追証とは?堅実な投資をするための基礎知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
50076694_s

ある程度の投資経験を積んでいる方であれば、「追証」(おいしょう)という言葉を聞いたことがあると思います。

なかには、「追証=破産」というイメージを持っている方もいらっしゃいますが、必ずしもそうなるわけではありません。

少し後ろ向きのテーマになりますが、投資では最悪な事態を想定したリスク管理こそが、いざという場面で自分自身を救います。

今回は追証の正しい知識と予防方法、追証になってしまった後の対応方法を解説します。

1. 追証とは

「追証」とは「追加証拠金」の略称です。

なお、証拠金は証券会社によっては保証金という呼び方をする場合もありますが、ここでは「証拠金」で統一します。株の信用取引や先物取引、FXなどでは一定の証拠金を担保として有価証券や外国為替を取引することができます。これについては、『証拠金の仕組み』で詳しく解説しています。

株式投資では、信用取引の場合、購入に必要な金額の30%の証拠金があれば取引することができます。例えば、1株1500円の株を1000株買う場合、現物株であれば150万円必要ですが、信用取引では50万円の証拠金があれば買うことができます。

追証①

証拠金は取引を始めた後も常に一定の比率以上を維持している必要があります。これを最低証拠金維持率といい、20%を維持している必要があります。

上の例でいうと、150万円の20%の30万円が最低維持証拠金になります。

仮に信用取引で購入した株が120万円に値下がりしてしまった場合、評価損の30万円が証拠金から差し引かれますので、維持証拠金は20万円となり、最低維持証拠金を下回ってしまいます。

追証②

そこで、最低維持証拠金を回復させるために必要となるのが追加証拠金、つまり追証です。

2. 追証が発生した場合の対応方法

追証が発生すると、証券会社からメールや電話で連絡があります。一定の期日までに追加の証拠金を入金する必要がある旨の指定があります。

期日については、証券会社によって異なりますので、ご利用の証券会社でご確認ください。

取引を継続したい場合は、次の2つの方法で証拠金を回復します。

  • 追加の証拠金を現金で入金する
  • 証拠金が回復する金額までポジションを縮小する

もし、期日までに追加の証拠金を入金がない場合、証券会社によって反対売買がなされてポジションが決済されます。

3. 追証の予防方法

堅実に投資を行っていくには、追証はないに越したことはありません。追証を予防するために普段から

  • レバレッジをかけすぎない
  • 代用有価証券を過信しない

ということを心がけましょう。

3.1. レバレッジをかけすぎない

信用取引では証拠金の3倍程度の取引ができます。

だからといって、最低限の証拠金しか入れていないと、少しの株価変動ですぐに追証が発生する可能性があります。証拠金のぎりぎりまで取引するのではなく、余裕を持ったポジション量に抑えることが、追証の予防につながります。

3.2. 代用有価証券を過信しない

信用取引では保有している現物株を信用取引の担保とすることができます。この担保としている現物株を代用有価証券といいます。

例えば、100万円の株式を保有している場合、それを信用取引の担保として評価額の80%を証拠金とするというようなことができます。つまり、100万円の80%の80万円が証拠金となり、それを担保に信用取引をすることができるのです。

ここで気を付ける必要があるのは、担保として提供した株が下落した場合、その分証拠金が減ってしまうということです。もし、担保としていた株が急落して80万円になってしまった場合、80万円の80%の64万円に証拠金が減ってしまいます。その結果証拠金が20%を割ってしまった場合には、追証が発生するので、追加で入金するなりポジションを縮小するといった対応が必要となります。

また、証券会社は契約上、担保としている株の担保価値を変更することができます。

極端な例ではライブドア事件の際にライブドア株の担保価値をゼロにした証券会社がありました。その結果、ライブドア株を担保として信用取引をしていた個人投資家の証拠金が突然ゼロになってしまい、追証が相次いだという事例もあります。

くれぐれも、代用有価証券を過信しないようにしてください。

4. まとめ

以上、追証という、少し後ろ向きのテーマを説明しました。

しかし、冒頭でもお話したように、投資では利益の前に損失を限定するためのリスク管理を万全にしておくことが大切です。

今回の内容を十分に理解したうえで、レバレッジを使った投資に取り組んでみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料EBook: 効率的に投資情報を集めるための14の具体的方法

ebook_スイングあなたの投資成績を大幅に改善する良質な投資情報を集める方法を知りたくありませんか?

・デイトレでその日に5%から10%あがる銘柄を知りたい。
・明日狙い目の銘柄を一発で知る情報を知りたい。
・株価に影響をあたえる情報を効率的に集める方法を知りたい。
・こういう情報には要注意!
・経済指標を重要度別に仕入れてトレードに使用したい。

多くの人が、投資情報サイトを選ぶ際に迷ってしまうそうです。初心者なら尚更です。

無料EBOOKでは、初心者が最初に道を間違えないよう、良質なサイトを厳選して、そのサイトの見るべき場所を具体的に提示しています。ぜひダウンロードして、今後のトレードにお役立てください。


無料Ebookを今すぐダウンロードする

The following two tabs change content below.
木原 克明

木原 克明

システム会社経営、外資系コンサルティング会社勤務を経て、現在はエンジュク株式会社のシステム担当として勤務。IPO投資やイベント投資などの日本株投資を実践するほか、米国株オプション投資を実践している。好きな言葉は「感謝」。

投資の教科書の購読はfacebookが便利です。

Twitter・RSSでも購読できます。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>