• このエントリーをはてなブックマークに追加

サポートライン/レジスタンスラインの勝てる人の使い方

35069015_s

FXで勝つために、絶対に覚えておくべきことがあります。

それは、値が動き出すポイント(=ブレイクが起こりトレンドが発生するポイント)、もしくは値が止まるポイント(=トレンドが終わるポイント)でトレードを行うことです。入念な分析によって、これらのポイントをできるだけ高い精度で予測することで利益を積み重ねることができるようになるのです。

一方、これらのポイントを理解しないまま、トレードを行うと、エントリーしてもすぐに相場が逆行して大損するという悲惨な結果になります。

それでは、どうすれば、これらのポイントを見つけられるようになるのでしょうか。その答えが、サポートラインとレジスタンスラインなのです。

そこで、このページでは、以下の目次のように、サポートラインとレジスタンスラインの全てを徹底的に解説しています。

少々、長くなりますが、全てがトレードにおいて決して外すことができない重要な項目です。私自身も、これらの項目を徹底的に頭に叩き込んで、毎回トレードを行っています。

最後まで読んでいただくと、すぐにでもトレードが好転すると思いますので、参考にしてください。

1.サポートライン/レジスタンスラインの役割と基本的な引き方 

以下の図をご覧ください。

 ②使うやつ

A・B・Cの三点を通るように水平に引かれた①がサポートラインで、D・Eの二点を通るように水平に引かれた②がレジスタンスラインです。

これらの二つのラインは、トレードにおいて非常に重要な役割があります。これから、その役割とラインの引き方に関して順番に説明していきます。 

1.1. サポートラインの役割と引き方

サポートラインは別名、「下値支持線」とも言います。上図のように、価格がサポートラインまで下がってきたら、そこよりも下がらないように相場は反発しようとします。価格が「下値」のラインを越えて下がらないように「支持」する力が働くので、「下値支持線」です。 

1.1.1. サポートラインの引き方 

それでは、早速サポートラインの引き方を見ていきましょう。 

まず、上図のA、B、Cの3つのポイントをご覧ください。これらのポイントで、チャートの下落が反転して上昇していることが分かりますね。このように、同じ価格帯でチャートの下落が止まっているポイント(安値)を見つけたら、それらのポイントを結んで水平のラインを右端まで伸ばします。 

これでサポートラインの完成です。

 1.1.2. なぜサポートラインで価格が反発するのか

 FXには世界中の何万人、何百万人もの人間が参戦しています。その参加者達の大半は、ローソク足の安値になっている価格帯を常に意識しています。そして、下降トレンドが続き、価格が最安値付近に近づくほど、その意識が強くなります。さらに、その意識が強くなればなるほど、多くのトレーダーが買い注文をいれたり、売りポジションを持っていたトレーダーは買い戻しをしようとします。つまり、売り圧力より買い圧力が勝つ(=価格に上昇圧力が働く)のです。 

同じ最安値の価格帯が2つ以上あると、そこがサポートラインになります。 

そして、一つのサポートラインを形成する安値のポイントが、3つ、4つと増えていくほど、そのサポートラインが価格を「支持」する力は大きくなります。これは同時に、売買が激しくなることも意味します。 

また、詳しくは、後述しますが、サポートラインで価格が必ず反発するのではありません。いずれは、そこを越えてさらに下落していきます。サポートラインで反発するのか、それともサポートラインを超えるのかを見極めることがトレードでは重要です。 

1.2. レジスタンスラインの役割と引き方 

一方、レジスタンスラインは、別名「上値抵抗線」と言われています。上図のように、価格が上昇して、レジスタンスラインに近づくと、そのラインを超えて価格が上昇しないように圧力がかかります。つまり、「上値」を超えないように「抵抗」圧力が働く線ということですね。 

1.2.1. レジスタンスラインの引き方

 サポートラインは安値圏の価格帯に引きましたが、レジスタンスラインは高値圏に引きます。上図で示した、DとEが高値同士です。このように、2つ以上の同じ価格帯の高値を見つけたら、その2点を結んで水平ラインを引きましょう。 

