• このエントリーをはてなブックマークに追加

トレンドラインを使って株価の動きを読むための具体的方法

トレンドラインという株価の流れを知るツールがあるのは知っている方も多いかもしれませんが、その本当の使い方を知っている方はじつはそれほど多くはありません。

数多くのウェブサイトや投資本の中では、トレンドラインをチャートに引いた後トレンドラインに沿って株を買えといいます。確かにトレンドラインに沿って株を買うことができれば、使わない時より勝てる確率はあがります。

しかしトレンドラインをより有効に投資に活用するには、トレンドラインがチャート上でどういう意味を持っているのかを知る必要があります。

そこまで理解できると明日から上がる株を発見することが容易となるだけでなく、株価の動きの本質を理解することにもつながります。

特にデイトレなど短期投資をする際にも、明日から上がり始めるかもしれない銘柄を誰よりも早く見つけだすことができれば、ほかのライバルたちよりも優位に立てます。

このページではそんなトレンドラインの役割と実践的な使用法をご紹介します。

1.抑えておきたいトレンドラインの3つの基礎知識

まずはトレンドラインの基礎を抑えておきましょう。ここで知っておいて頂きたいことは3つです。

  • トレンドラインの引き方
  • 抵抗線と支持線
  • ブレイク

それぞれトレンドラインを使用する際の基本となるものなので、しっかり抑えておきましょう。

1−1.トレンドラインの引き方

トレンドラインは必ず下図のように、安値同士、高値同士で引く様にして下さい。

株価は上方向へも下方向へも波を作りながら動いていきます。上方向へと向かっているならばその波の下をラインで繋ぎ、下方向へと向かっているならば波の上部をラインでつなぎます。

具体的には波の下部や上部を結ぶには、チャートのローソク足の安値や高値を結んでいきます。

決して、自分の都合のいいように引かずに、厳密に安値どうし、高値どうしをひくようにしてください。理想は図のように波の3点を綺麗に通るようなラインが引けることです。

2点で引かれたラインはさほど参考になりませんが、3点で引かれたラインの3つ目の点は、それまでの2点をつないで引いたラインの延長線上として取引をしている人たちに意識されている地点なので、信頼度が全く変わってきます。

1−2.抵抗線と支持線

トレンドラインを活用する上で必須なのが抵抗線と支持線です。

  • 抵抗線:その位置へと株価が上昇してくると、株価は一時的にとまり反対方向へと跳ね返すライン
  • 支持線:その位置へと株価が下落してくると、株価は一時的にとまり反対方向へと跳ね返すライン

実例を見て、より具体的に理解しておきましょう。

抵抗線

まずは、抵抗線から見て行きましょう。下のチャートをご覧下さい。

株価が赤い矢印部分まで来るとラインに跳ね返されて下落の流れが継続されていますね。株価がライン付近まで来ると株価が跳ね返されるなら、そのラインは抵抗線となります。このように株価の流れはある規則に従って作り出されることが多いです。上記のチャートの場合は明らかに波動が抵抗線に沿って作り出されているのがわかります。

また青い矢印のポイントで抵抗線を上へと抜けています。これはブレイクと言います。ここは、後で解説します。

支持線

次に支持線を確認してみましょう。

ラインに沿って株価が上昇していますが、赤い矢印を見ると株価が一時的に下落して、ラインに触って跳ね返って再び上昇しています。つまり下落してきた株価を下支えする支持線の役割を持つのです。

このようにトレンドラインを引くことによって「抵抗線」と「支持線」が分かり、どの辺りで株価が跳ね返りそうかの予測を立てることができます。しかし、どんな場合も抵抗線や支持線で株価が跳ね返るわけではありません。

その線を破って逆方向へと力強く進んでいくブレイクという現象も理解しておく必要があります。

1−3.ブレイク

実は、このブレイクを知ることが、トレンドラインの最大の目的と言えます。

ブレイクとは、抵抗や支持のラインで跳ね返されていた株価が、ラインをそのまま突き破っていくことを言います。

このブレイクが確認できると下落の流れにあった株価は上昇方向へ、上昇の流れにあった株価は下落方向へと進み始めることが多いです(※いったん横ばいの動きをみせてから方向転換すること時もあります)

ここは本当に大事なので、ブレイクをより深く解説をしていきましょう。

2.トレンドラインの真の目的 ブレイクアウトの実例と解説

ここからは実際の下落、そして上昇をブレイクした例を具体的に解説します。

前もって解説しておくと、株価の流れが終わる時は、大抵なんらかのきっかけがあります。

例えば、将来的に企業の業績を大きく変化させる何らかのニュース、企業業績の好転や悪化、ヒット商品の誕生などがそのきっかけとなります。もちろん、ニュースなどが出ていないのに株価がトレンドを突破し、逆方向へと動き始めることもたまにありますが、全体としては少ないです。

