• このエントリーをはてなブックマークに追加

 【目的別】投資セミナーの5つの選び方とおすすめ投資セミナー まとめ

toushi_seminar_s

「株式投資を真剣に学びたいんだが、何かよい方法ないだろうか。」

バブル相場による株価上昇と将来の生活資金の蓄えへの不安から上記のように投資の学習を始めようという人が後を絶ちません。しかし、ほとんどの人は投資を学ぶ最初の段階でおおきな間違いをおかしてしまいます。

投資を始めたばかりの人は、投資の書籍や周りの投資家、ネットに溢れる情報や会場セミナーまでをフルに活用して色々と情報を集めたがりますが、その内容を精査していない人があまりにも多いのです。

投資の情報は「質」が命です。

良質な情報を、段階を踏んで学ばない限り投資の技術はほとんど向上することはありません。そこでここでは良質な情報を集める手段として、良質なセミナーの選び方とおすすめのセミナーをご紹介します。

良質なセミナーを選ぶための視点

投資の技術を向上させるための近道の一つとして投資で成功した人から話を聞く、という方法があります。ただ、周りに成功した投資家がいれば話は別ですが、たいていはそのような投資家というのはいません。

そのため、成功した投資家が行っている講演(セミナー)などに赴いて話を聞くのが現実的な方法です。

最近は株式投資がテレビでも雑誌でももてはやされているためセミナーも様々な物が開催され、その内容も多種多様です。そこで、ここでは良質な投資セミナーを選ぶ方法として下記の視点をお勧めします。

  1. 実際に自分の資金で投資をして成功した投資家のセミナー
  2. できるだけ具体的な内容の投資セミナー

注目する点は上記の2点、セミナーで話す人がどういう人か、そしてその話す内容はどのような内容かに注意しようということです。

1 実際に自分の資金で投資をして成功した投資家のセミナー

無料のものであれ有料なものであれ投資セミナーを聞くのであれば有益な情報を知りたいものです。投資で有益な情報を提供できる人とはいったいどういうひとでしょうか。

当たり前のことですが、投資で実際におおきな成果を上げた人ですね。

じつは投資のセミナーを行っているほとんどの人は投資で成果を上げたことのない人たちです。彼、彼女たちは確かに投資の知識はもっています。時にアナリストという肩書きを持っていたりもします。

何も知らない初心者が、証券アナリストなどという肩書きを見せられてしまうと、「この人はすごい人だ!」と単純に思い込むのも無理はありません。しかし、アナリストでも自分の資金を使って投資をしたことのない人が結構いるそうです。実際に投資をした事のない人から投資で稼ぐために有益な情報をはたしてもらえるでしょうか。

そこで、投資セミナーで失敗しないためには、できるだけ「投資経験を積んだ人」で「投資で成功している」人を選びましょう。今はインターネットをちょっと調べれば経歴などを調べることができます。自身の資産を大きく増やした投資運用の上手な人から話を聞くことにしましょう。

ただ例外はあります。完全初心者向けの投資の基礎を学ぶ講座です。

このようなセミナーはほぼ無料で行っている良質な投資セミナーがありますので、出てみる価値は十分にあります(後ほどご紹介します)。初心者向けであれば、ただのアナリストの解説でも十分な内容になるはずです。ただし、逆をいえば完全初心者向けで有料なところはやめておくべきです。

2 できるだけ具体的な内容の投資セミナーに出る

投資セミナーを選ぶ際には内容がどのようなものかをあらかじめ精査する必要があります。手当たり次第出てみるのも良いですが、時間とお金の無駄にならないようにあらかじめダメなセミナーを排除してから選びたいものです。

そこで内容に着目した良質なセミナーを選ぶために「内容が具体的」なセミナーに参加するようにしましょう。

例えば、基本的知識を浅く広くまとめたようなセミナーではなく、ある分野のあるポイントをいくつかに絞って説明しているようなセミナーを選ぶべきです。(浅く広い知識なら基本書を1冊読めば十分です)。下記はその1例です。

悪い例)

・投資初心者のための株式投資セミナー

良い例)

・四季報から銘柄を選ぶための7つの着眼点を教えます

・IPOのプラチナチケットを獲得するために選ぶべき証券会社の選び方

などです。違いがわかるでしょうか。このようなタイトル付けでなくても、セミナーのランディングページやホームページを見て、内容からどのようなことがわかるのかをあらかじめ想定しましょう。

上記のダメな例はタイトルを見たときにそこから得られることがわかりませんね。良い例は、そのセミナーに出るとこれを覚えることができる、ということが一発でわかります。

どのようなセミナーでもそうですが、具体的な内容であればあるほどセミナーの内容は深く役に立つものがおおいです。せっかく時間をかけてセミナーに出るのですから、がっかりしたくはないものです。

目的別投資セミナーの5つの選び方

toushi_seminar-1

さて、セミナーを選ぶ際に注意したいことは、自分がどういう資産運用スタイルなのかをはっきりさせた上でそれにあったセミナーを選ぶ必要があります。たとえば、長期投資をしたいのに短期投資で成功した人のセミナーを聞いても意味がないわけです。

また最近はアベノミクスなどの影響もあり初心者向けの投資セミナーが大変多くなってきているため表面的な投資知識だけを披露しているだけのセミナーが数多くなってきている印象です。

