• このエントリーをはてなブックマークに追加

短期で値幅取り!低位株を使ったおすすめの投資の仕方とは

teiikabu_osusume_s

株価が大きく上昇する株式の特徴には一定の条件がありますが、その条件の一つに「株価が安いこと」があります。

株価が安い株式の銘柄群は一般的に「低位株」と呼ばれます。そして、時にこの低位株は信じられないほど値を上げることがあります。数十円ほどの株価がいつのまにか300円、500円と株価を上げることがあるのです。

これは簡単にいうと1000円の株式が10倍に化けて10000円になるより、100円の株式が10倍化して1000円になる方がはるかに楽だ、ということです。(もちろん株価が安い株式の方がそれほど多くの人に買われていないため、買われ始めると株価が一気に上がるという側面もあります)

これは安い株式の方がその分投資するための必要資金が少なくて済むので、多くの投資家に投資され資金が集まるからです。

株価が低く、時価総額の小さな銘柄に資金が集まればその分株価は爆発的に上昇することになります。

この記事では値幅取りを成功させるため、何倍にも株価を上昇させる低位株の特徴や一覧表の作り方、低位株を売買するポイントをご紹介していきます。

時に株価が2倍以上にもなる低位株の魅力

低位株とは、簡単に言うと株価の値段が安い株式(場合によって異なりますが、だいたい200円以内)のことを言います。

特にその中でも100円以下の株式は低位株の筆頭として、時にボロ株とも呼ばれます。ここでいう安いというのは、業績に比べて株価が安いという割安さをあらわしているのでなく単に株価に高低に着目して安いという意味です。

このような激安の低位株はなんらかのきっかけがあると、株価を短い間に3倍、5倍へと膨らませることが多々有ります。低位株の魅力はなんといってもその上昇余地の大きさであり、値段が安ければ安いほど値幅を取るチャンスも広がるのです。

そのような低位株の特徴もあり、低位株投資を利用することで大きな資産をつくった投資家もたくさんいます。

ただし、低位株はボロ株とも言われるように、業績不振(時に赤字)、業務展開の不透明など株価が大きく下落せざるをえないような要素を抱えているものです。そのような注意点にも配慮してこれから低位株をより深く見ていきましょう。

低位株はあらかじめチェック!一覧表を作っておこう

低位株はたくさんありますが、気付いた時には20円の銘柄が100円を超えていたということもよくあります。20円が100円になるということは、その間は、30円や50円といった大きな節目を超えて上昇をしてきたということになります(ストップ高連発は除く)。つまり、その上昇のはじまりに早く気付けば気づくほど大きな利益をものにするチャンスが増えることになるのです。

2倍、3倍とおおきく上昇してから買いで参戦するのは大幅値下がりのリスクなども発生するので,おすすめ度合いは下がります。そこで現在の銘柄と株価をお気に入り銘柄として複数登録して毎日の動きをチェックすることをお勧めします。

では、お気に入りの低位株銘柄の一覧表の作成方法です。

使用サイトは下記サイトを利用します。株ドラゴンというサイトですが、すでに低位株が株価順にランキングになっている上、出来高も確認することが可能です。また銘柄名称をクリックすることで、その銘柄の直近の日足チャートと最近の適時開示情報を確認することができます。

非常に一覧の出来が良いので、デフォルトの表を毎日確認しても良いですが、もし独自の一覧を作りたい場合には、銘柄ごとの特性を把握するために以下の手順を踏んでおくとよいです。

  1. 銘柄の過去のチャート(数年分)確認
  2. 大きく動いた形跡があれば、その銘柄の現在のファンダメンタルを確認
  3. ファンダメンタルに問題なければ、自分の証券ツールに銘柄登録をしていく

以上です。

1ですが、過去のチャートを見て大幅な動きがなかったものは除きます(自身の取引ツールで週足チャート、もしくは月足チャートを使用)。1度でも大きな動きがあったものは、再びなんらかのきっかけで動き始めることがありますので、チェックしておくことが必要です。

また、登録しておく上でもっとも重要なことはその銘柄が、危ない銘柄でないかどうかをチェックすることです。ボロ株なので、赤字会社も数多くあります。そのため整理銘柄に登録されていないかどうか、直近悪いニュースが出てきていないかどうかをチェックするのです(株ドラゴンの適時開示情報やYAHOOファイナンスの銘柄ニュースなど)。

そこまでして初めて安心して自分の証券会社のツールに銘柄登録をすることができます。

低位株で値幅を取るための3つのステップ

低位株投資で値幅を取るためには上昇の初動をタイミングよく掴み、その流れにうまく乗る必要があります。流れに乗り遅れてもダメですし、流れが終わったあとに含み損失を抱えたまま持ち続けるのもダメです。

そのため低位株が大幅上昇した後には、その銘柄があげた理由をまずは確認する必要があります。具体的には 以下の流れで動きを確認し、売り買いをしていきます。

  1. 大幅上昇した銘柄をスクリーニングでピックアップ
  2. なぜ上昇したのかを確認(偽りの上げであれば見送り)
  3. 初動の爆上げ後、落ち着いたところで買いを入れる

