクがあることを知って おく必要が有ります。

そのようなことを含めて生き残るための必要最低限の投資技術を身につける必要があるのです。

2 生活資金と投資用の余裕資金の用意

専業投資家は基本的には投資収益のみで暮らしていくので投資収益のない時には生活資金を利用する必要あります。そのため、投資用の資金のほかに生活用の資金を用意するのです。

例えば、長期的に専業投資家として活動していくのであれば、2年~3年分の生活資金を別口座に用意するとよいでしょう。初めのうちは投資家成果も上がらず苦しい時期もあるかもしれませんが、投資家として勝て始めると波に乗って収益も増えて行くはずです。

一方、投資用の資金は最低でも300万円以上を用意しておくとよいでしょう。(もちろん多ければ多いほど良いです)

単純計算で年利50%以上の成果を出せれば150万円の利益(税引き前)が出せるということになります。通常の相場では難しくともアベノミクスのような相場状態にはいれば、一気に資産を2倍、3倍と増加させることも十分可能ですので、矛盾しているようですが粘り強く続けることが成功への近道なのです。

3 常に心の余裕を持っておくために

専業投資家として成功するためには資金と技術のほかにもっとも大切なものがあり、それが「こころの余裕」です。専業投資家になるまえに知っていれば問題はないですが、実際に専業投資家になってみると精神的に追い詰められることがなんどもあります。

「もう勝てないんじゃないだろうか・・・」

「今は相場が良いけど、また不況になったらどうしよう」

いろいろな心の葛藤と戦いながら専業投資家ライフを送る必要があるのです。そんなとき心の余裕を持っていられるかどうかが、専業であれ兼業であれ投資で成功するための秘訣です。

負けているときにはどうしても心がネガティブになります。そのため、いつもはしないような投資行動をとってしまい、さらに負けを呼び込むことになるのです。

非常に現実的な話ではありますが、例えば専業投資家として失敗したとしても仕事にカムバックできるようなスキルを身につけたり、環境を整えておくことも場合によっては必要なのです。投資家として成功する前に保険をかけているようにも見えますが、実際に後ろ盾があるのとないのとでは、全く精神状態が異なるのです。

またもし結婚していて奥さんに給与収入があるのであれば、一時的に奥さんから理解を得て生活資金面で支えてもらうというのも苦肉の策です。その場合には例えば○年で成果を必ずあげると期限を決めることが大事になってきます。

結局のところ、余裕の資金がたくさんある人のほうが専業投資家としては圧倒的に有利ということがいえます。

投資で勝つために、心の余裕は持ち続けるようにしましょう。

まとめ

専業投資家として大成することは思うより簡単ではありません。しかし大変な分、専業投資家として波に乗ることができれば経済的に自由な生活をおくることができます。専業投資家として生活している人もすでにたくさんいますので、そのような人たちの話をセミナーなどできくとより現実的で詳細な話が聞けることと思います。下記の記事が参考になりますので目を通しておいてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

初心者必見!デイトレ・スイングで勝つための
14サイトの具体的なポイント伝えます!

ebook_スイング


あなたの投資成績を大幅に改善する良質な投資情報を集める方法を知りたくありませんか?!


・デイトレでその日に5%から10%あがる銘柄を知りたい。
・明日狙い目の銘柄を一発で知る情報を知りたい。
・株価に影響をあたえる情報を効率的に集める方法を知りたい。
・こういう情報には要注意!
・経済指標を重要度別に仕入れてトレードに使用したい。


多くの人が、投資情報サイトを選ぶ際に迷ってしまうそうです。初心者なら尚更です。
無料EBOOKでは、初心者が最初に道を間違えないよう、良質なサイトを厳選して、そのサイトの見るべき場所を具体的に提示しています。ぜひダウンロードして、今後のトレードにお役立てください。


無料Ebookを今すぐダウンロードする

投資の教科書の購読はfacebookが便利です。

Twitter・RSSでも購読できます。