それがレジスタンスラインです。 

1.2.2. なぜレジスタンスラインで価格が抵抗を受けるのか 

ほとんどすべてのFXトレーダーは、チャート上で、直近の高値になっている箇所があると、その価格帯を意識します。 

そして、上昇トレンドが続いて、価格が直近の高値に近づくと、反転を狙った新規の売り注文を出したり、すでに買いポジションを持っているトレーダーの手仕舞い売りが出やすくなります。この時、買い圧力より売り圧力が増えて(=価格に下落圧力が働く)、一時的に反落するのです。 

サポートラインと同様、一つのレジスタンスラインを形成する高値のポイントが、3つ、4つと増えていくほど、そのレジスタンスラインが「上値」を「抵抗」する力は大きくなります。これは同時に、売買が激しくなることも意味します。 

また、レジスタンスラインも価格が必ず反落するのではありません。いずれは、そこを越えてさらに上昇していきます。レジスタンスラインで反落するのか、それともレジスタンスラインを超えるのかを見極めることがトレードでは重要です。 

その見極めのポイントも、後述させていただきます。 

1.3. ラインを引くときの基本的な3つの注意点 

さて、以上が、サポートラインとレジスタンスラインの基本的な引き方ですが、いざ、自分で引こうとすると、最初は戸惑う方も少なくないと思います。そこで、初心者の方に特に意識していただきたい重要なポイントを3つお伝えします。

  • サポートラインとレジスタンスラインをセットで引くこと
  • 目立った安値や高値が一つしかなくてもラインを引けること
  • 熟練者でも最初から正確なラインを引こうとはしないこと 

それぞれ、詳しく解説していきます。

 1.3.1. サポートラインとレジスタンスラインはセットで引く 

私は、サポートラインとレジスタンスラインはセットで書くことをおススメしています。改めて下の図を見てください。 

②使うやつ

価格が上昇するのか下降するのかを100%言い当てることはできません。しかし、価格はいずれ、必ずどちらかのラインを抜けることは100%確実です。そのため、サポートライン、レジスタンスラインの両方を同時に引いておいて、どちらに動いても、ライン際で価格が反転するか、ブレイクするか、の二つに焦点を置いて分析できるようになります。 

そのためにも、サポートラインとレジスタンスラインは必ずセットで引く癖をつけましょう。それでは、参考までに、上記チャートがどのように推移したのかを見ておきましょう。

①使うやつ

 矢印のポイントで、サポートラインを下にブレイクして下落しました。 

長い期間、価格はこのサポートラインより上にありました。しかしサポートラインを下にブレイクしたことで、トレーダーは、次のように考えます。 

  • 支持されていたポイントをとうとう下抜けてしまった。
  • これからは弱気な状況で、安心して買う場面ではない。
  • いよいよ下降トレンドが始まるのではないだろうか。
  • 多くのトレーダーが同じことを考えるだろう。

 つまり、あなたがここで買いポジションを持っても、その後に上昇トレンドが発生する確率は低いことが分かります。

1.3.2. 目立った安値や高値が一つしかなくてもラインは引ける 

ここまでは、基本を覚えて頂くために同じ価格帯で2つ以上存在する安値や高値にラインを引いてきました。それでは、目立った安値(もしくは高値)が1つしかないときは、サポートライン(レジスタンスライン)を引くことができないのかと言うと、そんなことはありません。 

次のチャートを見てください。 

③使うやつ

Aはレジスタンスライン、Bはサポートラインです。高値と安値はどちらも1つで、2回以上反転した事実はありません。 

この先、AかBのどちらにかに価格は必ず近づきます。仮に上昇してAに近づいたとき、Aがレジスタンスラインとして反落するのか、それとも簡単に上抜けてしまうか、そのプロセスをよく観察すると良いでしょう。もし反落すれば、2回反落したという事実となり、一層強いラインが形成されたと認識すると良いでしょう。 

なお、前述の通り、同じ価格帯で3回、4回と現れる安値や高値をベースに引かれるサポートラインやレジスタンスラインの方が、一つしかない安値や高値をもとに引かれるラインよりも強い反発力・抵抗力をもっています。 

勝てないトレーダーは、サポートライン・レジスタンスラインを引くだけで終わります。しかし、勝てるトレーダーは、単にラインを引くだけでなく、そのラインが形成されるプロセスや、それらが反発したりブレイクした過去がないかなど、より多くの情報を踏まえ、より正確な分析を行おうとします。 

