• このエントリーをはてなブックマークに追加

資産の居所を把握!貸借対照表の具体的な見方

17049258_s

会社の資産とはなんだろうか?お金?それとも不動産?

上記のように会社の資産がどんなものか漠然と考えたことがあってもその資産が具体的にどのようなものかわかっている人はじつはそれほど多くはありません。

このページでは企業の資産とはどんなものなのかを明らかにして、具体的にどう見ていけば良いのかなど、また読み解く際の注意点もしっかりとお伝えしていきます。

企業の健康診断書!?貸借対照表とは

貸借対照表とは、企業の資産がどのように集められているのか、どのように使用されているのか、その使われ方は健全かどうかが一目瞭然になるものです。

最初は難しく感じるかもしれませんが、すぐになれますので、体系的に把握していきましょう。

貸借対照表は以下の3つのパートに分かれます。

  • 総資産(資産)の部・・・流動資産+固定資産
  • 負債の部・・・流動負債+固定負債
  • 純資産(自己資本)の部・・・資本金+資本剰余金+利益剰余金

資産の部が向かって左側に、負債の部と純資産の部を足し合わせたものが右側に来ます。

上記の図は貸借対照表をざっくりと分類したものです。向かって左側に総資産があり、向かって右側に負債と自己資本がありますね。左側が借り方、右側を貸方といいます。

各パートごとにどのような項目があるのかを見ていきましょう。

総資産の部

資産の部は具体的には以下の資産により構成される。

  • 流動資産・・・短期に現金化する資産
  • 固定資産・・・長期で企業が持つ資産

などです

流動資産には、現金及び預金、受取手形、売掛金、貸倒引当金があり、一方固定資産には、土地建物、機械などの形の有る固定資産や営業権、商標権、ソフトウェアなどといった形の無い固定資産があります。

以上が総資産の部となり、資本の運用状況を示すものとなります。そしてその総資産の部を支える資本調達もととなるのが、負債と純資産の部です。

負債の部(他人資本)

負債の部は具体的には以下により構成されます。

  • 流動負債・・・短期に返済する負債
  • 固定負債・・・長期で返済する負債

流動負債には、支払い手形、買掛金、短期借入金などがあり、固定負債には社債や長期の借入金などがあります。自己資本よりも他人資本である負債の部がおおいと会社はきつくなります。

純資産の部(自己資本)

純資産の部は具体的には以下の資産があります。

資本金・資本剰余金・利益剰余金によって構成されます。基本的には会社が返済する必要のない金額であり、自己資本と言われるものです。

この値が大きければ大きいほど良いです。

企業の健康診断表である貸借対照表の使い方

企業の健康状態をまるわかりにしてしまう特徴を持つ貸借対照表ですが、なにを明らかにするのでしょうか。まず、貸借対照表を分割してみてそこからどんな指標が出てきてそれがなにを意味するのかを提示していきます。

企業の安全性のための指標

  • 流動比率=流動資産(黄色枠内)÷流動負債(緑枠内)×100
  • 固定比率=固定資産(黄色枠内)÷自己資本(青部分)×100
  • 自己資本比率=自己資本(という青部分)÷総資本(黄色部分)×100

流動比率は、流動性のある資産で早期に返済をしないといけない負債をどれくらいカバー出来るかを表す比率のことです。一般に200%を超えていると安全性は高いと言われます。

固定比率は、自己資本(返済する必要のない会社の資産)で固定資産をどれくらい取得しているかを表す比率のことです。この比率は低いほど良いといわれています。

最後に自己資本比率は返済の必要のない自己資本が総資産に対してどれくらいあるのかを表すものです。高いほど、安定性が高いとみなされます。

ほかにも、ROEを計算するときに、青部分を分母に、ROAを計算するときに、青+緑部分を分母にしたりと、株式・財務指標を出す際に頻繁に使用する項目が満載ですので、計算式で出てきた時に、「あ、あの場所のことを言っているな。」とすぐわかるようにしておきましょう。

まとめ

投資した先の企業が安定して業績を伸ばしていけるか、それともいけないかを判断するためには過去の業績を判断するだけではなく、今企業がどのような状態なのか、健康状態はどうなのかを把握しなければいけません。

健康状態が悪ければ、すなはち財務状態が悪化すれば、これまで順調にのびていた業績も急激に先細ってしまいます。

このページで、貸借対照表の基礎を学び、株式投資に活かすようにしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

初心者必見!デイトレ・スイングで勝つための
14サイトの具体的なポイント伝えます!

ebook_スイング


あなたの投資成績を大幅に改善する良質な投資情報を集める方法を知りたくありませんか?!


・デイトレでその日に5%から10%あがる銘柄を知りたい。
・明日狙い目の銘柄を一発で知る情報を知りたい。
・株価に影響をあたえる情報を効率的に集める方法を知りたい。
・こういう情報には要注意!
・経済指標を重要度別に仕入れてトレードに使用したい。


多くの人が、投資情報サイトを選ぶ際に迷ってしまうそうです。初心者なら尚更です。
無料EBOOKでは、初心者が最初に道を間違えないよう、良質なサイトを厳選して、そのサイトの見るべき場所を具体的に提示しています。ぜひダウンロードして、今後のトレードにお役立てください。


無料Ebookを今すぐダウンロードする

投資の教科書の購読はfacebookが便利です。

Twitter・RSSでも購読できます。