そこでこの項目では、目的別にセミナーを選ぶための視点を書いていきます。

短期投資家向け 3つのセミナーの選び方

ここでのポイントは3つあります。

  1. 現在進行形で短期投資をしている投資家のセミナーを行う
  2. リアルタイムセミナーなどに参加してみる
  3. IPOなどの新規公開株取得を目指すセミナー

短期投資にはデイトレやスイングといった取引の種類がありますが、セミナーを選ぶのであればできるだけ現役で利益を出し続けている人のセミナーを聞く必要があります。短期投資の場合には、手法がその時の相場に通用するかどうかという点が重要になるため現在進行形で取引を行う投資家のセミナーがやくにたつのです。

次に、現在も稼ぎ続けている投資家のセミナーであればリアルタイムで行うせみなーというものがあります。目の前で実際の相場を相手に本物の資金を利用して投資を行う様子を見ることができるので、それだけで貴重な経験となります。リアルタイムセミナーは値段が張ることが多いですが、稼げる投資家の取引を肌で感じることができるため後々役立つことが多いのです。

最後に短期投資で成功したいなら、IPO投資のセミナーも役に立ちます。

IPOはデイトレ・スイングとは少し異なりますが、市場に出る前の価格(公募価格)で株式を取得できれば、上場時に売り抜けるだけでも大きな利益を取得できるという特徴があります。IPOは証券会社の選び方・目論見書の見方など独特の手法となりますので、こちらも成果を出している人のセミナーを聞く必要が有ります。

短期投資おすすめの投資セミナー

  • 資産を○年で○十倍にした投資家の手法(※現在進行形で投資をしている必要あり)(有料)
  • IPOでプラチナチケットを獲得するための手法など(有料)

短期投資においては専門性の高いセミナーを選ぶことが重要です。具体的に自分がどこを知りたいのかを明確にしてそれにあったセミナーを選ぶと良いでしょう。目の前で億トレーダーが売買をするリアルタイムセミナーも勉強になることが多いので機会があれば受けてみることをお勧めします。

中長期投資家向け 2つのセミナーの選び方

中長期で成功したいのであれば、複数の投資スタイルを混ぜ合わせながら投資をしていく必要があります。短期投資ではないので、どちらかといえば資産運用を提唱するセミナーに出る方がオススメです。

ここでのポイントは2つあります。

  1. 四季報など長期投資に役立つセミナーを受ける
  2. 株式投資以外でも長期投資に使えそうなセミナーは受ける

四季報は年4回東洋経済から出版される企業情報誌ですが、中長期投資をするならば必須の書籍と言えます。ただ、初心者が闇雲に読んでいるだけではポイントを絞ることができずに宝のもちぐされになってしまうこともあります。

そこで、ポイントを絞って四季報を読みこなすために、無料で行っている四季報セミナーに参加してみるのも一つの手です。実際に四季報を長年利用して成果を上げている投資家さんたちも参加して公演をしてくれるため、目から鱗の体験ができるはずです。

つぎに、長期投資に於いては資産運用という面から株式以外でも運用することが大事です。長期だとどうしてもその時の相場状況によって不利、有利があると思われます。

たとえばリーマンショックの株価がバーゲンセールになった時から始めるのと、バブルで日経平均が20000円付近である現在から始めるのとでは長期目線でみると有利度が全く異なるのです。そのため、たとえば不況につよい金融資産を扱うとか、オプションなどを利用して長期的にキャッシュフローを生み出す手法を身につけたりするのも一つの手です。

長期投資に必須と言われるポートフォリオをつくるためにも様々な運用手法を学んでいく必要があるのです。

おすすめのセミナー

  • 四季報の読み方セミナー(無料)
  • 証券会社が行うオンラインセミナー(無料だが口座作成する必要あり)
  • オプションなどによる資産形成セミナー(有料)

四季報のセミナーは四季報発売の前後で東洋経済社がセミナーを行っているようです。証券会社のセミナーは口座を開設することでオンラインで無料のセミナーを見ることができます。長期で資産を形成するのであれば、広い視野を持って株式以外の資産での運用も考えていくと良いでしょう。

まとめ

投資の勉強には様々な方法がありますが、セミナーも有効な方法の一つです。生の情報を得られる勉強法は、実際に投資を行い経験するか、セミナーに出るかの2種類しかありません。

この記事を読んで、間違いのないセミナー選びをしていただければ幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

初心者必見!デイトレ・スイングで勝つための
14サイトの具体的なポイント伝えます!

ebook_スイング


あなたの投資成績を大幅に改善する良質な投資情報を集める方法を知りたくありませんか?!


・デイトレでその日に5%から10%あがる銘柄を知りたい。
・明日狙い目の銘柄を一発で知る情報を知りたい。
・株価に影響をあたえる情報を効率的に集める方法を知りたい。
・こういう情報には要注意!
・経済指標を重要度別に仕入れてトレードに使用したい。


多くの人が、投資情報サイトを選ぶ際に迷ってしまうそうです。初心者なら尚更です。
無料EBOOKでは、初心者が最初に道を間違えないよう、良質なサイトを厳選して、そのサイトの見るべき場所を具体的に提示しています。ぜひダウンロードして、今後のトレードにお役立てください。


無料Ebookを今すぐダウンロードする

投資の教科書の購読はfacebookが便利です。

Twitter・RSSでも購読できます。