そうやって、多くの情報をもとに、より正確な分析を行うことが重要だということをしっかりと頭に入れておいてください。 

なお、ラインを引いてからの見方は後述しております。 

1.3.3. 最初から正確に引こうとしない 

初心者の方は、ラインを、ローソク足のヒゲに引くのか、実体部分に引くのかで必ず一度は迷ってしまいます。

サポートライン/レジスタンスラインは、安値圏(もしくは高値圏)になっている価格帯を把握するためであって、ピンポイントの価格を把握するのが目的ではありません。そのため、最初は、ぴったりの価格を探そうとせず、ヒゲとローソク足の実体の間を意識するのがおススメです。 

何度も反転しているラインになると、自然とどちらの価格に設定するべきか分かってきます。詳しくご説明します。次のチャートを見てください。 

⑩使うやつ

サポートラインから説明します。 

Aがローソク足の実体にあわせて引いたサポートラインで、Bがヒゲに合わせて引いたサポートラインです。Cで下げ止まった価格帯は、Aのラインです。結果としてAがサポートラインになりました。このように、AとBのどちらのラインが機能するかは、Cの価格帯を過ぎてみないと分からないのです。

 そのため、最初にAとBを引いた時点では、どちらかに絞らないようにしましょう。そうしなければ、答えが出ずに混乱してしまいます。

レジスタンスラインの場合も同様です。

 DとEを引いた時点では、まだどちらがレジスタンスになるか分かりません。そこで、意識される価格帯は、DとEの幅を持たせて考えてください。結果、Fが長いヒゲとなって、Dがレジスタンスラインとなりました。 

ヒゲか実体のどちらにラインを引くかを、あなたが迷っているということは、同時に他のトレーダーも迷っているということを意味します。焦る必要は一切ありません。このあと、どちらの価格帯意識されるのかを、監視していくイメージで臨むのが良いでしょう。 

このようにやれば、あなただけが間違ったラインを引いてしまうということは起こりません。 

ヒゲか実体か、これだけに視点を絞るのではなく、他の見方と合わせて総合的に判断することが重要です。詳しく後述していますので、全て読んでいただいてから、また本項を是非お読みください。

 さらに理解していただけると思います。 

2.サポートライン/レジスタンスラインの応用

 ここまでで、サポートラインとレジスタンスラインの基本と、ラインの実践的なの引き方を解説してきました。ここからはいよいよ、ここまで解説させていただいた基本を使って、どうやってトレードで勝つために、応用していくのかをお話ししていきます。 

重要なポイントは3つです。 

  • トレード前に色々な時間軸でラインを引くこと
  • ブレイクが起きるポイントの予想の方法
  • ブレイク後のラインは役割が転換すること 

これらはサポートラインとレジスタンスラインをしっかりと駆使して、勝つトレードを行うための肝となる部分ですので、徹底的に頭に叩き込むぐらいの気持ちでお読みいただければと思います。 

それでは、詳しく解説していきます。 

2.1. 色々な時間軸でラインを引くことによってより正確な分析を行う 

引き方の基本を覚えたら、次はいろいろな時間軸でラインを引くように心がけましょう。 

スキャルピング、デイトレード、スイングトレードなど、あなたのトレードスタイルがどれであったとしても、最初に長い時間軸を見て、そこから順番に期間を短くしてみていくことです。 

例えば、スキャルピングなら1分足をメインで見ますね。しかし、いきなり1分足を見るのではありません。トレードを始める前に、週足→日足→4時間足→1時間足→15分足→5分足→1分足と順番に見ていきながら、全体の傾向を把握することが大切です。スイングトレードなら日足や4時間足などの長いローソク足がメインになるので、やり方によっては、5分足、1分足のような短いローソク足を詳しく見る必要はありません。

 次のチャートを見てみてください。左が1時間足、右側が日足です。 

⑧使うやつ

時間軸を変えると、同じ価格帯に引いたラインでも、受ける印象が随分と違うことがわかると思います。 

たとえば、左側の1時間足だけでは、サポートラインでもレジスタンスラインでも、ラインを抜けた後、次はどの価格帯を意識して戦略を立てれば良いのか見当もつきません。しかし、右側の日足で見ると、AB地点のレジスタンスラインを上抜けした後も、これからどのぐらいの価格帯まで伸びそうかを考慮できるポイントがいくつかありそうなことが分かります。 

