レンジ相場の2つのルールと3つのブレイクパターン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
レンジ相場とは

相場の基礎を正確に理解しておくことは、FXで成功するための土台となります。相場の基礎の理解があるからこそ、正しいテクニカル分析に基づいたトレードを行えるようになります。

その中でも、レンジ相場は、チャート上で最も多く目にするものです。そのため、

  • レンジ相場とは何なのか
  • レンジ相場からどのようにトレンドが発生するのか(ブレイク)
  • ブレイク後のトレンドの強さをレンジ相場の時にどれだけ感じられるか

は、あなたのトレードを左右する重要な要素になります。このページでしっかり解説しておりますので、是非徹底的に叩き込んで下さい。

1. レンジ相場とは 

レンジ相場とは、同じ値幅を行ったり来たりしていて、方向感のない状態のことです。下図をご覧ください。

①

相場は、上下のラインの中で何度か上下動しています。

線Aをレジスタンスライン、線Bをサポートラインと考えると分かりやすいです(参照:『サポートライン/レジスタンスラインの記事にリンク』)。相場は、両ラインで、二度三度と反転し(白丸のポイント)、どちらも抜けられずに相場が行き詰まっています。レンジ相場は、ABどちらも水平のラインで、四角い箱に見えることから、ボックス相場とも言われます。

2. レンジ相場で抑えておくべき二つのルール

次に、レンジ相場に関して抑えておくべき二つのルールをお伝えします。

  • 相場の大半はレンジ相場
  • レンジ相場は必ずブレイクする

それぞれ解説します。

2.1. 相場の大半はレンジ相場

トレンドとは|FXで勝つために相場の基本』でもお伝えした通り、相場には三つのパターンしかありません。

  • 上昇トレンド
  • 下降トレンド
  • 横ばい相場(レンジ)

相場は、この三つが入れ替わっていきます。上昇トレンドだった相場が、落ち着いてレンジ相場になり、そこから売りのスイッチが入って、下降トレンドになるというように目まぐるしく変わっていきます。

そして、レンジ相場は、「トレンドが始まる前には必ず形成される」と言われるぐらい、多く目にします。実際、相場の大半がレンジ相場といっても過言ではないでしょう。

例えば、下図をご覧ください。黄色い四角で囲んだ部分が横ばい相場、矢印の箇所が急激な下降トレンドです。

節目

このチャートは一時間足なので、ローソク足一本が一時間を表します。つまり、上図では、レンジ相場が何十時間と続いた後に、わずか数時間の下降トレンドが現れるということを何回か繰り返したということです。

このように、トレンド相場の時間よりも、レンジ相場の時間の方が長いのですね。念のため、なぜレンジ相場が長いのかを説明します。

まず、相場で上昇下降のどちらでも、トレンドが継続するには、かなりの力が必要です。しかし、人間と同じで、相場も常に力を出し続けられるわけではありません。力を出した後は、休憩して力を回復することが必要です。その休憩の期間としてレンジ相場が現れるのです。

ポイント!
相場は、上昇トレンド・下降トレンド・レンジ相場のうち、レンジ相場の時間が一番長い。レンジ相場の間に、相場は、再度上昇または下降する力を蓄えている。

2.2. レンジ相場は必ずブレイクする

レンジ相場は、再度上昇または下降する力を蓄えた後、必ずブレイクします。下図をご覧ください。

⑧

レジスタンスラインAとサポートラインBの間で上下動を繰り返していた相場が、それまでラインに当たると、反落していたにも関わらず、Cのポイントで上に突き抜けています。このように、ラインを突き抜けることをブレイクと言います。