1大幅上昇した銘柄をスクリーニングでピックアップ

低位株というのは、通常はそれほど大きな値動きをほとんどしませんが時に大きく値を上げることがあり、それがその後の大幅上昇の初動だったりするのです。

さて、大幅な上昇は銘柄ごとに異なりますが、大抵は次の2点を確認することでそれが大幅な上昇かどうかを知ることができます。

  • 10%を超える値動き(値上がり率上位になる)
  • 出来高の大幅な上昇(チャートをみて判別できる増加量)

低位株に限らず、株式の値上がりに関しては上記2つは伴うことが多いです(ただしストップ高のような特殊な値上がりの場合は別)

また市場ごとにスクリーニングをしていくと多くの銘柄をスクリーニングすることができます。東証1部、東証2部、マザーズ、ジャスダックでそれぞれ網掛けをしてみるとよいでしょう。最近の印象としては、東証2部とジャスダックに良く上がる低位株が多い印象です。

注意点としては低位株の場合には株価が低すぎて、1円、2円上がっただけでも値上がり率が上位に来てしまうものがあります。それを省くために、普段の出来高をチェックして、値上がり率は高くても出来高がいつもと変わらない量のものは省くのです。

例えば、20円の銘柄が22円になればこれは10%分上昇したことになり、大幅上昇の部類に入りますがこれだと普段の値動きと大して変わらない可能性があるので、出来高をチェックするのです。明らかに出来高が上昇しているときには人気化し始めている証拠であり値幅も大きく出ることがあります。

2なぜ上昇したのかを確認(偽りの上げであれば見送り)

もし出来高の急激な増加を伴って大幅上昇した銘柄があるとすれば、その銘柄がなんで上がったのかを確認する必要があります。

たとえば、株式市場にはテーマというものが存在し、低位株でもなんらかの材料が出た場合にはテーマ株化し人気が集中します。最近では、インバウンド消費やオリンピック、カジノ、リニアなどさまざまな銘柄が盛り上がりました。

また個別銘柄で業績改善のニュースや業務提携の話が出ると一気に株価が上昇することがあります。低位株の場合には株価が低かった分その後の値上がり幅が大きくなる可能性が高いです。

逆に、何の理由もなく株価が上げ始めることがあります。材料なしの株価の上昇は「仕手」と呼ばれ、資金だけが流入する偽りの上昇です。一気に上げた株価は、一気に値下がりを始め元の位置まで戻ることが予想されます。下記チャートはその良い例ですね。時々、株価を大きく上昇させることがありますが、打ち上げ花火のごとく1日で終わっています。

teiikabu_osusume-1

(引用元:マーケットスピード楽天証券)

ここを見極めることができるかどうかが重要です。そのためにも1日の動きだけで判断するのではなく、数日間の値動きを負うのが大事なのです。それが次の項目になります。

3初動の爆上げ後、落ち着いたところで買いを入れる

大きく上昇し始めた株価がその後上昇を続けるかどうかは誰にもわかりません。ただ、その後の大幅上昇の初動となる可能性があることは事実です。そのため、大きく上昇したタイミングで買いをいれるのですが、問題はそのタイミングということになります。

株価は本来、一方的に上げ続けることはほとんどなく、人気化して大幅上昇をした後、少し値段を下げ(押しと言います)、またしばらくして上昇を始めるというように上げ下げの波を作りながら株価を上げていくのです。

そこで低位株が出来高をともなって株価を上げたと判断したあと、落ち着きを見せふたたび上昇を始めるタイミングで株式の買い付けを行うのがベストです。下記のチャートを見るとまさしく大幅上昇する低位株の初動の動きの特徴が良く出ています。

teiikabu_osusume-2

(引用元:マーケットスピード楽天証券)

最初に値を大きく上げていますが、一旦落着きを見せ再び上値を目指して株価を上げ始めています。買いを考えるのであれば、赤い丸印がついてるところが狙い目です。この銘柄は残念ながら株価を2倍にさせるところで終わってしまっていますが、中には株価を数百円まで上昇させる銘柄もザラにあります。

注意点としては、判断を間違えたときには損切りをすることが大事になります。自分が買った場所が天井だった場合にはしばらくその位置まで株価が戻らないこともあるからです。

まとめ

低位株には独自の旨みがあります。ボロ株だからとこれまで敬遠していた方は、これを機に低位株の基礎知識を身につけて、自分のトレードに加えてみるのも良いのではないでしょうか。損失限定の姿勢を忘れずに、大幅上昇をする低位株を発掘していただければ幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

初心者必見!デイトレ・スイングで勝つための
14サイトの具体的なポイント伝えます!

ebook_スイング


あなたの投資成績を大幅に改善する良質な投資情報を集める方法を知りたくありませんか?!


・デイトレでその日に5%から10%あがる銘柄を知りたい。
・明日狙い目の銘柄を一発で知る情報を知りたい。
・株価に影響をあたえる情報を効率的に集める方法を知りたい。
・こういう情報には要注意!
・経済指標を重要度別に仕入れてトレードに使用したい。


多くの人が、投資情報サイトを選ぶ際に迷ってしまうそうです。初心者なら尚更です。
無料EBOOKでは、初心者が最初に道を間違えないよう、良質なサイトを厳選して、そのサイトの見るべき場所を具体的に提示しています。ぜひダウンロードして、今後のトレードにお役立てください。


無料Ebookを今すぐダウンロードする

投資の教科書の購読はfacebookが便利です。

Twitter・RSSでも購読できます。