これは、1時間足を見ているだけではわからない情報ですね。 

一方、C地点のサポートラインは半年以上の安値圏をさらに下抜けると、その下に目安となる次の安値は見当たりません。つまり、Cの地点で強い反発になるか、もしくは、ひとたび下抜けると下げが急加速する可能性が考えられます。 

このように、トレードの前に、メインで使っているものよりも長い時間軸のチャートを把握しておくことで、より大きな目線でサポートラインやレジスタンスラインを捉えられるようになります。 

「木を見て森を見ず」ということわざがありますが、これと同じように1分足や5分足などの短い時間軸(=木)ばかり気にして、相場全体の傾向(=森)を見ていない、という状態では、長期的に勝っていくことは難しいと言えます。面倒くさがらずに、全ての時間足を順番に見て全体像を把握する癖をつけましょう。 

2.2. ブレイクが起きるポイントの予測 

サポートラインもレジスタンスラインも、2度3度と、何回も反転しているものほど、強く意識されるということは上述しました。しかし、どのようなラインでも、永遠に反転することはなく、いずれは必ずブレイクします。それでは、いつブレイクするのでしょうか。 

これから、その判断のためのノウハウをお伝えします。 

2.2.1 ラインを有効活用するために知っておくべき相場の基本

まずは、相場の動きの基本をご説明します。FXの相場は、基本的に「レンジ相場」 → 「ブレイク」 → 「トレンド相場」 → 「レンジ相場」と推移します。 

上昇トレンド相場からいきなり下降トレンド相場になることや、レンジ相場からブレイクを経ずにいきなり強いトレンドが発生することは、まずありません。しかし、ここまでお伝えしたように、しっかりとサポートラインやトレンドラインを引く癖をつけていないと、今がレンジ相場なのか、トレンド相場なのかということを判断することができません。 

ラインの引き方を完璧に覚えた上で、チャートを見ると、必ず上記の相場の動きが出ていることがわかるようになります。このことを覚えた上で、以降を読み進めてください。

2.2.2 サポートラインとレジスタンスラインの本質的な2つの役割

 チャートでは、常に、サポートライン、レジスタンスラインを境としてレンジ相場やトレンド相場が発生します。そして、サポートラインとレジスタンスラインが、レンジ相場やトレンド相場の開始や終わりの境界線となっています。つまり、双方のラインには以下の2つの役割があるのです。 

1.トレンドを開始させるためのライン
2.トレンドを終わらせるためのライン 

これを理解しておくと、トレンドの流れに合わせたトレードができるようになります。 

チャートで詳しく解説していきますね。まずは、下図をご覧ください。 

②サポートライン

現在の価格がBで、このときにAが長いヒゲとなっているのでサポートラインが引けます。果たして、これから、この価格帯を下抜けるのでしょうか、それとも反発するのでしょうか。現在の状態では、どちらとも判断がつかなさそうです。判断がつかないので、ここではまだ売買は控えた方が良さそうです。 

このチャートは、その後、次のように推移しました。 

サポートライン

下落してきたローソク足が、Bでいったん止められました。買い勢力が勝ちましたが、かといって上昇トレンドが出たわけではありません。Bに当たってから、矢印の箇所で上に行くか下に行くか迷っているのが分かります。つまり、レンジ相場が発生しているのですね。 

このチャートは、これからどうなるのでしょうか。それを予測するためにBに至るまでの経緯を見てみましょう。 

④サポートライン

Aから上昇トレンドが始まり、Cでトレンドの勢いを増しています。逆に、Dで下降トレンドが始まってBに到達しています。上昇と下降が対称になっているのが分かります。このように、上昇トレンドと下降トレンドが対称になることは、相場ではよくあるパターンですので覚えておいてください。 

同じサポートラインですが、Aは、上昇トレンドのスタート地点で、Bは下降トレンドのゴール地点と考えることができます。 

2.2.3. レンジ相場からのブレイクのセオリー 

それでは、その後のチャートを見てみましょう。 

⑤サポートライン

Bで下降トレンドがいったん止まった後は、上に行くか下に行くか迷っていてレンジ相場を形成していました。なお、サポートラインを引いているからここがレンジ相場だと分かるのであり、ローソク足だけ見ていたらレンジ相場だと極めて分かりにくいです。ラインを引くことは、トレードにおいて必須だということが分かりますね。 