トレンド相場が永遠に続かないのと同じように、レンジ相場も永遠に続くことはありません。いずれ必ずブレイクします。

3. レンジ相場のブレイクで知っておくべき三つの知識

レンジ相場はいずれ必ずブレイクして新たなトレンドを形成します。そのため、成功している多くのトレーダーは、レンジ相場の時に、次のトレンドに備えています。

ここでお伝えする三つのコトは、トレンドに備えるために知っておくべきレンジ相場のブレイクの知識です。

  • レンジ相場はブレイク後にトレンド相場に転換する。
  • レンジ相場の値幅と時間でブレイクの大きさが分かる。
  • ブレイクしてもダマシのときがある。

それぞれ解説します。

3.1. レンジ相場をブレイクするとトレンド相場に転換する

レンジ相場をブレイクした後、相場は新たなトレンドを形成します。もう一度、先ほどの図を見てみましょう。

⑧

Cでブレイクした後に、上昇トレンドを描いていることがお分かりいただけると思います。

相場は、“レンジ→ブレイク→トレンド”というサイクルで動いています。そして、FXで稼いでいるトレードのほとんどは、トレンド相場のときに利益を上げています。常に、いつ、どのようなトレンドが発生するのかを予測し、待ち構えています。

それでは、成功しているトレーダーたちは、レンジ相場の時、どのように次のトレンドを予測しているのでしょうか。それを次にお伝えします。

3.2. レンジ相場の値幅と時間でブレイクの大きさが分かる

レンジ相場の傾向から、ブレイク後のトレンドを予想することができます。単純に、以下のように御考えください。

  • レンジ相場の値幅が大きいほど、ブレイク後に発生するトレンドも値幅が出る。
  • レンジ相場の時間が長いほど、ブレイク後に発生するトレンドの時間が長い。

下図をご覧ください。

⑫

AとBの色付けされた部分は、“三角持ち合い”というレンジ相場で見られるチャートパターンの一つです。詳しくは、『三角持ち合いのとは』で解説していますが、今は、「そういうものがあるのか」ぐらいの意識で大丈夫です。

ここでは、Aのレンジ相場をブレイクして上昇トレンドが、Bのレンジ相場をブレイクして下降トレンドが発生していることをご確認ください。実は、このチャートには、他にもブレイクしている箇所があります。

下図でご確認ください。

⑬

いかがでしょうか。AとBを取り込むほど大きなレンジ相場(三角持ち合い)がありますね。そして、矢印の箇所で、ブレイクが起きて、その後、大きな上昇トレンドを描いていることが分かります(白い四角の部分)。

このように、値幅が大きく、時間が長いレンジ相場ほど、それをブレイクした後に来るトレンド相場も大きく長いものになります。この考え方を基本として持っておいてください。例外として、相場に何らかの大きなニュース(近年ではギリシャショックやイギリスのEU脱退の国民投票など)があった時は、小さく短いレンジ相場から急激な上昇や下落が起きることもあります。

3.3. ブレイクしてもダマシのときがある

ダマシとは、ブレイクしたにも関わらず、トレンドが発生せずに、相場が戻ってしまうことです。下図をご覧ください。

⑭

白丸のポイントでレンジ相場をブレイクしましたが、その後、すぐにレンジ内に戻ってしまいました。実は、このようなダマシは頻繁に起こります。たまにしか起きないから記憶に留めておく程度で良いというものではありません。

もし、ダマシがごくたまにしか起きないとしたら、レンジ相場をブレイクしたときにトレードを行えば、皆が勝ててしまいます。しかし、FXはゼロサムゲームですので、そんなことはあり得ません。そこで、あなたは、ブレイクが起きたとき、それがダマシかどうかを判断する必要があります。そのためには、ダマシが起こる要因を知っておくことが必要です。以下のような理由があります。

  • ブレイクではなく一時的な注文の急増による単なるブレだった。
  • 数億から数千億の資金を持つ機関投資家がふるい落としをかけた。
  • 中・上級トレーダーが一斉に反対売買を行なった。

それぞれ解説していきますね。初心者の方で、今はよく分からなくても、いずれ、必ず分かるようになりますので、定期的に読み返してみてください。

3.3.1. ブレイクではなく一時的な注文の急増による単なるブレだった

レンジ相場がブレイクするということは、そのとき、大量の注文が入っているということです。これは、何もブレイクしたときだけではありません。価格が、レンジ相場の上下の端に近くたびに、売買注文は急増します。この一時的な注文の急増により、まだ相場にブレイクする気がなかったとしても、短期的にラインをはみ出してしまうことがあります。