それでは実例を使って、トレンドラインのブレイクを見ていきましょう。

2−1.株価下落の終わりを予見?リブセンスの実例

下図はリブセンス(証券コード6054)の日足チャートです(先ほどのチャートと同じものです)

1回目、2回目と綺麗な下落のトレンドラインが引けていますね。株価自体は600円から1300円の間で下落と上昇を繰り返していますが、その下落においてトレンドラインが引けました。

見事に3回ずつ跳ね返されてその後ラインを上抜いています。抜け出す時は1回目も2回目も似たようなチャートになっていますね。本来なら3回目跳ね返されてから、下落するはずなのにラインにへばりつくようにローソク足が動いている部分があります。

このような動きをするときは株価は高い確率でブレイクをします。買いで入るならこのラインを抜けたときに入るか、もしくは抜ける前ラインに張り付いているときに打診で買ってみるか、というところになります。

またラインを抜ける前に出来高(下の棒グラフ)がすこしずつ増え始めていることがわかります。大きく株価が動く前触れとして出来高がすこしずつ増えていくこともありますので出来高の動きにも注目です。

2−2.株価上昇の終わりを予見?ソフトバンクの実例

次は株価の上昇の終わりを予見する支持線ブレイクの具体例です。

まずはソフトバンクの週足チャートを確認した後、1部(白い枠)を拡大して日足チャートにして動きを見ることにします。

まずは週足チャートです。

アベノミクス開始より、約半年後の5月に日経平均は大幅な下落を見せますが、ソフトバンクはそれほど下落をせずに順調に上昇を続けます。

これは当時大幅上昇していたガンホーオンライン株の含み益がソフトバンクの業績にいい影響をもたらしていた事に対する上昇です。また2014年にはアメリカで超大型の新規公開株があり、その株式(アリババ)を保有しているソフトバンクには恩恵があるだろうという思惑買いも入ってたと思われます。

順調に上昇をしていましたが、年明けの2014年1月についに長きに渡った上昇トレンドが終わりを告げ、長い横ばいトレンドへと入っていきます。

週足であったとしても、綺麗なトレンドラインにそって株価は上昇を続けていることがわかりますね。目視でも実に7回もトレンドラインで綺麗に株価が跳ね返っています。ラインを綺麗にわると、その後上昇は終わり横横の動きに突入するのです。

では、上の週足チャートを見ると右の方にさらに小さなトレンドラインが引いてあります。ここを拡大してみると、次の日足チャートになります。

拡大した日足チャートです。

3点を支持にして綺麗なトレンドラインが引けています。

ちなみにこの期間ソフトバンクは、アメリカ市場におけるアリババ株の上場によりソフトバンクが保有しているアリババ株に多額の含み益が生じるとされ、思惑買いが入って急上昇しています。

赤い矢印では、トレンドラインが支持として機能しているので、株価が上方向へと跳ね返されますが、ここで見るべきところは青い矢印の部分です。青い矢印では、株価がトレンドラインの下へとブレイクした次の日にちょうど株価がトレンドラインにあたって下方向へと動き始めていることがわかりませんか?

このように、支持線を下抜けると、いったんはねかえってその線にあたり、再び下方向へと進む。つまり支持線が、抵抗線に変わる。このような現象はしばしば起きるのです。

この現象を知っておくとあなたがトレードをするときに少なくともここは買いではないだろう、積極的に売りに行こう、様子見しようと判断できるわけです。

これはテクニカル分析の基本とも言える考え方で、少なくとも短期投資をするのであればこのような考え方は基本的なものとして自分のものとしておくべきです。

まとめ

トレンドラインを知ると、新しいテクニカルの武器が身に付いたような気がしませんか?

実際にトレンドラインが機能しているときは、株価がそれに従って動くことが多いので、良いタイミングで売買をすることができます。

これまで売買のタイミングがどうも測れないな、と思っていた方や実際にそうだった方はぜひこれからトレンドラインを使用して見てください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

初心者必見!デイトレ・スイングで勝つための
14サイトの具体的なポイント伝えます!

ebook_スイング


あなたの投資成績を大幅に改善する良質な投資情報を集める方法を知りたくありませんか?!


・デイトレでその日に5%から10%あがる銘柄を知りたい。
・明日狙い目の銘柄を一発で知る情報を知りたい。
・株価に影響をあたえる情報を効率的に集める方法を知りたい。
・こういう情報には要注意!
・経済指標を重要度別に仕入れてトレードに使用したい。


多くの人が、投資情報サイトを選ぶ際に迷ってしまうそうです。初心者なら尚更です。
無料EBOOKでは、初心者が最初に道を間違えないよう、良質なサイトを厳選して、そのサイトの見るべき場所を具体的に提示しています。ぜひダウンロードして、今後のトレードにお役立てください。


無料Ebookを今すぐダウンロードする

投資の教科書の購読はfacebookが便利です。

Twitter・RSSでも購読できます。