さて、レンジ相場を形成してからCでサポートラインに当たっています。 

これはBの時とは明らかに状況が違います。 

前述した、「レンジ相場」 → 「ブレイク」 → 「トレンド相場」 → 「レンジ相場」のサイクルを思い出してください。Bは下降トレンドの中で反発したポイントです。ここで反発したことにより、AとBを結ぶサポートラインを引くことができました。しかし、Bの地点で反発が起こるまでは、このまま下降トレンドが継続するのか、一旦反発してレンジ相場になるのかの予測のしようがありませんでした。 

一方、Cは、B地点での反発を受けて、レンジ相場になった後にサポートラインに当たったポイントです。ここでは、下降トレンド途中のB地点で反発し、ABを結ぶサポートラインを引けているからこそ、レンジ相場だとわかるのです。そして、今現在、レンジ相場になっているということは、次に起こるのはブレイクです。 

つまり、このポイントが、上昇、下降、いずれかのトレンドを開始させるためのブレイクが起こるポイントになる可能性があるのです。 

それでは、Cに当たったあとの値動きを見てみましょう。

⑥サポートライン

 Cを下抜けると、一気に価格が下落していきました。順番としては、下降トレンドがBで止まり、少休憩のレンジ相場が発生して、Cを下抜けしてブレイクし、また下降トレンドが開始したということになります。BとCは同じサポートラインですが、Bがトレンドを終わらせるライン、Cがトレンドを開始させるラインであることが分かると思います。 

このように、ローソク足にサポートラインが当たる経緯をしっかり観察して、トレンドのスタート地点となるポイントなのか、ゴール地点となるポイントなのかと判断できるようになると、非常に勝率の高いトレードができるようになります。 

是非、すべてのトレードにおいて、ここまで観察するようにしてください。 

2.3. ブレイク後のトレンドの動きを正確に理解する方法

ここまでは、サポートライン、レジスタンスラインをブレイクするまでの見方を紹介しました。 

ここでラインの役目が終わったと考えて、チャートからラインを消す方が多いかもしれません。しかし、この時点では、まだラインを消さないようにしてください。ブレイクした後も、そのラインが再び機能することがあるからです。 

詳しく説明します。 

2.3.1. サポートラインがレジスタンスラインに転換するケース 

2つのラインは、どちらかにブレイクしながらトレンドを形成していきます。そして、ブレイク直後には2つのパターンが存在します

  • すぐにトレンドが発生するパターン
  • しばらくもみ合ってからトレンドが発生するパターン 

前者では、たとえばサポートラインを下にブレイクすると、そのまま下降トレンドが急激にスタートします。この時、何が起こっているのでしょうか。まず買いポジションを持っていたトレーダーにとっては、サポートラインをブレイクして含み損に転じますので、一斉に手仕舞いしています。それと同時に、新規の売り注文が大量に入り続けています。上記チャートを再度見て頂きたいのですが、Cでサポートラインをブレイクして下降トレンドがスタートしています。これが、このパターンです。 

一方、サポートラインを下にブレイクしても、すぐに下降トレンドにならない場合があります。これが後者のパターンです。この場合、買いポジションを持っていたトレーダーが手仕舞いして一時的に下落しますが、その後、新規の売り注文が入ってきていないということを意味します。 

このように、サポートラインを下にブレイクし、含み損になるポジションを手仕舞う可能性は高くても、新規の売り注文が起こるかどうかは別の話です。ラインをブレイクしたからといって、今から下降トレンドになるかどうか、様子見をするトレーダーも多いです。結果、様々な思惑で売買が交錯し、しばらく上下にもみ合う状態となるのです。 

次の図を見てください。 

④使うやつ

これは、ユーロ/米ドルの日足です。 

Aが直近の安値になってサポートラインが引けます。そして、Bでサポートラインを下にブレイクしています。しかし、Bを下抜けてもすぐには下降トレンドとはならず、しばらくレンジ相場となっています。次の図を見てください。 

