スワップポイントとは|FXで金利差益を狙う方法と注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スワップポイント

スワップポイントは、FXで利益を得る方法の一つです。これはポジションを持っているだけで、毎日発生する利益なので、外貨預金代わりに利用する人が増えています。きっと、関心を持っている方も増えていることでしょう。

そこで、このページでは、

  • スワップポイントとは何か。
  • スワップポイントで金利差益を狙うリスク。
  • FXで資産を増やすための最大のポイント。

についてお伝えします。

1. スワップポイントとは

スワップポイント(金利差調整分)とは、文字どおり二つの通貨の金利差のことです。FXは、為替取引(交換)によって為替差益を得ることが第一の目的ですが、実は、このスワップポイントからも金利差益を得ることができます。

例えば、1ドル=100円のレートで、1万ドルの買いポジションを持って、そのまま次の日に持ち越したとします。この時、1万ドルに関しては一日分の金利収入を得ることができます。もし、アメリカドルの金利が年間3%だとしたら、一日で《1万ドル×3%÷365日=0.82ドル》の金利収入が入ってきます。

しかし、1万ドルを買うための代金100万円は、FX業者から借りているので(参照:「証拠金取引」)、この100万円分の金利は支払う必要があります。仮に、日本円の金利が年間1%だとしたら、一日で、《100万円×1%÷365日=27.4円》になります。

この場合、1ドル100円として、《82円(0.82ドル)ー27.4円=54.6円》が、一日で得られる金利差収入になりますね。

FX スワップポイント

このように、スワップポイントとは、買った通貨の金利と、借りた通貨の金利の差額をやり取りすることなのです。スワップポイントに関しては、この程度の理解で十分なのですが、念のため、他の特徴も三つ挙げておきます。

1.1. スワップポイントの金利は外貨預金と比べて利率が高い場合が多い

スワップポイントの金利(スワップ金利)は、借りた通貨に対する金利支払いがあるため、外貨預金と比べて低くなりそうですが、実際は、そんなことはありません。日本はゼロ金利が続いているので、日本円のスワップ金利は、ほとんど支払いがありません。一方で、アメリカドルは銀行預金と比べて、はるかに高い金利を基準に計算されます。

今現在、日本のメガバンクの外貨預金の金利は、ドル円で年利0.2%から0.25%程度なのですが、FX業者のスワップ金利は、0.26%以上のところが大半です。なお、どのFX業者で口座を開くかによって、スワップ金利も異なりますので、確認してみましょう。

1.2. スワップポイントの受け取り支払いは毎日発生する

ポジションを保有している限り、スワップポイントの受け取りや支払いは毎日発生します。そのため、一日の中で取引が完了するスキャルピングやデイトレードといった手法では、気にする必要はありません。しかし、スイングトレードなど、長期間にわたってポジションを持つようなトレードスタイルの場合は、バカにできない額になります。

1.3. 為替差損になるときもある

金利が高い通貨を買って、金利が安い通貨を売ると、毎日スワップポイントを受け取ることができます。しかし、高金利の通貨を売って、低金利の通貨を買うと、毎日、スワップポイントの支払いがおきます。

なお、日本は、今現在、ゼロ金利なので、FX業者から日本円を借りても、金利の支払いはほとんどありません。日本円とどこか金利の高い国の通貨の為替取引で、買いポジションを持った場合、その国の金利収入を、ほぼそのまま手に入れることができます。

2. スワップポイント目的がオススメできない2つの理由

今現在、スワップ金利の高い通貨は、南アフリカランドやトルコリラがあります。前者は6.55%、後者は何と12.71%もあります。例えば、FX口座に5万円の証拠金を入れて、レバレッジ20倍の100万円分の南アフリカランドで買いポジションを持ち、保有し続けるとします。

すると、一年間で、100万円×6.55%=6万5500円の収入になります。元手が5万円なので、年間利回りは100%を超えます。すごい利回りですね。ただし、そううまくはいかないのが投資の世界です。スワップポイントで大きな金利差益を狙うには非常に大きなリスクがあります。

その理由は金利の変動とレバレッジにあります。

2.1. 金利の変動

スワップポイントは、二つの国の通貨の金利差によって生じます。そのため、どちらかの通貨の金利が変化すれば、スワップポイントも変わります。

南アフリカやトルコなどの現在、金利の高い国は、信用格付けも低く、金利の変動も激しいです。日本も例外ではありません。日本は、2000年代中頃から、長くゼロ金利政策を取っていますが、バブル期には金利は6〜8%もあったようです。銀行の普通預金ですら2%を超えていました(今は0.03%)。