3.3.2. 機関投資家がふるい落としをかけた

相場は、桁外れの資金力を持つ銀行などの機関投資家が引っ張っています。機関投資家が大量に注文を出すからこそトレンドが発生します。

例えば、レンジ相場を下向きにブレイクするときは、ラインの付近で機関投資家が一時的に大量の売り注文を出しています。そのとき、買いポジションを持っていたトレーダーは、一斉に損切りをします。ここでさらに、機関投資家が追加の売り注文を出せば、下降トレンドが発生します。

しかし、ここで追加の売り注文を出さずに、最初に出した売り注文をすぐに買い戻せば、一度ブレイクして下抜けた相場は、またすぐに上に戻ります。これがダマシです。機関投資家は、利益を稼ぐために、このようなダマシを頻繁に行います。特に、初心者の方は、彼らにとってはカモなので注意しましょう。

3.3.3. 中・上級トレーダーが一斉に反対売買を行なった

中・上級トレーダーになると、当然、ダマシを考慮にいれてトレードを行います。彼らは、ブレイクが起きてラインを抜けたとしても、抜けが甘いと判断すると、含み損になる前に、一切に手仕舞いをします。これもダマシが起こる要因です。

まとめ

いかがでしょうか。

レンジ相場は、相場で最も多いものですが、その間に、他の投資家が何を考えて、どのように攻めぎあっているのかイメージして頂けたでしょうか。

この理解が、あなたがFXで勝つための土台となります。ぜひ、忘れないように、定期的に読み返すようにしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料動画:FXで8年間で平均利回り163%を達成して、1億5000万円の資産を築いているトレード手法の全て

busena当サイト『投資の教科書』でFXの記事を執筆しているぶせな氏は、過去8年で1億5,000万円以上の利益を得ています。


もちろん運で勝ってきたのではありません。「勝ち続ける」ということを真剣に追求されてきた結果です。そのことは、過去96ヶ月のうち93ヶ月で黒字を記録していることからも確かな事実です。


その結果、8年間負けなし(年ベース)で平均163%の年間利回りを記録しており、毎月安定して150万円前後の利益を稼いでいます。


そのぶせな氏の具体的な手法、例えば、


・手法のベースとなっているスキャルピングの具体的で実践的な手法
・現在の利益の30%以上を生み出しているデイトレードの新たな手法
・チャートでの移動平均線やエンベロープの具体的な設定方法
・その他FXでの利益を大きく高めるためのテクニカル分析の全て


などをさらに深く知りたい方は、ぜひご確認ください。


特に、株式投資やオプションで成果を上げるために十分な資金がなく、FXに活路を見出したい方や、すでにFXは始めているが勝てるようになるまでの道筋が見えない方は、どこよりも役立つ本物のノウハウや経験を得ることができます。



ぶせな氏の実践方法を今すぐ見る

ぶせな氏のメディア掲載歴

利益を最大化するために
ぶせな氏が使っている4つのFX口座

当サイトでFXコンテンツを執筆いただいているぶせな氏のノウハウを実践するなら、ぜひ口座選びにもこだわってください。

ぶせな氏は「口座選びを適当にやっていて勝てるようになったトレーダーは見たことがない」と仰っています。まずは、『FX口座の選び方|完全版』を読んで、その理由をしっかりと理解して頂ければと思います。ぶせな氏が利益を最大化するために実際に使っている口座は、『FX口座のおすすめ|億トレーダーぶせな氏が使っている4つ』で詳しく解説させて頂いております。

 

The following two tabs change content below.
ぶせな

ぶせな

専業トレーダー。認定テクニカルアナリスト。 2009年に本格的にFXをスタート。累計利益は、3年目で5000万円、5年目で1億円、2017年2月現在は1億5千万円を超える。 一時的な利益でなく、継続的に利益を上げ続けるために、リスクを抑えることに重点をおき、短期売買を繰り返すスキャルピングと長めに保有するデイトレードを得意とする。

投資の教科書の購読はfacebookが便利です。

Twitter・RSSでも購読できます。