⑤使うやつ

BC間はまだ下にいくかどうか、迷っている状態です。買いポジションのトレーダーは手仕舞いした可能性が高いですが、新規の売り注文が増えずに、3週間ほど揉んでいます。 

結果、Cから下降トレンドとなりました。見て頂きたいのは、BとCが同じ価格帯という点です。 

白の水平ラインは、Bではサポートラインの役目でしたが、下にブレイクしたあとのCでは、価格が上にいかないように抵抗しています。つまり、レジスタンスラインに役割が転換しているのです。このように、下落している相場では、サポートラインをひとたび下抜けると、レジスタンスラインに変わることも覚えておいてください。 

2.3.2. レジスタンスラインがサポートラインに転換するケース 

では、Cから下降トレンドがスタートしましたが、仮に、価格がCより上にいっていたらどうでしょうか。その時は、また、別の相場になっていた可能性が高いです。もし下降トレンドを形成するなら、Cの価格帯で下落のスイッチが入るべきです。それは、買いよりも売りポジションの比率が増えたポイントですので、Cよりも上にいってしまうと、また買いポジションの比率の方が増える可能性があるからです。 

上昇トレンドの場合は逆で、レジスタンスラインを上抜けると、今度は上抜けた価格帯がサポートラインになります。 

次の図で確認してください。 

⑦使うやつS波動

Aがレジスタンスライン、Bがサポートラインです。 

2.3.3. 2つのラインは何度も役割を転換する 

サポートライン、レジスタンスラインをブレイクすると、役割が転換することはお分かり頂けたと思います。さらに、この転換は一度だけしか発生しないというものではありません。何度でも起こる場合があります。 

次の図を見てください。 

⑥使うやつ

Aが安値の価格帯で、水平ラインを引いてサポートラインができます。Bで下にブレイクしています。このとき、サポートラインがレジスタンスラインに役割を転換しています。 

次に、Cではレジスタンスラインを上にブレイクしています。そうすると、このレジスタンスラインが今度はサポートラインに転換します。DとEでは、価格が支えられているので、再度サポートラインとしての役割を果たしていることが分かりますね。

特に、BとCに注目して頂きたいのですが、一度ブレイクしたにもかかわらず、また同じ価格帯に戻ってくると、上昇する力が強いことが多いです。Bを下にブレイクしたら、Cに当たったときから下降トレンドが発生してもいいように思います。しかし、下降トレンドどころか、Cのレジスタンスラインを上抜けています。下にいくと見せかけて上にブレイクしています。これは、上昇する力がかなり強い証拠となります。 

このように、水平ラインが、サポートライン→レジスタンスライン→サポートラインのように何回も役割が転換することがあります。Bのときに、サポートラインを下にブレイクしたからといって、「もうこのサポートラインを出している意味はない。」と水平ラインを消してしまうと、そのあとの流れが分からなくなります。 

サポートラインを下にブレイクしたら、次はレジスタンスラインになる可能性があることを頭に入れ、しばらくラインは消さずに出しておくと良いでしょう。

まとめ 

サポートラインとレジスタンスラインは、引き方を覚えたうえで、相場の局面ごと、様々な役割を総合的に判断しなければなりません。私も、最初から正しい引き方ができたわけではなく、実践しながら覚えていきました。上述した役割を知らないままトレードしていたような日々でした。その時は勝てませんでしたが、よく理解してからは、信じられないくらいに勝てるようになったのも事実です。 

ここまで読んでいただいた方は、現時点で私と何ら差はありませんので、実践さえおこなっていただければコツはつかめるようになると思います。ラインを引いたら、そのあと価格とラインがぶつかって、どのように推移したのか、よく観察してくださいね。ラインを引いては観察、引いては観察を繰り返し、感覚を養うつもりでトレードに臨んでみてください。しばらく続けていると、必ず良い結果に結びつくでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.

ぶせな

FX専業トレーダー。FXに特化した投資歴は10年以上で、累計利益は1億円を超える。 リスクをおさえることに重点をおき、短期売買を繰り返すスキャルピングと長めに保有するデイトレードを得意とする。一時的な利益でなく、継続的に利益を上げ続ける独自の投資スタイル。

投資の教科書の購読はfacebookが便利です。

Twitter・RSSでも購読できます。