いずれにせよ、スワップポイントでの金利差益を狙って、ポジションを長期保有しても、なかなか期待通りの収益にはなりません。

2.2. レバレッジ

金利差益を狙うには、こちらの方が、金利変動よりもはるかに大きな問題です。例えば、5万円の証拠金で100万円分のドル(1ドル=100円として1万ドル)の買いポジションを持ったとします。

そして、FX業者の証拠金の必要最低額が2万円だとします。この時、ドル円の買いポジションの評価損が3万円を越えると、ポジションが強制的に決済されてしまいます。そして評価損が3万円を超えるのは、為替レートが1ドル=97円以下になった時です。

つまり、ポジションを持った後に、強制的に決済されるまでの猶予は、僅か3円しかないということです。参考までに2016年のドル円為替レートは、最高1ドル=121.68円から、最低99.47円でした。一年で約20円前後の値動きがあるということです。これでは、レバレッジを効かせた取引で、大きなスワップポイントを得ることはできません。

それでは、年利5%〜10%でもいいから、レバレッジをかなり低くして、スワップポイントを狙えばいいのではないかと考えた方もいるかもしれません。それぐらいの数字は、南アフリカランドやトルコリラだとレバレッジ一倍で達成できます。しかし、やはり現実はそんなに甘くはありません。これらの通貨価値は、簡単に1年で100%以上も上下します。待っているのは結局強制決済ですね。

FXの魅力はトレード(為替差益)にある

FXとは』でお伝えしている通り、FXの最大の魅力は、少ない元手から始められて、24時間取引できることです。そして、為替取引を繰り返して、何度も為替差益を得ることで利益を大きく積み重ねていくことができます。

また、スワップポイントでは、例えレバレッジを抑えたとしても、年利5%どころか3%ですら達成は難しいです。そのため、スワップポイント狙いでFXに参入することは、私としてはお勧めできません。

また、スワップポイント狙いでFXに参入するのなら、他に、もっと資金管理が優しくて、大きな効果を見込める投資方法もあります。少なくとも、FXでスワップポイントを狙っても、リスクとリターンを考えると割に合わないということをご認識いただければと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料動画:FXで年間平均利回り163%を達成し、毎月150万円の利益を得ている具体的な手法

busenaこの無料動画では、当サイト、投資の教科書でFXの記事を執筆しているぶせな氏自身が、FXのトレード手法を、動画で直接解説しています。

 

ぶせな氏は、FXを本格的にスタートしてから、8年間負けなし(年ベース)で平均163%の年間利回りを記録しており、毎月安定して150万円前後の利益を稼いでいる超一流のFXトレーダーです。

 

この無料動画を見ていただくと、以下のようなことが分かります。

 

  • ・ぶせな氏が8年負けなしで年間平均利回り163%を記録している具体的なトレード手法 
  • ・ローソク足と移動平均線を使ったシンプルなチャートの見方
  • ・トレンドライン、サポートラインなどで勝率と利益率を上げる具体的な方法
  • ・為替相場の波やチャートパターンで大きな利益を上げる具体的な方法

文字だけではなかなか伝わらない、細かいニュアンスや考え方、実際のトレードなどに触れていただくために無料の動画セミナー形式でご用意させていただきました。この一流トレーダーの本物のトレードノウハウが、あなたのお役に立つことをお約束します。


無料オンライン動画講座を見る

ぶせな氏のメディア掲載歴

利益を最大化するために
ぶせな氏が使っている4つのFX口座

当サイトでFXコンテンツを執筆いただいているぶせな氏のノウハウを実践するなら、ぜひ口座選びにもこだわってください。

ぶせな氏は「口座選びを適当にやっていて勝てるようになったトレーダーは見たことがない」と仰っています。まずは、『FX初心者が知っておくべき口座の選び方』を読んで、その理由をしっかりと理解して頂ければと思います。ぶせな氏が利益を最大化するために実際に使っている口座は、『FX歴12年の私が実際に使っているおすすめ口座4選』で詳しく解説させて頂いております。

 

The following two tabs change content below.

ぶせな

専業トレーダー。認定テクニカルアナリスト。 2009年に本格的にFXをスタート。累計利益は、3年目で5000万円、5年目で1億円、2017年2月現在は1億5千万円を超える。 一時的な利益でなく、継続的に利益を上げ続けるために、リスクを抑えることに重点をおき、短期売買を繰り返すスキャルピングと長めに保有するデイトレードを得意とする。

投資の教科書の購読はfacebookが便利です。

Twitter・RSSでも購読できます。